バストアップに豆乳は効果的?取入れる際のポイントと注意点

    全体:2月:0週:0日:0

畑の肉ともいわれる栄養豊富な大豆を原料とする豆乳。健康のために毎日飲んでいるという方も多いのではないでしょうか。豆乳には女性にとって嬉しい美容効果が期待できるイソフラボンが豊富に含まれていることはよく知られているところですが、なんとバストアップにも効果的だと言われています。

カロリーや脂質などを気にせずに飲むことができる豆乳でバストアップもできるならこんな嬉しいことはないでしょう。そこで、なぜ豆乳を飲むとバストアップできるのか、豆乳の効果や摂取のポイント、注意点などについて解説します。

バストアップをするために!豆乳摂取のポイント

豆乳は高タンパク低カロリーの健康飲料であり、ダイエットに効果があることから女性に人気があります。大豆を絞ってつくられるため飲みにくさを感じることもありますが、砂糖や塩、香料などを入れて飲みやすくしたものも販売されています。

豆乳にバストアップ効果があると話題になった理由には、大豆に豊富に含まれるイソフラボンが女性ホルモンと似た働きをすることによるものです。豆乳には無調整と調製の2種類があり加工のプロセスや栄養成分に違いがあります。バストアップに効果的な豆乳の摂取の仕方のポイントを説明しましょう。

豆乳は毎日摂取する

豆乳は、大豆を材料としているためタンパク質を多く含むとともに良質な脂質も豊富です。栄養価が高い大豆は消化があまりよくないとされているのに対し、豆乳は大豆をすり潰して消化に悪い繊維質を取り除いているため消化吸収に優れています。

三大栄養素のなかでも特に良質なタンパク質と脂質を含んでおり、機能性食品としてもおすすめです。バストアップを目的として毎日摂取するのにとても向いています。

豆乳は無調整豆乳がおすすめ

豆乳には調製と無調整の2種類があります。なぜ「調整」ではなく「調製」という感じを使用するかというと、牛乳のように成分を調整しているのではなく、何らかの添加物を加えているからです。

JAS規格によって、無調整豆乳は大豆固形分を8パーセント以上含むもの、調製豆乳は大豆固形分を6パーセント含むもものとなっています。わずか2パーセントの差ではありますが、女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンをより多く摂取するのであれば無調整豆乳がおすすめと言えるでしょう。

眠る前に飲むと効果がアップする

豆乳は健康や美容にさまざまなよい効果をもたらすと話題になっていますが、飲む時間帯によって得られる効果にも違いがあると言われています。主に起床時、食事の前、空腹時、就寝前などに分けられますが、バストアップを目指すのであれば就寝前がおすすめです。

就寝中は、成長ホルモンが盛んに分泌され、肌のターンオーバーが活性化されることでも知られておりゴールデンタイムとも呼ばれています。豆乳を飲むと女性ホルモンの分泌も活発になるのでおすすめです。

豆乳はコップ一杯前後を目安に飲みましょう

大豆イソフラボンの一般的な1日の目安摂取量は70ミリグラム程度とされています。調製豆乳は200ミリリットルあたり43ミリグラム、無調整豆乳は55ミリグラム程度とされているため、コップ1杯前後を目安にして飲めばいいでしょう。

コンビニなどでは200ミリリットル入りのパック豆乳が販売されているので気軽に摂取できます。また毎日継続して飲むことが理想的であるため、日持ちするお得な大容量のものを買い求めるのもおすすめです。

豆乳を飲むとなぜバストアップ出来る?その効果は?

健康や美容に効果がある豆乳は無調整のものだと少し飲みにくさを感じることもあります。イソフラボンを多く摂取するには無調整のほうがおすすめですが、そんな飲みにくさを克服してまで豆乳を飲む効果がバストアップで得られるのでしょうか。

また、豆乳を飲むとバストアップ以外でも女性に嬉しい美容の効果が現れるといいます。具体的にどのような効果があるのかについて説明します。

豆乳に含まれる大豆イソフラボンがバストアップに効果的

豆乳に含まれる大豆イソフラボンは、ポリフェノールの一種であり健康や美容にさまざまなよい効果をもたらします。また、大豆イソフラボンには女性ホルモンの一種であるエストロゲンと似た作用があると言われています。

エストロゲンは第二次性徴となる思春期の頃から分泌されるもので、乳腺を発達させてバストを膨らませる働きがあります。バストの9割を占める脂肪を増やす働きもあることから、大豆イソフラボンを摂取することでバストアップに効果があると言われているのです。

大豆イソフラボンはくびれを作る効果も

女性ホルモンの一種であるエストロゲンには、女性らしい体のラインを出す働きもあります。女性独特のお尻の丸みや厚み、腰のくびれなど、女性の体の曲線美にはエストロゲンの作用が大きく影響しています。

また、豆乳には善玉菌を増やして腸内フローラを整える働きがあるオリゴ糖も含まれています。女性に多い便秘を解消することで女性らしい体つきを維持することも期待できます。

無駄毛の色を薄くする

エストロゲンと同様の働きが期待される大豆イソフラボンには、無駄毛の成長を抑制する働きもあるとされています。髪の毛や髭、腋毛やアンダーヘアーなどには、男性ホルモン、女性ホルモンどちらが優勢であるかによって生え方が変わってきます。

大豆イソフラボンが豊富な豆乳によって、無駄毛が細くなったり生えにくくなったり、色を薄くして目立たなくしたりすることができるとされています。この場合は飲むよりも塗布した方が効果が高くなります。

美肌効果、美容効果が高い

エストロゲンと同様の働きがある大豆イソフラボンには、肌のターンオーバーを整えて美肌効果をアップさせる働きがあります。また、便秘を解消して肥満予防などの美容効果もあると期待されています。

また生理痛などの症状の緩和にも効果があるとされており、女性には嬉しいポイントが盛りだくさんです。バストアップだけでなく美肌や美容に効果が期待できる豆乳は女性にとって手放せないものと言えるでしょう。

バストアップケアに豆乳を取入れる時の注意点

豆乳がバストアップに効果があると言われている最も大きな理由は、豆乳に含まれている大豆イソフラボンが女性ホルモンの一種であるエストロゲンに似た働きをするからです。豆乳には、バストアップだけでなく、女性らしい体のくびれや便秘解消など、さまざまな美容効果も期待できます。

バストアップケアに豆乳を活用するためには、毎日続けて適切な量を飲むこと、大豆イソフラボンが多く含まれる豆乳を飲むこと、などが大切となります。バストアップケアに豆乳を取り入れる際の注意点について説明しましょう。

飲み過ぎ注意!適度な量を毎日続ける事

豆乳は健康食品であり、毎日飲み続けるのが理想とされています。1日当たりの目安摂取量は200~400ミリリットル、コップ1~2杯が適量と言えるでしょう。

大豆イソフラボンは大量に摂取しても体には吸収されることなく体外に排出されます。女性ホルモンと似た働きがあるため、月経前に大量に摂取すると生理の症状が重くなることもあるため、過剰摂取には注意しましょう。

豆乳アレルギーの方もいるので、初めての方は注意

最近は食物アレルギーのある方が増えています。昔から卵、牛乳、大豆は3大食物アレルギーと言われていました。最近では大豆よりも小麦アレルギーの方が増えているようです。

大豆アレルギーは乳幼児までに自然に治ることが多いものですが、成人になっても持続して症状が出ることもあります。大豆アレルギーには、じんましんや湿疹、嘔吐や下痢、腹痛などさまざまな症状があるため、初めて豆乳を飲むという方は注意が必要です。

出来るだけ無調整豆乳を飲むようにしましょう

無調整豆乳は、水と大豆だけでできているものなので大豆の香りと味だけで飲みにくいという方も多いでしょう。調製豆乳には、飲みやすくするために甘味料や香料などが加えられています。

飲みやすさだけでいえば調製豆乳の方が毎日続けて飲むのに適していますが、含まれる大豆イソフラボンの量に2パーセント以上の違いがあります。飲みやすくするさまざまな方法があるため、できるだけ無調整豆乳を飲むようにしましょう。

飲むタイミングも重要

健康や美容にいいと話題の豆乳にはさまざまな効果があり、飲むタイミングによってその効果にも違いがあります。バストアップを目指すのであれば、就寝中に女性ホルモンの分泌が盛んになることを考えて就寝前に飲むことが推奨されています。

豆乳は穏やかに吸収されるので満腹感が持続するとともに血糖値の急激な上昇も防いでくれます。胃腸が弱い方は、朝食を摂る前に飲むとゆっくりと消化吸収が進むのでおすすめです。

まとめ

健康飲料、機能性食品として人気の豆乳には、女性ホルモンの一種であるエストロゲンと同じ働きが期待される大豆イソフラボンが豊富に含まれています。乳腺や脂肪を増やす作用があることからバストアップにつながると話題になっています。

少しでも多く大豆イソフラボンを摂取するためには無調整豆乳がおすすめです。就寝中に女性ホルモンの分泌が活発になる時間帯にコップ1~2杯飲むという習慣をつければ、バストアップに効果があり美乳をキープすることができるでしょう。

引き用元サイト: feely[フィーリー]

記事元url: https://feely.jp/4520773/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. 母から娘へ。単語帳に思いをこめる「こそだてライフハック」に賞賛の声!
  2. エチュードハウスの人気リキッドファンデーション#ダブラファンデって?口コミ&人気の秘密徹底調査!
  3. スタッドレスタイヤ車も含めて「大雪時のチェーン装着」義務化へ 国交省
  4. 紅白出場「TWICE」もPVに原爆きのこ雲を使用
  5. 嫁「クッキーつくる」俺「いいね」⇒30分後、まさかの“型”からだったことが判明
  6. これはしびれる!「人の顔に点数をつける」失礼客への店員さんの接客が神対応だった
  7. エチュードハウスの下地で水光肌を手に入れる!メイクレベル別おすすめ下地3選
  8. 【桜田五輪相】 サイバーセキュリティー担当大臣「USB」知らなかった 「穴を入れるらしいですけど」
  9. エチュードハウスのおすすめ口紅5選!マット派もグロッシー派も要チェック♡
  10. 【田舎のおばあちゃんあるある】田舎が嫌い子ちゃん 第63話
  11. 【それは突然に】オタクな姉とリア充な妹 第23話
  12. 「美尻を目指して!」恋するおしりで優しくケアしよう
  13. ポムポムプリンのタニタ来社に、ネットからは「ついに痩せるんですね…」
  14. ガサガサ唇に「さようなら」!潤う人気のリップオイル
  15. 女性の強い味方◎新サプリ「なめらかハトムギplus」
  16. 風紀に厳しい彼は気づかない⁈ 風紀委員カップルのツッコミどころ満載ラブコメディにニヤつく
  17. 芸人×王道バトル再び! 立ちはだかる先輩の壁を若手はどう乗り越えるのか!?
  18. 大人女子におすすめ! 冬に向けて「免疫力を高める」3つの活!
  19. おうちエステでワンランク上の肌へ!おすすめ「美顔ローラー」
  20. フェイシャルケアに取り入れてみて!おすすめオイル6選♡
  21. スマホの見過ぎで「老け顔」に!老化を進める原因と対策!
  22. ギター弾くなら僕を撫でて!かまってちゃんのニャンコ、可愛すぎる行動にご主人も根負け
  23. ハリウッド実写版ポケモンの予告編が話題!リアルなピカチュウが現実世界でしゃべりまくる
  24. 美術館に入りたくてたまらない黒猫!警備員に止められると、可愛すぎる行動に出る
  25. 芸能人じゃなくても歯が命!「今からしておくべき」デンタルケア
  26. 賢い大人のダイエット!「4つのルール」で脂肪を減らそう!
  27. 透明感のある美肌が欲しい!夜だけ「美容断食」のススメ
  28. 2018年版◎「ドクターシーラボ」のおすすめ商品4選!
  29. オーラルケアの「素朴な疑問Q&A」!あなたの歯は大丈夫!?
  30. 30代からは洗顔方法も変えよう!「洗顔ブラシ」活用のススメ
アクセスランキング