40代で美胸を作るコツと、胸を大きくする方法

    全体:0月:0週:0日:0

“40代になると自ら体を変えてボディラインをキープしようとせずに補正下着や体のラインがでない服装でごまかすことも多くなります。その時は何とかしのげても根本的な問題の解決にならないので悩みは続きます。

バストの形が崩れたり、サイズダウンしたりするにはそれなりの原因があり、また対処法もあります。40代でも美胸をつくることができるポイントやコツ、具体的な方法について解説します。

40代で美胸を作るケア方法

年齢を重ねるにつれて体のラインは少しずつ崩れてくるので、バストも形が崩れたり、垂れたりすることは当たり前だとあきらめてしまう女性も少なくありません。しかし、何もしなければ崩れる一方なので何らかの手立てを打つことが大切です。

女性ホルモンの分泌やバストを支える筋力アップなど、さまざまな対処法がありますが、まずは体全体の調子を整えることが大切です。ちょっとしたポイントを押さえることで40代でも十分に美胸をつくることができる方法を紹介しましょう。

マッサージで血流を良くする

美胸をつくるためにはまず、細胞の活性化に不可欠となる酸素や栄養分を十分に行き渡らせるために血行をよくしなければなりません。加齢とともに老廃物や有毒物質が身体に蓄積されやすくなるので、それらをスムーズに排出することも目的となります。

バストアップマッサージをすることも大切ですが、体全身の血液やリンパの流れをよくすることも重視しなければなりません。リンパ節に老廃物を流し込むイメージでデコルテ、バスト、脇の下などを中心に入念にマッサージするようにしましょう。

バストクリームなどを使ってケア

マシュマロライン バストクリーム
バストケアに効果的であると人気のバストクリームには、バストをアップさせる成分のほかコラーゲンなどの肌にツヤやハリを与える成分も配合されています。薬効成分でバストアップを図るというよりも、マッサージ効果を目的として行うことをおすすめします。

バストアップのためのマッサージの方法にはさまざまな方法があり、撫でるだけでなく乳腺を刺激するためのツボを押すことにも効果があります。フェイスマッサージと同じようにやるとやらないとでは大きな違いがでるので地道に続けることが大切です。

筋トレやエクササイズで筋力アップ

美胸をつくるためにはバストを支える大胸筋をはじめとする筋肉を鍛える必要があります。エクササイズにはさまざまなものがありますが、普段からあまり運動をしていない40代の方にとってきつい負荷のかかるトレーニングは厳しいでしょう。

大胸筋を効果的に鍛えるには、手の幅を通常よりも広げて手をつく腕立て伏せが効果的です。体を真っすぐキープすることができない場合は、膝をついたり、壁を使って行ったりする楽な方法もあるので、毎日コツコツと続けましょう。

ストレッチで美胸ケア

ストレッチは体の筋を伸ばすだけのものと考えがちです。しかし、女性ホルモンや自律神経を整えたり、血行を促進したりする効果もあるとい言われています。

美胸をつくるためにはバストを支える筋力が低下しないようにすることが必要となります。筋肉はダンベルやマシンを使ったトレーニングだけでなく、正しい姿勢で行うストレッチでも負荷をかけて鍛えることができます。

40代が起りやすいお胸の悩み

40代になると肌のツヤやハリの低下、基礎代謝、血行不良など、それまでになかったさまざまな体の悩みが気になるようになります。食事に気を付けていても太りやすくなり、その一方で胸が垂れたり、小さくなったりすることもあります。

バストアップには、形や位置をキープするための筋肉や乳腺や脂肪を増加させる女性ホルモンの働き、食生活や生活習慣など、重要となるポイントがたくさんあります。バストの悩みの種類や原因によって対処法が変わってきますが、40代で起こりやすい胸の悩みにはどんなものがあるのでしょうか。

筋力低下による垂れ胸

バストが加齢とともに垂れてくる原因には、筋力低下が大きく関係しています。バストはほとんど脂肪でできており、その形や位置をキープするために大胸筋や小胸筋、クーパー靭帯の働きが必要になります。

筋力が低下してくるとバストのハリや高い位置でキープすることができなくなり、徐々に下方向に垂れてきます。40代で代謝も落ちた体のままでは、進行しても何もしなければ元の状態に戻ることはありません。

バストの形が変わる離れ胸

胸が外側に向いたり、中心からずれたりして離れてしまう胸は形の悪さも目立ちます。また、外向きに離れていることで谷間ができにくくなり実際のサイズよりも小さくみられてしまうこともあるでしょう。

バストの形が変わって離れてしまう原因には、ブラジャーのサイズが適切でない、付け方が悪い、就寝時ノーブラである、筋力が低下している、などがあげられます。最近は楽で便利なブラトップも流行っており、バストの位置が変わりやすいのも1つの原因と考えられるでしょう。

バストサイズダウン

もともとあったバストが急にサイズダウンしてショックを受けることがないでしょうか。バストのサイズダウンの原因には、バストを支える筋力の低下、無理なダイエット、出産や授乳、サイズに合っていない下着の着用、バストケアの習慣がない、などの理由があげられます。

そのため、良質なタンパク質を中心としたバランスのとれた食生活や胸筋を鍛えるための筋トレ、女性ホルモンの分泌の活性化など、原因に対する対処が必要となります。また、乳腺マッサージやストレッチもサイズアップに効果的です。

40代で胸を大きくするコツ

40代で胸の形が悪くなったり、サイズダウンしたり、垂れてきたり、などのバストの悩みがあっても、加齢によるものとあきらめていないでしょうか。バストの悩みには原因と対処法が必ずあります。

何もしなかったら進行するだけで悩みが深くなり、自分にも自信がもてなくなります。40代からでも十分間に合う胸を大きくするコツややり方について説明しましょう。

筋トレエクササイズは欠かせない

バストが垂れたり形が崩れたりする理由には下着の選び方やつけ方なども影響します。しかし、最も大黄な原因と考えられて言うのがバストを支える筋力の低下です。

バストは大胸筋や小胸筋、クーパー靭帯によって支えられていますが、年齢とともに筋力が落ちることによってきれいな形や位置を維持できなくなります。美胸をつくるためには、大胸筋を鍛えることを目的とした腕立て伏せなど、筋トレエクササイズが欠かせません。

食生活など、生活習慣を根本から見直して

バストアップを図る際には乳腺や脂肪を増やす働きがある女性ホルモンの分泌を活性化する必要があります。女性ホルモンはストレスなどによってもバランスを崩しやすいものですが、なかでも偏った食生活によって著しく機能が低下することがあります。

女性ホルモンの分泌を活性化するためには良質なタンパク質、ビタミンB群などを適切に摂取することが大切です。また、運動不足や寝不足など生活習慣が乱れることによっても女性ホルモンの働きが鈍くなるので注意が必要です。

マッサージやストレッチで巡りをよくする

バストの形が崩れたり、小さくなったりする理由には女性ホルモンの分泌が不足していることが考えられます。ホルモンの分泌を活性化するためには、バスとマッサージやストレッチで乳腺やツボを刺激したり、大胸筋を鍛えたりすることが必要です。

ある程度力を入れてマッサージしながら時々ツボを押したり、腕立て伏せやダンベル運動を取り入れてストレッチをしたりするといいでしょう。血行や新陳代謝もよくなり、バストだけでなく体全体がきれいになります。

サプリやクリームなど、バストアップアイテムを活用する

美胸をつくりためには食生活や生活習慣の見直しや改善、バストアップエクササイズやストレッチなど、さまざまな観点からアプローチすることが大切です。どれも即効性はないので地道にコツコツとやらなければなりません。

40代になると代謝も悪くなり、蓄積した脂肪なども邪魔して思うようにバストアップができないこともあります。女性ホルモンの分泌を活性化させるサプリやバストのハリやツヤをよくするクリームなど、バストアップアイテムを上手に活用するのもおすすめです。

まとめ


少し前に40代、50代でもとても若々しくみえる「美魔女」という言葉が流行りました。40代になる一般的には女性らしい体のラインが崩れやすくなるもので、皮下脂肪はつくのにバストがサイズダウンしたり、変形したりする矛盾も起こります。

バストアップのためには、女性ホルモンの分泌を活性化したり、バストを支える筋肉を鍛えたりすることが必要となります。毎日の生活に簡単に取り入れることができる筋トレやストレッチ、マッサージなどによって、40代でも美胸をキープしましょう。

引き用元サイト: feely[フィーリー]

記事元url: https://feely.jp/4520777/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. 人として好きって何?見極め方や恋愛感情に発展させる方法
  2. 酒癖悪い女と思われてない?特徴や行動まとめ
  3. 別れた彼氏と未練を断ち切る方法と復縁のテクニック
  4. 両片思いあるあると恋愛に発展する方法
  5. O型とO型カップルの恋愛の相性
  6. 山羊座O型の女性の恋愛事情!相性のよい男性と恋愛傾向
  7. 似た者同士は長続きする!?似たカップルのメリット・デメリット
  8. 一緒にいて楽しい女子は人気!愛され女子がやっている13のコト
  9. プチプラの神!フライング・タイガーで見つけた「平成最後の夏を楽しむ」ためのアイテム10選
  10. かわいいネコが自動でお掃除!卓上専用“クリーニャー”が癒される【今日のひまつぶし】
  11. キスマークを首に付ける男性心理。キスマークを綺麗に消す方法
  12. ご主人が消えるドッキリを飼い猫に試したら、驚きすぎて仁王立ちで呆然「どこに行ったニャ……」
  13. 変わった人はモテる?特徴や恋愛のコツ
  14. かまってちゃん女は周りにいない?特徴や対処方法
  15. 男子も女子も!キュンとする言葉男女別ベスト10
  16. あざと可愛い女子と男子が大人気!あざと可愛いを大分析!
  17. 飽き性の特徴とは?長所・短所と改善方法まとめ
  18. 【濃い顔】純日本人の芸能人・有名人を男女別に紹介!
  19. 気が強い女性の9つの特徴と恋愛傾向を徹底解説!落とし方も!
  20. エロい服装で男の目を引く!露出控えめのセクシーファッション
  21. 彼氏の性欲に悩まされている女性に試してほしいこと
  22. 癒されたい人にやってほしい20の方法
  23. 両思いになりたいすべての女性に送る恋愛テクニック
  24. 【悲報】埼玉・熊谷で41.1℃…観測史上最高気温を更新
  25. 大人の女性の分岐点!20代後半から考えたい見た目と中身
  26. 依存体質は嫌われる!?セルフチェックと克服法
  27. さつまいもの栄養と効果的な食べ方とは?
  28. 生姜ココアにはダイエット効果が期待できる!レシピや所品もあわせて紹介!
  29. ボブに失敗する原因は?美容師さんに伝える時のポイント
  30. ミセスはー5歳を目指せ!若見えヘアスタイルとアレンジ方法
アクセスランキング