唇にほくろができる原因は?予防と治療方法!

    全体:5月:0週:0日:0

いつもプリッとした唇の人もいますが、いつも乾燥して硬そうな唇の人も少なくないようです。唇についていつも悩みを持っているという人もいて、リップを変えてみたり、また保湿ケアを行ったり苦労されています。

でも唇のケアをほとんど知らないという方もいて、同じ顔の中の部位なのに、ほかの部位ほど気にしていないという人もいるようです。しかし!唇が荒れているといい印象を与えませんし、彼からみてやはり魅力的な唇というのは、ぷっくりつやつやでおいしそうな唇になります。ダメージを受ける理由などを理解し、つやつやの健康的な唇になれるように努力すべきです。

唇がダメージを受ける原因

唇にダメージを受ける原因のもっとも多いものは、やはり乾燥になります。
乾燥すると唇がカサカサになり、魅力が半減するのです。

水分が足りていないと皮がむけて出血する事もあります。唇についてダメージを受ける原因をつかみ、なるべく保護できるようにしていくべきです。

唇に刺激があるものを近づける


唇に刺激があるもの、たとえば熱いコーヒーなどをうっかり飲んでしまって、唇が刺激され、その後乾燥してひどく荒れることもあります。また辛い食事をしてから唇が荒れてしまったということもよくあるようです。

唇は粘膜で、皮膚ではないので皮脂によって保護されておらず、刺激に弱いということを理解すべきです。刺激されたり、摩擦が多くなると唇は荒れてしまいます。

リップメイクの落とし忘れ


メイクの中でも唇のメイクはポイントとなるので、女性はほとんどの方が唇にリップをつけているはずです。荒れ防止ということでリップをつけている方もいますが、薬用、保湿効果のあるリップ以外、カラーをのせるために利用するリップはクレンジングで除去する事が必要になります。

リップも薬用等の唇を保護するための物以外は、お化粧用品です。
そのため、クレンジングをしっかり行っていなかったことで荒れてしまうこともあります。

肌バリアの機能が弱まっている

季節の変わり目に弱いという人もいますし、女性の場合、生理の前になると肌が荒れやすくなる人が多いです。これはホルモンバランスなどが大きくかかわっています。

こういう時には肌も敏感になっていて、唇などの粘膜も荒れやすくなっているのです。薬用リップなどを利用して常に保湿を心がけることで保護できます。

知らない間に唇が紫外線などのダメージを受けている


長く外出していてお肌はしっかり紫外線対策をしていたのに、唇が無防備で、日焼けによって夜カサカサになったという話もよく聞くことです。紫外線は唇のにも影響するので、保湿し紫外線が当たらないように配慮が必要になります。

リップも油分が強く紫外線防止効果がないと逆にリップによって日焼けしてしまうこともあるのです。そのため、リップの成分などはしっかり理解しておく方が安心になります。

唇にほくろが出来る原因

ふと気が付くと唇にほくろができてることに気が付いて、びっくりされる方もいるようです。首チルにほくろができる原因の様々で巣が、多くは紫外線によるものでイコール、シミということになります。

そのほかにも内出血も原因となりますし、稀ですが、病気という可能性も否定できないのです。どのようなほくろなのかよく観察し、心配な場合には皮膚科を受診するといいと思います。

紫外線を唇が浴びることでシミやそばかすができる


唇も紫外線によって日焼けしますし、ひどい時にはカサカサに皮がむけて痛みを発するのです。こうしたことを繰り返していることでシミができてしまうこともあります。

シミ、そばかすなどが唇のほくろのように見える事が多いようです。外出するときには、唇の紫外線防止策も練っておく必要があるようです。

唇を間違って噛んでしまって血だまりができる

何かの拍子に唇をぐっと噛んでしまうときれずにそこが内出血する事もあります。この場合、内出血した箇所が黒く見えるのでほくろと勘違いする事もあるようです。

唇は粘膜なので刺激に弱く、ちょっとしたことでも内出血を起こして血豆のようになります。唇をかんだりする癖がある人は、内出血がシミのように残ってしまうこともあるようです。

肌バリアが低下して唇にほくろが発生する原因ができた


唇にいくつもほくろができているという場合、それがシミで、肌のバリア機能が低下し、シミができやすくなっていることも考えられます。唇にこういう状態が起きているということは、そのほか、肌にも注意が必要です。

肌のバリア機能が落ちると紫外線に弱くなるほか、外部からの刺激に弱くなりニキビなどができる要因ともなります。食事、また生活習慣等も見直す必要がありそうです。

メラノーマが原因のほくろ

ほくろのように見えて室は、皮膚の色素細胞が悪性化しているメラノーマという病気の場合も、稀ですがあります。この場合、特徴的な形があるので理解しておくと安心です。

メラノーマの場合、ほくろのように丸い形ではなく、左右非対称になります。また、唇との境目が不明瞭でシミが広がっているようなイメージです。

唇にほくろができないように予防する方法

唇にほくろが多くなるのは見た目にも印象が良くないですし、メイクをしてもリップで隠しきれないことが多くなります。唇にほくろができないようにするための方法についても理解が必要です。

予防方法はいくつかありますが、日常生活の中で気を付ける事ができる事になります。生活の中で唇の健康をしっかり考えていくとそれが保護する秘訣となるのです。

肌バリアが低下しないように食事と睡眠をしっかり摂る


肌のバリア機能が低下しているということは、体内の免疫力も低下している可能性がでてきます。そのため、自分の生活習慣を見直すことも必要です。

睡眠をしっかりとっていないと肌のバリア機能も体内の免疫力も低下し、紫外線にも病気にも弱くなります。しっかりと睡眠を取りバランスのいい食事を心がける事が重要です。

唇を間違って噛まないようにする

あわてて食事をされる方に多いのが、唇をかんでしまい内出血してほくろのようになるというハプニングになります。ゆっくり食事をする時間がないと、早くかもうと思って唇を誤ってかむこともあるのです。

内出血や唇をかみ切ってしまうなどもあるので、落ち着いて食事をすることを心がけます。またかみ合わせが悪い人も唇をかむことが多いといわれていますので、その場合、歯科でかみ合わせの治療を考える事も必要です。

紫外線が唇に当たらないようにUV対応マスクなどをする


紫外線が唇に当たらないようにするとなると、やはりマスクの出番になります。最近はUVマスクなども販売されているので、外出する事が多い人はこうしたモノを利用すると安心です。

また紫外線対策となるUV系のリップなどもあります。ただ何度も塗り重ねていかないと唇の保護にならないので、常に携帯しておくことが求められるのです。

唇の刺激物を近づけない


辛い物、香辛料がきいているものなどを、唇になるべくつけないように食事する事も唇を守る要素となります。辛いものが唇につくと、唇は粘膜なので内部に吸収され、いつまでも乾燥してしまうこともあるのです。

辛い物を食べるときには、唇になるべくつけないように注意します。また毎日そういうものを食べていると、胃腸によくないのでほどほどにすべきです。

唇のほくろの治療方法

唇のほくろを取りたいと思っている人も多いといいます。小さくて色っぽいほくろならいいのですが、人によってはふくらみがあり、目立つものもあるのです。その場合、唇のほくろを取る方法を理解しておく必要も出てきます。いくつかの方法があるので、その方法を理解すべきです。

子供の頃には小さくて盛り上がりがないものだったのに、成長と同時に少しずつ色がついて盛り上がりも出てきたというほくろもあります。この場合、形が変わらず丸いまま大きくなり、シミのような状態でなければ心配ないといわれているほくろです。

軟膏で腫れをおさめる


ほくろではなく内出血などの場合、軟膏などを塗ることで腫れを少なくすることもできます。唇に利用できる軟膏をドラッグストアで購入して利用する人も多いようです。

心配な方は皮膚科でお薬を処方してもらうこともできます。ほくろの形などが気になる場合、一度皮膚科を受診し、心配のないほくろかどうかを確認してもらい、軟膏などで治療していく方法も考えるべきです。

抗生物質を投与する


ほくろが内出血でそれが腫れている場合、中で炎症が進み膿がたまっていることもあります。そのため、腫れが大きくなってきた場合には、抗生物質を投与してもらうことも必要です。

医療機関を受診すれば、状態を確認し、必要な処置をしてくれると思います。直接抗生物質を投与することもありますしお薬を処方する事もあるようです。

炭酸ガスレーザーで綺麗に除去

ほくろを完全に除去したいという場合には、ほくろを炭酸ガスレーザーで焼くという方法もあります。この場合、医療機関で医師に施術してもらうことが必要です。

医療用レーザーは医師以外が施術できないものになります。美容皮膚科クリニックなどでこうした治療を行っていますので相談し、どのような方法がベストなのか確認してもらうべきです。

まとめ

唇が乾燥してカサカサだと、何となく女子力ない・・・と思われてしまいそうです。女子にとって、唇がぷるっとしているのは魅力的なことになります。でも唇が紫外線に弱い人も多く、唇のケアに困っている人も多いようです。

食事や日ごろの生活の中で気を付けるべきことをしっかり守り、唇に負担のない生活を送る事、また、プラス、唇に栄養をたっぷり与えてくれるリップやシートを利用することも必要になります。唇にゆっくりと美容成分をしみこませてあげると、非常に魅力的な唇になるのです。唇が弱いという人は、パックなどを有効活用して、常に美しく健康的な唇にできるように考えておくといいと思います。

引き用元サイト: feely

記事元url: https://feely.jp/102143/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. 【話題のアプリ ええじゃないか】芸能人はお給料で揉めがち?!ぺえの迷推理にスタジオ爆笑
  2. 【大阪】 自転車に乗った男が下校中の児童の名前を呼び「暑いから気をつけや」と声をかけ→通報される
  3. ここは優しさステーション!電車と駅で起きたほっこり平和なエピソート 7選
  4. 子どもに向き合うときは全力で臨め!テンション高めな大人たちによる子育て 10選
  5. 女性が子犬6匹連れて旅行に→車の中に放置→熱中症で全滅→死体を並べてSNSにアップ
  6. これが説得力!「納得されるコツ」を押さえた比喩のプロ達がめっちゃマネたくなる 8選
  7. 【エアコンが無くても大丈夫な時代は終わりました】熱中症対策クイズ
  8. 【田舎と都会のエスカレーターの違い】田舎が嫌い子ちゃん 第47話
  9. 空耳は避けられない!別の何かに聞こえてくるおもしろ外国語 7選
  10. 浅草に来たら行くべきおすすめ老舗・名店ランチ10選


  11. 【想定の範囲外】おぎぬまXの4コマ空間 第37話
  12. 意外と出会いのチャンスが潜んでいる!夏フェスで恋を掴む行動7つ
  13. コンビニコスメ「パラドゥ」の限定メイクセットがプチプラで登場!
  14. ガチャピンがYouTuberデビュー?! UUUMと契約!「これからの時代はYouTuber」
  15. 夏を思いっきり楽しむ《かき氷ネイル》や《お祭りネイル》でキュートな指先に♡
  16. 海デートで「これはありえない」と男が感じる《NG行動》7選
  17. 【読者プレゼントあり】UCCミルクコーヒーが「最長寿」でギネス世界記録に認定されたらしいよ
  18. ヒール高めなのに歩きやすい《ウィッジソールサンダル》おすすめ4選
  19. 女の見せ場!夏定番のバーべーキューで好感度を上げる女の行動5つ
  20. 「その水、分けて!」喉が渇いたリスが観光客からペットボトルの水をもらいゴクゴク飲む
  21. お口のエチケットに!マウスウオッシュの目的別おすすめ15選
  22. 頭皮はサッパリ、髪はしっとり♡《ジョンマスターオーガニック》の新シャンプー
  23. やりすぎは逆効果!男性が引いてしまう《女性の王道モテテク》5つ
  24. 老いた目の見えないゾウにクラシックコンサート。ピアノを楽しむ姿に胸が熱くなる
  25. 動画だからわかりやすい!メイクの参考にしたい人気の女性YouTuber10選
  26. 最愛な人との結婚式で着たい!おすすめ《ウエディングドレス》をタイプ別で紹介♡
  27. 愛情が強すぎる!(笑) 家を出たご主人を、窓から窓を巡りずっと監視するワンコが話題
  28. 「EXILE」→「えぐ左衛門」ほっこり笑えるおばあちゃんの勘違い 8選
  29. 周りを見たらみんな同じ!?量産型ファッションを抜け出す方法はこれ!
  30. 今年の夏、その脚出せる?美脚に近付くケアが話題沸騰中!
アクセスランキング