リンゴ酢ダイエットの方法とおすすめの飲み方

    全体:0月:0週:0日:0

近年、お酢ブームが続いていますが、お酢をそのまま飲むのは非常にしんどいものです。いくらすっぱいものが好きな人でも、一般的に売られている穀物酢をグイッと飲むのは厳しいです。しかし、最近はさまざまな種類のお酢商品が販売されています。その中の一つがリンゴ酢です。リンゴ酢を飲むことによってさまざまなメリットがあるので、是非この記事を参考に飲んでみてください。今回はリンゴ酢ダイエットの方法とおすすめの飲み方をご紹介いたします。

リンゴ酢ダイエットとは

リンゴ酢には、一般的に販売されている穀物酢よりも多くのメリットを含んでいます。リンゴ酢はなんと言っても、他のお酢よりも続けやすいのです。理由の詳細はこれからご説明いたしますが、ダイエットで一番重要なのは続けやすいことです。何事も続けられなければ意味がありません。他のダイエットがなかなか続かなくて悩んでいるかたは是非、リンゴ酢ダイエットにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

リンゴ酢ダイエットが続くポイント

リンゴ酢は果汁を発酵させているので飲みやすい

リンゴ酢の一番のメリットは、とにかく飲みやすいことです。穀物酢はストレートでは非常に飲みにくいです。しかし、リンゴ酢であればリンゴの果汁によりまろやかに仕上がっています。これならロックやストレートでも気軽に飲むことが可能です。いままでお酢の飲み物が苦手だった方も、まずはリンゴ酢から始めてみるのもいいのではないでしょうか。

リンゴ酢はソフトドリンクとして飲むのもいいのですが、焼酎と合わせてお酒として飲むのも一つです。そして、リンゴ酢はほどよい甘さがあるので、食事の際にも一緒に楽しむことが可能です。

飲みやすく飲むだけのダイエットなので続けやすい

お酢は飲むだけで効果があります。お酢には脂肪燃焼を活性化させる効果があるので、ダイエットをがんばっている方にはオススメです。お酢は脂肪燃焼以外にも様々な体調を改善する効果が期待できます。他にも疲労回復や血糖値の改善、むくみ改善等、さまざまな効果を期待できます。ダイエットをしつつ、且つ体全体の改善ができるなんてラクチンですよね。

リンゴ酢の効果

整腸作用

お酢は女性にとってうれしい効果がたくさん期待できます。その一つが整腸作用です。お酢を摂取することにより腸内環境を整えることが可能です。お酢は腸内細菌のバランスを改善し、便秘に悩んでいる方に特に人気があります。

また、お酢は腸内環境だけでなく胃液の分泌を促す効果もあります。お酢の嗅覚・味覚により胃が刺激され、唾液・胃液の分泌が活性化されます。胃と腸、両方の動きが活性化されることにより消化吸収をアップさせることが可能です。腸だけでなく、胃も改善されるなんて嬉しいポイントではないでしょうか。

むくみ改善

お酢を飲むことによる効果でうれしいポイントの一つに、むくみ改善効果も期待できます。お酢には利尿作用があるので、体内の老廃物を排出できるよう促す効果があります。むくみの原因の一つに老廃物の蓄積もあります。体内の老廃物を効果的に排出するには利尿作用を働かせるのがとても効果的です。お酢に含まれるクエン酸によってどんどん老廃物を排出し、むくみのないきれいな体を手に入れましょう。

疲労回復

お酢に含まれるクエン酸は疲労回復に効果があります。運動やストレスによって疲労が日々溜まってしまうものです。心身ともに疲労がたまってしまうと取り返しのつかないぐらい体をこわしてしまうことがあります。そのような事態にならないように、クエン酸を積極的にとるようにして、少しでも体調を整えるようにしてください。クエン酸は熱にも強いので、調理した際でも効果を失わないことがメリットの一つです。お酢を料理にも活用すれば、お酢を摂取できるレパートリーが一気に広がります。

高血圧予防

お酢には高血圧予防といった生活習慣病の改善にも期待することができます。お酢に含まれている酢酸が血圧の上昇を抑えることが可能です。お酢を毎日飲み続けることにより、高血圧を未然に防ぐようにしましょう。数週間飲み続ければ効果が現れるといった研究結果も報告されています。

ただし、お酢だけでは高血圧を完全に予防することはできません。塩分過多や脂質を摂りすぎると元も子もありません。普段の食生活もきっちりと管理して生活習慣病を予防してください。

リンゴ酢ダイエットの方法

毎日15ミリリットルから30ミリリットルを飲む

お酢を毎日飲むにあたり、15ml~30mlを目安に飲んでください。毎日飲み続けることにより、数週間後には効果が現れると言われています。ただ見続けるだけで脂肪燃焼を促進させ、新陳代謝も高めることができます。

リンゴ酢なら比較的飲みやすいので、牛乳やお水・炭酸水と割って飲むも良し、そのままストレートでグイッと飲むのもいいのではないでしょうか。リンゴ酢はお酢飲料の中でも甘い方なので、どんな飲み物とも合わせやすいのです。

一度に飲んでも何回かに分けても良い

リンゴ酢は1日に15ml~30mlを摂取し続けると効果が現れるといいますが、何もそれだけの量を一気に摂取する必要はありません。朝・夕と2回に分けて摂取してもいいのです。朝に摂れば血糖値の急上昇を抑制させ、夜に摂れば疲労回復効果が期待できます。一気に大さじ2杯分ものお酢を飲むのはしんどい、という方はまず、数回に分けて飲んでみてはいかがでしょうか。

リンゴ酢を食後すぐに飲むことにより、血糖値の急上昇を抑える効果が期待できます。糖質を多く含む食品を摂取すると急激に血糖値が上昇します。長い期間、ずっと血糖値が高い状態が続き、コレステロール値等も高いと糖尿病や高血圧といった生活習慣病の一因になります。

生活習慣病に一度でもなってしまうとなかなか治りにくいものです。リンゴ酢を飲むことで日常から生活習慣病予防を心がけ、且つクエン酸で疲れにくい体を手に入れましょう。

リンゴ酢の飲み方と注意点

食前に飲むと胃腸が荒れたり食欲増進したりする

リンゴ酢によるメリットは多数ありますが、多少のデメリットも存在します。その代表例として、食前にリンゴ酢を飲むと胃腸が荒れる可能性があります。食前に飲むことにより食欲増進の効果が期待できるのですが、体調不良や飲み会後の胃腸だと荒れてしまう可能性があります。健康な状態であればほぼ問題ないのですが、自身の体調と相談して飲み続けて下さい。胃腸が荒れることによる対処法に関しては、胃の粘膜を保護する薬を併せて飲む・牛乳やヨーグルトといった乳製品と一緒に摂取することです。

荒れた胃にはまず市販のものでも大丈夫なので、胃薬も飲んで下さい。お酢は刺激が強いため、体調が悪いときはどうしても胃腸が荒れる可能性があります。また、飲み会後の胃腸もアルコールや食事によって胃腸にダメージがある場合があります。普段のコンディションと少し違う場合は注意してください。

乳製品と一緒に摂取することに関しては、乳成分が胃の粘膜を保護する作用があるためです。リンゴ酢であれば、各々、別に飲むのではなく、混ぜて飲むのも一つです。リンゴ酢と牛乳は相性がいいので、結構飲みやすいですよ。

そのまま飲める人は水割り・ソーダ割で楽しむ

リンゴ酢であってもお酢に変わりはないので、そのままストレートで飲むことに抵抗がある方が多いのではないでしょうか。酸っぱいものが好きな人でないと、一気に飲むとムセてしまったりするものです。そして、そのまま飲める方に関して、たまに気分を変えるために水割りやソーダ割りで飲んでみてはいかがでしょうか。夏場や暑いときにソーダ割りで飲むとすっきりしてグビグビ飲めますよ。また、水割りも飲みやすいのでジュース代わりに飲むのもいいのではないでしょうか。

ソーダ割りに関して、糖分の入っていないソーダ水で割るのもいいのですが、糖分の含まれているソーダ・サイダー系と合わせるのも一つです。少し甘味が加わるだけでジュース感がでるので、また新しい楽しみ方を考えてみるのもいいのではないでしょうか。

飲みにくいと感じたら牛乳や豆乳、紅茶で割ると飲みやすい

リンゴ酢はお酢の中では飲みやすい方に分類されるのですが、それでもお酢をそのまま飲むのは苦手だという方は多いのではないでしょうか。その場合、水や炭酸水で割っても大差がないかもしれません。お酢がまだ苦手な方は牛乳・豆乳・紅茶で割って飲んでみてはいかがでしょうか。

牛乳で割れば、お酢の刺激を牛乳がマイルドにしてくれるので非常に飲みやすくなります。まずは牛乳で割ることからチャレンジしてみるのがいいかもしれません。その次に、豆乳で割ってみましょう。豆乳は女性に人気があるため、豆乳であればすでに飲みなれてる方もいるのではないでしょうか。豆乳が好きな方はこちらを利用して飲んでみるのも一つです。

もう一つオススメとして紅茶があります。紅茶で割れば少量のリンゴ酢ならあまり酸っぱさを感じることなく、紅茶として飲むことが可能です。この場合は一気に大さじ1杯分入れてしまうと、さすがに紅茶でもカバーしきれないので少量ずつ入れるほうが無難です。

砂糖やはちみつが入っているのでカロリーに注意

お酢飲料には多量の砂糖やはちみつが含まれてます。砂糖やはちみつが含まれているからこそ、お酢であっても気軽に飲みやすいのですが、安心してどんどん飲んでしまうとカロリーを摂りすぎる一因になってしまう可能性があるので注意が必要です。

リンゴ酢を料理に取り入れてみる

料理の時にお酢をいれるように、似たようなタイミングでリンゴ酢を代わりに入れるのも一つです。少し甘めに仕上げたい、且つお酢を入れたい場合にもリンゴ酢はいいのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたか。リンゴ酢を飲むことによって、様々なメリットが生まれます。リンゴ酢だけでなく、最近は色んな種類のお酢飲料が販売されているので、是非積極的に飲むようにしましょう。それにより、生活習慣病の予防や体質改善につなげて健康な体を手に入れたいものですね。

引き用元サイト: feely[フィーリー]

記事元url: https://feely.jp/4523947/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. 雑炊殺人事件、店主が暴行死されるに至った誤った雑炊の作り方が明らかに “生卵を溶かずに入れた”
  2. すれ違いはドラマと笑いを生み出した!コミュニケーション失敗奇譚 8選
  3. 隣人のバーベキューに「我慢の限界」。掴みかかって押し倒し打撲を負わせた39歳パートの女を逮捕 …神戸市
  4. 何か力を秘めてそう!思わず手を合わせたくなる神々しくなった日常の光景 6選
  5. ※最後まで読まないでください。盛大にズッコケる話 6選
  6. あなたを恐怖のどん底に。真夏の夜に見てほしい「恐怖を覚えた瞬間」 7選
  7. フェイスラインを引き締めるとスッキリ!ヨガやグッズも紹介!
  8. 二重あごになる原因を把握することが大事!解消するためのエクササイズやツボを紹介!
  9. ストレスからくる便秘!体操やヨガでしっかりと解消
  10. 冷え性対策にサプリメント!有効な成分とおすすめ商品!
  11. 便秘の種類を把握!原因や解消方法を紹介!
  12. 便秘で熱が出ることもある!便秘解消のツボや漢方薬を紹介!
  13. 便秘を治すために必要な情報!効果のあるマッサージや食べ物や飲み物を紹介!
  14. 便秘解消に水分は欠かせない!水分補給のポイントや人気のお茶を紹介!
  15. 一週間便秘になった場合の対応!サプリメントや対策を紹介!
  16. 便秘で起こるコロコロ便を予防!効果的な飲みものや漢方薬を紹介!
  17. 足首が冷える事で起こる症状!対策グッズや原因を知ることが大事!
  18. 胃痛と便秘の関係は?関係性を解説!
  19. 便秘対策は生活習慣の見直しから!ヨガのポーズや食べ物の成分も合わせて紹介!
  20. 便秘で太る原因を把握!解消するためのツボや体操など細かく分析!
  21. ダイエット中に便秘、その方法間違ってるかも。便秘の原因と対処法
  22. ダース・ベイダーも!ピアニカ・デュオによる「スターウォーズ」メドレーが素晴らしいと話題
  23. 京都駅付近で大通りに迷い込んだ子猫を女子高生が救助!「猫の恩返し見たい」
  24. 硫黄臭いおならと便秘は病気かも!原因と対処法
  25. これほんとに日本…?都会の人には伝わらない田舎の日常 8選
  26. 失敗じゃない、芸術だ!じわじわくる偶発アートセレクション 8選
  27. 《ガリガリ君》夏の人気商品をチェック!2018.7.17発売新フレーバーを見逃すな!
  28. スタバの新作はピンク一色!2018.7.20発売《ピーチピンクフルーツフラペチーノ》
  29. 【急げ!】2018.7.10発売、プチプラコスメ《キャンメイク》の新作をGETしよう♡
  30. もう試した?2018.7.8発売ファミマの新商品《ゼリーフラッペ》
アクセスランキング