自分に合った最適なニキビ治療薬を使って早く辛い症状を直そう!

    全体:3月:0週:0日:0

思春期にできるニキビは成長の証でもあり、青春のシンボルとしてそれほど周りの目が気になることはありません。しかし、20代を過ぎてフェイスラインや胸、背中など、体のあちこちに繰り返しできるニキビは、大人ニキビとして区別され、不潔、不摂生というイメージを与えがちです。特に、女性は顔の目立つところなどにできると気になって仕方がないだけでなく、メイクにも支障をきたすことになります。

そんな女性の大人ニキビができる原因やニキビ肌の改善方法、症状別のニキビの治療の仕方やニキビのできにくい肌づくりについて紹介します。

ニキビの原因


ニキビは、何らかの理由で皮脂が過剰に分泌されその皮脂や汚れが毛穴を詰まらせてしまうことが主な原因となって、肌が炎症を起こすものです。

同じような場所に何回も繰り返しできる大人ニキビには、白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビなどの種類があり、皮脂の過剰分泌だけでなく、ストレスや食生活の乱れ、疲れの蓄積や睡眠不足なども、その原因となることが知られています。

偏った食生活

毎日忙しい生活を送っているとわかっていてもなかなか栄養バランスがとれた食事を摂ることが難しいことがあります。コンビニや外食で食事を済ませることが多くなり、ついつい糖分や脂分が多い食事に偏ってしまうこともあるでしょう。

糖分や脂分が多い食事は、皮脂分泌を過剰にしてニキビができやすい体質となることが多くなるため注意が必要です。ニキビができにくい健やかな肌をつくるためには、ビタミンやミネラルなどを意識して摂取することが必要となります。

睡眠不足

疲れが蓄積されると新陳代謝が低下して、肌のターンオーバーも乱れがちになります。体に送られるべき酸素や栄養分も届きにくくなるとともに、皮脂の過剰分泌も促されてニキビができやすくなります。

成長ホルモンの分泌や肌のターンオーバーは、睡眠中にとくに活発に行われます。眠りのゴールデンタイムがあると言われるように、睡眠を十分に確保しないと肌荒れやニキビができやすくなるので、規則正しい生活習慣を心掛けることは肌にとっても大切なこととなります。

アクネ菌の増殖

アクネ菌は誰の皮膚にも存在する常在菌です。健やかな肌を保つために肌のバランスを整えたり、皮脂の調節をしたりしながら、肌を弱酸性に保ってくれる働きがあります。しかし、皮脂が過剰に分泌されることによって異常に繁殖すると悪玉菌となって、有害物質を排出してニキビの炎症を引き起こすことになります。

アクネ菌は嫌気性であるため、毛穴が詰まってエサとなる皮脂がある場所を好んで増殖します。ケアには、毛穴を詰まらせないこと、アクネ菌のエサを絶つことなどが必要となります。

ニキビに悩む人が知りたいこと


同じようなスキンケアや食生活を送っていても、人によってニキビができやすい人、できにくい人がいるのも事実です。顔の目立つところなどにニキビができると、見た目も悪いので気になって仕方がないという方も多いでしょう。

ニキビに悩む人の多くが知りたい、ニキビができやすい原因のひとつとなるオイリー肌、ニキビ肌のメイク法、ニキビ肌におすすめの化粧水などについて紹介します。

オイリー肌の直し方

オイリー肌の方の多くは、顔のテカり、べとつき、毛穴汚れが目立つ、などの悩みを抱えています。皮脂が多いため毛穴が詰まりやすく、大人ニキビが繰り返しできてしまうこともあります。肌質だからとあきらめずに、オイリー肌に合ったケアをすることが大切です。

べたつきが気になるからと1日に何回も洗顔したり、オイリーだからという理由で乳液やクリームを使った保湿をしなかったり、など間違ったスキンケアを改める必要があります。皮脂を落とし過ぎずない、、肌に過剰な負担をかけない、保湿を怠らない、などのことに配慮してオイリー肌を改善しましょう。

ニキビ肌でもできるお化粧

ニキビ肌はメイクをすると詰まりやすい毛穴をさらに詰まらせて悪化させるおそれがあることから、思うようにメイクできないという悩みを持つ方も多いでしょう。クリームやリキッドタイプのファンデーションは、粉である顔料を界面活性剤を使用して液体になじませたものです。肌への浸透性や残留性が高く、ニキビ肌には強い刺激となります。

パウダータイプのファンデーション派、界面活性剤や防腐剤などをほとんど含んでいないため肌への刺激が少なくニキビ肌の方にも向いています。また、ニキビの塗り薬のなかには、薬を塗ったうえからメイクできるタイプのものもあるので、試してみるのもいいでしょう。

ニキビ肌に良い化粧水

ニキビ肌の方は、皮脂分泌が多いという意識が強いため化粧水などを少なめにつける傾向があります。皮脂の過剰分泌は、肌の奥にある水分を保持しようとして起こることもあり、肌表面の水分が少なくなると水分を保持しようとして過剰に分泌されることがあるものです。

どんな肌タイプでも保湿は不可欠で、特にニキビ肌の方は肌に水分補給をメインとした保湿をすることが必要となります。過剰な油分が含まれているものを避け、モイスチャー効果の高い刺激の少ない化粧水を補給するように心掛けましょう。

症状別に選ぶニキビの治療薬


20代を過ぎて繰り返しできる大人ニキビには、白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビなど、さまざまな種類があり、それぞれに見た目や原因が異なります。

ニキビは全て同じと考えて一般的なニキビケアや治療をすると、場合によっては悪化して炎症、化膿がひどくなったり、酷いニキビ跡が残ってしまったりすることもあります。
白ニキビや、色素沈着、炎症を伴うニキビに分けて、それぞれ症状別の治療薬について説明します。

白ニキビ

大人ニキビの初期段階ともいえる白ニキビは、古い角質が溜まって毛穴を詰まらせることで生じるものです。毛穴から正常に皮脂が排出されなくなることから、毛穴が大きく膨らんだ状態になります。赤ニキビのように炎症を伴わないことが特徴となりますが、早目に対処しないと悪化することがあります。

白ニキビのケアでは、毛穴の詰まりを解消し、アクネ菌などの菌を殺菌するタイプの塗り薬が効果的となります。

色素沈着

ニキビを正しく治療しないとニキビ跡や色素沈着が起こることがあります。色素沈着には、血液中の赤血球に含まれるヘモグロビンの影響による出血性の赤黒いタイプのものと炎症や化膿によって活性酸素が発生し、防衛機能としてメラニンが過剰に生成されるタイプのものがあります。

ニキビ跡のタイプによって治療薬も異なりますが、色素沈着のみであれば、ビタミン誘導体などが配合された薬を使ってケアすれば少しずつ薄くすることは可能です。

炎症を起こしているニキビ

ニキビの種類のなかで、白ニキビは炎症がありませんが、赤ニキビや黄ニキビは炎症や化膿が生じます。ニキビ薬のなかには、アクネ菌などの細菌を殺菌するタイプのものがほとんどを占めますが、炎症を伴うニキビについては、強い殺菌作用とともに炎症や化膿を鎮静する効果のあるイソプロピルメチルフェノールなどが配合された薬が有効となります。

殺菌、消炎とともに余分な皮脂を吸収してアクネ菌の増殖を抑えることも大切と言えるでしょう。

ニキビのできにくい肌作り


同年代の女性のなかには、ニキビができやすい人とできにくい人がいます。持って生まれた肌質や体質も関係していることが考えられますが、それだけではありません。

ニキビは毛穴が詰まって起こることが多いため、毎日の洗顔やメイク落としで清潔に保つことはもちろん、肌にいい化粧品選びや偏った食生活の見直しなども必要となります。

正しいメイク落としと洗顔

ニキビができる大きな原因のひとつは、毛穴が皮脂や汚れで詰まってしまうことによるものです。常に毛穴を清潔に保っておく必要があり、毎日のクレンジングや洗顔は欠かせません。

肌に刺激を与え過ぎない、皮脂を摂り過ぎないということも大切なので、肌に優しい洗顔料を使って優しく洗うことが必要です。また、メイクは毛穴に油分や細かい粒子成分が残りやすいため、しっかりと取り除くことにも気を付けましょう。

お肌に良い化粧品選び

肌の保湿をメインとしてさまざまな基礎化粧品を使っている方は少なくないでしょう。化粧品には油を溶かしてなじませるために界面活性剤を使用したり、防腐剤や化学物質が配合されたりしていることもあります。

肌に刺激が少なく、しっかりと保湿して肌の乾燥によって過剰な皮脂が分泌されないような無添加のコスメを使用すると肌への負担も軽減することができるでしょう。

食生活の見直し

昔は、ピーナッツやチョコレートを食べ過ぎるとニキビができるとよく言われていました。特定の食品だけでニキビが生じるとは言い難いものですが、糖分や脂分を摂り過ぎると皮脂分泌が活性化されて、ニキビができやすくなるのは事実です。

ニキビができにくい体質に改善するためには、栄養バランスがとれた食事とともにビタミンやミネラルなどを意識して摂取することが大切です。

まとめ


思春期ニキビとは異なり、何度も同じ場所に繰り返しできる大人ニキビには、白ニキビ、赤ニキビ、黒ニキビ、黄ニキビなど、さまざまな種類のニキビがあり、症状や原因にも違いがあります。

ニキビの種類や状態によって、殺菌、消炎、角質の軟化など、治療の内容も変わってくるので、自分のニキビの状態に合った治療薬を使ったり、生活習慣やスキンケアを見直したりして、早目に治すことが大切です。

引き用元サイト: FEELY

記事元url: https://feely.jp/79457/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. 名古屋市「公衆トイレのトイレットペーパーって必要ですか?」
  2. 立憲民主党、参院比例にLGBT・障害者・女性を擁立へ
  3. 「完全に選ぶ方、間違えたワン…」手に隠したおやつを選ぶ遊びで、ミスをした犬の反応とは
  4. 警察犬のたまごが可愛すぎる!チリ軍事パレードのワンワン大行進にメロメロ
  5. このぬくもりから抜け出せない!あの『おさまりペンギン』の2年後がカワイイ
  6. 本当に子どものためになるの?現代の教育現場が直面している問題に物申す 7選
  7. 風水で恋愛運アップ!玄関・寝室・キッチンのアレンジ
  8. 【夢占い】恋愛している夢の意味って?あなたの隠れた深層心理
  9. 好きじゃない人から好かれる人の特徴って?本命に興味を持たせる方法
  10. タイガー魔法瓶がおにぎりレストランをオープン メニュー名が意識高すぎると話題に
  11. 男性が肩を抱くのはなぜ?男性心理と好き・そうじゃない相手別の対処法
  12. 食事の誘い方の基本~断られにくい誘い方の極意とは?
  13. バスタオル枕の意外な効果に注目!?タオル枕の作り方も紹介します
  14. 【すめはら】幼女社長 第32話
  15. たった1つの賢いやり方?【効きすぎ注意】【効果バツグン】のメイワク行為撃退法 7選
  16. もろみ酢の美容・健康効果!おすすめもろみ酢8選も!
  17. 低反発枕のメリットとは?おすすめの低反発枕9アイテム
  18. オルニチンは効果なし?長く続けやすいサプリメント10選
  19. 初心者さん必見!プランラーでもベランダでも《秋から育てられるハーブ》3選
  20. カボチャの美容・健康効果がすごい!豊富な栄養素とおすすめの食べ方
  21. 美人な芸人ランキングが予想外すぎる?ガチ可愛い女芸人を探してみた
  22. アロハテーブルのパンケーキが作れる!ABCクッキングの親子1Dayレッスン
  23. 柿が持つ美容・健康効果!美肌やむくみに役立つおすすめ栄養素
  24. 本当の愛は伝わる!大好きなピアニストの演奏を聴いた盲目の猫、その反応に心打たれる
  25. 2018.9.13オープンの《渋谷ストリーム》!人気の飲食店5店舗をご紹介◎
  26. 秋は新米の季節!平成30年に全国販売開始の新品種4選をチェック
  27. 枕が頭痛の原因になるのはなぜ?頭痛解消におすすめ枕7つ
  28. カキの健康効果がすごい!亜鉛を含めた魅力的な栄養素
  29. 秋の夜長のお供に!8.9月からレンタル開始のおすすめ映画DVD3選◎
  30. とうがらしの美容・健康効果って?食べ過ぎたときの注意点
アクセスランキング