ニキビの飲み薬は効果ある?選び方やニキビの本当の原因を探ろう

    全体:4月:0週:0日:0

肌のトラブルはどんな方でも起こるものですが、特に気を付けなければならないのがニキビです。単に思春期の男女が悩むものと思われがちですが、実はどの年齢層の方も起こる可能性があるものなのです。大人ニキビは20代以降の方でも起こるものですから、予防と対策をしっかりと行っていかなければなりません。きちんとした知識と方法を知らないことで痕ができたりすることもあります。

ただニキビといっても実はいろんな種類があり、それぞれの状況に応じた薬の選択もあります。またニキビ自体ができないようにしていくためには日ごろから気を付けていかなければならないことがあります。これらについて説明をしていきたいと思います。

ニキビの種類


ニキビというと単にできものができるものと思われていますが、実際にはできたばかりの時期から化膿をしてひどく膿ができてしまう深刻な状態までいろんなニキビがあります。初期の段階では遠目からはわからない、またかゆみなどがない状態になっています。

しかし症状が進行していくとかゆみなどを生じてしまい、不快な状態になってしまいます。そのためそれぞれのニキビについて特徴や症状を知っておくことが必要になります。それではどういったニキビがあるのでしょうか。

白いニキビ

ニキビができたばかりの頃はあまり症状が大きくないものですが、初期段階のニキビとして白ニキビがあります。このニキビができるメカニズムとして、皮脂が過剰に分泌されることがそもそもの原因となります。

ホルモンバランスが崩れたり、また洗顔を過剰にしてしまい、肌が乾燥をしてしまうことで皮脂が過剰に分泌されることもあります。こういったことが原因で皮脂の過剰分泌が起こり、毛穴の中に皮脂が溜まっていきます。その皮脂が角栓によって塞がれてしまうこともあります。それによってアクネ菌が繁殖し、ニキビが発生していきます。

白いニキビになっていることで白ニキビと呼ばれますこの段階では炎症がなく、かゆみもあまり見られません。そのため日常生活に支障をきたすようなことはあまりないものです。

黒いニキビ

白ニキビは肌からニキビが芽を出したような状態ですが、この状態から症状が悪化していくと黒ニキビへと変化していきます。毛穴内部から溜まった皮脂が飛び出しているような状態で白ニキビになっている状態では酸素に触れることで黒く酸化していくことがあります。この状態が黒ニキビと呼ばれています。

不潔な印象を与えてしまう状態ですが、この状態ではまだニキビの初期段階といえます。炎症も起こっていませんから、かゆみなどもあまり起こらないものです。この状態を放置していると炎症を起こしてつい掻き毟ったりしてしまうため、早めに治療などを行っていくことが大切です。

赤いニキビ

黒ニキビの状態を超えてしまうと症状は悪化してしまい、炎症を引き起こしてしまうようになります。黒ニキビが炎症を起こして赤ニキビへと悪化します。この段階では強い炎症を起こしているため、かゆみなどが起こってしまいます。そのためつい掻いたり、また手で触ってしまう方もいます。

これが原因で雑菌が付着し、症状がもっと悪くなってしまう場合も見られます。炎症を起こしている赤ニキビの段階では抗生剤などを使用した治療を行っていったりします。また気を付けている方でも睡眠中にかゆみのために爪で引っ掻いたりして出血を起こすこともあります。

黄色いニキビ

赤ニキビの状態は炎症を起こしている段階ですが、この段階を放置していると黄色いニキビになってしまいます。炎症を起こしたニキビが化膿をしているために黄色くなってしまっているのです。症状としては重症で、皮膚科での治療を行わなければなりません。また治療をしてもすぐに完治をしない場合もあり、この場合はホルモン療法を選択することもあります。

この段階で注意をしなければならないこととして、ついニキビを触ってしまいたくなりますが、そうすると痕ができてしまいます。痕ができることで見た目でもわかってしまいますし、またメイクをする際に困るため、痕ができないようにニキビに触ったりつぶしたりしないことが大切です。

ニキビには飲み薬?塗り薬?


いろんな状態のニキビがありますが、症状によっては薬を使用しなければならない場合もあります。特に炎症を起こしているような状態では、薬を使用してかゆみなどを早めに抑える必要があります。

ニキビ用の薬は市販薬も販売されていますが、病院で処方される薬もあります。またタイプでは塗り薬と飲み薬があります。これらはそれぞれ特徴なども異なっています。

それでは塗り薬と飲み薬はどちらを選択したらいいのでしょうか。これまでニキビ用の薬を使用したことがない方は、まずこれらの薬の特徴についてよく知っておく必要があります。

飲み薬はニキビを根本解決できる

ニキビ用の薬では飲み薬があります。まず治療というよりも補助的に使用するものとしてビタミン剤があります。栄養の不足によってニキビを含む吹き出物ができることがあります。そのためニキビができにくい健康な体にしていく目的で使用する場合があります。

また炎症を起こしたようなニキビではかゆみなどを生じてしまいます。こんな深刻な状態になると抗菌や抗炎症作用がある飲み薬を使用することがあります。これらは体の中からニキビ菌に対して効果を得ることができます。

しかし同時に体にとって有用な菌までも殺してしまうデメリットもあります。そのためニキビができている段階のみに使用することが大切になります。この効果の強い薬は医師が処方するものであり、市販薬では取り扱いがありません。

塗り薬は対処療法として

ニキビに対して使用される薬は飲み薬だけではなく、塗るタイプの薬もあります。塗るタイプは市販薬でも販売されており、多くは効果が緩和なものです。

対処療法的に使用するものですが、塗り薬に配合されている成分としては、抗炎症成分、また抗ヒスタミン成分などがあります。これらは炎症を抑えたり、また辛いかゆみを軽減させてくれます。そのためかゆみがある方が爪で引っ掻いたりしてより症状が悪化するのを抑えることが期待できます。

これらの薬は一時的に症状を緩和するものなので、症状が悪化している場合には病院に行き、医師に飲み薬を処方してもらう必要があります。その方がニキビの改善が早いですし、痕ができてしまうのを予防することもできます。

ニキビができやすい習慣


10代の若年層だけではなく、20代以降の成人でもニキビはできてしまうものです。そのため誰もがニキビに対しては正しい知識を持ち、ニキビができないように予防をしていく必要があります。

実際にはニキビができる原因というものはあります。多くは日常生活の様々な点での乱れが原因となっています。これらの原因を知り、改善を図っていくことで不快なニキビの症状が出るのを抑えるようにしなければなりません。

睡眠不足

毎日の生活の中で健康維持のために最も重要なのが睡眠です。睡眠が不足すると肌が荒れたり、また内臓の働きが悪くなってしまいます。これによって肌荒れができやすくなっていきます。場合によっては朝起きた時にニキビが突然できることもあります。

慢性的に睡眠不足が続くとニキビが悪化したり、また複数のニキビができてしまうようになります。こうなると症状の悪化は加速していきます。ニキビができないようにしていくためにはできるだけ睡眠時間を確保することが大切です。

夜は早く寝るようにする、またしっかりと眠ることができるようにリラックスして寝るようにするなど、良質な睡眠と睡眠時間を意識して生活を送っていくようにしたいものです。

不規則な生活リズム

日常生活が忙しい、また乱れた生活をしていると生活のリズムが乱れてしまいます。生活のリズムが規則正しいと自律神経の働きもしっかりと行われますが、不規則になると自律神経が乱れるようになってしまいます。

ニキビの原因として自律神経の乱れも挙げられます。そのためニキビができないようにしていくために、規則正しい生活を送っていくようにしましょう。具体的には睡眠時間をできるだけ同じにする、早起きを心がけるようにするといったことがあります。何をしたらいいのかわからないという方は、まずこういった点を意識して行動してみるといいでしょう。

食事バランスが悪い

食生活が乱れているとニキビはできやすいものです。まず脂質の過剰摂取は最も大きな原因となっています。特にチョコレートやスナック菓子などは油脂が多く含まれており、またつい多く食べてしまうため脂質の過剰摂取につながってしまいます。また香辛料の使用が多いと内臓に負担がかかり、それによってニキビができてしまいやすくなります。

さらにアルコールの多飲もニキビができる原因となります。こういったことに気を付け、栄養のバランスがしっかり摂れる健康的な食生活を送っていくようにすることが大切です。

病院でのニキビの治療法


ニキビになると自然治癒する場合もありますが、悪化することも多くあるものです。悪化した場合には市販薬ではなく、皮膚科に行って治療を受けたほうが早期に治癒できるため、早めに治したい方には病院に行くといいでしょう。

病院では塗り薬や飲み薬などの処方薬だけではなく、最近では理学療法も利用することがあります。今後ニキビができた時のために、病院に行った場合にはどのような治療を行うのか理解しておくといいでしょう。

塗り薬

病院に行った場合にはニキビ用の塗り薬を処方されることが多いものです。塗り薬としてはニキビの菌であるアクネ菌の増殖を抑える抗菌成分が配合されているものが多く処方されます。

また炎症が起こっている場合には抗生物質も併用されることがあります。病院で処方される塗り薬は市販薬よりも効果が強いため、特に炎症やかゆみなどがある場合には効果的です。

飲み薬

ニキビ用の塗り薬は市販薬でもありますが、ただ飲み薬は市販薬ではなく、病院で処方される薬になります。病院の飲み薬は抗生物質で、アクネ菌に対して非常に高い効果を期待することができます。ただ抗生物質は他の菌にも影響があるため、ニキビができているときだけ使用することになります。

炎症ができていたり、黄色いニキビができているような状態では市販薬では対処できません。この段階になっている場合には病院で飲み薬を使用したりする方が適しています。

理学療法

ニキビの治療としては、飲み薬と塗り薬が一般的ですが、最近では理学療法によって治療を行う場合があります。まず面ぼうができてしまった場合に、この面ぼうを圧出する理学療法によって早期に改善する方法があります。またケミカルピーリングによって顔全体に出来たニキビに対して対処する方法もあります。

まとめ


ニキビは10代だけではなく、どの年齢層の方もできるものですから、日ごろからニキビができないように食生活や睡眠などに対して気を付けていくことが必要です。しかしニキビができてしまった場合は、ニキビに対して薬を使用するなどして早期に対処をしていくことも大切です。さらに悪化した場合には自分で対処するよりも、病院で治療を受けたほうが早く治すことができます。

引き用元サイト: FEELY

記事元url: https://feely.jp/80082/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. M-1王者も夢じゃない!?息ピッタリの掛け合いが自慢な「親子漫才」 7選
  2. 生活保護の女性に「好きです」「付き合っていただけませんか」 20代のケースワーカーを処分
  3. なんだかなあ…。心のモヤモヤが降り積もる納得いかない事態 6選
  4. 気付いちゃった…!「大人になること」に対する皆の理解が切ない&興味深い 7選
  5. 日産のカルロス・ゴーン会長逮捕へ
  6. 【めんせつ】幼女社長 第37話
  7. 【ヤンデる委員長】ぷろろ 〜プロ中のプロたち〜 第48話
  8. 告白はストレートな言葉が一番!気になるのは鬼娘のツノの感触だけ?
  9. 「個室トイレに子どもを一人で入れちゃだめ」母が語る納得の理由とは…?
  10. 【まだ間に合う!】クリスマスまでに恋人ができるか教えます
  11. 崩れさせたくない!「マスクをした時」のメイク術
  12. 魅惑的な輝きを仕込む!「下まぶた」におすすめのアイシャドウ
  13. 裸の40代男性が駅のコインロッカーの中で体育座りしているのが見つかる…JR仙台駅
  14. 肌に透明感を出したいときに。「紫コスメ」の上手な使い方
  15. 気分が上がる!Instagramで見つけたコスメの「#ちいサンプル」
  16. 「次はボクの番!」赤ちゃんと高い高いをして遊んでいたお父さんの元に駆け寄ってきたワンコ
  17. 感動的な瞬間!生まれたばかりの双子の赤ちゃん、ピッタリと肌を合わせると奇跡が起きた
  18. 「あれ?どこに行ったの?」アライグマ、綿菓子を何度もらっても水で洗ってしまう
  19. 【男女別】結婚したい職業10選
  20. そっけない態度をとる男性心理と脈アリサイン・アプローチ法
  21. 【効果検証】パエンナスリムの口コミは賛否両論!サイズと履き方に問題があった?!
  22. 甘くなりすぎない!「ピンク」を使った大人のアイメイクのコツ◎
  23. シックな大人の魅力全開!「スモーキーアイ」を作る簡単なコツ
  24. 純粋無垢な女子の特徴とうまく付き合うための注意点
  25. 脱出可能率1%の激ムズ!「ジンベエザメ原寸大サイト」開いてみたら迷子になった
  26. 性格悪い診断!10項目の質問であなたの性格の悪さがわかります
  27. 無駄にしたくない!「使いづらいコスメカラー」の活用方法
  28. 実はこれも?人気すぎて定番化した「元限定コスメ」を総おさらい!
  29. バランスをとるには?濃くなりすぎない「赤リップ」のメイク講座
  30. 筋膜リリースの効果って?筋膜をストレッチすればリフレッシュできる!
アクセスランキング