クレンジングクリームの使い方と注意点!選び方で効果は変わる

    全体:5月:0週:0日:0

クレンジングクリームを使ってみたいと思っていても、肌に与える影響や効果が分からないので使用に至らないという方もいるかもしれません。クレンジング系の商品は多く販売されているものの、実際にどれを使ったらいいのかは、使ってみないと分からない部分もあります。クレンジング系の商品を購入して、お金をかけても効果が無かったという状況は避けたいものです。

クレンジングクリームは、いろいろあるクレンジング系の商品の中でも洗浄力が緩やかなタイプです。使用における肌への負担が少ないのも魅力となっています。今回は、クレンジングクリームを知っているけど、使ったことがないという人に使い方や使用における注意点などを紹介していきます。

クレンジングクリームの効果

敏感肌の緩和

人によって肌質は異なるため、肌質によってスキンケアの方法も異なります。肌質の中でも、敏感肌は肌が弱いことやアレルギーなどによって起こるのが特徴です。敏感肌だと、間違ったスキンケアによって肌の状態をさらに悪化させてしまう可能性があります。敏感肌でお悩みの方は、クレンジングの選び方にも注意が必要です。

クレンジングクリームには、潤い成分が多く含まれています。この成分の働きによって、敏感肌の人でも安心して使用することが可能です。またとろみのあるクリームを使用することで、肌との摩擦を防ぐこともできます。摩擦を防ぐことによって、肌にかかるダメージを減らすことができるのです。

乾燥肌の緩和

女性のお肌のトラブルの中でも、多いのが乾燥肌です。メイクをする機会が多く、メイクを取るときのクレンジングで肌の潤い成分も一緒に洗い流してしまいます。肌の潤い成分が流れてしまうことが、乾燥肌の原因を作ってしまっているのです。乾燥肌の人は、クレンジングにおいて保湿を行う必要があります。

クレンジングクリームは、乾燥肌の人でも安心して使用できるクリームです。一般的なクレンジングと違って、保湿成分もしっかり含まれています。加齢に伴って肌の潤い成分が低下することで肌質が変わって乾燥肌になることもありますが、加齢が原因の乾燥肌にもしっかり対応します。

シワやシミの軽減

クレンジングクリームを使用することのメリットは、シワやシミの軽減ができることです。若い頃は気にならなくても、年を取ってくるとシワやシミの肌トラブルが起こってきます。加齢による肌トラブルは避けて通れないものですが、スキンケアをしっかりしていれば状態を改善することができます。

クレンジングクリームがシワやシミに効果を発揮するのは、含有されている油分と水分の働きによるものです。これらの成分がバランスよく配合されていることで、シワやシミになりにくい状態を作っています。肌に対するダメージが小さいのも、肌トラブルが起こりにくい理由の一つです。

肌に潤いを持たせる

年を取ってくると、肌の老化を感じるのは潤い成分が減ってくることも理由の一つです。いつまでも健康的な肌を保つためには、肌に潤い成分をもたせることも必要になります。クレンジングクリームにも潤い成分が多く配合されており、使用することで肌の潤いを復活させることができるわけです。

継続的に使用することによって、肌の潤いをキープすることができます。本来ならメイクを落とすことで肌の潤い成分は流れてしまいます。しかし洗い流すだけでなく、洗い流した後のことまで考えているのがクレンジングクリームです。肌の潤いは、健康な肌を保つ上で重要になります。

肌に負担をかけずにメイクを落とせる

クレンジングクリームの用途は、メイクを落とすことです。通常のクレンジングの場合だと、メイクを落とした後に自分で保湿をする必要があります。これはメイクを取るときに、肌が持っている保湿成分を流してしまうことが理由です。どれだけ保湿を後からしても、肌が持っている保湿成分が流れるのを防ぐことはできません。

クレンジングクリームは、メイクを落とすのと同時に保湿を行っています。そのため肌に負担をかけることなくメイクを落とせるのが特徴です。商品によっては、メイクを落とすだけでなくマッサージ効果が付帯されているものもあります。肌の健康を考えながらメイクを落とすことができます。

クレンジングクリームの注意点

拭き取る場合はこすらない

クレンジングクリームに使用されているクリームは、滑らかで肌との設置面が多いのも特徴です。設置面が多いことで摩擦を軽減して、肌にかかる負担を減らしてくれています。気を付ける必要があるのは、クレンジングクリームを使用した後の拭き取りです。こすって拭き取ってしまうと、そこで摩擦が生じてしまいます。

摩擦が生じると、肌にかかる負担は大きくなってしまいます。肌に負担をかけないためには、擦って拭き取らないようにしましょう。擦って拭き取らないと成分が残って肌に悪影響と考える人も少なくありません。しかし、クレンジングクリームに含有されている成分は安全な成分なので、擦る方が肌には悪影響です。

しっかり洗い流すこと

クレンジングクリームの中には、拭き取るタイプと洗い流すタイプがあります。洗い流すタイプの場合は、クリームが肌に残らないように丁寧に洗い流す必要があります。クレンジングの中でも、クレンジングクリームは肌に優しい成分が中心になっているので、肌トラブルを引き起こすリスクは小さいです。しかし、きちんと洗い流さないと成分の一部が肌に悪影響を与える可能性があります。

ちなみに、洗い流すタイプのクレンジングクリームの中には界面活性剤が使用されています。この成分は肌に悪い影響をもたらすことで知られています。界面活性剤が使用されている理由は、水に流れやすくするためです。つまり、洗い流すタイプのものは界面活性剤を取るために、しっかり洗い流す必要があるわけです。

油分を残さない

クレンジングクリームには、油分と水分が含有されています。水と油は、交わらない関係です。これらの成分を配合するために、クリーム状にして水分の中に油分を取り込んでいます。クレンジングクリームの油分はメイクに馴染ませたいときに効果を発揮し、水分は洗い流すときに効果を発揮します。

クレンジングクリームを使うときは、油分を肌に残さないことが大切です。肌に油分が残ってしまった状態になっていると肌にかかる負担が大きくなってしまいます。拭き取るタイプならしっかり拭き取り、流すタイプなら丁寧に洗い流しましょう。

肌トラブルが発生することがある

クレンジングクリームを使用する場合の注意点として、肌トラブルのリスクがあることです。クレンジングの種類の中では安全性が高い商品ではあるものの、体質によってはクリームが肌に合わないことがあります。どれだけ人気が高い商品でも、自分だけ肌に合わずに効果が出ないこともあるわけです。実際に使ってみて、肌トラブルが見られる場合は使用を止めて様子をみましょう。

ぬるま湯を使う

流すタイプのクレンジングクリームを使用する場合の注意点として、洗い流す時の水の温度があります。クレンジングクリームには油分が含まれているため、ぬるま湯で洗い流すのがポイントです。油汚れがひどい食器を洗うとき、冷たい水よりも温かい水の方が汚れを取れやすいのと同じで、クレンジングクリームも温かい水の方がよく落ちます。

温度が高すぎると、肌が必要としている油分まで一緒に洗い流してしまって乾燥肌の原因を作ってしまうことがあるので注意が必要です。30~32℃くらいが、洗い流す温度として適温になります。また冷たい水だと、毛穴が塞がってしまうことによって菌が増加してニキビの原因を作ってしまうので注意が必要です。

クレンジングクリームの正しい選び方

洗い流すタイプのものを使う

クレンジングクリームを選ぶ場合に、拭き取るタイプと洗い流すタイプのどちらを選ぶのかがポイントの一つです。拭き取るタイプの方が、界面活性剤の含有が少ないため、肌に対してかかる負担は低いように感じます。しかし、拭き取るタイプだと拭き取り残しが出てくることがあります。

十分に拭き取ることができず、成分が肌に付着したままだと肌に悪影響を与えます。べたつき感もあるため、人によっては不快に感じることもあります。洗い残しを防ぎ、なおかつさっぱりさせるなら洗い流すタイプがおすすめです。ただし、極端な乾燥肌や敏感肌の人は油分の流出を防ぐために拭き取るタイプの方が良いでしょう。

使い心地がいいものを使う

クレンジングクリームは、メイクをする度に使用するものです。使いやすさというのがポイントになってくるため、継続して使用することを考えて使い心地がいいものを選びましょう。クレンジングクリームを使ったときの感覚、洗い流したときの感覚などがポイントになってきます。使い心地は実際に使ってみないと分からないので、安く手に入るサンプルを購入して比較するとよいでしょう。

続けられる価格帯のものを選ぶ

クレンジングクリームを使用する場合に、自分の肌とマッチするものが見つかれば、同じものを継続して使用することをおすすめします。メイクを毎日するのであれば、クレンジングクリームも毎日の使用が基本です。そのため、続けることができる価格かどうかも考える必要があります。定期購入コースがついているものであれば、通常よりも安く買うことができます。セールで一回だけ安く買うよりも、定期購入で継続的に安く買える方がお得です。

安く買うなら、ネット通販での購入がおすすめです。さまざまな商品が比較できることや、大手のサイトならレビューや口コミ情報の信頼性も高く、実際に使った人の意見を参考にして選ぶことができます。

安全な成分が含有されているものを選ぶ

クレンジングクリームを選ぶ場合は、含有されている成分にも注目しましょう。クレンジングの中では安全性が高いタイプであるものの、商品によっては界面活性剤が多く使用されているものもあります。肌に潤いを与えながらクレンジングする商品になるので、どんな潤い成分が含まれているのかもポイントです。天然成分で多く含有されているものをできるだけ選びましょう。また、製造や販売している会社の信頼性もチェックポイントです。

返金や返品対応しているものを選ぶ

クレンジングクリームの効果は、肌質による違いから個人差があります。レビューでいい口コミが多くても、使ってみると自分の肌に合わないこともあります。高いお金を出して購入して、肌に合わないのは辛いものです。クレンジングクリームを購入する場合は、できれば返品対応や返金に応じてくれるものを選びましょう。返金や返品対応しているものであれば、実際に使ってみて効果がなくても費用的な負担を軽減することができます。

おすすめのクレンジングクリーム

ロレアルパリ エルセーヴ エクストラオーディナリー オイル ラ クレム ラヴォン クレンジングクリーム お試し価格 とてもしっとり 440g

ロレアルパリ エルセーヴ エクストラオーディナリー オイル ラ クレム ラヴォン クレンジングクリーム お試し価格 とてもしっとり 440g

泡なしのクレンジングクリームになります。摩擦が原因で生じるダメージを、泡を立てないことによって軽減することを実現しています。三種類のプレミアムオイルが配合されており、これらの成分が肌に潤いを与えてくれます。サロン発想の商品で、しっとり感が続くのも魅力の一つです。レビューを見ても、肌の痒みが無くなると言った声や香りがいいなどの声も多くあります。お試し価格で購入ができるのも魅力の一つです。

ロレアル パリ エルセーヴ エクストラオーディナリー オイル ラクレム ラヴォン クレンジングクリーム さらさら シャイン リフィル 詰替え

ロレアル パリ エルセーヴ エクストラオーディナリー オイル ラクレム ラヴォン クレンジングクリーム さらさら シャイン リフィル 詰替え

クレンジングクリームの使用におけるリスクとなるのが、肌トラブルです。この商品は、クリームと肌による摩擦が起こらず、肌トラブルのリスクが抑えられています。肌の状態が気になる人でも安心して使用できるように、プレミアムオイルが配合されています。刺激が小さく、しっかり汚れを落としたい人にもおすすめです。詰め替え用のタイプとなっているため、通常よりも安く買うことができます。安く続けたい人にもおすすめの商品です。

カウブランド 無添加メイク落としミルク ポンプ付 150mL

カウブランド 無添加メイク落としミルク ポンプ付 150mL

クレンジングクリームの使用において気になるのが、肌トラブルのリスクがあることです。この商品は着色料、香料、パラベンなどの防腐剤や品質安定剤などが一切使用されてないのが特徴になります。デリケートな肌の人でも安心して使用できる商品で、オリーブ由来のうるおい成分が、肌のうるおいをしっかりキープします。皮脂や汚れもしっかり落としてくれるので、美容面での効果も期待される商品です。濡れた手や顔でも使用することができます。

まとめ

いかがでしたか?メイクをした後のクレンジングの中でも、クレンジングクリームは肌にかかる負担が少なく、しっかり保湿してくれるのが特徴です。クレンジングクリームの中にも、さまざまなタイプがあるので、自分の肌質や予算に応じて選ぶ必要があります。クリームの選び方によって効果は変わってくるため、いくつか試してみて自分に合うクレンジングクリームを探していきましょう。

引き用元サイト: FEELY

記事元url: https://feely.jp/95847/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. 東京五輪・ボランティアに一日千円支給
  2. ファッションはもっと自由な発想で決めようと思える秀逸なつぶやき 6選
  3. ボノボ観察中、ボノボ同士の喧嘩により落下した枝が頭に直撃して下半身まひ 元京大院生の女性らが大学提訴
  4. 反論の余地なし!ズバッと言ってくれた代弁者たちに感謝したくなる 6選
  5. 美容にいいプロテインのおすすめ9選
  6. 猫が考えた謎の遊び「猫たたき」の空気感がひたすら可愛い
  7. 【ふくつう】幼女社長 第31話
  8. 試してみたくなる!あなたの体を労わる優しいレシピ 6選
  9. ぷるぷるの唇になれる?レブロンの《キスシュガースクラブ》が人気の理由
  10. 「美味しい!もっと頂戴!」頬大きくさせてバナナを食べるコウモリの赤ちゃんが可愛すぎる
  11. 「今、呼んでくれたよね?」ありえないほど人懐っこい捨て犬!そのまま飼うことに
  12. 背後から名前を呼ばれたトラの予想外のリアクション!ビビりまくってまるでニャンコのよう
  13. モテる香りをプチプラで!Cheilyのフレグランスミストの魅力とは?
  14. うどん県副知事・要潤の「香川応援アイデア」がどう見ても悪夢なんですが…
  15. 自信が持てる笑顔になるために!おすすめしたい話題の《オーラルケア用品》
  16. ザバスのプロテインでダイエット!おすすめプロテイン7種
  17. プロテインダイエットがおすすめの理由!最適な飲むタイミングも紹介します
  18. シナモンダイエットとシナモンの効能
  19. いろんな用途で使える!プチプラ《ヒアルロン酸原液》が話題
  20. もっちり美肌に近づける?大注目の《ガスール》を使いこなそう
  21. 秋冬にぴったりな甘い香りに夢中!おすすめしたい《バニラの香り》のケアアイテム
  22. ファスティングダイエットの正しいやり方は?
  23. そんな神上司いるワケ…いたわ。部下に慕われる理想の管理職 6選
  24. 冬虫夏草の効果って?美容・健康増進が期待できる理由と成分
  25. 資生堂のスキンケアブランド《レシピスト》から秋のスキンケアセット登場!
  26. ポーチにもスリムにIN♡直接塗れる《UVスティック》が超便利と話題!
  27. 腹筋ガタガタ!家族で笑える子ども&;赤ちゃんの爆笑ボケて10選
  28. 石破茂「病気にならず、介護を受けずに済む社会を作らなければならない。答えは1年で出す」
  29. Microsoft、Windows 10ユーザーに他社製ブラウザを入れないようポップアップで警告
  30. 【MSZ-006】「Zガンダム」をイメージしたリュックサック発売 7020円
アクセスランキング