1日のメイクをしっかりとオフ!オイルクレンジングの特徴とは?

    全体:2月:0週:0日:0

クレンジングをするアイテムの中でも人気の種類として知られているオイル。とろとろとした使い心地でメイクを落とせる優れもので、保湿力が高いタイプも多いことから、乾燥肌の方にも人気のアイテムです。

そんなクレンジングオイルですが、色々な種類がありますので、自分に合っているタイプを使う事が重要。肌質や成分などを比較して、しっかりとメイクを落とせるタイプを探すと、スキンケア感覚で使えるクレンジングオイルを見つけられるでしょう。おすすめのクレンジングオイルや、クレンジングオイルの特徴などを、合わせてご説明します。

クレンジングの効果

ひぃちゃんさん(@h1_no173)がシェアした投稿

角質ケア効果も期待できる

オイルが配合されているクレンジングは、メイクを落とすだけでは無く、毛穴に詰まった角栓を始め、お肌を硬化させる角質もケア出来るのが特徴です。クレンジングオイルを使うことで、ゴシゴシとこすらずとも、優しく角質や角栓を分解し、溶かしだしてケアが出来ます。

角質や角栓を押し出したりこするのでは無く溶かしだしてケアすることで、肌のくすみや毛穴も自然とケア。汚れに汚れた毛穴や角栓を丁寧にケアする事で、ツルツルのおはだになる事が出来るのです。綺麗なお肌をゲットしたいという方にこそ、オイルクレンジングは正にピッタリと言えるでしょう。

もちろん、通常のクレンジングでも、角質や角栓をケア出来るタイプの商品もあります。ですが、そうしたクレンジングはお肌に刺激が強いタイプもありますので、利用する際には十分注意が必要です。普通の洗顔料で選ぶ場合は、含まれている成分をきちんと比較した上で、お肌に負担がかからないかどうかをキチンと把握しましょう。

油性のメイクをしっかり落とす

オイルクレンジングは、お肌にしっかりと密着し、毛穴の奥の汚れまでしっかりと落とすことが出来るのが特徴です。マスカラやアイシャドウなどで濃いめに行ったアイメイクを始め、コンシーラーやファンデーションを塗りたくったお肌の毛穴の奥まで、しっかりと汚れを浮かして、綺麗さっぱり落とします。

アイメイクの場合は特に、通常ですと汚れがなかなか落とせず、アイメイクリムーバーを利用するか、何度も目元の部分だけ洗顔をする必要が出てきます。オイルクレンジングの場合は、全体を丁寧にケア出来る分、目元などの落としにくいデリケートな部分も、丁寧に落とすことが出来るでしょう。目元は特に負担がかかりやすい部分で、ゴシゴシと落とそうとすると、目元のたるみやシワに繋がる為、注意が必要です。

肌の潤いを残したままメイクを落とす

通常の洗顔の場合、保湿成分が含まれている洗顔料でないと、お肌の潤いを奪ってしまって、洗顔後に慌ててスキンケアをする必要があります。ですがオイルクレンジングの場合、オイルに保湿成分が配合されていますので、洗顔をしながらお肌に潤いを残しつつ、メイクを落とすことが出来るでしょう。お肌の乾燥が気になる方はもちろん、敏感肌の方も、お肌に負担をかけること無く、お肌に潤いを与えながら、メイクを落としていきます。

お肌の潤いを残したままメイクを落とすことが出来ますので、乾燥肌の方にもおすすめ。スキンケアを慌ててせずとも、洗顔後は潤いがキープされていますので、さわり心地の良いお肌を堪能しながら、ゆっくりとスキンケアが出来ます。お風呂に入りながらスキンケアをするというタイプの方にもおすすめで、お肌に負担をかけることなくスキンケアをしたいという方にも、正にピッタリと言えるでしょう。

オイルが配合されているクレンジングについて

おにくさん(@oniku_bri_brillart)がシェアした投稿

植物オイルとミネラルオイルを使用したものがある

オイルクレンジングに利用されているオイルには、植物オイルを利用した商品と、ミネラルオイルを利用した商品があります。どちらが良く、どちらが悪いという事では無く、それぞれがそれぞれに利点がありますので、肌質や好みに合わせて選ぶと、自分に合っているオイルクレンジングを見つけられるでしょう。

植物オイルの場合は、オリーブオイルやツバキオイル、アルガンオイルなど、植物由来のオイルを使って作られており、それぞれの植物に合わせたオイル効果が付属している点が特徴です。アンチエイジング効果、毛穴の引き締め効果など、オイルに合わせて様々な効果が得られますので、自分の肌トラブルに合わせて活用出来るでしょう。

またミネラルオイルの場合は、ヒアルロン酸などの美容成分を合わせて配合していることも多く、各種お肌のトラブルも、丁寧にケアする事が出来るでしょう。保湿力に優れているタイプのオイルも多く、酷い乾燥肌に悩む方にもおすすめのオイルタイプです。

このように、同じオイルでも少しずつ長所が異なるため、クレンジングオイルにどちらのオイルが活用されているか、事前に確認をしておきましょう。確認を怠ると、思っていた効果を得られないというケースが多い為注意が必要です。オイルクレンジングで自分がどんな効果を一番ゲットしたいのか、確認をした上で選んでいきましょう。

メイクの濃さに合わせて選ぶことが欠かせない

オイルクレンジングによって、お肌への密着力が変わると共に、どの程度メイクを溶かせるのか、洗浄力が変わりますので、普段のメイクがどの位濃いのかにあわせて、オイルクレンジングを選びましょう。メイクの濃さに合わせて選ぶ事で、お肌への負担を最小限に抑えると共に、メイクを綺麗さっぱり、簡単に落とせるようになるのです。

オイルクレンジングは、ミネラルオイル、植物オイル、どちらのオイルタイプでも、メイクを押せるタイプが多いのが魅力。ですがそれぞれに洗浄力の違いがありますので、アイメイクなどがっつりと行う、濃いメイクが好きという方は、洗浄力が高いタイプを、反対に、日頃そこまで濃いメイクをしないと言う方は、洗浄力が低いタイプを選びましょう。配合されている成分を比較することで、洗浄力の違いをチェック出来ます。

オイルクレンジングに限った話ではありませんが、毎回洗浄力が強いタイプを利用していると、お肌に必要以上の負担がかかり危険です。お肌の老化、肌トラブルに繋がる恐れがありますので、必要以上に洗浄力が強い商品を使う事が無いように、洗浄力が弱いタイプと強タイプ、両方用意しておいて、その日のメイクに合わせて活用することをおすすめします。

洗浄力が高いので自分の肌の状態に合わせて選ぶことが重要

オイルクレンジングは基本的に洗浄力が高い商品が多いため、毎日使うと反対にお肌に負担がかかる可能性があります。肌トラブルを引き起こさないようにするためにも、自分の肌の状態に合わせた商品を選びましょう。

自分の肌質が乾燥肌なのか、敏感肌なのか、はたまたオイリー肌なのかに合わせて、選ぶべきアイテムは異なります。また、ニキビがあるのか、毛穴の汚れが気になるのか、肌のくすみをどうにかしたいと思っているかなど、肌トラブルに合わせても、選ぶべきアイテムを変えると良いでしょう。

濃いメイクでもしっかり落とす

オイルクレンジングはお肌にしっかりと密着し、毛穴の奥の汚れまで浮かしだすことで、濃いメイクでも綺麗さっぱり落とせるのが魅力です。普段から濃いメイクをする方に取っては正に、ぴったりの商品と言えるでしょう。目元メイクが濃いという方は特に、そこまで力をかけずとも活用出来る、オイルクレンジングを活用する事をおすすめします。

クレンジングオイルで人気のあるものを紹介

d プログラム ディープクレンジングオイル

d プログラム ディープクレンジングオイル 120mL

おはだに優しいクレンジングオイルで、濃いメイクも、さらさらととろけるように落とせる人気商品になります。目元の濃いメイクなども、ゴシゴシとこすらずとも、綺麗さっぱり浮かせることが出来るでしょう。

 

DEW クレンジングオイル

DEW クレンジングオイル 150ml(メイク落とし)

ミネラルオイルを主成分として、ヒアルロン酸などの保湿成分を配合した、全肌質タイプタイプの優しいクレンジングオイルです。非常に爽やかなグリーンフローラルの香りが心地よく、とろみのあるオイルが密着して、綺麗にケア出来るのが魅力。

 

ディープ クレンジング オイル

ディープ クレンジング オイル120ml(アルガンオイル75%配合)

べたつきゼロでおはだに負担がかかりにくいアイテムを探している方にピッタリのアイテムです。濃いメイクも綺麗に落とせる洗浄力が高いタイプにもかかわらず、お肌が突っ張ること無く使えますので、化粧をきちんと落とせる肌に優しいアイテムが欲しいと言う方にぴったりでしょう。

アルガンオイルらしいしっとりとした使い心地はもちろん、お肌が柔らかくなるなど、スキンケア効果が抜群のアイテムとしても人気です。自然派由来の非常にゴージャスな香りも、魅力として知られています。

 

アンナトゥモール ナチュラルクレンジングオイル

アンナトゥモール ナチュラルクレンジングオイル 150ml

成分がおはだに優しいタイプが多く、敏感肌の方にも肌ストレスが少ないタイプとして知られている商品です。柑橘系の香りでリラックス出来、コスパ良く使えるタイプとして人気を集めています。

 

まとめ

オイルクレンジングは自分に合っている商品を選ぶ事で、肌質ケア、メイクを簡単にオフできるという、様々なメリットがあります。お肌のくすみや毛穴の汚れなど、各種肌トラブルが気になっている方にこそ、おすすめのアイテムです。

洗浄力の高い商品から洗浄力が低くともお肌に優しい商品もありますので、自分の肌質に合わせて、商品選びも行いましょう。配合されている成分や利用されているオイルも異なりますので、よく比較をすることが重要です。

引き用元サイト: FEELY

記事元url: https://feely.jp/104731/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. 窓をバールで割って知人男性宅に侵入した女子高校生を逮捕 「彼氏を絶対に許さない」
  2. 「120日絶食」「オスがミルクっぽいもん出す」育休を取るペンギンが理想の夫すぎた…
  3. 女性「ガストで子供が暴れてたのを放置してたら店員に注意されたからブチギレて店長呼んでやった」
  4. 【二枚目をご覧ください。私じゃなくて資料です。】人生で一度は言いたいセリフ 6選
  5. 見て見ぬふりができなかった「寺の御言葉」 7選
  6. HAHAHA!国境を超えてやってきた「海外の笑い話」 6選
  7. キラキラを閉じ込めよう♡セルフでも簡単!《スパンコールネイル》できらめく指先
  8. お気に入りの色を長く楽しむために!染めた髪の色を長持ちさせるコツ
  9. 【コスパ◎】ドラッグストア・ネットで手に入る《お手ごろ乳液・保湿クリーム》6選♡
  10. また同じようなものを買っちゃった?《コスメの色かぶり》を防ぐポイント
  11. さらっとした美肌を長時間キープ!話題の《塗る脂取り紙》とは?
  12. 知ってる人は使ってる!研磨剤なしの歯磨き粉のおすすめ5選
  13. お手ごろ価格なのに超優秀!ドラッグストアで手に入る《おすすめ化粧水》7選♡
  14. 女性の何気ない仕草にドキッ!食事中に男性がときめくポイント5つ
  15. 突然訪れる衝動!女性がヘアスタイルを変えたいと思う瞬間5パターン
  16. もうひと手間が美人への近道!メイク後のワンポイントテクニック
  17. 大人女子ならいつものケアにプラスしよう!おすすめ《フェイスマスク》6選♡
  18. この職業の男性はお断り!女性に不評な職業の共通点は「女の気配」!
  19. 今年の夏は《フォンダンウォーター》が来るッ!おしゃれで美味しいお水の正体とは?
  20. 大人可愛い《ステンドグラスネイル》で芸術性あふれる魅力的な指先に
  21. 男が思わず振り返る!去り際に程よく香る「いい香りを放つシャンプー」
  22. 夫婦生活の中で会話がなくなっていく…これって普通?~Aさんの場合~
  23. ふんわり感が可愛い!《バルーンシルエット》で楽しむコーデ術
  24. 老けてしまう原因はヘアスタイルにあり!考えられる7つのミスとは
  25. トランプ「私はフェイクニュースを国民の敵と呼ぶことにした」→報ステ字幕「私はメディアを国民の敵と呼ぶことにした」
  26. 本人は気づいていない!実は「ブス見え」している変なメイク
  27. 恋人はいらない「おひとりさま」が増加中!ひとりが心地いい時代に
  28. 秋冬ファッションに取り入れたい!《アーガイル柄》のファッションアイテム特集
  29. ポーチの中をすっきり整頓!持ち運びしやすい《スティックコスメ》の魅力
  30. ワサビは刺身にのせる?醤油に溶かす?結果は大接戦 全国図
アクセスランキング