目にクマができる本当の原因は何?クマにすぐ効く簡単ケア方法とは?

    全体:6月:0週:0日:0

目の下にクマがあると、疲れた印象や老けた印象になってしまいます。若々しいイメージでいるためには、クマが目立ち始めた初期段階で、しっかりと対処することが大切です。そのためにも、クマができる原因や、クマの改善ケア、必要な栄養などについてご紹介します。

疲れや寝不足でいつもクマができてしまうという方は、根本的な生活サイクルの見直しも考える必要があります。まずは、クマができる仕組みや原因、様々な対処法について理解しておくと良いでしょう。

目の下にクマができる理由

目の下にできるクマができる理由には、大きく2つの要因が考えられます。1つは「眼窩脂肪」という筋肉の力が衰えることで、目の下に黒く影ができること、もう1つは「加齢による肌のたるみ」により、皮膚がへこんで黒い影が見えてしまうことがあげられます。では、クマの原因について、詳しく見てみましょう。

眼窩脂肪が張り出す

目の下には、「眼窩脂肪」といいう脂肪があり、眼球のクッションの役割を担っています。この眼窩脂肪の筋肉の力が加齢などによって衰え、支えが弱くなることから眼窩脂肪が外に張り出して見えてしまい、目の下にふくらみができることから、目の下に黒く影ができてクマが発生すると考えられています。

このタイプのクマは、涙袋よりも下に発生し、頬が下がって見えてしまう原因にもなります。さらにその下には溝やへこみができることも多く、この陰影が原因でたるみ・クマとなってしまいます。筋肉のたるみによって引き起こされるこのタイプの場合、シミやくすみとは違ってコンシーラーでは隠しきれない特徴があります。

加齢による肌のたるみ

目の下の筋肉は、加齢によって力が弱り、重力に負けてたるみとなって、クマを引き起こします。若い時には肌にハリがあり、チャームポイントとなる涙袋も、肌のたるみでクマに変化してしまえば、ただ老けてみえるだけの厄介な脂肪と化してしまいますので、たるみが発生する前に対処をしたいところです。そのためにも、クマのできる原因や、即効性のある改善ケアについて知っておくことがポイントになります。

目の下のクマの印象

眼窩脂肪が張り出すことできる、または、加齢によるたるみが原因でできてしまう目の下のクマですが、目の下というピンポイントの小さな変化でありながら、顔全体の印象を大きく変えてしまいます。そのことをきちんと理解していなければ、たいしたことではないと放置してしまい、本人が知らないうちに、若々しい印象ではなくなっていることがあります。

老け顔になる

実は、顔の中でも目の周りは視線が集まる部位になりますので、目の下のクマや影ができることにより、顔全体がくすんで見え、実際年齢より老けた印象を与えることがあります。

どれだけ綺麗にお化粧をしても、目の下にクマがあることで、自分が思っている以上に老けて見られてしまいますので、少しの変化でも見逃さないようにしましょう。日頃からお肌のチェックを欠かさないようにして、早め早めの改善ケアが必須となります。

疲れた感じになる

例えば寝不足や夜更かしをした次の朝は、一時的なクマが出ることがあります。それだけでも、周りから疲れていると見られがちになることが良くありますが、眼窩脂肪や加齢によるたるみが原因のクマの場合は、慢性的なクマになってしまう可能性があります。そうなると、いつまでも若々しいと思われていると思っていた自分の印象が、いつの間にか「いつも疲れている」という印象に変わってしまっているかもしれません。

加齢による目の下のクマは、時間をかけて発生していますので、たかがクマと侮ると、なかなか元に戻すことができなくなります。お化粧で隠せたとしても、根本的な解決策ではありません。クマの発生に気がついた時点で、生活スタイルの改善やケアについて考える必要があります。

顔つきがけわしくなる

目の下に影やクマがあると、どれだけ優しい表情をしていたとしても、印象は明るさよりも厳しさが強調され、けわしい表情をしていると見られがちになってしまいます。特に怒っているわけでもないのに、周りから「機嫌悪い?」「何か怒ってる?」と言われるようになったら要注意です。一時的なクマではないとしたら、それは加齢によるたるみからくるクマが考えられます。

日頃から、鏡を見てご自身で顔の印象のチェックなどを行うように心がけましょう。小さな変化でも、顔の印象はガラリと変わってしまいますので、十分に注意してください。

クマを即効で解消するためのケア

目の下のクマを早く解消したいという方のために、速攻ケアを紹介します。もちろん、日頃からの改善ケアの積み重ねも大切です。乱れた生活サイクルを見直し、寝不足や栄養バランスの偏り、ストレス、喫煙習慣などを改善しなければ、速攻ケアも意味がありません。疲れによるクマを、本格的なクマに変えてしまわないように注意しましょう。

ホットタオルを乗せる

目を酷使してしまうと、目元に血液が滞り、クマができやすくなります。目元の皮膚は非常に薄いため、少し血液が滞留するだけでも青く透けて見え、結果としてクマとなって疲れ顔や老け顔となってしまいます。目の疲れや血行不良からくるクマには、ホットタオルを乗せて温めることで、血行を促進することで、クマになる原因を改善することができます。ホットタオルの温熱効果で、血液の流れを良くし、クマを解消することに繋がります。

ホットタオルは、家庭用の電子レンジで1分程温めれば、簡単にホットタオルを作ることができます。チンした後のタオルを適温に冷まし、両目の上に乗せて5分程温めます。ホットタオルの代わりに、蒸気が出るアイマスクや美顔器のスチーマー機能の利用も便利でおすすめです。

目のクママッサージをする

目のクママッサージも、上述した理由により、即効性のある改善ケアとなります。あるいは、定期的にマッサージを行うことで、たるみクマ予防になりますので、おすすめのケアとなります。

目のクママッサージは、目元にマッサージ用のクリームを塗り、滑りを良くした上で行います。中指と薬指を使って、血行促進させるように優しくマッサージをしましょう。ここで注意しなければいけないポイントとして、強くこすりすぎないことが大切です。摩擦や刺激を与えることで、色素沈着を起こして逆にクマやシワの原因を作ってしまう危険性があります。十分に注意しながら、やさしくマッサージを行ってください。

これらの血行促進を促す改善ケアは、疲れ目によるクマの速攻ケアには有効ですが、すでにたるみきった状態の目元のクマには効果はないと考えてください。あくまで、予防と悪化防止のための改善ケアですので、目の下のクマは、早い段階での対処を心がけましょう。

クマを解消できる栄養

目の下にできるクマには、タイプが分かれており、それぞれに理由が異なることは先述しました。その原因によって、解消できる栄養がありますので、その栄養を多く含む食品やサプリメントを利用することで、クアの解消に役立つ可能性があります。

葉酸

血行不良が原因で起こるクマに対しては、血行を良くする栄養を摂ることが大切です。血液をサラサラにする「葉酸」を摂ることで、クマ改善に効果が期待できますので、葉酸を多く含む食物、焼き海苔やレバー、枝豆、モロヘイヤ、キャベツなどを積極的に摂るように心がけましょう。

また、血液中からヘモグロビンが減少することで、貧血状態を引き起こし、クマの原因となってしまうこともあります。ヘモグロビンを作り出す「鉄分」も合わせて摂ることをおすすめします。鉄分の多い食物には、鶏レバー、ほうれん草、ひじき、あさりなどがあげられます。または、手軽に摂取できるサプリメントもありますので、ご自身の生活スタイルや好みにあった方法で栄養を摂取するようにしてください。

カリウム

目の周辺がむくんでしまうことで、目元に影ができてクマの症状として現れます。目元のむくみ対策にはマッサージが有効ですが、むくみに効く栄養「カリウム」の摂取もおすすめです。むくみの原因としては、塩分の摂りすぎにより、濃度を低くするために部分的に水分量が多くなることがあります。それがむくんだ状態になるわけですが、カリウムを摂ることで、溜まった水分と塩分の排出を促す効果がありますので、むくみ解消に役立ちます。

カリウムを多く含む食物には、パセリ、アボカド、納豆、ほうれん草、大豆、里芋、にんにく、ニラなどがあります。いろいろな食材を組み合わせて、食事を楽しみながら、クマ改善に効果的な栄養素を取り入れるようにしましょう。もちろん、サプリメントの利用も手軽ですのでおすすめです。

ビタミンC

色素沈着が原因で引き起こされるクマの場合には、美白効果が高い「ビタミンC」の摂取がおすすめです。また、ビタミンCには肌のターンオーバーを促進する効果もありますので、クマ改善に最もおすすめの栄養となります。ビタミンCを多く含む食物には、赤・黄ピーマン、アセロラ、キウイフルーツ、モロヘイヤ、レモン、ブロッコリーなどがあります。もちろん、フルーツからの摂取もおすすめです。

加齢に伴ってできるクマですが、目に良い栄養や、美白効果の高い栄養を積極的に取り入れるようにすることで、体の内側からのアプローチが可能になります。中でもビタミンCは、クマ全般に非常に効果がありますので、いつもの食事にプラスすることを心がけてください。もちろん、飲み物やサプリメントの利用でも大丈夫です。

まとめ

顔の印象が変わった、疲れて見えると感じたら、目の下のクマを疑いましょう。クマがあることで、疲れて見える、老けて見える、けわしい顔に見えるなどイメージが大きく変わってしまいます。いつまでも若々しい印象を保つためにも、クマ対策をしっかりと行うことが大切です。

引き用元サイト: FEELY

記事元url: https://feely.jp/85896/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. 東京五輪・ボランティアに一日千円支給
  2. ファッションはもっと自由な発想で決めようと思える秀逸なつぶやき 6選
  3. ボノボ観察中、ボノボ同士の喧嘩により落下した枝が頭に直撃して下半身まひ 元京大院生の女性らが大学提訴
  4. 反論の余地なし!ズバッと言ってくれた代弁者たちに感謝したくなる 6選
  5. 美容にいいプロテインのおすすめ9選
  6. 猫が考えた謎の遊び「猫たたき」の空気感がひたすら可愛い
  7. 【ふくつう】幼女社長 第31話
  8. 試してみたくなる!あなたの体を労わる優しいレシピ 6選
  9. ぷるぷるの唇になれる?レブロンの《キスシュガースクラブ》が人気の理由
  10. 「美味しい!もっと頂戴!」頬大きくさせてバナナを食べるコウモリの赤ちゃんが可愛すぎる
  11. 「今、呼んでくれたよね?」ありえないほど人懐っこい捨て犬!そのまま飼うことに
  12. 背後から名前を呼ばれたトラの予想外のリアクション!ビビりまくってまるでニャンコのよう
  13. モテる香りをプチプラで!Cheilyのフレグランスミストの魅力とは?
  14. うどん県副知事・要潤の「香川応援アイデア」がどう見ても悪夢なんですが…
  15. 自信が持てる笑顔になるために!おすすめしたい話題の《オーラルケア用品》
  16. ザバスのプロテインでダイエット!おすすめプロテイン7種
  17. プロテインダイエットがおすすめの理由!最適な飲むタイミングも紹介します
  18. シナモンダイエットとシナモンの効能
  19. いろんな用途で使える!プチプラ《ヒアルロン酸原液》が話題
  20. もっちり美肌に近づける?大注目の《ガスール》を使いこなそう
  21. 秋冬にぴったりな甘い香りに夢中!おすすめしたい《バニラの香り》のケアアイテム
  22. ファスティングダイエットの正しいやり方は?
  23. そんな神上司いるワケ…いたわ。部下に慕われる理想の管理職 6選
  24. 冬虫夏草の効果って?美容・健康増進が期待できる理由と成分
  25. 資生堂のスキンケアブランド《レシピスト》から秋のスキンケアセット登場!
  26. ポーチにもスリムにIN♡直接塗れる《UVスティック》が超便利と話題!
  27. 腹筋ガタガタ!家族で笑える子ども&;赤ちゃんの爆笑ボケて10選
  28. 石破茂「病気にならず、介護を受けずに済む社会を作らなければならない。答えは1年で出す」
  29. Microsoft、Windows 10ユーザーに他社製ブラウザを入れないようポップアップで警告
  30. 【MSZ-006】「Zガンダム」をイメージしたリュックサック発売 7020円
アクセスランキング