ビタミンEがもたらす効果や注意点!効率的な摂取方法とは

    全体:0月:0週:0日:0

美容を意識する上で必要になるのが、食事から得ている栄養分の把握です。どんな栄養分を摂取することが体にとってプラスになるのかを知ることで、自然と食生活が改善されて整ってきます。身近な栄養分の一つとしてあるのがビタミンです。

ビタミンと言ってもさまざまなタイプがあり、種類によって体に与える効果はまったく異なります。ビタミンを取るときは、どのビタミンでどんな効果を得られるのか知ることも大切です。今回はビタミンEの効果や摂取における注意点について紹介していきます。

ビタミンEの効果と特徴

ビタミンEとトコフェロール

ビタミンEは脂溶性のビタミンで、ビタミンAやビタミンCと並んでビタミンACEと呼ばれています。ビタミンの中でも代表的な栄養成分ですが、天然でビタミンEの作用をするトリフェロールはα、β、γ、δなどの種類があります。この中において、一番αトコフェロールの作用が強くなっています。

そのため、現在ではαトコフェロールの量をビタミンEにしています。また、天然のビタミンEの作用をする成分のトコトリエノールに関してもαとβ、γ、δの四つに分けられます。このようにビタミンEと言ってもさまざまな種類があるのが特徴になっています。

ビタミンEの免疫機能向上効果

ビタミンEが発揮する効果の一つに免疫機能の向上効果があります。これは抗酸化作用に優れていることで発揮するものです。抗酸化作用というのは酸化するのを防ぐ働きのことで、私たちの体は大人になると老化現象が進みますが、これは体内の細胞が酸化していることが一因です。

細胞が酸化すると免疫機能が本来の効果を発揮することができなくなり、これにともなって免疫機能が低下してしまいます。しかし、ビタミンEの摂取をすることによって酸化を防ぐことができるので免疫機能が低下することを防ぐことができるのです。

ビタミンEの生活習慣病予防効果

ビタミンは自動車の潤滑油のような働きをするのが特徴です。ビタミンはさまざまな体の機能が円滑に動くようにサポートしているためで、ビタミンEも体の機能を活発化させる働きがあります。ビタミンEが持つ抗酸化作用は代謝機能を高めて脂肪燃焼効率を高めます。

脂肪燃焼効率が高まることによって効率的に脂肪を使うことができるので、生活習慣病予防にもつながります。また、ビタミンCとの相互作用が強いので同時に摂取することによって効果を高めることができます。

ビタミンEの美容効果

ビタミンは健康、美容、ダイエットで重宝される栄養分ですが、ビタミンEは特に美容効果で注目度が高いビタミンになります。抗酸化作用によって細胞の老化を防げるためです。細胞の老化を防ぐことにより、美容効果を高めることもできます。

ビタミンEがもたらす美容効果は個人差があるので、すぐに効果が出るわけではありません。効果を高めるためには継続的な摂取が必要です。また、抗酸化作用はあくまでも酸化のスピードを緩めるだけであって、酸化そのものを完全に防げるものではないので気を付けましょう。

ビタミンEの弱点

ビタミンEは調理によって50%を失うと言われています。また、ビタミンEは油が酸化することによって減少する性質を持っており、空気や紫外線、高温環境にも弱い特徴があります。特に200度を超えると消失が著しくなるので、揚げ物料理をするときは気を付ける必要があります。

ビタミンEが含まれている食材の保管は冷暗所で行うことも大事です。ビタミンEがどれくらい消失しているのか見ただけで判断することはできません。自分では摂取しているつもりでも消失していることでまったく摂取できてないこともあります。

ビタミンEの不足がもたらす体の不調

肩こりが起こる

ビタミンEが体内から減ってくると、活性酸素が生成されて様々な症状が出てくるようになります。活性酸素は私たちの体を酸化させる物質で老化原因の一つです。活性酸素が増えると血液の流れが鈍化し、それに伴う肩こりの症状が出てくることもあります。

また、活性酸素の増加によって体内に酸素が効率的に供給されなくなり、めまいなどの症状を引き起こすことがあるので注意が必要です。細胞に与えるダメージが大きく、肩こり以外の不調の症状も顕著に表れてきます。

シミやシワが出る

年を取ってくるとシミが増えてきますが、シミは外的刺激やストレス、睡眠不足などが起因して起こる症状です。これらの要因が起因して皮膚の色素細胞がメラニンを生成し、シミを作り出します。若いうちは生成されたシミを排除することができますが、年を取ってくると排除機能が低下して沈着してしまうのです。

シワも肌が必要としている水分量が低下することによって起こる老化現象の一つです。シワやシミにはビタミンEの働きが大きく関わっており、ビタミンEが不足するとシミやシワが出やすくなります。ビタミンEが美容で重要な成分と言われている理由です。

動脈硬化の原因になる

生活習慣病の特徴にドロドロ血液があります。生活習慣の乱れによって血液の粘度が高まり、血液が体内でうまく循環しなくなることによって病気のリスクを高めます。人間の死因で多い心臓病や脳卒中はドロドロ血液が起因して起こる病気です。

ビタミンEが不足することで抗酸化作用が小さくなるので、血液がドロドロになりやすい特徴があります。ただし、ビタミンE自体が酸化しやすい物質になっているので、ビタミンCと一緒に摂取することが望ましいと言われています。

過剰症のリスクがある

ビタミンEは体に必要不可欠な成分ですが、どんな薬でもたくさん摂取すると毒になると言われているように過剰摂取には気を付ける必要があります。ビタミンEの過剰摂取によって起こる症状の一つに過敏症があります。

過敏症の症状として多いのは吐き気や下痢など胃腸に関する症状です。これはビタミンEの過剰摂取によって栄養バランスが乱れることで起こります。また、ビタミンEを過剰に摂取すると肝機能に与える負担が大きくなるので、肝機能の低下の原因になることもあるので注意が必要です。

ビタミンEの摂取方法

サプリで摂取する

ビタミンEの摂取方法にサプリからの摂取があります。サプリのメリットは何と言っても、どれくらいのビタミンEを摂取できているのか把握しやすい点です。1日に○○mgの摂取が必要と言われたとき、食事からだと正確な数字を把握することはできません。しかし、サプリなら含有量がきっちり分かります。

また、サプリで摂取する場合はビタミンCなど相性がいい栄養分が一緒に配合されていることも多くなっています。一つのサプリで豊富な栄養分を摂取することができるのもメリットの一つです。通販サイトでも多く販売されており、バリエーションも増えています。

食事から摂取する

ビタミンEの基本的な摂取方法になるのが食事からの摂取です。ビタミンEが豊富に含まれている食材を使った料理で摂取することができます。ビタミンEが豊富に含まれている食事を普段から取っているとビタミンEが不足することはありません。

食事から摂取する場合の注意点としては、調理の過程でビタミンEが多く失われている場合があることです。特にビタミンEは熱に弱い特徴があるので、加熱料理をした場合は食材が本来持っているビタミンEをすべて取ることができないので気を付けましょう。

ドリンクで摂取する

ビタミンEは抗酸化作用があり、滋養強壮の効果があることから栄養ドリンクに多く含まれている栄養分です。そのため、ビタミンEの摂取方法としてドリンクから摂取する方法があります。

ドリンクで摂取するメリットは、他の栄養分も一緒に摂取できることです。特に栄養ドリンクなら健康や美容に深い関わりがある栄養分もたくさん含まれています。ドリンクを選ぶときは、事前に含有されている成分を確認しておきましょう。

ビタミンEが含まれている食材

ナッツ類

ビタミンEが多く含まれている食材と言えばナッツ類が有名です。若返りのビタミンと呼ばれるビタミンEを始め、ポリフェノールや不飽和脂肪酸、カルシウムなどのミネラルも豊富に含まれています。老化や生活習慣病予防の効果が高いと言われています。

ただし、ナッツ類はカロリーが高めになっているので食べ過ぎは禁物です。同じナッツ類でもマカダミアナッツやくるみなどにビタミンEが豊富に含まれています。そのまま食べても、調理しても豊富な栄養分が取れます。

魚介類

ビタミンEはサプリで摂取することもできますが、できれば日々の食事の中で必要なビタミンEを摂取したいものです。ビタミンEを効率的に摂取する方法としておすすめするのが魚介類です。

ちなみに魚介類の中で一番ビタミンEが含まれているのはアユで、2番目がうなぎです。マス類にも多く含まれていますが、川魚にビタミンEは多く含まれている特徴があります。海魚だとカジキ類やイワシに豊富に含まれています。

大豆類

味噌汁や納豆、豆腐料理など、日本の伝統料理には大豆が豊富に含まれています。大豆には豊富な栄養分が含まれており、健康や美容、ダイエット効果があります。また、大豆類はビタミンEを多く含む食材の一つでもあります。

また、大豆はビタミンEだけでなくタンパク質が豊富に含まれているのも特徴です。タンパク質は筋肉や血液を作る上で重要な役割を担っている栄養分になります。大豆のタンパク質はコレステロールを下げ、中性脂肪や体の脂肪を下げる働きがあり、ビタミンEとの相乗効果が期待されます。

緑黄色野菜

ビタミンEが豊富に含まれる食材として緑黄色野菜があります。基本的に緑黄色野菜のほとんどに豊富なビタミンEが含まれており、他にも良質なミネラル分、食物繊維などが含まれています。

野菜を普段から多く食べている人はビタミンEもしっかり取れています。逆に野菜がビタミンEの供給源になりやすいことから野菜を食べてない人はビタミンE不足になっている可能性があります。

まとめ

いかがでしたか?ビタミンEは高い抗酸化作用があり、この作用が健康や美容に大きな効果をもたらします。ビタミンEはサプリ、食事、ドリンクなどから簡単に摂取することができます。一方で、摂取するときは熱に弱いなどの性質も考慮する必要があります。ビタミンEをしっかり取って抗酸化を促しましょう。

引き用元サイト: feely[フィーリー]

記事元url: https://feely.jp/4523053/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. 眼鏡の収納アイデア術15選!インテリアとしてもGood!
  2. ワイングラス収納術16選!インテリアにもぴったり!
  3. 【恐怖の遊び】おぎぬまXの4コマ空間 第56話
  4. ロフトの使い方アイデア15選!有効活用してみよう!
  5. カントリーな部屋15選!フレンチ・アメリカン等スタイル別に紹介
  6. 「南欧風 住宅」外観・内観実例10選!+おすすめ家具5選
  7. リビングがスッキリ見える!おもちゃ収納アイデア15選!
  8. オムツ収納の機能的&おしゃれなアイデア16選!
  9. ポスターおしゃれな飾り方15選!玄関・リビング・トイレなど場所別に紹介!
  10. 「バリ風部屋」実例5選!+おすすめ家具15選
  11. ドライヤー収納術14選!収める・吊るすお助け技をご紹介
  12. 収納上手はいいことずくめ!省時間・省力・省手間術15選
  13. ウォールシェルフ15選!DIYや100円ショップアイテムでできるものをご紹介
  14. 洗面台アイデア収納15選!鏡裏面・洗面下・隙間の有効活用術
  15. 雑誌収納にぴったり!おしゃれ&アイデアグッズ17選!
  16. 冷蔵庫収納のコツと方法18選!100均・ニトリの便利グッズも紹介
  17. 帽子の収納アイデア30選!スマート&かっこよく!
  18. トイレの壁紙を変えてプチリフォームしてみよう!
  19. 一人暮らし向けレイアウト6選!+おすすめアイテム9選
  20. リビング おしゃれなレイアウト10選!+おすすめアイテム5選
  21. 場所・用途別のスチールラック収納術12選!目隠し方法3つも紹介
  22. キッチン収納25選!真似できるアイデアと優秀プチプラグッズを紹介
  23. 桶の中が落ち着くニャン!目をつぶりながら桶の中で過ごす猫に癒される
  24. 優しい気持ちに思わず涙。ママとパパの心を救った「子育て応援隊」 7選
  25. 最高のベビーシッター!1歳の女の子とゴールデンレトリバーのやりとりがただただ癒される
  26. 給料もボーナスももっとくれ…。共感しっぱなし「お金に関するみんなのぼやき」 7選
  27. 女芸人「AKBにいそう、ってそれ悪口だから」 → 批判殺到し炎上
  28. 「お互いを理解してる」感がたまらない!ステキ夫婦の愛おしき日常 7選
  29. 入場料1500円の本屋がオープン 検索機なし、50音順に並べず「あえてバラバラに並べることで偶発的な本との出会い」
  30. 素人との差が歴然だよ…!「その筋のプロの発言」はいつもキレッキレ 7選
アクセスランキング