鼻の毛穴のたるみの考えられる原因とすぐできる対処方法とは?

    全体:9月:0週:0日:0

鼻の毛穴にトラブルが起こっているととても目につきやすいのでどうしても気になってしまいますし、周りからも見られているような気がして気になってしまいます。そこでここでは毛穴の黒ずみの原因から、対処法、良かれと思ってやっていることが実はNG行動であるかもしれないことや、自宅ではできない美容外科での特別な毛穴ケアなどに関して話をしていきたいと思います。

鼻にある毛穴の黒ずみの原因

目につきやすい鼻の毛穴の黒ずみですが、改善方法を考える前に原因を理解しておくことで自分に適した改善方法がわかりやすくなる可能性があります。そこでここでは多くの人が悩まされている鼻の毛穴の黒ずみの原因を紹介していきたいと思います。

鼻の角栓がつまる

まず、皮脂が多く分泌されることでこの分泌された皮脂が汚れや角質と混ざりあって角栓になっていきます。そうすると毛穴が大きくなり、その毛穴の影が黒く見え、毛穴が黒ずんでいるように見えるのです。

角栓が酸化

さらに毛穴に詰まった角栓が空気に触れることで酸化していき、そのことで角栓自体が黒く変色していくことがあります。また、角栓ができていくと毛穴が大きくなっていくので表面に出てくる角栓の面積も大きくなり、結果、大きな毛穴の黒ずみになっていってしまうのです。

皮脂の色素沈着

実は毛穴の黒ずみは毛穴の汚れが原因でない場合もあるのです。それは肌がダメージを受けることで肌が色素沈着を起こし、毛穴が黒く見えるというものです。毛穴が汚れていると感じるとどうしてもその汚れを取り除こうと強くこすってしまうことがあります。ですがこれが肌の色素沈着を進めてしまうことになるのです。

肌の仕組みとして、刺激を受けると肌を守るためにメラニン色素を分泌する働きがあります。それが鼻の毛穴の付近でも起こるのです。肌がざらついているわけでもないのに毛穴が黒ずんで見える場合は色素沈着が起こっていると考えてよいでしょう。

肌の乾燥

肌が乾燥すると肌は硬くなってしまいます。そうすると毛穴から皮脂や汚れを排出する機能が弱くなり、結果角栓ができ、毛穴が黒ずんでいくことになります。またそれだけでなく、乾燥は肌の張りを奪っていきます。そうすると毛穴が垂れ下がっていきます。すると肌に凹凸ができたようになり、それによって黒ずんで見えることがあるのです。

食生活の乱れ

先ほど、角栓の材料として皮脂が含まれているという話をしました。この皮脂の分泌量は食事によっても左右されるのです。肉やジャンクフードなどあぶらの多いものばかりを食べていると皮脂の分泌量が多くなり、それだけ角栓ができやすくなります。

睡眠不足

意外なことに毛穴の黒ずみは睡眠不足によっても引き起こされることがあります。その理由は睡眠不足になると肌のターンオーバーが乱れるからです。肌はターンオーバーを行うことで生まれ変わり続けています。そのサイクルが乱れると肌が新しくなるまでに時間がかかり、角質が排出されずにたまり続けます。それが角栓の材料になり毛穴の黒ずみにつながっていきます。

おすすめ小鼻・鼻の毛穴化粧品

小鼻・鼻の毛穴のケアを行うときに使うと効果的な化粧品が様々あります。そこでここでは効果が高い毛穴化粧品を紹介していきます。

クレンジングローション

毛穴の黒ずみを予防・改善させるにはクレンジングが重要です。そしてその中でもクレンジングローションが効果的です。クレンジングローションはコットンにしみこませてふき取るようにして使うクレンジングです。メイクなどを落とす効果が高く、肌に汚れを残しにくいので毛穴の黒ずみの原因になりうるものを除去する効果が高いと考えられます。

ビタミンC誘導体配合化粧水

ビタミンc誘導体は毛穴に対してだけでなく肌に関しては多くのうれしい機能を持った成分です。毛穴に関しては、毛穴を引き締める効果や皮脂の酸化を防ぎ、角栓が黒く黒ずみのを防ぐ働きがあります。また、そもそも皮脂の分泌を抑制する機能もあるのでこれらの機能によって毛穴の黒ずみや毛穴の広がりを防ぐことができます。このビタミンc誘導体を手軽に肌に取り入れるには化粧水で取り入れるのがお勧めです。

ピーリング

毛穴のケアとしてピーリングを行うという方法があります。これは直接的に毛穴の汚れを取り除くことができる方法です。同じように汚れを取り除く方法としてパックを使う方法がありますが、こちらは毛穴の周りの肌にまでダメージを与えてしまいます。しかしピーリングであればそこまでのダメージは与えずにケアを行うことができます。

しかし注意したいのは、あまり強くこすってピーリングを行うと毛穴の黒ずみなどが悪化する可能性があるということです。また、使用頻度が高いことでも肌に負担になる可能性があるので一定期間おいて行うようにしてください。

酵素系洗顔料

酵素系洗顔料は古い角質を酵素によって分解することで取り除き、ターンオーバーを促す洗顔料です。角質は主成分がタンパク質なので、酵素で分解することができ、結果、毛穴の黒ずみを防ぐことになります。酵素系洗顔料もピーリングと同じように毛穴の周りの肌には刺激を最低限に抑えて毛穴のケアをすることができます。ですが酵素で角質を分解することで取り除く方法をとっている酵素系洗顔料はあまり使いすぎると必要な角質すら取り除いてしまう可能性があるので注意が必要です。

家でできる鼻毛穴ケアの方法

気になる毛穴の黒ずみなどは家でできるケアでも改善していくことができます。ここではその方法をいくつか紹介していきます。

毛穴の詰まりを洗顔で落とす

毛穴のつまりを改善させるために重要なのはやはり洗顔です。できれば洗顔は朝晩二回、どちらも洗顔料を使用して洗顔を行うのが効果的です。朝は顔の洗いすぎによる乾燥などのトラブルを防ぐために水やぬるま湯のみで洗顔をする人がいますが、毛穴の黒ずみが起きているときなどは特に皮脂が多く分泌されていることが大きな原因になっている場合があります。

その多く分泌された皮脂は水やぬるま湯だけの洗顔では落とし切ることができず、最終的に角質の原因となっていきます。それを防ぐためにはきちんと洗顔料を使って洗顔を行い、手でこすって毛穴のつまりをとろうとせず、泡を使って優しく洗うようにしてください。

肌の潤いを保つ

先ほど述べたように肌に潤いが足りず、乾燥すると肌は硬くなっていきます。すると本来であれば排出されていくはずの皮脂や角質は蓄積され、角栓の原因になります。そこで必要なのは保湿を行って肌に潤いを維持しておくことです。そうすることで肌は柔らかさを取り戻し、かつターンオーバーも改善されていき、古い角質はきちんと排出されすようになり、毛穴の黒ずみは改善されていきます。

またこれは先ほどの洗顔につながることですが、洗顔をするときに汚れが落ちやすくするためと言って熱いお湯で洗顔をするのはやめてください。お湯で洗顔をすると肌が乾燥しやすくなってしまいます。また保湿をきちんと行うと皮脂が過剰に分泌されるのを防ぐこともできます。そうすると毛穴の汚れの原因になる皮脂を減らすことができます。

充分な睡眠をとる

また睡眠を十分にとることも毛穴のケアには必要なことです。睡眠が足りなくなってくると、肌のターンオーバーが乱れ、古い角質が排出されていきません。ターンオーバーが乱れれば角質が増えていき毛穴に詰まるようになります。ですが睡眠時間をしっかりとるようにすることで改善される可能性があります。

さらに睡眠中に分泌されるホルモンも毛穴の状態を改善するためには重要なポイントです。深夜に分泌量が多いホルモンは、その時間に就寝していることで肌にとっての適量が分泌されます。ですがこの時間に起きて活動しているとホルモンが過剰に分泌されるようになり、結果ホルモンバランスが乱れ、毛穴の状態を悪化させることになります。

毛穴ケアのNGポイントとは

毛穴の状態を早く改善させたいととっている行動が実は全く逆効果であるということがあるかもしれません。間違った方法でケアを行い、毛穴の状態を悪化させないためにここでは毛穴ケアとしては絶対に行ってはいけない方法を紹介していきます。

爪などで角栓を出す

黒ずんでしまった角栓や、その前段階の白い角栓を爪で押し出してとろうとしたことはありませんか?爪で角栓を押し出して除去する方法は一瞬で角栓を鼻の毛穴から取り除くことができるので快感ですし、効果があるような気になります。しかしこの方法は毛穴ケアの観点からすると逆効果です。

まず爪で押し出すということは肌に強い力がかかっているということになります。そうすると肌はその刺激から自分を守ろうとしてメラニン色素を分泌し、結果毛穴付近が黒くなってしまうことになりかねませんし、無理やり毛穴から角栓を抜き出すことで毛穴が広がり、最悪肌にクレーターのように大きな凹凸ができ、さらに見た目がよくない状態になる可能性があります。また、無理やり角栓を押し出して大きく広がってしまった毛穴に細菌が入り込んでしまうとそこで可能を起こしたり、肌荒れにニキビの原因になる可能性もあります。

何度も毛穴パックをする

毛穴パックを行うと一気にたくさんの角栓がとれているのを見ることができるので快感ではありますし、確かに毛穴の奥のほうの角栓まで取り除くことはできますが、あまりに頻繁に毛穴パックをするのは逆効果になってしまいます。毛穴パックは強い吸着力を持っているから奥の角質まで取り除くことができるのですが、周りの必要な角質などまでをとり除いてしまいます。そうなるとは本来持っている保護機能が機能しなくなってしまいます。

毛穴パックを頻繁に行ってしまうと何度も角質が取り除かれることになり、肌のターンオーバーを乱れさせる原因になります。そうなると毛穴の状態は悪化していく一方です。なので毛穴パックは頻繁に行うものではなく、ターンオーバーのサイクルに合わせて一ヶ月から二ヶ月に一回の頻度で行い、自然のサイクルに合わせて行うのがベストです。

オイルクレンジングを何度もする

まずクレンジングオイルとはいったいどんなものかを説明したいと思います。クレンジングオイルは油に界面活性剤を混ぜ、メイクを落とすことができるものです。この成分は初期用洗剤とほぼ同じといえます。クレンジングオイルはメイクをよく落とすことができますがその洗浄力は顔の肌に対しても変わらず働き続けます。

ということはクレンジングオイルは肌には大きなダメージを与えることになります。そう言ったものを何度も肌につけ、汚れを落とそうとするというのは肌に対するダメージをその回数分増やしていることになります。

またクレンジング剤の中でクレンジングオイルは最も強い洗浄力を持ったものになります。毛穴に角栓を作らないためにはメイクをしっかり落とすことももちろん重要ですが、強い成分が含まれているクレンジングオイルを何度もつけるのは毛穴だけでなく、肌全体に対してあまり良いことではありません。

顔をごしごし洗う

毛穴の汚れを落としたいと思うばかりに強くこすって洗顔をしてしまう人がいますが、それも毛穴にとっては逆効果です。こすってしまうことで肌に対して刺激になってしまい、肌に大きなダメージを与えることになります。毛穴が黒ずんでみる原因の一つに毛穴の入り口が荒れ、この部分の角質が硬くなると皮脂がこびりつきやすく落ちにくくなるのです。そうなると毛穴はどんどん黒ずんでいきます。

洗顔を正しい方法で行っていれば毛穴ケアとしては大きな効果をもたらす洗顔ですが、おすり過ぎてしまったり、洗いすぎると逆に毛穴には悪影響を与えることになります。

美容外科の小鼻・鼻の毛穴治療方法

毛穴のケアは自宅でもできる方法はいくつもありますが、美容外科などでも治療を受けることができます。そこでここでは美容外科で施術してもらうことができる方法を紹介します。

角栓除去

美容外科で受けることのできる施術の中に、角質を除去するものがあります。まず一つ目としてはレーザーで角質を取り除く方法です。黒い色素に反応するレーザーを肌に当て、それによって角栓を取り除く方法です。子のレーザーを使った方法は角栓を取り除くことができるだけでなく、肌の奥底にまでレーザーが浸透していくことで奥のコラーゲンを刺激し、毛穴を引き締める効果もあります。

またもう一つ代表的な角栓の除去方法は吸引です。この方法はまず、吸引を行う前にマッサージを行い肌や角栓を柔らかくして施術に入ります。この時に角栓を柔らかくしておくことで頑固な角栓まで吸引して、除去することができます。

そしてこの施術にイオン導入と呼ばれる施術を足すことで更に効果が増します。自宅でケアをすると根気よく長期間にわたって毛穴の状態が改善していくまでケアを行う必要がありますが美容外科で施術を行ってもらえばこの角栓除去の施術であればどちらの方法をとっても一回数十分で行うことができます。

スポッツピール

スポッツピールとはほかの毛穴ケア方法とは考え方の違う施術方法になります。ほかの毛穴ケア方法は毛穴の中に詰まっている角栓などを取り除き、かつ毛穴を引き締めることで角栓の詰まりにくい毛穴を目指しているものでした。しかしこのスポッツピールという施術法は毛穴の中にピーリング剤を流し込み、皮膚を再生させることで内側から毛穴をうめ目立たなくするという方法です。

毛穴一つ一つに薬剤を塗っていき、毛穴を埋めていきます。薬剤を塗るとその直後から肌に小さな痛みが発生しますが、中和剤で流すとその痛みはなくなります。薬剤を塗ると塗った部分が白くなり、翌日には小さなかさぶたのような状態になります。

数日たつとそのかさぶたは自然に取れていきますが、場所や体質によっては施術部分が赤くなったり、色素沈着が起こったりする可能性があります。もしこの赤みや色素沈着が心配であれば施術前にパッチテストを行うことができます。この方法は毛穴を皮膚で埋めるという考えで行われているものですが、施術段階で毛穴の中に角栓が多く詰まっていた場合はこの方法にプラスして先程述べた角栓除去の施術が必要な場合があります。

現段階ではスポッツピールを受けられる美容外科はあまり多くないようですが、美容外科で手っ取り早く毛穴のケアを行いたいと考えているのであれば考えてみてください。

まとめ

ここまで毛穴の黒ずみの原因から改善方法、よく聞くけれど実は毛穴には逆効果なケア方法などを紹介してきました。やはり失敗や加減を間違える可能性が高いのは自分で毛穴ケアを行う方法です。自宅で行うケアは正しく行えばきちんと毛穴に効果があるのですが、毛穴の状態を一刻も早く良くしたいという焦りから行ってしまう行動が毛穴には良くなく、結果毛穴の黒ずみが悪化するという事態になってしまうことがあります。

自宅でのケアは費用は安く抑えられますが時間がかかりますし、間違えた方法をとってしまう可能性があります。一方美容外科で施術を受ければ専門家に施術をしてもらうので失敗はあまりありません。しかし費用が高くつきやすくなります。この二つの方法のうち何を重要視するかでケアの方法が変わってきます。どちらを選ぶにしても様々な点を考慮して毛穴のケアを行うようにしてください。

引き用元サイト: FEELY

記事元url: https://feely.jp/85255/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. ドSな婦警とドMなヤクザのお馬鹿コンビが行く!悪党どもを懲らしめろ!
  2. 「TVジャッカー」ってマンガ知ってる?【クレイジーで無料読破】
  3. 【画像】 最新のマカオの写真がヤバイと話題に
  4. 汚れちまった・・・真っ黒にな・・・。ピュアな心を取り戻したいと思った瞬間 6選
  5. 【W杯】 ケイスケホンダ「ミスの何が悪いのか。どれだけミスを恐れずプレーできるか。失点につながらなかった、良かった、以上」
  6. ネイルスタンプを上手に使うコツとおすすめデザイン
  7. 「サンキュウ辰」元プロ野球選手の逆転人生【クレイジーで無料読破!】
  8. ネイルデザインを決めるコツとおすすめネイルデザイン
  9. 仕事の速さが半端ない⁈ ニヤリとする熊本県警の電光掲示板総集編 12選
  10. W杯サッカー次戦のセネガルが黒魔術「ジュジュ」を使用し、日本チームに呪いをかける可能性が浮上
  11. 【これから先もずっと夫婦で】コドモが子どもをうみました 第15話
  12. 発想力は100点満点大笑い!訂正するか迷った子供のオモシロ勘違い 8選
  13. 【全問正解したら半端ないって!】鬼難易度ワールドカップクイズ
  14. まるでワンコのようなキュートさ!懐いてくるコウモリが信じられないくらいカワイイ!
  15. 「エサをあげちゃダメだよ!」動物園のお客さんにジェスチャーで注意する天才ゴリラ
  16. 耳が不自由な男の子に、ミニーは手話で話しかけた。ディズニーランドで起きた奇跡に感動の声
  17. 女性で65キロでもこの魅力的ボディ!「体重多い=スタイル悪い」は間違い!!
  18. バージスラインはブラが決め手!綺麗にするポイント
  19. クーパー靱帯とは?美胸になりたい方必見!クーパー靱帯ケア方法
  20. ネイルオイルの効果とおすすめ商品10選
  21. 【シンプルなネイル】おすすめデザイン集!
  22. スカルプネイルの特徴とセルフで行う方法
  23. 育児中、差し伸べてくれた小さな手。子育てを支えてくれた優しい子ども 7選
  24. ベリーショートが似合う顔とは?ショート美人になれるヒントを紹介
  25. レディース向け!ジャンル別ベリーショート&ヘアアレンジ紹介
  26. 簡単にできるセルフネイルのおすすめデザイン
  27. ボブが似合わない人の特徴や、似合うようになるためのコツ
  28. 初心者でもできるネイルアートのデザイン集!
  29. セルフで楽しめるジェルネイルのデザインと必要な道具
  30. ネイルシールの貼り方とおすすめのデザイン12選
アクセスランキング