初心者でもわかるメイクの超基本!揃えたいアイテム&おすすめの本

    全体:4月:0週:0日:0

メイクのために揃えるもの・必須アイテム

可愛くなるためにメイクをしてみたい!そんなメイク初心者の方は一体何から揃えていいものか、販売されている商品も多く悩んでしまいますよね。なかなか聞く相手もなく困っている方も多いのでは?今回は、そんなメイク初心者さんが読んでためになる必須のメイクアイテムを、簡単なプロセスと共にご紹介していきたいと思います。

基礎化粧品・クレンジング

メイクの基本はスキンケアからと言っても過言ではありません。土台である素肌が健やかでなければ、いくら高級なメイク用品や道具を使用したところでメイクのノリが悪く、効果を発揮しません。特に乾燥やニキビなどには気をつけたいですね。

まずは1日の終わりにはきちんと洗顔をすることを心がけましょう。たとえメイクをしていなくても見えない小さな汚れが付着するので肌トラブルを防ぐためにも洗顔は必要です。

メイクをしている場合にはクレンジングもしっかり行いましょう。洗顔後は自身の肌に合った化粧水で肌を潤した後、美容液や乳液を使ってしっかりと保湿することも大切です。化粧水のみの使用はかえって肌を乾燥させてしまうこともありますので注意しましょう。

特に、基礎化粧品の見直しも大切です。肌を健やかに保つには自分の肌質に合った化粧水や乳液を選び、季節の変わり目などの肌トラブルを引き起こしやすい時期には美容液や高保湿クリームを併せて使用するなど工夫することで、美しい肌を保つことができます。美白効果やアンチエイジング効果も期待される商品など様々にありますので用途に応じて選んでいきましょう。

化粧下地・ファンデーション

化粧下地は、ファンデーションの使用前に欠かせない存在です。化粧下地を使用することでファンデーションが与える肌への負担を多少減らしたり、その後使用するファンデーションの肌への密着力を上げる効果も期待できます。そして、紫外線の強い時期などはUVカット成分が配合されている製品を選ぶのもオススメです。

また近年では、化粧下地として使用することで皮脂をコントロールし、メイク崩れを予防してくれる優れた製品や、下地としてのカバー力が高く素肌の肌トラブルを上手に隠してくれる製品なども登場しています。自分の肌の状態をよく観察した上で最適なものを選びたいですね。

ファンデーションは、気になる素肌のくすみを目立たなくしたり、肌表面の目立つ凹凸や毛穴をなめらかに見せてくれる効果があります。テクスチャーはリキッドタイプ、パウダータイプなど様々な製品がありますが自分の肌質や仕上がりの好みによって選ぶと良いでしょう。しっかりカバーをして艶のある仕上がりが好みであればリキッドタイプ、サラサラの肌触りでナチュラルに仕上げたい派にはパウダータイプがオススメです。ベースの色味もイエローベース、ピンクベースなど自分の素肌の状態や地肌に合わせて選べばより自然で綺麗な仕上がりになります。

さらに、気になる肌トラブルがある場合にはコンシーラーなどのポイントカバーもあわせて使用すると、より全体が馴染んだ仕上がりになりますよ。

アイブロウ・アイシャドウ

眉や目元を強調することではっきりと印象的な顔立ちに仕上げることができます。もともと眉がはっきりとしている人はブラシで整え、パウダーで形を整える程度で良いかもしれません。薄い人は毛を足すような感覚でペンシルタイプのアイブロウを使いしっかりと書いて形を整えてあげましょう。パウダータイプと合わせて使用するのも効果的です。色は自分の髪の色に合わせて選ぶと、まとまった印象に仕上がります。

アイシャドウは目元を強調するには欠かせないアイテムです。色味のないラメタイプのみの活用も良いですが、陰影をつけるために、自分の肌色より暗めのカラーシャドウを使うとより効果的です。併せて黒や茶などのアイライナーでまぶたのキワに線を引いたり、マスカラでまつ毛を強調するとよりぱっちりと華やかな印象になります。初心者の方がアイライナーを使用する際は、リキッドタイプは失敗した際に直しにくいのでペンシルタイプがオススメです。

リップ

仕上げにリップメイクをしましょう。唇のキワに沿って口紅やグロスを塗るのが一般的です。ちょっとしたパーティーや華やかな場所の場合はほんのすこしオーバー気味に塗ると女性らしく艶やかにきまります。使用する口紅の色はその日の洋服や自分の肌色に合わせて選ぶのが一般的です。ナチュラルに仕上げたい場合には、ほんのり色づくリップクリームだけでも十分かもしれません。

メイクの準備:スキンケアの方法

さて、メイク道具が揃ったら早速メイクをする準備をしていきましょう。まずはメイクの土台となる正しいスキンケアの方法から、詳しくご紹介していきます。

泡立ててやさしく洗顔

ぬるま湯で軽く洗顔をしたら、洗顔料を手のひらの上でしっかりと泡立ててキメの細かい泡を作ります。そしてたっぷりの泡で優しく包み込むように顔全体を洗っていきましょう。コツは手で直接顔に触れず、泡で洗う感覚です。この時、決して強く擦ったり刺激性のある洗顔料を使うことは肌トラブルの原因になりかねないので避けましょう。洗い終えたら洗顔料が肌に残らないようしっかりとすすぎ、やわらかなタオルで優しく水分を拭き取ってください。

化粧水

洗顔後、肌は比較的乾燥しています。たっぷりの化粧水で潤してあげましょう。化粧水のテクスチャーも様々なものが販売されていますので好みのものを選ぶと良いでしょう。比較的とろみのあるタイプよりも、さらっとした水に近いタイプの方が素肌への浸透力が高いとも言われています。塗り残しがないように、てのひらやコットンに含ませて顔の中心から外側に向かって全体へなじませていきます。

乳液

化粧水だけでは、かえって肌の上の水分を化粧水とともに蒸発させてしまい乾燥してしまう原因になります。化粧水をつけてからあまり時間を空けずに乳液や美容液で保湿していきましょう。乳液の保湿力も製品によって様々ですから自分の肌に合ったものを選ぶことをオススメします。特に乾燥する部分には重ねて塗ると効果的ですよ。

ベースメイクの方法


スキンケアが整ったら、ベースメイクをしていきましょう。ベースメイクとは、下地~ファンデーションまでのことを指します。このベースメイクを丁寧に行うことで、全体のメイクの仕上がりに大きく差がつくといっても過言ではありません。できるだけ時間をかけて丁寧に行いましょう。

化粧下地を顔全体に伸ばす

まずは保湿や、カバー力など用途に合った化粧下地を選び顔全体に伸ばしていきます。顔の中心から外側に向かってムラにならないように気をつけながら、丁寧に広げていきましょう。塗りすぎはメイク崩れを引き起こしますので注意が必要です。

もし、素肌のくすみやシミ、吹き出物などが気になる場合にはコントロールカラーやコンシーラーなどをプラスしてカバーしても良いでしょう。特に崩れやすいTゾーンや顎などは丁寧に馴染ませると効果を発揮します。

リキッドファンデーションを塗る

密着度が高くメイクが崩れにくいのがリキッドファンデーションです。適量を指またはパフに取り、顔の内側から外に向かってムラなく伸ばします。初心者の方は均等に伸ばしやすいパフを使用することをオススメします。また、Tゾーンなどのテカりやすい部分には厚塗りにならないように気をつけましょう。

ここでさらに気をつけたいのは、顎にファンデーションをつけすぎると浮き出た印象になってしまいますので要注意です。

パウダーを乗せる

仕上げにパウダーを使うとベタ付きが抑えられたりマットな仕上がりになるのでオススメです。このパウダーは、塗りすぎるとかえってメイク崩れの一因になりかねないので適量を意識してください。色も透明から色付きまで様々な製品がありますので、用途によって使い分けるのもいいかもしれません。リキッドファンデーションの全体を馴染ませるようにふんわりと乗せていくのがポイントです。

メイクが基礎からわかるおすすめ本

近年では数多くの著名なメイクアップアーティストが監修などのメイク本が出版されていますが、基礎から詳しく知りたい人にオススメの本をご紹介します。今更人に聞けないメイクの基礎知識や、今までの自分メイクの常識が覆された!なんて発見もあるかもしれませんよ。

基本のメイクレタスクラブムック (レタスクラブMOOK)


意外と知らないメイクの基本知識が分かりやすくシンプルにまとめられた書籍。メイクのプロセスだけではなく、土台となる素肌のスキンケア方法から詳しく掲載されています。超初心者向けの本をお探しの方にも、自分の基礎メイクを見直したい方にも最適な一冊です。

メイクの超基本と応用テクニック -これ1冊でプロセス・色選び、メイクのアレンジ方法までがよくわかる-


基本のメイクと合わせて様々なシーンに対応できる応用メイクを併せて紹介。なかなか変化をつけにくい眉のバリエーション提案や、挑戦しにくいカラーアイテムの選定術など目からウロコの情報が盛りだくさん。いつも同じ顔でマンネリ、季節によってメイクを変えたい!など、ちょっとした応用テクニックで雰囲気を変える技が身につく、幅広い女性にオススメの一冊です。

メイクの超基本テクニック ~キレイになるメイクのプロセス・道具がよくわかる~


長年自己流で済ませていたメイクを見直すことでもっと綺麗になれる、自分のメイクの常識を改めて見直すきっかけになる本です。使用するアイテムもアイシャドウ1色など、初心者さんには嬉しい低予算の設定なところもオススメ。なりたい顔別にテクニックが紹介されているのも嬉しいポイントですね。メイク初心者の方にも読みやすい本です。

steady.特別編集 可愛くなるためのメイクの超基本100 (e-MOOK)


こちらは、雑誌感覚で楽しく読めるメイクの超基礎知識をたっぷりと掲載した本です。今までメイクをしていて感じた疑問や、曖昧だった答えを見つけたい、そんな今よりもっと可愛くなりたい女の子に向けた本であると言えます。初心者向けなので真似しやすく、簡単にメイクテクニックが上がりそうです。

まとめ

初心者でもわかるメイクの超基本!揃えたいアイテム&おすすめの本
いかがだったでしょうか?メイクの基礎知識や道具の効果的な使い方など、意外と知られておらず曖昧なままメイクをしていた、なんてことも多くあります。これからメイクデビューする皆さん、今よりもっと綺麗になりたい女性の皆さんも一度これを機会にメイクのプロセスをおさらいしてみると何か発見があるかもしれませんね。

引き用元サイト: feely

記事元url: https://feely.jp/4505142/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. M-1王者も夢じゃない!?息ピッタリの掛け合いが自慢な「親子漫才」 7選
  2. 生活保護の女性に「好きです」「付き合っていただけませんか」 20代のケースワーカーを処分
  3. なんだかなあ…。心のモヤモヤが降り積もる納得いかない事態 6選
  4. 気付いちゃった…!「大人になること」に対する皆の理解が切ない&興味深い 7選
  5. 日産のカルロス・ゴーン会長逮捕へ
  6. 【めんせつ】幼女社長 第37話
  7. 【ヤンデる委員長】ぷろろ 〜プロ中のプロたち〜 第48話
  8. 告白はストレートな言葉が一番!気になるのは鬼娘のツノの感触だけ?
  9. 「個室トイレに子どもを一人で入れちゃだめ」母が語る納得の理由とは…?
  10. 【まだ間に合う!】クリスマスまでに恋人ができるか教えます
  11. 崩れさせたくない!「マスクをした時」のメイク術
  12. 魅惑的な輝きを仕込む!「下まぶた」におすすめのアイシャドウ
  13. 裸の40代男性が駅のコインロッカーの中で体育座りしているのが見つかる…JR仙台駅
  14. 肌に透明感を出したいときに。「紫コスメ」の上手な使い方
  15. 気分が上がる!Instagramで見つけたコスメの「#ちいサンプル」
  16. 「次はボクの番!」赤ちゃんと高い高いをして遊んでいたお父さんの元に駆け寄ってきたワンコ
  17. 感動的な瞬間!生まれたばかりの双子の赤ちゃん、ピッタリと肌を合わせると奇跡が起きた
  18. 「あれ?どこに行ったの?」アライグマ、綿菓子を何度もらっても水で洗ってしまう
  19. 【男女別】結婚したい職業10選
  20. そっけない態度をとる男性心理と脈アリサイン・アプローチ法
  21. 【効果検証】パエンナスリムの口コミは賛否両論!サイズと履き方に問題があった?!
  22. 甘くなりすぎない!「ピンク」を使った大人のアイメイクのコツ◎
  23. シックな大人の魅力全開!「スモーキーアイ」を作る簡単なコツ
  24. 純粋無垢な女子の特徴とうまく付き合うための注意点
  25. 脱出可能率1%の激ムズ!「ジンベエザメ原寸大サイト」開いてみたら迷子になった
  26. 性格悪い診断!10項目の質問であなたの性格の悪さがわかります
  27. 無駄にしたくない!「使いづらいコスメカラー」の活用方法
  28. 実はこれも?人気すぎて定番化した「元限定コスメ」を総おさらい!
  29. バランスをとるには?濃くなりすぎない「赤リップ」のメイク講座
  30. 筋膜リリースの効果って?筋膜をストレッチすればリフレッシュできる!
アクセスランキング