お酢ダイエットで痩せよう!お酢の効果に迫る

    全体:1月:1週:0日:0

お酢と言えば、誰もが健康に良いというイメージを持つと思います。一言でお酢と言っても、穀物酢や米酢、リンゴ酢、米黒酢などがあります。果物が入ったお酢はフルーティーで一般的なお酢とは一味違った味が特長です。お酢はダイエットで注目されていますが、どれくらいの効果を得ることができるのでしょうか。今回はお酢ダイエットの方法や、お酢がもたらす効果について紹介していきます。

お酢のダイエット効果

脂肪燃焼効果を促す

お酢にダイエット効果があるのは脂肪燃焼効果があるためです。特に関係性がある成分は酢酸、クエン酸、アミノ酸になります。お酢の主成分でもある酢酸は脂肪の蓄積を抑えてくれる働きがあります。また、体内の脂肪を効率的にエネルギー変換させることで脂肪燃焼を促します。

太る原因は体に必要以上に脂肪が蓄積してしまうことが原因です。そのため、脂肪燃焼効率を高めることは脂肪量を減らすことにつながるのでダイエットに高い効果を発揮します。ダイエットの成功は脂肪燃焼効率を高めることがポイントの一つです。

血糖値の上昇を抑える

お酢には血糖値の上昇を緩やかにする働きがあります。食事をすると血糖値が上昇しますが、血糖値を下げるためにインスリンが多く分泌されます。インスリンが処理できなかった糖分は脂肪に変換されて太る原因になります。糖分は糖質や炭水化物に該当します。

血糖値の上昇を抑えることは、脂肪の蓄積を抑制して太りにくい状態を作ります。また、間接的にインスリン分泌を抑えることができるので糖尿病予防にもつながります。お酢はダイエットだけでなく健康にもプラスの効果を発揮するのです。ダイエットは栄養バランスが乱れやすいですが、お酢ダイエットなら栄養分を取りながら痩せることができます。

食欲を抑える

ダイエットに効果的なのは食事を抑えることです。しかし、食欲が邪魔をしてなかなか食事を減らすことができません。特にダイエットをしているときは食事を意識的に抜くことが多いので、いつも以上に食への欲求が高まっているものです。意識してなくも食に対して我慢しています。

お酢がダイエットに効果があると言われているのは、お酢がもたらす食欲抑制効果です。お酢は血糖値を抑える働きがありますが、逆に血糖値が下がり過ぎないようにする働きもあります。血糖値が下がるとお腹が減ったと感じてしまいますが、血糖値が極端に下がることを抑制するのでお腹が減ったと感じなくなるのです。

お酢でダイエットするコツ

適度な運動を取り入れる

お酢ダイエットをするときは、適度な運動も同時に取り入れたいものです。運動をすることで消費エネルギーを高めることができるので脂肪燃焼を促すことができます。運動方法についてはウォーキングやジョギングなど軽い運動がおすすめです。ハードな運動だと脂肪燃焼は効率的に進みません。

運動をして筋肉量が増えると代謝が上がるので脂肪はより燃焼しやすくなります。そこにお酢の脂肪燃焼が加わると、相乗効果で脂肪が多く燃焼されます。ダイエットの基本は運動と食事の改善です。

食生活の改善を図る

お酢を飲んでも脂質や糖質が多い食事ばかりとっていると、体重はなかなか減りません。太る原因となるカロリーは糖質、脂質、炭水化物によって作られます。これらの栄養分が多く含まれている食事を減らすことで太る原因を根本的に取り除くことができるのです。

ただし、糖質も脂質も炭水化物も体に必要な成分です。完全に抜いてしまうと体調不良の原因になってしまうので適度に摂取することを意識しましょう。大切なのは食べ過ぎないようにすることや偏った食事をしないことです。

食事を抜かない

お酢を使ったダイエットでは食事を抜かないことが大切です。食事を抜くと太りやすくなるためですが、食を抜いてしまうと体が飢餓状態だと錯覚し、少ない栄養分でも余分に脂肪を蓄えようとするからです。同じ食事の量でも余分に脂肪がつきやすくなります。

空腹感をできるだけ感じないようにすることがダイエットをする上で重要になります。お酢そのものに空腹感を抑える働きもありますが、まずは食事を抜くことよりも食事の質を変えていくことを中心に考えていきましょう。

少ない負担で続ける

ダイエットに大敵と言われているのはストレスです。嫌なことがあったときに暴食する人は少なくないように、食は人のストレス解消方法の一つになります。せっかくダイエットが続いても負担がかかってストレスが蓄積してリバウンドしては意味がありません。

ダイエットは少ない負担で続けることがポイントです。食は適度に楽しむことが大切で、最初のうちは食べるのを無理に我慢しないように気を付けましょう。ダイエットは少しずつ進めていくことが大事です。急速に痩せるほどリバウンドのリスクは高くなります。

お酢ダイエットで気を付けること

空腹時に飲まない

お酢ダイエットは健康的に痩せるダイエット法としておすすめですが、お酢を飲むときは空腹時を避けることが大事です。空腹時はお酢が空腹感を刺激することや胃を荒らしてしまうことがあります。胃腸にかかる負担が大きくなると、病気のリスクを高めます。

お酢を飲むときは空腹時を避け、おなかが満ち足りているときに飲用しましょう。できれば食事と一緒のタイミングで飲むことをおすすめします。食事を食べている最中であれば、胃腸の活動も活発になっているので胃腸にかかる負担も小さくなります。

濃度の高いお酢は避ける

ダイエットに効果的なお酢と一言で言っても、濃度が高いものから低いものまでさまざまです。お酢を摂取するときの注意点になるのが濃度の高いお酢はできるだけ避けることです。濃度が高いと強い酸が口、胃、腸を荒らしてしまう原因になります。

また、お酢の濃度は体質によって柔軟に変えることも大切です。薄めているつもりでも、胃腸がもともと弱い人だと、すぐに荒れてしまいます。お酢を飲んで胸焼けするときはお酢の濃度が高すぎる証拠なので希釈して薄めましょう。

取り過ぎに注意

お酢はダイエットだけでなく、健康や美容方面でも高い効果があります。そのため、お酢をたくさん摂取して健康や美容効果を高めようとする人もいます。しかしお酢には体を冷やす作用があるので、飲みすぎると冷え症の原因になってしまう場合があります。

体が冷えてしまうと代謝機能が低下してしまいます。そうなると、効率的に脂肪が燃焼されなくなってしまうので太りやすい体質になり逆効果です。お酢を飲む際には、お湯で割って温めてから飲むのがポイントになります。

希釈するときの注意点

お酢を飲むときは、お酢のラベルに記載されている飲み方に従って飲むようにしましょう。お酢の中には希釈が必要となるタイプも多いですが、希釈せずに飲んだからと言って効果が高まるわけではありません。むしろ、ストレートで飲むことによる胃腸の負担が大きくなるので注意が必要です。特にお酢は口の中や食道、胃の粘膜などを荒らしてしまう原因になるので気を付けましょう。

リバウンドに気を付ける

ダイエットで一番のリスクになるのがリバウンドです。リバウンドは一度痩せたものの、食べ過ぎて元の体重やそれよりも重たくなることです。リバウンドが起こるのは、ダイエット中に我慢していたことが目標体重を達成したことで気が抜けて暴食に走ることがだいたいの理由になります。

お酢ダイエットは食を抜くタイプのダイエットではないので、他のダイエット方法に比べるとリバウンドのリスクは小さくなっています。ただし、油断するとリバウンドするので最後まで気を抜かないようにしましょう。

お酢ダイエットにおすすめのお酢

米酢 美濃 有機純米酢

美濃 有機純米酢 360ml
米酢は白米を発酵させたお酢です。白米を発酵させるだけで、15種類のアミノ酸と70種類を超える有機酸が生まれます。特にクエン酸を多く含んでいるのが特長で、ダイエット効果だけでなく健康効果の高さも注目されているお酢です。

また、米酢には疲労回復の効果もあります。これは豊富なクエン酸が乳酸や糖質を分解させて酸性になった体をアルカリ性に変化させるためです。他にも腎結石の成長を阻害するクエン酸も豊富に含まれています。

黒酢 臨醐山黒酢

臨醐山黒酢 900ml
黒酢は江戸時代より親しまれてきたお酢です。昔から調味料として広く使用されてきましたが、黒酢は健康や美容効果が高いとして注目されています。黒酢と他の酢は色の違いが顕著です。黒酢は琥珀色をしているのが特長になっています。

黒酢は1日に20mlから30ml飲むと良いとされていますが、原液のまま飲んでしまうのは胃腸を含む消化器官へのダメージを強めてしまいます。通常は希釈して飲用します。黒酢もダイエット食品として人気の高いお酢で、牛乳やハチミツを加えたヘルシードリンクとしても人気です。

果物酢 ざくろ

紅酢(ホンチョ) ざくろ 飲むお酢 900ml

果物酢は名前の通り果物を発酵させて生成するお酢のことです。果物酢の特長は栄養価の高さにあります。栄養価が高いだけでなく、優れたダイエット効果があるのも特長です。飲むだけでなくドレッシングや料理にも使用しやすく汎用性に優れています。

果物酢の中でもダイエットでとりわけ人気が高い果物がリンゴ、ブルーベリー、マンゴーです。食味にも優れておりカロリーが低く、高い脂肪燃焼効率があります。胃腸にかかる負担も小さく、ダイエット効果に加えて高い美容効果が得られるのも魅力です。

香酢

ユウキ 鎮江香酢 120ml
香酢には豊富な必須アミノ酸が含まれています。アミノ酸が含有されているのは原料と製法が独特な点です。原料になるのはもち米ともみ殻で、タンパク質は天然酵素で分解されて発酵を促しています。ダイエットにも効果的なお酢で、健康や美容効果も高いので可能なら毎日でも取りたいお酢です。

まろやかな酸味を持っているのも特長で、加熱料理しても香りが失せることはありません。香酢はそのまま料理にかけて食べることもできますが、調味料として使用することもできます。幅広く使用されているのが香酢の大きな特徴になります。

まとめ

いかがでしたか?お酢には高いダイエット効果があることに加えて、美容や健康効果にも優れています。お酢に加えて適度な運動や食生活の改善を図ることで、より高いダイエット効果を得ることができます。ダイエット効果を得るためには継続してお酢を摂取することが大事です。急激に痩せてしまうとリバウンドのリスクもあるので、長期的な視点で見てダイエット計画を立てて行きましょう。

引き用元サイト: feely[フィーリー]

記事元url: https://feely.jp/4523902/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. 喫茶店で出会ったおじいさんが只者ではなかった件
  2. 空港の搭乗ロビーで、ご主人のパニック障害の発作を敏感に察知し、身体を寄せるワンコ
  3. セブンイレブンの「生ビールサーバー」が本部からの指示により提供停止に
  4. わぁ、人と話したくなる…!「人間っていいな」とほっこりしちゃう素敵なカンケイ 8選
  5. 見渡す限り105円!爆安の古着屋「たんぽぽハウス」って知ってる?
  6. アメ横食べ歩きガイド!一度は味わいたい人気店舗10選
  7. なんなんだその表情は…。ちょっとシュールな「ネコあるある」に共感の声続出
  8. 【温パン・冷パンあなたはどっち?】ヤマザキパンの人気商品でフルコースに挑戦
  9. 【くーらー】幼女社長 第24話
  10. 「なんぼのもんじゃい」どう訳す?日本語って難しいよね 7選
  11. 夏休みの宿題はこれで瞬殺!新発明「叱られクリアファイル」がマジで捗りそう
  12. 世界を救うダメンジャーズ!?全力でシュールな「4コマ」に腹筋ガタガタ(全3作)
  13. 黒髪ショートボブの魅力とは?黒髪が似合うおすすめヘアスタイル12選
  14. ショートボブ必見!結婚式のおすすめお呼ばれヘアアレンジ
  15. ストレートのセミロング。真似してみたいおすすめヘア12選
  16. 【うさぎとカメのヒルクライム】ぷろろ 〜プロ中のプロたち〜 第31話
  17. セミロングの長さはどの位のこと?オススメアレンジ紹介
  18. セミロングの前髪なしスタイルの魅力!おすすめヘアカタログ8選
  19. パーマをとりたい時にはどうすれば良い?セルフケアのコツ
  20. パーマは寝るときのケアが大切!パーマの寿命を長くするコツは?
  21. 初めてのパーマはどのパーマが良い?パーマの種類とケア方法
  22. とれかかったパーマを復活させる方法は?毎日のケアのコツ
  23. ロングヘアをパーマでイメチェン♪人気スタイル&アレンジ紹介
  24. ロングヘアは前髪の有り無しで変わる!おすすめスタイル紹介
  25. 超ロングヘアはどの位の髪?ケア方法や毎日の注意点
  26. ストレートロングヘアの魅力は?人気ヘアスタイル8選
  27. 「丼なモンダイ!」【クレイジーで無料読破!】
  28. ロングヘアは寝るときのケアが大事!寝るときのおすすめまとめ髪
  29. ロングヘアはカットで決まる!人気ストレートスタイル8選
  30. 不器用さんにもおすすめ!《玉ねぎヘア》で人気のアレンジを楽しもう
アクセスランキング