離婚する方法について

    全体:5月:0週:0日:0

離婚する方法とは簡単ではありません。旦那と離婚したい場合、妻から離婚したい場合、それぞれで違う問題が発生するので、その問題点などを考えながら離婚する方法を紹介しています。

旦那と離婚する方法とは

旦那と離婚するときにいくつか気をつけなければいけないことがあります。まずは離婚できない理由がある場合は、その理由を無くすようにすることができます。その方法を紹介します。離婚のときに一番トラブルになるのが金銭面です。金銭面はきっちりと要求できるものは要求して全ての協議内容を書面にして残しておくことで、支払われないような場合に強制徴収できてリスクを最低限に抑えることができます。

離婚できない理由が無くなるようにしていく

夫婦の間で溝ができてしまってすれ違いの人生を送り始めたときに、離婚という2文字が頭に浮かんでくるのではないでしょうか。離婚を考えてからその先に自由な生活が待っていると思うと、どうにかして離婚をしたいと考えるのではないでしょうか。ただし離婚したくても離婚できない大きな理由があって離婚に踏み切れないときにその理由を解消させる方法があります。ケース毎に詳しく見ていきましょう。

自分が悪いことをして離婚されるようなときその場合の解決方法とは、別居することで別れられる理由を作ります。通常悪いことをしている場合でも、別居期間が5年以上あるときに離婚することができます。離婚をしたときに相手の生活が貧窮してしまう場合、有責配偶者は離婚することができませんが、相手の生活が十分にできるとわかっているときは離婚しても問題がなく離婚が許される可能性が高くなります。

離婚するときの一番ネックとなるのは子供がいる場合です。子供がいるから離婚できないという場合は、女性側が子供の親権をほしいのに仕事をしているときに子供が1人になるという理由で離婚できません。仕事をしているときに保険料の控除がある保育所を見つけてそこに預けることができれば、保育料を安くすることができて家計の負担も減ります。離婚できない理由ではなくなります。

配偶者が同意してくれないのでなかなか離婚できない場合はちょっと大変で、DVによる虐待に近い暴力で離婚したいと思っていてもなかなかうまくいきません。この場合は協議離婚ではなく家庭裁判所での調停離婚に踏み切ることで離婚ができるようになります。ただし、証拠集めをしなければいけません。

金銭的なことについて

旦那と離婚するときに金銭面で要求するときにどういうやり方があるのでしょうか。金銭面は離婚をするときに重要な争点となります。旦那から慰謝料を少しでも取りたいと思うのは正直あるのではないでしょうか。慰謝料だけではなく、財産分与なども含めて離婚するときにトラブルになりやすいことでもあります。

では金銭面でどのようなお金の請求ができて、どこまでの金額を請求できるのでしょうか。また、離婚をするときに必要となる費用も発生するはずですが、その費用はいくらくらい必要になるのでしょうか。もらえるお金と出費しなければいけないお金を少し見ていきます。

出費の部分だけを見てみると離婚をするには高額の費用が必要になります。できれば協議離婚するのが一番ですが、それでは旦那が納得しないことがあります。旦那を納得させるための方法や少しでもお金を請求できるかを見ていきます。

離婚をするときに請求できる金銭の名目としては、財産分与・養育費・慰謝料の3つになります。財産分与は財産を持っていなければ請求できませんし、養育費は未成年の子供がいる場合になります。これに、別居中の費用・退職金なども請求できる名目になります。

では1つずつ見ていきます。財産分与は結婚期間中に築いた財産に対して全て分与の権利があります。妻が浮気をしていても要求できます。離婚後妻の生活が困窮するときのお金もここに含まれていて、財産に対してはどのような場合でも要求できます。

養育費はあくまでも夫婦に未成年の子供がいる場合に限ります。子供が学校に行っている間は受け取る権利があり、高校を卒業するまでや大学を卒業するまでとなります。子供が就職をするまで養育費をもらう権利があり、一般的に養育費は6万円程度になっています。

慰謝料に関しては、精神的・肉体的なダメージを受けたときに請求できる金銭です。夫のDVやギャンブルなどによる浪費などがあったときに請求できる金銭となります。また、浮気した相手にも慰謝料を請求することもできます。夫と浮気相手の両方に請求する権利があるので金額的にも請求できます。

別居中の費用は、離婚前に夫と別居していてその間の費用を夫に請求することができ、離婚給付と言われています。ただし、妻の浮気が原因で別居している場合は請求することはできません。

夫の退職金は請求できる場合とできない場合があります。退職金の前提条件は、夫が定年まで働いてから止めるときに受け取るお金で、会社が倒産して、自己都合で退職金が支払われないような場合は請求できません。あと退職までずいぶん先の場合も請求できない場合があります。

取り決めたことは書面にする

離婚するときに夫婦で決めたことを口約束で終わらせていると、最終的には何も実行されなかったということになりかねません。離婚の協議結果は口約束ではなく必ず書面にしておくことをおすすめします。その場では養育費・慰謝料・財産分与・親権などについて口頭で約束することになります。2人で話し合った内容については必ず書面にしておく必要があります。

書面にする場合は。離婚公正証書を作成して正式な文書として残しておくとあとでトラブルになることがありません。証書にしておくことで、後で支払われなかったときに強制執行にて養育費などを夫の預貯金などを差し押さえすることができます。証書にすることでリスクを最小限に抑えられます。

妻と離婚する方法とは

妻と離婚したいと思ったときに離婚協議をスムーズに行っていくには、妻に納得させてから離婚を決意させなければいけません。妻にも妻の考えがありいろんな理由で離婚協議に協力してくれない場合があります。離婚協議に参加してもらわなければ先に進みません。まずは離婚協議に参加したくない原因を聞きだすところから始まります。

どうしても離婚協議に協力してくれない場合は、お互い別居して冷静に考えてもらうことから始めましょう。別居しても考えが変わらない場合は、協議をするのではなく強制的に調停へと持ち込むことから始めましょう。このように強い意志を妻に示して離婚をすることを諦めないことが大切です。

妻が離婚してくれない理由とは

妻との離婚を考えているけど、妻の方が中々離婚に応じてくれない場合どのような理由があるのでしょうか。妻が離婚をしてくれない理由としては、子供がいる場合は子供の為に離婚したくないと考えています。子供には離婚がプラスに働くことは何もないのでそのことが気になってから離婚に応じてくれないケースです。

離婚した後の生活が不安の場合は、夫の収入があって初めて生活が成り立っていてその収入がなくなると自分1人の収入で生活ができるのか心配なため、離婚協議に応じないケースです。離婚後の生活が不安で別れられないというケースはたくさんあって離婚まで踏み切れない理由は離婚後の生活費が心配のケースで離婚協議に協力してくれないケースはたくさんあります。

他にも夫に未練があって離婚協議に協力してくれないという妻もたまにいます。もうひとつが夫の思い通りにさせたくないということです。生活や金銭的ではなく精神的な問題がある場合は厄介でスムーズに進めるのは難しくなります。まずは妻が思っている不満や原因を聞きだすことが先決です。

まずは別居からはじめる

妻の離婚協議への協力が得られない場合は、距離を置く意味で別居することから始めます。妻が離婚に合意しない限りいつまでも離婚することができません。そのためにも妻に協力させて離婚の合意を求めるには別居してから距離を置く必要があります。裁判に持ち込んだときには同居していると離婚そのものを認めてもらえません。今後の行動に対して認めてもらうためにも別居しておくことをおすすめします。

妻が離婚協議に協力してくれない場合、最終的に裁判にまで発展することになります。そのときに認められる理由には、妻側に重大な落ち度がない限り離婚を認めてもらうことが難しくなります。特別に大きな理由がなかったとしても別居生活が5年以上続いている場合は、妻が離婚協議を拒み続けていても裁判では離婚できる確率が高くなります。そのために事前に別居生活を送る意味があります。別居することで妻へプレッシャーをかけることにもなります。

5年間の別居生活をすることで強制的に離婚しなければいけなくなる可能性があることを妻が知れば、離婚協議に応じてくれる可能性も上がり円満に離婚協議を行うことが可能になります。それだけではなく、別居することで夫婦ともに冷静になってお互いのことを考えるきっかけにもなり悪いことではありません。

強い意志を持って離婚を申し出る

妻をいくら説得しようとしても話を聞かないような場合は、強制的に妻との離婚を調停や裁判へと話を進めることも必要になります。自分の意志が固いことを妻に示す意味でも最終手段を取る必要があります。離婚協議が前に進まないようであれば、調停へ持っていってから有利に進めるために事前に別居しておきます。

法的な手続きの準備ができたら手段を選ばず離婚に向けて進んでいくだけです。離婚調停をすると夫婦だけではなく家庭裁判所の調停委員が間に入り離婚の交渉を進めていきます。第三者が入ることでお互いの意見を聞いてどうすべきかの提案が出されます。その提案を参考に2人で納得の行く形で離婚できればそれが完了です。

ただし、妻がそれでも離婚に応じなければ次の手段にでるしかありません。次の手段とは離婚を頑なに拒んでいる妻でも裁判に持ち込むことで強制的に離婚しなければいけなくなります。ここまで進むと妻の考えが離婚しないと思っていても裁判官の判決で離婚が決まれば別れなければいけなくなります。

ただし、離婚調停がうまくいかなかったので裁判へ持ち込んだとしても必ず離婚ができると言うわけではありません。裁判では離婚するための原因を明確に存在しなければいけません。もうひとつがその離婚理由に対して立証できなければいけません。明確な原因とその原因の立証が必要になるので、この点だけはしっかりと証明できるようにしておかなければいけません。

妻と別れる理由でそこまでの大きな原因が考えられないで性格の不一致などの理由がある場合は、別途別居を5年間以上続けていたことが離婚裁判の判決に向けて大きな理由になります。裁判を有利に進めるには依頼する弁護士も有能な人に弁護してもらうことが離婚を成立させる大きな要因にもなります。

離婚のために知っておくべきこと

離婚するときには夫や妻のどちらかから最初に離婚の話を切り出します。話を聞いたほうが納得できればそのまま協議離婚が成立します。

協議離婚ができない場合は仲裁や裁判で離婚を争わなければいけなくなります。そうなったときの為に必要な条件やどんな内容を協議してから金銭面のリスクだけではなく精神面リスクも考えてから離婚に踏み切るかどうかを決めなければいけません。

離婚するときに事前に知っておいた方がいい情報がいくつもあります。その情報を確認してからどういう準備をしなければいけないかを確認しておきましょう。当然離婚をするとメリットだけではなくリスクもあると言うことを知っておく必要があります。

離婚の原因が必要なケースとは

離婚をする上で離婚を原因がなければ離婚することはできません。まずは離婚をする為の原因や理由を明確にしてから協議する必要があります。

離婚の理由には法廷で判定できるだけの原因が必要になります。離婚の理由として明確な事がないような場合はできるだけ協議離婚をすることをおすすめします。協議離婚の場合は夫婦2人で話し合ってから離婚を決めるもので第三者が間に入らず2人で解決することができます。まずは離婚をしてもらいたい相手と協議してから話し合いで可決することです。

協議がまとまらないでどうしても納得してもらえないような場合は、調停や裁判へ移行することになります。調停や裁判に移行するには何か重大な欠点が相手側になければ離婚判決をしてもらえない可能性が高くなります。特に裁判へ移行すときには理由がなければ裁判すらできません。その理由をしっかりと立証できなければいけません。

理由もなくただ離婚したいと言う場合は、別居していることが最大の理由になります。5年以上別居していない場合は別途離婚の為の重大な原因がなければ裁判をしたとしても離婚できない場合がほとんどです。そこで裁判で離婚できるための大きな理由が5つあります。

不貞行為は、相手の浮気が発覚した場合です。配偶者のどちらかが別の異性と肉体関係になった場合は離婚を請求することができます。不貞行為をした理由で離婚請求ができますが、その場合はしっかりとした証拠を準備できなければいけません。不貞行為を行ったという確実な証拠がなければいけません。

悪意の遺棄という理由で離婚を請求することができます。悪意の遺棄とは、結婚生活をしていてお互いが扶助協力し合う義務があります。夫婦の一方が義務を怠り夫婦の共同生活に支障をきたす事がわかっていながら放置した場合は離婚請求できます。

夫婦のどちらか片方が3年以上の生死不明の状態で生きているものか死んでいるものかが判別できないような状況が続いた場合は離婚を請求できます。ただし、所在がわからなくても相手が生きていることがわかっていれば離婚の請求はできません。

夫婦のどちらか片方が回復の見込みがない精神病にかかった場合は、医師の診断書があれば離婚の請求ができます。この場合は回復の見込みが全くない思い精神病だと言うことがわかれば離婚請求できます。この場合の回復の見込みがない精神病とはノイローゼ・神経衰弱・アルコール中毒・アルツハイマーなどが上げられます。

最後が、婚姻を継続して行くことができない重大な事由がある時も離婚請求をすることができます。重大な事由とは、今のまま結婚生活をしていくことが困難でこのまま結婚していくことができないようなケースです。一緒に結婚していくことができないと考えたときにできることで上記の4つとは大きく違います。上記4つの理由に該当しない場合は、婚姻を継続しがたい重大な事由が離婚原因となります。

リスクについて

離婚することで現状を打開することができるかもしれません。離婚することで今のストレスや生活を変えることはできます。メリットはたくさんありますが、離婚することでリスクもあります。離婚するときのリスクも知っておいて初めて離婚協議や裁判などをやるべきかどうかを最終的に判断できます。離婚することで社会的なリスクも当然あるということです。

離婚することで大きなリスクとして何があるのでしょうか。社会的なリスクとして、離婚することでバツイチとして世間からは見られます。バツイチと言えば今はかっこいいと思う人もいるようですが、結婚生活に失敗したという現実が目の前にあります。

離婚することで特に女性は面倒な手続きもあります。女性の場合は離婚することで旧姓に変わります。まずは役所へ行ってから変更をしなければいけません。変更手続きは役所だけではありません。銀行口座やカードなどある場合は全ての変更手続きをしなければいけなくなります。

こういう世間体や面倒な手続きなどもありますが一番は子供がいる場合の子供への悪影響が最大のリスクではないでしょうか。離婚とともに子供が人が変わったようになってしまうことが多々あります。子供の精神面を考えるとできるだけ離婚はしないようにしたほうがみんなのためでもあります。

経済的なことの取り決め

離婚をするときにもうひとつ考えておかなければいけないのが経済的な面です。いままで夫婦で生活を維持してきたものがそれぞれ別に生活をしていくことになります。その場合、生活を維持するために収入が必要になります。男性よりも女性が一番気になるところです。離婚してから生活が成り立つのかと言うことが重要です。女性がひとりで生活をしていくことは簡単なものではありません。

離婚した後に十分な生活費を確保しなければいけません。そのためには離婚協議では具体的な養育費・慰謝料などをもらうことができるかをはっきりと決めなければいけません。これを決めなければ最終的に離婚は完了しません。お互いが納得するように話し合っていき協議が決裂するような場合は、裁判に持ち込んでからはっきりと判決で決めてもらうことも必要です。

まとめ

離婚のやり方などについて詳しく紹介してきました。今から離婚をしたいと思っていて離婚届だけ署名捺印をすれば現状から逃れられると思って簡単に離婚を決断してはいけません。離婚するとどうなるのかを詳細に説明しているので、離婚へと進む前にどういったことがあるのかを知っておくとあとあと便利です。

引き用元サイト: feely

記事元url: https://feely.jp/995265/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. 無理なく綺麗な家にするワザ&インテリア15選!
  2. シリコン系の下地で滑らかな肌に♡おすすめアイテムまとめ
  3. ちふれのファンデ―ションがすごい!魅力と特徴・口コミまとめ
  4. ドラッグストアでファンデーションを買いたい♡いろんなメーカーを比較しよう!
  5. パープル下地で透明感のある肌になろう♡オススメのパープル下地を紹介
  6. ファンデをプチプラに♡満足度の高いプチプラファンデを紹介します
  7. ファンデーションのおすすめまとめ!プチプラファンデがいい感じ♡
  8. 迷彩ネイルはカッコイイ♡おしゃれな迷彩ネイルのデザインまとめ
  9. 卵が太るのは誤解!卵を正しく食べて効果的なダイエット!
  10. 綺麗に痩せるために重要なポイントと6つのダイエット方法
  11. 婚活パーティでモテるのはこんな女子!初心者必見の婚活パーティーまとめ
  12. うまい棒のカロリーは?実はダイエットの味方にもなるうまい棒はコレだ!
  13. 【お手伝い】やせっぽちとふとっちょ 第5話
  14. 同棲する人との認識の違いは大丈夫?他人との共同生活で考えておきたいこと 6選
  15. ドイツ政府、「昆虫保護法」制定へ 殺虫剤や夜間照明の規制など計画
  16. 教え子だった男子生徒にキスした30代女性教諭を処分…何度も指導するが聞き入れず
  17. それは宇多田ヒカルの一言から始まった…!芸能界に広がる「なんなん」の輪
  18. ドーナツを大量に口に詰め込み窒息死、障害者支援施設訴える「賠償金1800円じゃ足りない!逸失利益で差つけないで」
  19. NASAが宇宙の果てに「青く輝く物体」を発見!その神秘的な正体とは…
  20. 【小野妹子がナンパされる】ぷろろ 〜プロ中のプロたち〜 第60話
  21. 【ほすとくらぶ】幼女社長 第45話
  22. 恋人はいらない、猫がいれば良い。ホワイトデーのお返しにカップケーキ型猫ベッドを
  23. 言われてみればそういうことかも…!恋愛のプロたちの本質を捉えた名言 7選
  24. 【あなたにはこれが解けますか?】プログラミングクイズ
  25. 【占い師解説】タロットカードの女教皇とは?女教皇カードが出た時の解釈
  26. 【占い師解説】タロットの愚者はどんな意味?愚者が出たときの解釈
  27. 人心掌握術とは?相手の心をつかむ人心掌握術の基本的な考え方
  28. 人間不信になる原因とは?人間不信の改善策を教えます
  29. 人格者と認められている人の特徴と人格者になる方法
  30. 人を見下すのはなぜ?見下す人の特徴や心理・対処法
アクセスランキング