ヘアアイロンの使い方はそれで合ってる?正しい使い方をご紹介!

    全体:6月:0週:0日:0

ヘアアイロンがほしいけど、使い方がわからないという人にはぜひ読んでほしい情報がいろいろと書かれています。したい髪型にはどのアイロンを使ってどのようにすれば出来るのかが具体的に書かれているので参考にして自分の好きな髪型にしましょう。

ヘアアイロンを使う前の準備

ヘアアイロンは非常に便利で簡単に髪の毛をセットすることが出来ます。その場合、髪の毛をきれいに洗ってから汚れを落としておく必要があります。汚れたままヘアアイロンを使ってもうまくセットすることが出来ません。いろんな髪の毛のケアがあります。ヘアアイロンを使う前にやっておかなければいけない最低限のことを紹介します。

髪はきれいに洗っておく

ヘアアイロンで髪の毛をセットするときに、やっておくべきことはシャンプーです。髪の毛を洗ってから汚れやほこりなどをしっかりと落としておく必要があります。シャンプーで洗えばいいというわけではなく、汚れをきれいに落とす洗い方があります。

シャンプーで汚れを落とすにはまずはシャンプーの前の水洗いが重要となります。まずは38度程度のお湯で3分間ほどきれいに汚れを落としていきます。その後シャンプーを付けて洗います。シャンプーで洗う前のお湯で3分間流すのが重要です。

トリートメントをする

髪をシャンプーで洗った後はトリートメントも重要です。トリートメントをする前のシャンプーを落とす時間も重要となります。シャンプー後に3分間程度かけてから洗い流す必要があります。それからトリートメントを付けて3分程度放置します。最後にシャワーを使って3分程度で流します。

髪が塗れたまま使わない

髪を洗ってからトリートメントまで終わると、後はヘアアイロンでセットをするだけです。ただし、セットをするときに濡れて状態でヘアアイロンを使ってしまうと髪の毛を傷めてしまいます。濡れた上体でヘアアイロンを使うと、ジュッという音がするのでそのときはまだ髪が濡れていることになります。

なぜ濡れているとダメなのか、髪のキューティクルが剥がれてしまいます。キューティクルを剥がさないようにするためにはしっかりと髪の毛を乾かしてからヘアアイロンを使いましょう。

アイロン用のスタイリング剤を使う

ヘアアイロンを使うときにはスタイリング剤を使うようにします。ヘアアイロン専用のスタイリング剤を使うメリットがあります。ヘアスタイルを崩さない・髪質を柔らかくする・髪を守ってから傷めないということが考えられます。

ブラッシングする

ヘアアイロンを使うときには髪の毛をしっかりとブラッシングしてから使います。そうすることで髪の毛がからまったり切れたりしないようにするには、ブラッシングをしてからきれいに髪の毛を解いておきます。

ブロッキングする

ヘアアイロンを当てるときに出来るだけ短い時間で当てるようにしてから、髪を出来るだけ傷めないようにします。そのためにはあらかじめ髪の毛をブロッキングしてから出来るだけ早くアイロンをかけるようにします。ブロッキングすることでアイロンかけの時間を少なく出来ます。

ストレートアイロンの使い方

ストレートアイロンをかけるときには使う前にきちんと下準備をしておく必要があります。その後アイロンで根元からゆっくりと毛の中間、そして毛先へとゆっくりとかけていきます。実際にストレートパーマにアイロンを使ってかけていく具体的なかけ方を紹介します。

温度は180度程度

ストレートアイロンをかけるときには温度が重要になります。高温にしすぎると髪の毛を傷めてしまうので180度が適温です。ヘアアイロンの設定温度で180度に出来るものを用意します。180度になるまで待ってからかけていきます。最初にスタイリング剤を付けてからその後乾かしてからアイロンをかけていきます。

部位ごとに分けて少しずつかける

ストレートアイロンのかける準備が出来たら、ここから実際にアイロンをかけていきます。髪の毛の量は小分けにして少しずつ束にしてからかけていきます。ストレートアイロンをかけるときは、ブロック分けが大切で、1度にかける髪の量は気を付けておきましょう。出来るだけ黒い髪の毛を何回かに分けてからかけていきます。

同じ場所に何度もかけない

アイロンをかけるときは、同じ場所を何度もかけないように注視して1回で終わらせるようにします。同場所を何回もかけてしまうと髪の毛を傷めてしまう可能性があります。いくらスタイリング剤を付けていても、同じ場所には出来るだけ1回でかけるようにします。

根元からゆっくり動かす

アイロンをかけるときに注意しなければいけないのが、根元からゆっくりと毛先に向けてかけていきます。そのとき、あまり根元を意識しすぎて、頭皮に当てないように根元より少し上のほうからかけていくのがポイントです。根元ギリギリにかけてしまうと、段になってうまくストレートパーマがかけられなくなりますので注意が必要です。

強く引っ張らない

アイロンを根元からかけていくときは、あせらずゆっくりと根元から毛先に向けてかけていきます。順番として、根元から毛の中間付近までゆっくりとアイロンをかけていき、中間から毛先にかけてゆっくりとかけていきます。アイロンを使うときはゆっくりとかけていくのがポイントです。あせって急いでかけていくとストレートパーマがうまくかかりません。

カールアイロンの使い方

カールアイロンはカールをどう付けるかで使い方が変わってきます。さらに髪の質によってもかかりやすい人とかかりにくい人がいるので、その点を充分に気を付けから温度調整も含めてかけていきます。実際にアイロンを使ってカールをかける手順を説明します。

カールがかかりにくい場合は温度を高めに

髪質によってはカールがかかりやすい人とかかりにくい人がいます。一度カールをしてみてかかりが悪ければ、少し温度を高くしてからアイロンでカールをかけていきます。髪の質によってかかりにくい人もいるので、そのときのかかり具合を見てから温度調整をするようにします。

内巻きか外巻きか決める

カールアイロンを使うときにはカールをかける前に根元から毛先に向けてスルーしていき、まずは髪の毛を整えます。それからカールを内巻きにするのか外巻きにするのかを決めます。決めてしまうと、あとは掛け方にあわせて内巻きか外巻きかによってまいていきます。

髪を巻いて挟んだらしばらくキープ

髪を内巻きでも外巻きでもまくときには、一度巻いたらはさんだ状態を少しそのままキープするのがポイントです。キープすることでカールをきれいに出すことが出来ます。キープしなければ思ったようなカールが出来ません。

少し緩めて毛先まで滑らせる

アイロンでカールを巻くときは一度カールしてからキープした後は、毛先まできれいに滑らせるのがうまくカールさせることです。カールさせるだけで毛先までスルーしないときれいなカールが出来上がりません。きれいにカールさせるには、毛先までしっかりとアイロンをスルーするようにします。

毛先を挟んだまま最初の位置まで巻きつける

カールの基本中の基本は、毛先をアイロンで挟んだ状態で最初の位置まで巻きつけていきます。これがカールをするときの基本の動作です。とにかくカールを途中で止めないことがポイントで、毛先から根元までしっかりとかけたいのであれば、しっかりと毛先から根元まで巻いていくことが重要です。

ウェーブのかけ方

ウェーブをかけるときはカールとは違って、髪の毛全体に波を付けるようにします。ウェーブをかけるときにはストレートアイロンとカールアイロンどちらでも掛けることが出来ます。どちらでウェーブをかけるかによってかけ方が違います。ストレートアイロン・カールアイロンを使ってウェーブのかけ方を見ていきます。

ウェーブ専用アイロンを使う

ウェーブをかけたいのであれば一番簡単なのがウェーブ専用のアイロンを使ってかけることです。ウェーブ専用のアイロンがあるのでそれで、簡単にウェーブをかけることが出来ます。購入すると使い方が載っているので、その通りにかけていけばウェーブが完成します。

カールアイロンを使う

カールアイロンを使ってうまくウェーブをかけるには、内と外を交互に巻いていくだけでウェーブが出来上がります。まずは、髪の毛先のほうから内・外・内と順番にカールアイロンをかけていくだけで簡単にウェーブが出来上がります。

ストレートアイロンを使う

ストレートアイロンを使ってウェーブを付けるには、最初に髪の毛を挟んで、内巻きにウェーブをかけるときはアイロンを上に向けて、外巻きにかけるときにはアイロンを下に向けるときれいなウェーブが出来ます。アイロンの向きを上・下を繰り返して行う事できれいなウェーブをかけることが出来ます。

ロールブラシアイロンの使い方

アイロンの中にロールブラシアイロンというものもあります。ブラシとアイロンがセットになっていてウェーブをかけていくとき使うと便利です。ブラシとアイロンがセットになっていて初心者にも使いやすいアイロンです。ロールブラシアイロンを実際に使ってみます。

髪を梳かすように滑らせる

ロールブラシアイロンにはブラシが付いているのでアイロンをかける前にブラシを使って髪の毛をしっかりと梳かしていきます。初心者でも使いやすくなっているので、ブラシを使って髪全体をきれいに解かしてアイロンがかけやすくします。ブラシで髪を梳かしていけば、からまりにくくなってアイロンをかけやすくなります。

毛先から巻く

最初に髪の毛をブロッキングしますか蹴る場所ごとに分け行くとアイロンをかけやすくなります。ブロッキングが完了すると、ブロックごとに毛先からアイロンで巻いていきます。このときに内巻きにするのか外巻きにするのかをきめてからまく方向を決めます。

巻きつけ過ぎに注意

ロールブラシアイロンを使うときに巻きすぎには注意しましょう。簡単にカールを巻くことが出来るので、使い慣れていない人は巻きすぎてしまいます。巻きすぎてしまわないように控えめに巻くようにします。

まとめ

カールを巻いたり、ストレートしたりと、自宅でも簡単にできるのがアイロンです。アイロンにはいろんなタイプがあり、ストレートアイロン・カールアイロンブラシ付きアイロンなど用途に合わせて使い分ければいろんなバリエーションの髪型を作ることが出来ます。自宅でカール・ストレート・ウェーブなどをつけたい時には便利なアイロンです。アイロンの種類と実際の詳しい使い方が紹介されているので、参考にして自分に合った髪型を作ってみましょう。

引き用元サイト: feely

記事元url: https://feely.jp/100237/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. 恩人と恋人になりたい!イケメン姿での恩返しにきた魔物が不憫過ぎるて尊い
  2. あなたといるときはいつも雨だった…雨にまつわる夫婦の思い出を描いた漫画に心が温かくなる
  3. これぞ日本の伝統芸!何の変哲も無い木に宮大工職人が命を吹き込む
  4. 異次元の発想力。大人を置き去りにした子どもたちのトンデモ言動 7選
  5. 誕生日のエンジェルナンバーが示す本当のあなた
  6. 誕生日のエンジェルナンバーが示す本当のあなた
  7. エンジェルナンバー【000】の意味と恋愛の悩み
  8. エンジェルナンバー【919】の意味と恋愛の悩み別アドバイス
  9. エンジェルナンバー【909】の意味と天使からのメッセージ
  10. エンジェルナンバー【909】の意味と天使からのメッセージ
  11. エンジェルナンバー【99】の方に天使が伝えているメッセージ
  12. エンジェルナンバー【99】の方に天使が伝えているメッセージ
  13. エンジェルナンバー【9】の人に共通する特徴と恋愛観
  14. エンジェルナンバー【1717】の示すメッセージと天使のアドバイス
  15. ウォータープルーフ日焼け止めの選び方・人気商品を紹介!
  16. 除毛スプレーで簡単ケア!注意点と厳選アイテム10
  17. 頭皮ケアシャンプーで抜け毛もかゆみも解消!おすすめのシャンプーまとめ
  18. エンジェルナンバー【8888】の意味とは?天使からのメッセージ伝えます
  19. デリケートゾーンにおすすめ脱毛クリームをご紹介!
  20. 老化防止の秘訣は2つ!若々しい身体を保つ方法
  21. 女性におすすめの香水まとめ!なりたい私で選ぶおすすめ香水
  22. ブルガリの香水はやっぱりおすすめ!彼とおそろいの香りに包まれる?
  23. 化粧水が変われば肌も変わる!乾燥肌用化粧水のおすすめ
  24. 色付きリップクリームでぷるぷるに!ほんのり色づくわたしの唇
  25. マスカラコームを使いこなしてまつ毛美人に!コームの種類とおすすめアイテム
  26. 乾燥肌の人におすすめのボディーソープ9選
  27. ボディクリームの保湿だけじゃない嬉しい効果!タイプ別おすすめ9選
  28. クリアのシャンプーまとめ!5種類の魅力をご紹介します
  29. ボタニストのシャンプーまとめ!髪質別に紹介します
  30. ジェルネイルのおすすめキット12選!初心者でも始められるアイテム
アクセスランキング