ホットヨガで期待できるダイエット効果とは?ダイエットできるコツとは!

    全体:6月:0週:0日:0

日本では一般的に、美容や痩身方法の一つとして知られるヨガですが、本来はインドで生まれ解脱の方法として心身を鍛錬によって制御し、精神統一を目的に行われるもので、日本の宗教のひとつである禅道と類似点が多いものでした。

ホットヨガとヨガの違い

本来、発祥地であるインドでも、宗教的要素の高かったヨガは、現在健康目的で美容や痩身方法の一つとしても、世界各地でもてはやされています。日本のヨガは昭和の時代に伝播したもので、宗教色は一切なくなり、エクササイズの一つとして、健康を目的に活用されているものです。

ヨガの特徴は、腹式呼吸によって体内の気を高め、独特なポーズをとることによって、心身のリフレッシュやリラックスを行うもので、体のゆがみを取り去り体を引き締めるなどの効果が期待できると言われています。ホットヨガとの違いは、室内を暖めることによって新陳代謝を促し、さらには湿度を高めることによって、その相乗効果により体に負担なく柔軟性を持たせ、けがもしにくいというメリットがあるのです。

室温39℃・湿度55℃~65℃程度で行う


ホットヨガの場合、常温で行われるヨガとは違い、湿度と室温を高めたうえでエクササイズ行うのが特徴といえます。湿度と室温を高めることは、夏場や冬場の運動のように、季節によって新陳代謝が異なることを考慮したもので、常に一定の状態でヨガを行うことで、その効果や作用を常に保ち続けることが目的なのです。

ホットヨガが室温39℃・湿度55℃~65℃程度で行われるのは、短時間で新陳代謝を活発にし、体の筋や腱を伸ばしやすくするため、こうした方法がとられています。特に腱は、筋肉と骨を結び付けるための非常に大事な組織で、年を重ねるごと固くなっていきますが、これは腰痛や肩こりの原因ともなるもので、体を柔らかくすることは健康と非常に密接な関わり合いがあるのです。

筋肉が柔らかくなる

柔軟体操行うことで、体が非常に柔らかく保てるということは皆さんご存じでしょう。世界のアスリートたちも同様で、ほとんどのスポーツ選手は、この柔軟体操をトレーニングの基本として最初に行います。柔軟体操の効果は、体の筋や腱を柔らかにするもので、スポーツ選手のけがは体の筋や腱を痛めることがほとんどで、体の筋肉や腱を柔らかく保つことで、けがに強い選手に作り上げているのです。

ヨガも同様に、この柔軟効果があり、筋肉など軟らかくすることによってけがにに強い体づくりが行われ、筋肉が柔らかくなることによって、血行が促進されるというメリットもあります。血行が良くなるということは、体のすみずみまでの血のめぐりが良くなり、肩こりや腰痛あるいは神経痛などが緩和されるという効果があり、万が一転倒した場合でも骨折しにくいというメリットがあります。

専用スタジオでしかできない


昔から行われているヨガとは違い、現代エクササイズの基本ともされているホットヨガは、高温多湿で行われています。ただし、高温多湿とはいえ、サウナ風呂のような環境ではなく、室温39℃・湿度55℃~65℃程度が基本とされています。

、ホットヨガの場合、サウナ風呂のように専用のサウナ室に閉じこもっているわけではなく、腹式呼吸によって体内の気を高め、独特なポーズをとる運動を行いますので、あまりに高温多湿では続けることはできません。また、あまりに高い室温は熱射病の危険性があり、かえって健康を害することにもなりかねないのです。一般的な住宅では、室温39℃・湿度55℃~65℃を保ち続けることは難しく、専用スタジオでインストラクターの指示で行うのが適切です。

ホットヨガのダイエット効果

日本には、昭和の半ばに入ってきたヨガですが、一時は下火になり廃れますが 21世紀に入り、再び脚光を取り戻すこととなります。これは、日本の健康ブームに重なるもので、近年ではこのホットヨガがダイエットに効くとして、テレビをはじめとするマスコミの影響で、専用のホットヨガスタジオが全国の都市で作られることによって、さらに人気の拍車がかかることとなりました。

実際のダイエット効果についてですか、ホットヨガは高めの室温と湿度を保った専用のスタジオを使って行われるエクササイズの一つで、効率的に発汗や新陳代謝を促すことによって、エネルギー消費率を高めていきますので、ダイエットに関しては間違いなく高い効果が見込まれます。血行促進と健康維持は、密接な関係でつながっているのです。

高い消費カロリー


インド発祥とするヨーガから発祥したホットヨガは、今やこれまでの健康法であった、ジョギングや健康体操などといった枠組みを超え、新たなエクササイズ方式として世間に認知されることとなりました。ホットヨガの最大の利点は、適度な室温と湿度を保った部屋に閉じこもり、ヨガを行うことによって簡単に身も心もリフレッシュできるというところでしょう。

この適度な室温と湿度は、体の発汗作用を促すとともに、体に負担をかけず筋肉や腱など無理なく柔らかくしていこうというものです。また、ホットヨガの場合、短時間でこうした効果的作用が期待できるため、時間を大切にする現代人にとって非常に魅力的なことだと言えるでしょう。そして、体の温度の上昇によって、効果的に高い消費カロリーも得られることになります。

抜群のデトックス効果

まず、デトックスの考えですが、これは体内にたまっている有毒物質や老廃物を効果的に、体外に排出するという考えのもと行われるもので、いわゆる解毒作用を体の自然作用を使って行うのではなく、これを任意で強制的に行おうというものです。デトックスは、いわゆる代替医療および擬似医療と呼ばれるもので、昔から治療方法の一つにして行われてきました。

よく知られるのが、薬物依存やアルコール依存症の治療で、薬品などによってこうした治療が行われてきました。しかし、医学の技術が進み、人間の体内のメカニズムが解明されることによって、薬物に頼らず健康的にデトックス効果も得られる方法が見つかってきたのです。それが、こうしたホットヨガであり、健康を維持していく一つの方法として認知されているのです。

インナーマッスルに効く


インナーマッスルとは、いわゆる人体の筋肉の種類の一つで、人体には大きく分けてアウターマッスルとインナーマッスルに分けることができるのです。アウターマッスルとは、いわゆる力こぶや腹筋のわれを強調するもので、主に激しい運動や力を最大限使用することによって、このアウターマッスルが鍛えられていきます。しかし一方、インナーマッスルは、さらに奥にある深層筋と呼ばれる筋肉で、通常の筋力トレーニングなどでは、ほとんど鍛えることができないのです。

この、深層筋と呼ばれるインナーマッスルは、人間の体幹に影響を与える筋肉で、主に姿勢の調節や、関節の位置を整えるという働きをしています。ホットヨガでは、このインナーマッスルを鍛えることによって、内部から体の体幹を整える作用があります。

ホットヨガでダイエットが成功するコツ

メタボリックシンドロームを始めとする生活習慣病は、その多くが新陳代謝が衰えていくことで、様々な要素が引き金となり、病気へと発展するものとされています。新陳代謝が活発なのは、第二成長期と呼ばれる思春期のころで、20歳ぐらいを境に少しずつ衰えていくのが普通です。こうした、加齢による新陳代謝の低下は老化と呼ばれており、だれしも平等に訪れる自然現象です。

しかし、現代の医学では、こうした新陳代謝の低下を停滞させることで、ある程度の老化の抑制につながることが分かっており、ホットヨガを行うことによって新陳代謝を促し、若々しさを保つという期待がなされています。ホットヨガは、新陳代謝を活発にする上で、以上に大量のエネルギーを消費することから、ダイエットにも一定の効果が期待されています。

ホットヨガの前後は重い食事を摂らない


多くのアスリートたちは、試合の前後には決して重い食事をとることはいません。これは、自律神経と消化器官に深く関係しており、人間が食事をとった後消化を促すために、消化器官はその働きを強めることで多くの血液とエネルギーを必要としています。

自律神経には、運動時に働きかける交感神経と、安静時に働く副交感神経とがありますが、食物の消化にはこの副交感神経が作用しています。したがって、激しい運動などを行う場合、交感神経の働きが強まり、消化器官があまりきませんので消化不良や胃酸過多の原因となってしまいます。ホットヨガの場合、激しい運動とは言えませんが、高める室温や湿度によって運動エネルギーを増加させますので、交感神経が強くなり同じように消化不良をしやすくなるのです。

週2、3回通う

適度な運動は、人間の健康にとって非常に有効だということは、皆さんよくご存じのことでしょう。多くのスポーツ選手は、日ごろの鍛錬怠らず毎日トレーニングを励んでいるのを見かけますが、最近のスポーツ医学では、連日の激しい運動はかえって逆効果となり、けがなどで選手の寿命を縮めてしまうことにもなりかねません。

これは、ボディービルダーの世界でも同様で、筋肉の維持に有効なのは週に2、3回程度のトレーニングが有効で、筋肉などに負担なく強化していくことが可能とされています。ホットヨガも同様で、週2、3回通うことによって、効果的なトレーニングが可能で、短時間のホットヨガによって苦痛なく持続していくことができるのです。

長期間通う


日本のことわざに、継続は力なりという言葉がありますが、何事も開花させるには一定の持続力が必要となってきます。現在美容目的や健康維持、そしてダイエットのためにホットヨガは、一定の効果があるとされ多くの方々に支持されてきました。

ホットヨガは、専用のスタジオを持つ教室などに通わなければならず、週に2回から3回ほど通う必要がありますが、ある程度の効果が得られたら、すぐにやめてしまい、その結果体が元の状態に戻ってしまうという懸念があります。こうした美容目的や健康維持、そしてダイエット効果を期待し、ホットヨガを習得することは非常に効果的ですが、一定の期間教室に通う必要がありますが、さらに柔軟性を取り戻した体を自分自身で、維持していく必要があるのです。

ヨガの呼吸法とは

ヨガを行う上で、ヨガ独自の呼吸法は鍛錬を行う上で、欠かすことはできないものと言ってもよいでしょう。ほかのスポーツも同様で、鼻から吸って口から吐くといった呼吸法は、非常に一般的に行われている方法といえます。ヨガの呼吸法には、代表的な呼吸を方が六つほどもあり、その一つは腹式呼吸と呼ばれるもので、息をする時におなかを膨らませ、吐き出す時におなかをへこませます。

二つ目は肺式呼吸で、腹式呼吸同様一般的な呼吸方です。また片鼻呼吸は、右鼻から吸って左から吐き出すという方法で、ほかにもウジャイ呼吸やカパラバティ呼吸法、シータリー呼吸といった呼吸法が、ヨガでは代表的な呼吸法として知られています。ヨガの呼吸は、鼻から吸うことが基本で、途中で止めたりしてはなりません。

(Bethesda Park) ヨガウェア タンクトップ カップ付き シャツ トップス ネオンカラー ストラップ ダンス ピラティス スポーツ

(Bethesda Park) ヨガウェア タンクトップ カップ付き シャツ トップス ネオンカラー ストラップ ダンス ピラティス スポーツ (13 グレー M (グリーンライン))

ホットヨガを行う上で、トレーニングウエアの選択には、ある程度の心くばりが必要となります。これは、ホットヨガ行うことによって大量の汗をかき、トレーニングウエアが皮膚に張りつくことで、ヨガのポーズが取りにくくなるためです。

このウエアはタンクトップ型の女性用で、ほどよいフィット感があるうえに、丈が長めでおへその下まですっぽりと隠れますので、肌の露出を気にすることなくホットヨガに専念することができるのです。また、ストレッチ性に優れていますので、さまざまなポーズスムーズに決めることができるでしょう。色のバリエーションも多く、多彩な配色はホットヨガを楽しいものにさせてくれることでしょう。

ヨガタオル-メッシュバッグ-心地良さ抜群-マイクロファイバー

CORCOPI ヨガラグ ヨガタオル ホットヨガ 速乾 タオル メッシュバッグ 付き 滑り止め 心地良さ抜群 マイクロファイバー 全5色 ★ ピンク
ホットヨガを始めるにあたって、トレーニングウエアの選択も非常に大事なことですが、さらに欠かすことのできないものと言えば、ヨガラグやヨガタオルの存在ではないでしょうか。ホットヨガの場合、ほかのエクササイズと比べても、かなり大量の汗をかいてしまいます。これは、ホットヨガを行うスタジオが、一定の室温と湿度が保たれ、非常に汗をかきやすい環境が整っているからともいえます。

また、ヨガ独自のポーズをとる場合、下に敷くヨガラグの存在をは非常に大切で、専用のラグを使わなければ非常にポーズが取りにくく、呼吸もうまくいかないということが起こってしまいます。このCORCOPI ヨガラグは、特殊加工によって滑りにくく、吸水性も高いうえ速乾性があるという特徴を持っています。

まとめ

ホットヨガは、通常のヨガに比べ、以上に効果の高いエクササイズの一つとして認識されています。一般にみられるスポーツやエクササイズと違って、自分のペースで行うことができますので、スムーズに入っていきやすいという特徴を持っているでしょう。

引き用元サイト: FEELY

記事元url: https://feely.jp/87974/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. 【動画】 高校教師が生徒の顔面に右ストレート一閃 生徒の暴言にブチ切れ
  2. その年の金額は自分次第!おばあちゃん主催の「お年玉つかみ取り大会」が話題に
  3. そんな驚くと思わなかった!うとうとしている赤ちゃんのビックリ顔がカワイイ
  4. 【癒し効果抜群】手を繋いで仲良くお昼寝する親子ラッコに頬が緩む♪
  5. 【クレイジー編集部襲撃事件】スギちゃんとダンディ坂野が編集部で暴走
  6. ずば抜けたユーモアのセンスに面食らう!クスリとくる家族のクセが強い例え 6選
  7. 野生の子熊をペットとして飼っていた男性と飼い犬2匹が骨にだけになって発見される
  8. 種類別!髪留めの人気アイテム11選
  9. 風水では表札で運気が上がる!素材や色・付ける位置などを紹介
  10. ダブルカラーについて知りたい!トレンド4色とアレンジ12選
  11. イヤリングカラーを上手に使いこなしたい!アレンジ8選
  12. イエローベースに似合う髪色は?イエベ春・秋の髪色8選
  13. ピーナッツにはどんな効果が期待できる?おすすめの摂取方法とは
  14. インナーカラーで印象ガラリ!人気の5色×アレンジ15選
  15. 最後の1ページまで目が離せない!青春漫画「隣の席の前島はとても可愛い」のオチにみんなダマされた!
  16. 人魚を食べることで美しさを手に入れた国で出会った2人…美しく儚い物語に胸を打たれる
  17. 【息子とゲーム】出張!きょうの横山家 第23回
  18. 【ポジティブな私たち】明日の私に恋してください 第6話
  19. はちみつの効能って?正しい使用方法と注意すること
  20. 宿曜占星術を初心者にも分かりやすく説明!基礎知識や相性の占い方
  21. さすがです。プロの年長者たちが学生諸君に捧げる「THE・オトナの見解」7選
  22. 乳酸菌とビフィズス菌の違いは?ビフィズス菌の効果を紹介します
  23. 【生まれた月日で決まる!】あなたの今年の目標はこれです。
  24. 食べ過ぎリセットしたい!食べ過ぎた翌日に気をつけたいこと
  25. 人気メイクアップアーティスト考案!「&be」でケアを楽しもう
  26. イルミナカラーが大人気!流行のイルミナカラー7色ご紹介
  27. ほのかな香りが色っぽい。女子力アップできる「ジェル香水」
  28. 一週間ごしの連絡はザラ!?いつも返信が遅い男性の本音とは
  29. 女子ウケも大事!「同性モテ」する女性の特徴って?
  30. 冷えとり靴下のおすすめはこちら!効果的に冷えを解消する方法とは
アクセスランキング