効果的なランニング時間や時間帯、頻度や注意点を考える

    全体:6月:6週:0日:0

手軽にできるダイエットメソッドとして人気のランニング。ただ走るだけといっても、より効果を高めるためには時間帯を工夫したり、インターバルを調整したりと自分なりに試行錯誤を繰り返す必要があります。

ランニングをより効果的に行える時間帯やタイミング、ウェアについて御紹介していますので、これからランニングをはじめようという人も、ランニングの効果が思うように得られずに困っている人もぜひ御参考になさってください。

ダイエットに最も効果の高いランニング時間・頻度

脂肪燃焼効果は20分以降

どんなにハイペースで走り込んだとしても、体脂肪はそう簡単には燃焼してくれません。一般に、ランニングにおいて体脂肪が燃えはじめるのは走りはじめてから約20分以降と言われています。

つまり、最低でも20分間はつづけて走り込まなければランニング効果は得られないことになり、ただたんに筋肉を疲れさせるだけの運動になってしまいます。20分のランニングというとビギナーにとってはなかなかに辛いものがあり、初心者のうちは序盤でペースを上げすぎて早々に挫折してしまうことにもなりかねません。

最低でも20分間、できれば30分以上はゆるやかなランニングをつづけるようにし、体がじわりと温まって脂肪が燃焼していく感覚を実感できるようにしましょう。

長時間は怪我や故障のもと

最低でも20分以上はランニングを継続しなければ脂肪は燃焼しないとお話ししましたが、効果を最大限に高めようと欲張るあまり極端に長い時間走り込みをつづけたのでは、かえって筋肉の故障やモチベーションの低下につながりかねません。

やはり、ビギナーのうちは20分をひとつの区切りとし、ある程度慣れてきたら1週間ずつ5分刻みで時間をのばすようにし、目安として約50分間のランニングをコンスタントにつづけられるようにしましょう。長時間走り込んだ結果故障をしてランニングをひと月以上休むよりも、効果は薄くても無理なくつづけられる程度のランニングを長いスパンで継続したほうがはるかに安定した脂肪燃焼効果が得られます。

週3~4回がベスト

アスリートでもないかぎり、ランニングを苦行のように毎日つづける必要はありません。むしろ、筋肉には適度な休養が必要であり、ランニングを精一杯行った後に丸1日から2日かけて休ませることで負荷がリセットされ、より成長しやすい筋肉へと生まれ変わります。

一般的なレベルのランニングの場合、目安として週に3日から4日ほどのペースで行うのが心身ともに負担が少なく、もっとも効果があがりやすいパターンであると言われています。

仮に週に4回ランニングを行った場合、均等にならせばだいたい1日おきのペースになりますから、筋肉をきたえては休ませる、という理想的なパターンを保つことができ、スポーツ医学的にも理にかなっているといえます。

ランニング時間を朝にした場合の効果・注意点

対内時計のリセット効果

人間は本来、早朝にめざめ、日暮れとともに眠くなるのが通常であると言われています。つまり、早朝の時間帯は人間にとって体内リズムをリセットする絶好のタイミングなのです。

このタイミングでランニングなどの適度な運動を行うことにより、体内に活動スイッチが入り、その日1日をアクティブに過ごすことができます。気分的にも、早朝から思いきってランニングをしたほうが心地良く1日をスタートできるのではないでしょうか。

脂肪燃焼効果は朝が一番高い

人間にとって早朝は、体のあらゆる臓器のスイッチを入れ、「これから1日活動するぞ!」
とエンジンをかける時間帯です。

全身の代謝効率も早朝から午前中にかけてが最も高まるタイミングであり、この時間にランニングを行うことによって余分な脂肪をよりいっそう効率よく燃焼させることができると言われています。

食事後・柔軟体操後を心がける

早朝のランニングが効果的とはいっても、空腹時やストレッチ前にいきなり行うべきではありません。
とくに起床後すぐは1日のうちでもっとも血糖値が下がっている時間帯であり、そのタイミングでランニングなどの急激な運動を行うと筋肉だけでなく脳や心臓にも過剰な負荷がかかり、最悪の場合は心筋梗塞や脳卒中などで死に至る危険性すらあります。

ランニングは必ず、朝食後、柔軟体操を充分に行ってからはじめるようにしましょう。柔軟体操は怪我をふせぐ目的のほか、脳のスイッチを運動モードに切り替える効果があります。

ランニング時間を夜にした場合の効果

高い睡眠効果を得られる

運動した後に心地良い睡魔に襲われることは、誰にとってもよくあることではないでしょうか。

適度に体を動かすことで筋肉に疲労が溜まるのはもちろん、運動によって精神的なストレスが一気に発散されるため、心因性の不眠も解消されると考えられています。睡眠の質を高めることで1日の疲れがきれいにリセットできるようになり、よりリフレッシュした気分で翌日のランニングに臨める、という副次的な効果も期待できます。

まとめ

質の良いランニングを行うためには、時間帯と頻度を工夫しなくてはなりません。ダイエット目的のランニングであれば目安として、早朝の時間帯に20分以上、週3回から4階程度のペースで行うのが望ましいとされています。

また、万一のリスクを考え、保護用品や防犯グッズを携帯しておくことも大切なポイントです。

引き用元サイト: FEELY

記事元url: https://feely.jp/89228/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. 自殺した農業アイドル(16歳) 「アイドル辞めたいと言ったら事務所社長に違約金1億円請求された」
  2. 「もうダメだぁ」その時後ろをふり返ると一人のこどもが!こどもをテーマにした爆笑4コマ漫画を読んでみる!
  3. 鳩山由紀夫「赤坂を歩いてたらルーピーと叫ばれた。以前はショック受けたが最近は可哀想に思う。彼らに真の友愛を伝えたい」
  4. その生き様にあっぱれです。世界を救う!素敵ギャル 8選
  5. 【画像】 ラブライブ! マンホールのふたになる 「想像以上に出来が良い」
  6. 嫌いより好きを主張していこうぜ!会話をポジティブにした結果 7選
  7. 「これ僕専用~☆」エスカレーターに乗るブルドッグがカワイすぎる!
  8. 可愛すぎて食べるのがもったいない!超小さなキッチンでユニコーンケーキを作ってみた
  9. これぞ究極の臨場感!超高画質『8K』映像で見る日本の美しさ
  10. まるでドラマの1シーン!運命という言葉がピッタリな胸きゅんエピソード 6選
  11. 武蔵小杉駅の混雑、JRに対策求め署名運動スタート 改札、ホーム、車内すし詰め「あばら折れちゃう!」
  12. 命だけでなく患者の人生も救う!?再生を司る神「ホルス」と呼ばれた名医師の手技が冴え渡る!
  13. なんか予想してたのと違う!期待を裏切られた瞬間 6選
  14. 中村雅俊の息子が大麻で逮捕されたって本当?今は何をしているの?
  15. 痛烈な言葉が胸に刺さりまくる!容赦ない妹の一言 6選
  16. アン・ラッキーは突然に!まさかの角度から心にダメージを負った出来事 7選
  17. かわいいさと面白さでニヤニヤする!電車で見たら危険なボケて 10選
  18. 学園のイケメン3人組との胸キュンラブストーリ♡大人気作品「SECERT」続編にして完結作!
  19. 田舎の村に住む二人の少年が画家を目指して東京へ!二人の成長を描いた「蒼き炎」が熱い!
  20. 【動画】 札幌ドームで幼い少女に怒鳴り散らし続ける男性 Twitterで拡散炎上
  21. 【あっちの世界でもスマホは手放しません】底尽きることのないみんなの願い 7選
  22. アブドゥル・バキさん「父さん、俺この子と結婚するよ」 → 父激怒、両目をくり抜き静脈を切断
  23. こういう試みめっちゃイイ!心がポカポカした優しい光景 8選
  24. 御社の常識、弊社の非常識!?取引先との間で起きた珍事件 8選
  25. 男の子が「今晩泊めてください」と訪問、断ると「僕のことがわからないの」と立ち去る…新潟
  26. 小さな頭の中はフクザツなんです。真理をついてきた子供の発言 8選
  27. ワンコ愕然!(笑) 行き先が獣医と分かった瞬間のリアクションに思わず吹き出す
  28. 楽器は『ニンテンドーラボ』だけ?! アリアナ・グランデが衝撃のコラボに世界が驚愕
  29. 世界中で大流行!スパイダーマンとデッドプールが超絶ダンスが話題
  30. 人生の苦みと深み…!思わず共感しちゃう、ちょっぴりビターな「悟り言」 7選
アクセスランキング