中性脂肪値を下げる効果がある食べ物とは?原因を知って対策をしよう!

    全体:2月:0週:0日:0

肥満、生活習慣病と聞くと、コレステロールや中性脂肪をイメージする人も多いのではないでしょうか。中性脂肪は、食事で過剰に摂取した糖や脂質がエネルギーとして消費しきれずに余ってしまって、蓄積されることによってできるものです。中性脂肪値が高くなると肥満だけでなく、血液がドロドロになることによって動脈硬化になることもあり、さまざまな疾患を発症するリスクが高くなります。

中性脂肪値が高くなることによって代謝が悪くなり、健康や美容にさまざまな悪影響を及ぼします。そこで、肥満や重篤な疾患を引き起こす要因となる中性脂肪やコレステロール、中性脂肪値が高くなる原因やそれによって引き起こされる病気、中性脂肪値を下げる効果がある食べ物や飲み物などについて解説します。

中性脂肪とコレステロール


中性脂肪は経口摂取した飲食物の糖質や脂質が脂肪となって蓄えられたものです。加齢とともに蓄積されやすいものであり、生活習慣病や重篤な疾患を引き起こす原因にもなるものです。中性脂肪とともに健康診断の際に気になる数値にコレステロール値もあるのではないでしょうか。実は、中性脂肪もコレステロールもどちらも脂質の一種なのです。

コレステロールには、善玉、悪玉それぞれが存在することはよく知られていますが、中性脂肪が増えると善玉コレステロールが減少し悪玉コレステロールが増加するという相関関係があり、中性脂肪とコレステロールには密接な関わりがあります。そこで、中性脂肪とコレステロールについて詳しく説明します。

中性脂肪とは


中性脂肪は、過剰摂取した糖質や脂質が蓄積されたものです。糖質や脂質はさまざまな活動のエネルギー源となるものですが、過剰摂取したり代謝が低下したりすることで、消費されなかった糖質や脂質は肝臓に蓄積されます。そして、肝臓の蓄積許容量を超えると中性脂肪に変化するのです。

中性脂肪は体内でエネルギーとして消費されます。運動を始めるとまずブドウ糖が消費されますが、ブドウ糖が不足するとエネルギー源として、血中に溶け出している脂肪が使用されます。エネルギーとして脂肪を消費するためには、脂肪分解酵素が働いて脂肪を遊離脂肪酸とグリセロールに分解する必要があり、分解されてはじめて血液中に溶け出すことができます。

中性脂肪とコレステロールのかかわり

中性脂肪は、体温の維持や内臓の保護、飢餓状態の際のエネルギー源などとして活用されるものです。一方、コレステロールは、細胞膜やホルモン、胆汁酸などを構成する材料として使用されます。どちらも生命維持のために必要不可欠な脂質であり、適量にあることでの問題は何もありません。許容量を超えることによってさまざまな疾患や体調不良の原因となります。

中性脂肪とコレステロールには密接な関わりがあり、中性脂肪値と悪玉コレステロール値は比例する傾向に、中性脂肪値と善玉コレステロールは反比例する傾向にあります。したがって中性脂肪値が高くなると悪玉コレステロール値が高まり、健康にさまざまな影響を与えるおそれが出ます。また、中性脂肪値が高まることで、高トリグリセライド血症という脂質異常症になり、動脈硬化や循環器の重篤な疾患が起こるリスクが高まります。

悪玉コレステロールと中性脂肪

エネルギーとして消費されなかった脂質、糖質が体内に蓄積されることで産生される中性脂肪は、さまざまな病気の原因とされることが多いものですが、中性脂肪値が低くなると体が疲れやすくなるというデメリットが生じます。ダイエットで過度な脂質制限をすると、体に大きな負担がかかることも考えられるため注意が必要です。

中性脂肪や悪玉コレステロールは、バランスがとれていない偏った食事や運動不足などを原因としてその数値が高くなります。魚や豆、緑黄色野菜や海藻などの摂取が足りていないと、中性脂肪値は高くなくても悪玉コレステロール値だけが高いというアンバランスな状態になり、生活習慣病にかかりやすくなります。

中性脂肪の値が高い原因

健康診断の結果を問診で聞くさいに、中性脂肪値が高いと健康によくないとして運動や食事に関する指導を別途受けなければならないことがあります。それだけ中性脂肪値が高いことは健康によくないということです。中性脂肪値は血液検査により、血液中の中性脂肪が多いと中性脂肪値が高いと判断されます。

血管のなかを数多くの中性脂肪が循環しているわけですが、その結果血管壁を厚くして硬くて狭い血管に変化させたり、血栓を形成して血流を阻害したりすることになります。このことから心筋梗塞や脳卒中などの重篤な疾患を引き起こす原因とされているのです。そこで、偏った食事や運動不足など、中性脂肪値が高くなる原因について説明します。

中性脂肪の基準

中性脂肪値が高いと糖尿病や動脈硬化など、さまざまな生活習慣病の原因になることがあるため、常に注意しなければならないものです。中性脂肪値は、定期健診などで数値を確認することができ、食後12時間以上経過した時点の血液検査で中性脂肪値が150ミリグラム以上になると高脂血症と診断されることになります。

検診で「経過観察」「食事改善・運動推奨」などとされるのは、中性脂肪値が150~300ミリグラム程度の場合です。高脂血症でも軽症なので医師の指導や栄養士、運動療法士などの指導によって比較的早期に改善できます。中性脂肪値が600ミリグラムを超えると重症とされ場合によっては入院して本格的な治療をしなくてはならなくなります。

アルコールや糖質の摂りすぎ


中性脂肪値が高くなる原因にはさまざまなものがありますが、結果として余分な脂質や糖質が中性脂肪として蓄積されるため、食事による影響は大きいと考えられます。アルコールはアルコールそのものが中性脂肪に変化するものではありませんが、脂肪分解を阻害する原因になることが明らかになっています。血液中に脂肪を溶け出してエネルギーに変換するためには、脂肪を分解する酵素、リパーゼの働きがかかせませんが、アルコールはリパーゼの働きを低下させてしまいます。

甘い物だけでなく果物や米、パンなどの主食に含まれている糖質は、活動するためのエネルギーとして必要なものですが、代謝が落ちたり、糖質を過剰に摂取したりすることで、中性脂肪値を高める原因となります。特に、精製された炭水化物、清涼飲料や麺類、お菓子などの食べ過ぎは禁物です。

生活習慣の乱れ


暴飲暴食が中性脂肪値を高くする大きな原因となっていることはよく知られていますが、それ以外の生活習慣の乱れも大きく関係することはあまり知られていません。例えば、深夜までテレビやゲーム、ネット三昧で起床時間が遅くなる、十分な睡眠時間が確保できていない、などの生活が続くと体に負担がかかるだけでなく、代謝機能が低下してしまうことから中性脂肪をエネルギーに変換することができずに体内に蓄積されてしまうことになります。

ストレスは万病の元ともいわれますが、過度のストレスがあるとホルモンや自律神経のバランスを崩して中性脂肪を効果的に代謝することができなくなります。自分なりのストレス発散法を実践することが大切です。

運動不足・肥満


生命維持や活動に必要なエネルギー以上にカロリーを摂取すると中性脂肪として蓄えられます。普段からあまり運動しないという人は、消費エネルギーが少ないのでエネルギーに変換される糖質や脂質のほとんどが蓄積されることになります。また、脂肪を燃焼するのに最も効果的である筋肉運動が行われないため、筋肉の量が低下しさらに代謝が悪くなる悪循環も原因のひとつです。

肥満はすでに中性脂肪が蓄積されている状態ですが、脂肪を蓄積する白色脂肪細胞が肥大化することによってさらに肥満が進みます。運動することによって脂肪を燃焼する作用がある褐色脂肪細胞を活性化することで肥満が解消されるとともに中性脂肪値を低くすることができるでしょう。

中性脂肪が高いことで引き起こされる病気


中性脂肪値は健康診断の際に自分で健康状態が確認できる健康のバロメーターであるとも言えます。中性脂肪値が高い状態が続くと、自覚症状がなくても脂質代謝の異常が継続されることになり、血管内に脂肪が溜まることで、血管の壁を厚くしたり、狭くしたりして血流に大きな影響を与えることになります。

血液は足のつま先から脳にいたるまでさまざまな部位の組織に新鮮な酸素と栄養分を届ける重要な役目があります。中性脂肪値が高いことで血流が妨げられれば、体中のさまざまな部位に障害が起こることは容易に想像できるでしょう。そこで、中性脂肪が高いことによって引き起こされる可能性のある病気について説明します。

動脈硬化

動脈は心臓から新鮮な酸素と栄養分を体のすみずみまで運ぶ有用な役割を果たしています。加齢によって動脈も老化して弾力が失われたり、血管内にさまざまな老廃物が沈着て血管が狭くなったりして、血流が滞ることを動脈硬化と呼んでいます。

コレステロールとともに中性脂肪が増加することによって動脈硬化が引き起こされると言われています。脳に動脈硬化が起こると、脳内血管障害によって脳梗塞や脳出血などの脳卒中が引き起こされるリスクが高くなります。また、心臓の冠動脈に動脈硬化が起こると狭心症や心筋梗塞などを引き起こす可能性もあります。その他、中性脂肪値が高くなることによって、大動脈瘤や腎臓硬化症などさまざまな重篤な疾患を発症するリスクが高くなります。

肥満・脂肪肝

中性脂肪は肥満とセットになっているとも言えるもので、エネルギーとして脂肪が燃焼されないために中性脂肪値が上がり、体脂肪やセルライトなどになって内臓脂肪、皮下脂肪となって蓄積されることで肥満傾向となります。健康にさまざまな悪影響を与えないように、早期に食事療法や運動療法を取り入れることが大切です。

脂肪肝は、その名のとおり肝臓の周りが脂肪で覆われる病気です。肝臓が、人工的に無理やりエサを与えて食するフォアグラ状態になることをイメージするとわかりやすいでしょう。中性脂肪が肝臓で蓄えられたり、合成されたりするために、中性脂肪値が高くなることで脂肪肝になりやすくなります。脂肪肝になると肝臓の機能が低下して、場合によっては肝硬変や肝臓がんに発展することもあります。

中性脂肪を下げる食べ物

中性脂肪は食事で摂取した糖質や脂質がエネルギーに変換しきれずに残ってしまうことでつくられてしまうものです。したがって、中性脂肪値を抑えるためにはバランスのとれた食事を基本として、糖質や脂質の取り過ぎに気を付けなければなりません。

飲食物のなかには摂取することで中性脂肪値を下げる働きのある栄養成分が含まれているものもあります。中性脂肪値が高いことを気にしている方は、日頃から中性脂肪値を下げる食品を積極的に摂取するといいでしょう。そこで、中性脂肪を下げる食べ物や飲み物をいくつか紹介します。

植物性油脂

料理や調味のために使用する油脂には動物性、植物性の2種類があります。動物性油脂は、ラードやバターなどの動物の体から採取した油で、常温では溶けにくく少し温度が下がるだけで白く固まるのが大きな特徴です。コレステロール値や中性脂肪値を高める性質があり、過度に摂取しないようにすることが大切です。

植物性油脂は、コーン油、エゴマ油、ひまわり油などのように植物から採取された油で、血液をさらさらにする不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。常温でも固まりにくいという性質があることから、摂取しても血中の中性脂肪やコレステロールの増加に影響することがあまりありません。また、オレイン酸やリノール酸などを含む植物性油脂は、摂取することで中性脂肪値やコレステロール値を下げる効果があります。

食物繊維は便秘の解消にいいと言われているものですが、中性脂肪値とはどんな関係があるのでしょうか。中性脂肪は、余分な糖質や脂質が変化することによってつくられるものです。食物繊維を摂取すると糖質や脂質が中性脂肪に変わる前に取り込んで老廃物として体外に排出してくれます。また、コレステロールの材料となる胆汁酸を吸着する働きもあり、一緒に排出することから中性脂肪と密接な関わりのあるコレステロール値を下げることにもつながります。

食物繊維はサツマイモなどの野菜に豊富に含まれていますが、中性脂肪を下げる効果があるりんごにも食物繊維が含まれているため適量を摂取することをおすすめします。

青魚

頭がよくなる、アンチエイジングに効果があると話題になっている青魚には、不飽和脂肪酸であるEPAやDHAが豊富に含まれています。不飽和脂肪酸は肉や乳製品などに含まれる飽和脂肪酸と違って、コレステロール値や中性脂肪値を下げる働きがあります。

アジやサバなどの比較的安価な青魚にも多く含まれているので、肉中心の食卓を意識して青魚を使ったメニューに変更するのも難しくないでしょう。青魚を摂取すれば急激に中性脂肪値が下がるというわけでないので、長期的に適量を摂取することが大切です。

中性脂肪を下げる効果のあるお茶

緑茶やコーヒー、ワインなどに豊富に含まれているポリフェノールには、中性脂肪を下げる効果があると言われています。とりわけ烏龍茶や緑茶、ワインなどには肝臓における脂質の代謝を促進して中性脂肪を燃焼しやすくする働きのあるカテキンが含まれています。

脂っこい料理と合わせて飲むお茶で脂の吸収を抑える効果があると宣伝しているCMもよく目にすることでしょう。中性脂肪を下げる効果が高い特定保健用食品飲料には、食事で摂取した糖が脂肪酸に合成されるのを防ぐ働きをするポリフェノールが含まれているものもありおすすめです。

中性脂肪値が気になる方向けのおすすめ飲み物

中性脂肪値が高いのは気になる、また高くならないように日頃から食事に気を付けたい、と思っている人はたくさんいます。しかし、中性脂肪の素となる糖質や脂質はほとんどのおいしいメニューに含まれているため、食事から全てを締め出すことは難しいものです。

ネット通販では、脂っこい料理や糖質の多い料理と一緒に飲むことで脂や糖の吸収を抑えて、中性脂肪値が上昇するのを防いでくれる飲料が販売されています。中性脂肪値を気にせずにおいしい物を食べたいという方におすすめの飲み物を紹介します。

[トクホ] コカ・コーラ からだすこやか茶W お茶 ペットボトル 350ml×24本


脂肪と糖に着目した2つの保険用途を持つ特定保健用食品飲料です。食物繊維に一種である難消化性デキストリンの働きにより、食事で摂取した脂肪が吸収されるのを抑えるとともに糖の吸収を穏やかにしてくれる作用があります。CMのキャッチフレーズにもあるように「おいしいものは脂肪と糖でできている」ため、普段の食事からそれら全てをカットすることは難しいものです。

脂質と糖の吸収を抑えるダブルの効果が期待できるだけでなく、ほうじ茶、烏龍茶、紅茶がブレンドされているため、和食やイタリアン、中華などどんな料理にもおいしく合わせることができるのも大きな魅力となっています。

アサヒ 食事と一緒に十六茶W(ダブル) PET2L ×2ケース


中性脂肪の材料となる糖質、脂肪の両方の吸収を抑える2つの保険用途をもつダブルトクホ飲料です。難消化性デキストリンの作用によって食後の糖の吸収や中性脂肪値の上昇を穏やかにすることができ、脂肪や糖が多い料理を好んで食べる方や中性脂肪値が気になる方にぴったりのお茶です。

十六茶という名前の通り、はと麦や大麦、ハブ茶や烏龍茶など16種類のお茶がブレンドされており、苦味や渋味が少ないすっきりとした味わいに人気があります。また、カフェインフリーなので夕食の後でも安心して飲むことができます。さらに無糖茶なのでカロリーを気にする必要もありません。

[3CS] サントリー 黒烏龍茶 (350ml×24本)×3箱


独自製法によって、脂肪吸収抑制効果がある「烏龍茶重合ポリフェノール」を豊富に配合しており、血中の中性脂肪の上昇を抑える効果が期待できるお茶です。このポリフェノールには、脂肪を遊離脂肪酸とグリセロールに分解する作用のあるリパーゼの働きを阻害する作用があり、そのために脂肪の吸収が抑えられ、余分な脂肪が蓄積されずに排出されます。

また、一般的なお茶に比べて脂肪を排出する量を増やす効果もあると言われています。苦味や渋味が少なく、どんな食事にも合わせやすいすっきりとした味わいは、毎日継続して飲むのにもぴったりと言えるでしょう。

大正製薬ミドルケア粉末スティック [特定保健用食品]


摂取することで中性脂肪値の上昇を抑える効果がある粉末タイプの特定保健用食品飲料です。配合されている「モノグルコシルヘスペリジン」の作用によって血中の中性脂肪を低下する作用が期待できます。甘みや旨味、香りなどで日本有数のお茶の産地として知られている静岡県産の一番茶を使用しており、苦味や雑味を一切感じない上品な風味を味わうことができます。

1日1包の飲用を4週間継続すると目に見えて中性脂肪値が低下するとされています。粉末タイプのスティック状であることから、職場や出張先などに携帯するのにも便利であることも大きな魅力と言えるでしょう。

まとめ

定期健診や人間ドックなどの検査のなかでも特に気になる中性脂肪値。そもそも中性脂肪とは、食事で摂取した糖質や脂質がエネルギーに変換されずに残って蓄積されることによって産生されるものです。暴飲暴食や偏った食事、運動不足などによっても中性脂肪値が高くなるため、気になる方は生活習慣や食事を改める必要があります。

不飽和脂肪酸を含む植物性油、青魚や食物繊維など摂取することによって中性脂肪値を下げる食べ物もあるため、積極的に摂取するようにすることも大きなポイントとなります。ネット通販では、食事と一緒に飲むことで糖や脂質の吸収を抑える効果がある特定保健用食品に認定されている飲料もあるため、上手に活用することをおすすめします。

引き用元サイト: feely

記事元url: https://feely.jp/993896/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. 反論の余地なし!ズバッと言ってくれた代弁者たちに感謝したくなる 6選
  2. 美容にいいプロテインのおすすめ9選
  3. 猫が考えた謎の遊び「猫たたき」の空気感がひたすら可愛い
  4. 【ふくつう】幼女社長 第31話
  5. 試してみたくなる!あなたの体を労わる優しいレシピ 6選
  6. ぷるぷるの唇になれる?レブロンの《キスシュガースクラブ》が人気の理由
  7. 「美味しい!もっと頂戴!」頬大きくさせてバナナを食べるコウモリの赤ちゃんが可愛すぎる
  8. 「今、呼んでくれたよね?」ありえないほど人懐っこい捨て犬!そのまま飼うことに
  9. 背後から名前を呼ばれたトラの予想外のリアクション!ビビりまくってまるでニャンコのよう
  10. モテる香りをプチプラで!Cheilyのフレグランスミストの魅力とは?
  11. うどん県副知事・要潤の「香川応援アイデア」がどう見ても悪夢なんですが…
  12. 自信が持てる笑顔になるために!おすすめしたい話題の《オーラルケア用品》
  13. ザバスのプロテインでダイエット!おすすめプロテイン7種
  14. プロテインダイエットがおすすめの理由!最適な飲むタイミングも紹介します
  15. シナモンダイエットとシナモンの効能
  16. いろんな用途で使える!プチプラ《ヒアルロン酸原液》が話題
  17. もっちり美肌に近づける?大注目の《ガスール》を使いこなそう
  18. 秋冬にぴったりな甘い香りに夢中!おすすめしたい《バニラの香り》のケアアイテム
  19. ファスティングダイエットの正しいやり方は?
  20. そんな神上司いるワケ…いたわ。部下に慕われる理想の管理職 6選
  21. 冬虫夏草の効果って?美容・健康増進が期待できる理由と成分
  22. 資生堂のスキンケアブランド《レシピスト》から秋のスキンケアセット登場!
  23. ポーチにもスリムにIN♡直接塗れる《UVスティック》が超便利と話題!
  24. 腹筋ガタガタ!家族で笑える子ども&;赤ちゃんの爆笑ボケて10選
  25. 石破茂「病気にならず、介護を受けずに済む社会を作らなければならない。答えは1年で出す」
  26. Microsoft、Windows 10ユーザーに他社製ブラウザを入れないようポップアップで警告
  27. 【MSZ-006】「Zガンダム」をイメージしたリュックサック発売 7020円
  28. 好きなもの食べて生きてこうよ!食欲旺盛な人なら共感する言葉 6選
  29. 柴犬ドリル!話題になった「犬の写真へたくそ選手権」で優勝できそうなワンちゃんに笑う
  30. 生活保護の独身女性42歳、食費は週500円 食パンのみで生活
アクセスランキング