水泳ダイエットの効果は?脂肪燃焼効果が高い理由とダイエット方法

    全体:7月:0週:0日:0

ダイエットに効果的な運動となるのは有酸素運動です。ジョギングやウォーキングなどが該当します。しかし、水泳の方が消費カロリーが高くて効率的にダイエットができます。水泳をするにあたってやはり気になるのは泳ぎが得意か不得意かでしょう。

ただ、ほとんど泳ぐことができない方でも、水泳ダイエットにチャレンジすることは可能です。ダイエットを本格的に行うつもりであるのなら、水泳ダイエットを選択してみてはいかがでしょうか。数あるダイエットの方法がある中で、水泳ダイエットを選択するだけの価値はあります。

水泳ダイエットが効果的な理由の数々

多くの方が数あるダイエットの方法から水泳ダイエットを選択しているのは、効果的な理由が数多く存在しているからです。水泳ダイエットに全くチャレンジしたことがない方は、効果的な理由を知り、思い切ってチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

消費カロリーが高い

泳がなくても水の中で動くだけで、多くのカロリーを消費できるのが水泳ダイエットのセールスポイントになります。陸上を歩くよりも水の中を動くだけの方がきついと思うはずです。水泳ダイエットは泳げる人のためのものではありません。全く泳げないという方でも思い切ってチャレンジできます。

引き締まった体型になれる

水泳ダイエットはただ体重を落とすだけのものではありません。

しっかり体に筋肉をつけることで、引き締まった体型になれるという嬉しいポイントがあります。ただ体重を落とすだけのダイエット方法は数多く損じしているものの、多くの場合で失敗に終わってしまうのが事実です。引き締まった体を手に入れるとともに、体重を落とすという考え方の方が成功しやすいのは間違いありません。

リバウンドしにくい

ダイエットに失敗してしまう理由の代表格といえるリバウンドをしにくいのも水泳ダイエットの特徴になります。これは筋肉をつけることで痩せやすい体質になるからです。

結局は、いかに痩せやすい体質になるかどうかがダイエットを成功させるポイントになります。水泳ダイエットなら、適度な筋肉を自然とつけることができて、その上でリバウンドもしにくいです。

時間がなくても対応

時間がなくても対応できるのが水泳ダイエットのセールスポイントのひとつです。どうしても水泳をするのであれば、ジムに足を運ぶという形にはなるものの、1日30分程度で全く問題ありません。

そして、毎日行わないといけないものでもなく、週に2~3回行えば、十分にダイエット効果を得られるものです。継続して水泳ダイエットは行わないといけないものの、近所にプールがあれば、足を運ぶのもそう難しくはないはずです。

泳げなくても問題なし

水泳ダイエットの最も大きな特徴ともいっても過言ではない、泳げなくても問題ないというのが人気の理由となっているでしょう。

水泳ダイエットと聞くと、泳ぐのがメインと考えてしまう方も少なくないものの、あくまでも水の中で有酸素運動を行うのが目的になります。泳げる人は泳ぐようにすれば問題なく、泳げない人は水の中で運動をする意識で大丈夫です。

水泳ダイエットを成功させるためのポイント

水泳ダイエットを成功させるためにはいくつかのポイントを頭に入れるのが肝心です。痩せたいという気持ちが先走り、間違った対応をしてしまっては、満足ができるだけの効果を得るのは難しくなってしまいます。どういった点がポイントになるのかをまずは頭に入れておきましょう。

準備運動からスタート

いきなり水泳ダイエットを行うのではなく、まずは準備運動を行うように心がけましょう。体操やストレッチを行うのは怪我の防止の意味だけではありません。しっかり脂肪が燃えやすい状態にするためでもあります。アキレス腱をしっかり伸ばし、肘や肩を回すようにし、準備を整えた上でスタートしましょう。

週に2回以上

水泳ダイエットは毎日行う必要はないものの、週に少なくとも2回以上は行わないといけません。週に2~3回行うことでダイエット効果が得られるもので、1ヵ月の継続も意識すべきです。水泳ダイエットは効果のあるダイエット方法ではあるものの、結局は継続してこそ求めている効果を得られるものといえます。

速さが重要ではない

水泳ダイエットは泳ぎの速さを競うものではなく、有酸素運動をしっかり行うものです。速さに拘ってしまうと、無酸素運動となってしまうため、脂肪が燃焼されずに筋肉だけがついてしまいます。脂肪を燃やすためには、ゆっくりと長い時間を泳ぐという認識を持った方が良いでしょう。ゆっくりとできるだけ長い時間を泳ぐことで、有酸素運動となるのが水泳ダイエットの肝となる部分です。

クロールの効果

クロールは消費カロリーが最も高いといわれている泳ぎ方であり、泳ぐときにはバタ足をする足は付け根部分から動かし、腕で水をかくときはゆっくりという点を意識しましょう。ジョギングと比べた場合、倍近くのカロリー消費量となります。太ももや腕のダイエットに効果的であるのも特徴です。

平泳ぎの効果

平泳ぎは他の泳ぎ方と比べた場合、楽に長い時間泳げるのが大きいです。ただ、消費カロリーに関してはクロールよりも低くなります。ゆっくり長い時間水泳ダイエットを行うつもりであるのなら、平泳ぎを選択すれば良いでしょう。股関節の周囲にある筋肉が鍛えられて、むくみや冷えの解消に大きなプラスになる泳ぎ方になります。

脂肪燃焼効果が高い理由

プールの水温は通常体温よりも低く、体が冷え切ってしまわないように、体は脂肪を燃やして熱を生み出して体温を保とうとします。脂肪燃焼効果が高い理由に直結する部分であって、体温と水温の差が影響しています。ただ、冷たすぎるプールに長時間入ってしまう場合は別です。

寒さから身を守ろうとし、体は逆に脂肪をため込もうとしてしまいます。できるだけ水温が管理されたプールを利用すべきです。そして、脂肪燃焼効果が高いからこその注意点もあります。

水の抵抗がダイエットに効果に繋がる

空気の抵抗と水の抵抗は比べるとおよそ12倍もの差があるといわれており、水の中はそれだけ動きにくいといえます。この動きにくさを利用してダイエットを行うのが水泳ダイエットとなります。

ただひたすら歩くだけでも大変な運動になるものの、泳げばさらに効果的な運動になるものです。最初は普通に歩き、慣れてきたら大股で歩くことを意識すれば問題ありません。自分ができる限りの範囲を広げて歩くのがひとつのコツになります。

空腹感に要注意

水泳ダイエットを行う際に失敗してしまう理由となるのが、空腹感に我慢できなくなってしまうことです。消費カロリーが多いのに太ってしまうのは、泳いだ後の空腹感が関係しています。

内臓の働きが活発になって、お腹が空きやすくなるのが特徴です。そのため、水泳ダイエットを行っているときには、筋肉を作るために必要なタンパク質を食事に取り入れるのが良いでしょう。アジやサンマ魚介や納豆や鶏肉などが該当する食材になります。高タンパクで低カロリーの食事を積極的に選択するのが望ましいといえるでしょう。

冷えが脂肪に繋がる

プールの水温で体が冷え切ってしまうことで、体は脂肪を蓄えようとします。そして、皮下脂肪となってしまうため、冷えに注意する気持ちを持つのが大切です。暖かいものを飲んだり、湯船に浸かったり、熱いシャワーを浴びるといった冷え対策を行っていかないといけません。多くの方が冷えをそのままにしてしまっているものの、水泳ダイエットの効果が弱まってしまう理由になってしまいます。

継続しないと意味がない

水泳ダイエットがいくら効果的でも、結局は継続して求めている効果を得られるものです。準備運動をし、水中ウォーキングや水泳を20分程度行うのを、週に2回以上は行わないといけません。他のダイエットでも、継続できずにそのまま終わってしまったという方もいるでしょう。途中で挫折してしまうのが一番もったいないといえます。決して無理はせずに、少しずつ体を慣らしていき、水泳でダイエット効果を実感できるようにしないといけません。

疲れやすいのを把握

普段から水泳を楽しんでいる方ならまだしも、水泳をしていないのなら、やはり疲れやすいのを把握はできていないでしょう。たかが水泳と思っている方もいるものの、水泳はランニングやジョギングよりも消費カロリーが高いです。それだけ疲れやすいものであって、疲れやすいのを把握していないと、自然と継続できなくなってしまいます。

水泳ダイエットで痩せない人の特徴

水泳ダイエットを行っても、いこうに痩せる気配がないのなら、何かしらの問題を抱えている可能性があります。水泳ダイエット自体は効果的なダイエット方法であって、実際にダイエットに成功した方も少なくありません。さらに、筋肉をつけられるというプラス要素もあるため、リバウンドもしにくいのも大きいです。

にもかかわらず、水泳ダイエットで求めている効果を得られていないのは、どこに問題があるかを考えていかないといけません。水泳ダイエットを行っているから大丈夫というおごりが理由になる場合もあります。そして、すぐに効果を求めすぎてしまう方も少なくありません。痩せない人の特徴を知っておけば、いざ水泳ダイエットを行うにあたって、求めている効果を得られるはずです。

カロリーコントロールができていない

カロリーコントロールができないのは、水泳ダイエットを行っても大きなマイナス要素になってしまいます。水泳ダイエットで消費したカロリー以上にカロリーを摂取してしまうと、当然ながら痩せることは難しいです。水泳ダイエットを行うことが全てではありません。普段の生活でカロリーコントロールをしていかないと、結局ダイエットは成功しないものです。水泳ダイエットを行うとともに、カロリーコントロールをする意識を持たないといけません。

冷えの影響

水泳ダイエットを行う際の冷えの影響を甘く考えている方も少なくありません。体が冷えてしまうと、体は体温を上げようとし、皮下脂肪をためてしまいます。

そのうち体が自然と温まると考えるのは大きな間違いになります。アフターケアをしないと、体は冷えたままの状態になってしまう点を覚えておかないといけません。

効果を早く求めすぎてしまう

水泳ダイエットの効果を早く求めすぎてしまうのは危険です。どれぐらいで目に見えての効果があるかは人それぞれ異なるものです。結局は地道に取り組んでいくしかないもので、その先に求めている効果があります。水泳選手のように泳げば消費カロリーはすさまじいものになるものの、水泳ダイエットでの運動では消費カロリーにそう大きな期待はできません。重要になるのは、太りやすい体質からの脱却であり、水泳ダイエットを行うことで痩せやすい体質に変われるのが大きいです。

短期間で痩せるのはリバウンドに繋がる

ダイエットを行うのなら、当然ながら短期間で痩せることを考えるはずです。これは水泳ダイエットを行うにしても同じでしょう。しかし、短期間でのダイエットはリバウンドの可能性を高めてしまうのが難点です。水泳ダイエットを行うにしても、短期間でダイエットに成功するイメージを持つべきではありません。

結局リバウンドしてしまうのなら、水泳ダイエットを行わない方が良かったと思う気持ちも芽生えてしまいます。カッコ良く引き締まった体になるためには、時間がかかってしまうものです。消費カロリーが高いからこそ、やればやるだけ痩せるということではありません。まずは体質を作るということが重要になります。

最低半年は継続

水泳ダイエットで結果をすぐに出そうとは考えずに、最低半年手は継続する気持ちを持つべきです。半年程度の継続をしないと、本当に自分に適しているのか、本当に効果があるのかが分からないものです。

水泳ばかりを行うのはどうしても飽きがくるため、ジョギングやウォーキングも組み合わせるのが良いでしょう。もちろん、どんどん新しい泳ぎ方にチャレンジするのもおすすめになります。

初級編から上級編へ

水泳ダイエットはまず初級編からスタートし、そして上級編に挑戦していくのが基本中の基本となります。この順番を間違ってしまうと、どうしても辛いと感じることも多くなってしまうものです。徐々にレベルアップをしていけば、辛いと感じることも少なくなっていくでしょう。水泳ができる方もいれば、全く泳げない方もいるものの、重要になるのは水泳ができるかどうかではありません。水泳ダイエットを行っていくにあたっての順番を間違えないことです。

水中ウォーキング

全く水泳ができず、運動もあまりしていないのなら、まずは水中ウォーキングからスタートするのは基本となります。水中ウォーキングくらいと思う方もいるものの、陸上よりもはるかにきついと感じること受け合いです。

水中ウォーキングだけでも十分な運動になり、まずはご自身の身体の状態を上げていくことを考えないといけません。水中ウォーキングができれば、次にステップにいっても問題ないでしょう。

平泳ぎ

平泳ぎはクロールに比べるとカロリー消費量は高くないものの、継続して行いやすい泳ぎ方になります。クロールはできなくても、平泳ぎならできるという方も少なくありません。水中ウォーキングが問題なくできるようになったのなら、次は平泳ぎを選択するのが良いかもしれません。

クロール

クロールはカロリー消費量が多い泳ぎ方になります。当然ながら、きついと思えるときもあるかもしれません。クロールはどちらかというと、上級者向けの泳ぎ方になるでしょう。しかし、慣れてしまえばきついと思うことも少なくなるはずです。

週4回ペースが理想

週に2回は少なくとも水泳ダイエットを行うべきで、そうでないと求めている効果を得るのは難しいといえます。そして、週に2回でも全く問題がなくなったのなら、週に4回に回数を増やしてみるのが良いでしょう。週4のペースで問題なく水泳ダイエットを行えるようになれば、求めている効果を得ることができるはずです。時間の都合はあるものの、ジムに足を運ぶようにすれば、時間の融通もききやすくなるのは間違いありません。

まとめ

必要な筋肉を作り、そしてリバウンドもせずに、楽しみながらダイエットを行えるのが水泳ダイエットの特徴になります。理想的なボディーを手に入れるための、要素を満たしているのが水泳ダイエットであり、特に女性に人気があります。水泳は陸上で行う運動よりも大変であると思うでしょう。ただ、ジョギングやランニングに比べるとカロリー消費量も多く、短時間でのカロリー消費ができるのが大きいです。

近所にプールがあるかどうかの問題はあるものの、今の時代においてはジムに足を運ぶという手もあるため、思い切ってチャレンジしてみてはいかがでしょうか。筋トレをするというのも一つの手ではあるものの、どうしても問題になるのはその辛さです。辛いと思ってしまうと継続するのが難しくなるのは理解できるでしょう。

水泳ダイエットはウォーキングをするのも泳ぐのも選択ができて、ご自身の状態に合わせて選択をして問題ありません。そして、水泳を楽しみながら行えるのも大きいです。今までで様々なダイエットに失敗してきたのなら、水泳ダイエットを導入し、理想的なボディーを手に入れてみてください。

引き用元サイト: feely

記事元url: https://feely.jp/100077/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. エチュードハウスの人気リキッドファンデーション#ダブラファンデって?口コミ&人気の秘密徹底調査!
  2. スタッドレスタイヤ車も含めて「大雪時のチェーン装着」義務化へ 国交省
  3. 紅白出場「TWICE」もPVに原爆きのこ雲を使用
  4. 嫁「クッキーつくる」俺「いいね」⇒30分後、まさかの“型”からだったことが判明
  5. これはしびれる!「人の顔に点数をつける」失礼客への店員さんの接客が神対応だった
  6. エチュードハウスの下地で水光肌を手に入れる!メイクレベル別おすすめ下地3選
  7. 【桜田五輪相】 サイバーセキュリティー担当大臣「USB」知らなかった 「穴を入れるらしいですけど」
  8. エチュードハウスのおすすめ口紅5選!マット派もグロッシー派も要チェック♡
  9. 【田舎のおばあちゃんあるある】田舎が嫌い子ちゃん 第63話
  10. 【それは突然に】オタクな姉とリア充な妹 第23話
  11. 「美尻を目指して!」恋するおしりで優しくケアしよう
  12. ポムポムプリンのタニタ来社に、ネットからは「ついに痩せるんですね…」
  13. ガサガサ唇に「さようなら」!潤う人気のリップオイル
  14. 女性の強い味方◎新サプリ「なめらかハトムギplus」
  15. 風紀に厳しい彼は気づかない⁈ 風紀委員カップルのツッコミどころ満載ラブコメディにニヤつく
  16. 芸人×王道バトル再び! 立ちはだかる先輩の壁を若手はどう乗り越えるのか!?
  17. 大人女子におすすめ! 冬に向けて「免疫力を高める」3つの活!
  18. おうちエステでワンランク上の肌へ!おすすめ「美顔ローラー」
  19. フェイシャルケアに取り入れてみて!おすすめオイル6選♡
  20. スマホの見過ぎで「老け顔」に!老化を進める原因と対策!
  21. ギター弾くなら僕を撫でて!かまってちゃんのニャンコ、可愛すぎる行動にご主人も根負け
  22. ハリウッド実写版ポケモンの予告編が話題!リアルなピカチュウが現実世界でしゃべりまくる
  23. 美術館に入りたくてたまらない黒猫!警備員に止められると、可愛すぎる行動に出る
  24. 芸能人じゃなくても歯が命!「今からしておくべき」デンタルケア
  25. 賢い大人のダイエット!「4つのルール」で脂肪を減らそう!
  26. 透明感のある美肌が欲しい!夜だけ「美容断食」のススメ
  27. 2018年版◎「ドクターシーラボ」のおすすめ商品4選!
  28. オーラルケアの「素朴な疑問Q&A」!あなたの歯は大丈夫!?
  29. 30代からは洗顔方法も変えよう!「洗顔ブラシ」活用のススメ
  30. いつものお手入れにプラスして乾燥知らず!「3COINS保湿シリーズ」
アクセスランキング