白ニキビに薬は必要?正しいケアでつるつるお肌を手に入れよう◎

    全体:7月:0週:0日:0

ニキビにも色々とありますが、白いニキビがいくつもできてしまって困ってしまうという方も多くいます。今回はニキビケアはニキビケアでも、この白いニキビにスポットを当てて、この白ニキビとはいったい何か、原因や対策はあるのか、予防方法は何なのかを紹介します。

白ニキビについて

では最初に白ニキビとはいったいニキビのどのような状態のことなのかを解説いたします。名前だけ見ると白いニキビであると言うことはわかりますが、それだけでは情報不足です。

白ニキビとは

白ニキビとはコメドと言われるニキビの初期段階です。つまり、できたばかりのニキビでありこの段階でストップさせることができれば後も残らずに綺麗に終わらせることができるということになります。ここで悪化すると、炎症が発生して痛みも生じる赤ニキビになって、膿が出て大きく広がってしまう黄ニキビとなってしまいます。

黄色ニキビと白揖斐は色が似ているので間違われることがありますが、黄ニキビはニキビの原因菌が繁殖して炎症を起こしているので痛みがあります。黄色ニキビと白ニキビでは状態が全く異なるためケア方法も異なります。絶対に間違わないようにしてください。

白ニキビのスキンケア方法

白ニキビのケア方法はできる限り綺麗に毛穴を洗浄してあげることです。ただし、洗浄力が強いケア用品やスクラブ入りのケア用品を使うと肌が傷つく恐れがありますので、悪化する危険性があります。もちろん、自分でつぶすのも論外です。つぶしてしまうと、炎症が発生することもありますし、傷ついてしまって跡が残ってしまうこともあるでしょう。

また、塗り薬も白ニキビだと逆効果になる可能性がありますので、汚れだけをしっかりと落とせるようなクレイタイプの洗顔料を使うようにしてください。合成界面活性剤が含まれているようなニキビケアをうたっている洗顔料は洗浄力が強すぎるので使わない方がいいです。

保湿をしっかりとする

クレイタイプの洗顔料を使って毛穴汚れをしっかりと落としたら、保湿をしっかりと行ってください。ただし、白ニキビができているので使うものはできるだけ各層まで浸透するような化粧水にしましょう。要するに、成分が小さいものを選んでほしいと言うことです。

ちなみに、洗浄力が強い洗顔を使うとひたすら肌が乾燥するようになるので、この保湿が難しくなってしまいむしろ治りにくくなるのです。この点からも、洗浄力が強すぎないものを選ぶようにしてください。

白ニキビの原因と対策

白ニキビができてしまうとけっこう対策が難しい部分もありますので、最初からできないようにすることが大切なのです。いったい白ニキビができてしまう原因は何なのでしょうか。

角質と皮脂が原因?

白ニキビの原因は古くなった角質や皮脂などが毛穴に詰まって中でアクネ菌が繁殖してしまうことにあります。ただし、白ニキビの段階ではまだアクネ菌は繁殖していません。つまり、古い角質が多すぎる肌や皮脂が大量に分泌される肌はニキビができやすいということです。

それ以外にも、肌の張りが低下して皮膚がたるんでしまう状態にある人は、毛穴の詰まりが発生しやすくなるので、ニキビができる確率が上がります。また、肌が硬くなって角質がなかなか落ちない状態になると毛穴をふさぎやすくなるので要注意です。

洗顔のし過ぎに要注意

皮脂の過剰分泌の原因は色々とありますが、その中の一つが肌が乾燥してしまっている状態です。この乾燥肌の原因が洗顔のしすぎとなります。洗浄力が強い洗顔でごしごしと頻繁に洗ってしまうと乾燥肌になってしまうので、皮脂分泌量の増加に繋がってしまいニキビが余計に増えます。これはニキビ予防として販売されている洗顔料にも当てはまりますので、洗顔のしすぎや強すぎる洗顔料には注意しましょう。

しっかりと保湿する

逆に言えば、しっかりと保湿をすれば余分な皮脂分泌を防げるようになりますので、ニキビが発生する確率が低下します。男性の場合はスキンケアなど一切しないという方もいますが、ケアが不足するとニキビだらけになってしまいますので、乾燥肌にならないような最低限のケアは必要なのです。

効き目のあるニキビ薬とは

それでは具体的に効き目のあるニキビ薬を紹介いたします。ニキビができてしまった場合、どのような薬に頼ったらいいのでしょうか。

ニキビの種類とは

ニキビ薬を選ぶ前に、まず自分が治したいニキビはいったい何なのかを把握してください。ニキビにも種類がありますので、その種類によって治し方が異なるのです。ニキビの初期段階である白ニキビ、白ニキビの状態で毛穴が開いて酸化してしまった黒ニキビ、白ニキビが悪化して炎症してしまい痛みもある赤ニキビ、赤ニキビからさらに悪化して炎症がひどくなって膿が見えるようになった黄ニキビのどれが当てはまるでしょうか。

自分に合った薬を選ぶ

たとえば、炎症がひどいという方は炎症を抑える作用があるロート製薬の「アクネス25」が有効となるでしょう。炎症がひどいという方は赤ニキビや黄ニキビに苦しめられているという方です。このように、自分の状態によって必要な薬が異なってきますので、ニキビができたからといったとりあえず効果がありそうな薬を使うというスタンスではいけません。

ニキビ薬の主な種類とは

市販されている一般的なニキビ薬は塗り薬ですが、実際にはそれ以外のものもありますし、塗り薬にも種類があるのです。たとえば、炎症がひどいときに使える抗炎症薬もあれば、アクネ菌を抑える働きがある抗生物質や殺菌系の薬もあります。それ以外にも角質を柔らかくしてニキビの症状を抑える硫黄系の外用薬もあります。

内服薬も存在しており、抗生物質のように飲み薬の作用で体の中からニキビの原因菌を排除しようとするものや、ビタミン剤のような肌荒れ対策として用いられるものもあります。ホルモンバランスの乱れによって肌トラブルが引き起こされることも多いので、漢方薬や生薬のような東洋医学にならった手法で治す方法もあります。

ニキビの特徴について

それではもう少し具体的に、ニキビの特徴について解説いたします。どうしてニキビができるのか、原因は何なのかを紹介します。

ニキビができる仕組みとは

ニキビができる仕組みを順序立てて解説いたします。まず、毛穴の周りの角質が厚くなってしまうことで毛穴が狭まってしまい、狭まってしまった毛穴に皮脂や古い角質が溜まり始めることで、詰まりが発生します。

ここで溜まった皮脂により毛穴が詰まってしまうといわゆるコメドができてしまい、その中にいるアクネ菌などのニキビ原因菌が繁殖し始めるのです。ニキビ原因菌は空気に触れている時はおとなしいのですが、触れない状況だととっても元気になるのでこの状態で放置するとみるみるうちに悪化していきます。

ニキビの原因とは

つまり、根本的な原因とは、角質が厚くなってしまうことと、皮脂分泌量の増加によって毛穴が詰まってしまうことにあるのです。この二つをどうにかすることが原因に対する予防策となってきます。

ニキビの予防方法について

角質が厚くなる原因は紫外線などの外部からの刺激です。肌を守る必要がある状況が続くことで角質が厚くなっていくので、どうしても毛穴が詰まるようになります。また、古い角質がいつまでも残っているような肌も毛穴が詰まりがちですので、肌のターンオーバーが規則正しく行われる状況を保つことも重要となります。

そして、皮脂分泌量の増加を防ぐためには脂っぽい食事や糖質が多すぎる食事をできる限り自重して、ストレス解消法を見つけ、ビタミンB群といった肌にプラスとなる作用が多い栄養素を補給し、お肌が乾燥しないように毎日ケアをすることが大切になります。

ニキビはできたら面倒

このように、ニキビは一度できてしまうと色々と対処に困る部分がありますので、できないようにすることが一番なのです。その方法が、角質が厚くならないようにすることと、皮脂分泌量が増えすぎないようにすることとなります。この二つを抑制できるような日常生活を送れるようになれば、白ニキビに悩むこともほとんど無くなるでしょう。

引き用元サイト: FEELY

記事元url: https://feely.jp/88648/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. 【画像】 ロシア国営TVが報じた「最先端ロボット」、実は着ぐるみだった ネットユーザーが特定
  2. AB型とAB型のカップルが付き合うポイント
  3. B型同士のカップルが長続きする秘訣
  4. 目がよくなる方法と視力が落ちてしまう7つの原因
  5. A型×AB型の相性と関係性を深めるコツ
  6. これには両親もメロメロ!お父さんのくしゃみを揃って真似する双子の赤ちゃん
  7. いつまでも仲良し!マイペースで優しい「おっとり旦那」新作がやっぱり最高
  8. フェイクグリーンを生活に取り入れるメリットとおしゃれな活用事例
  9. スケジュール帳を購入するポイントとおすすめのスケジュール帳
  10. ルームフレグランスが人気の理由と7種類のルームフレグランス
  11. 可愛い文房具の選び方!参考にしたい可愛い文房具をご紹介
  12. おしゃれ文房具16選をご紹介!最新文具から100均文具まで
  13. おしゃれな文具ブランド7選とオススメのおしゃれ文具まとめ
  14. 便利な文房具のおすすめ17選!新製品から超定番までをご紹介
  15. フローリングのへこみを直す方法とおすすめアイテム
  16. 一人暮らしの必需品をご紹介!なくても平気なアイテムの情報も
  17. 服を処分するメリットと服を上手に処分する5つの方法
  18. 一人暮らしが楽しいと思う理由と楽しめるようになるポイント
  19. 時短家事を極めれば毎日ストレスフリー!忙しくてもできる家事の方法
  20. 運気を上昇させる4つの方法とおすすめのパワースポット5選
  21. 過酸化ナトリウムで家中ピカピカ!便利な活用方法と取扱い注意点
  22. 窓の寒さ対策で冬の寒さを軽減!光熱費をおさえることも
  23. 葉酸の効果と葉酸の含有量の多い食材やレシピをご紹介
  24. 新生児必要なものリストを大公開!購入時の注意点も紹介します
  25. ジェルキャンドルがプニプニかわいい?作り方と作成に必要なアイテムをご紹介
  26. A型同士のカップルの相性と長く続くコツ
  27. ピンクブラウンのヘアカラーアレンジ11選
  28. 指や手のひらにあるツボ10選!心身を整えるツボ特集
  29. A型とO型の相性は?男女の血液型による組み合わせ
  30. バストアップのツボ10選!ツボ押しによる意外な作用も紹介します
アクセスランキング