ブルーベリーの効果!目に良いだけではない驚くべき効果とは

    全体:0月:0週:0日:0

近年、健康や美容分野で注目されているのがブルーベリーです。ブルーベリーを使った食品はたくさんありますが、健康や美容を意識して食べる人も増えています。ブルーベリーは目に良い食べ物として有名ですが、それ以外にもさまざまな効果があることが知られるようになりました。

手軽に手に入れることができる他、サプリなどでもブルーベリーの成分が凝縮されているものが増えています。今回はブルーベリーの基礎知識を始め、ブルーベリーが持っている驚くべき効果について紹介していきます。

ブルーベリーの基礎知識

ブルーベリーとは

ブルーベリーはツツジ科のスノキ族に分類される小果樹です。果実が濃い紫色になることから、ブルーベリーと言う名称がついています。主に北半球に自生している植物で、日本でも栽培することができます。世界的に流通している果物であり、その用途はさまざまです。

ブルーベリーは春に花を咲かせた後、夏に果実ができます。この頃が収穫の時期と重なります。そして秋になると実がなくなり、美しく紅葉します。今はハウス栽培などによって年中手に入れることができる果物です。

ブルーベリーの成分

ブルーベリーにはさまざまな栄養分が含まれていることで知られています。代表的な成分としてあるのがビタミンEとアントシアニンです。これらの成分が健康や美容に高い効果を発揮すると言われています。ミネラルやポリフェノールも含有されていて、栄養の宝庫の果物です。

アントシアニンやポリフェノールが有名で陰になりがちですが、カロテンや葉酸なども含まれています。カルシウムやリンなども含まれており、身体に必要な栄養分が多く含まれています。熱に弱い成分も多いので、そのまま食べる方法が一番効果的に成分が摂取できる方法です。

体への影響

身体に対してとても優れた効果を発揮するブルーベリーですが、身体に悪影響を与える要素はあるのでしょうか?天然のブルーベリーであれば食べ過ぎても問題ありません。水分が多く含有されているので、食べ過ぎると下痢になることがあるので注意しましょう。

サプリのように粉末化されているタイプについては、ブルーベリーの成分というよりも他に含有されている成分に気を付ける必要があります。また、冷凍タイプのブルーベリーは体を冷やす働きがあるので、代謝が低下してしまうトラブルが起こる場合もあります。

ブルーベリーのタイプ

ブルーベリーと一言でいっても、さまざまな品種と種類があります。市場にも出回っているハイブッシュブルーベリーはアメリカ北部を原産地とするブルーベリーです。国内で生産されているものとしては、おおつぶ星、あまつぶ星、はやばや星などが知られています。

また、美味しい食味が人気のレッドパールやオレンジパール、ブルーパールに関してはアメリカ島南部のラビットアイブルーベリーになります。日本には早くから導入されており、多くの品種が生産されています。ブルーベリージャムやブルーベリーサプリにも使用されています。

ブルーベリーの健康効果

視力回復

目にいい食品として一番に挙げられるのはブルーベリーです。ブルーベリーは明るさを感じる能力を向上させ、即効性が高いと言われています。明るさを上げることによって視力回復効果を得ることができると言われています。また、ブルーベリーに含まれているアントシアニンは目の病気のリスクに対応することも可能です。

現代人は目を酷使させており、ドライアイや目の疲れなどのトラブルが起こりやすくなっています。目を酷使させることで目の周辺筋肉を緊張させて目の疲れを生む悪循環を作り出しているのです。ブルーベリーには筋肉の緊張を緩和する働きがあるので安心して働くことができます。

生活習慣病の予防

ブルーベリーに含まれているアントシアニンには、内臓脂肪の蓄積を抑制する働きがあることで知られています。内臓脂肪が蓄積すると血液の流れを悪化させて、動脈硬化の引き金になることもあります。こうした大病につながる一歩手前の状態が生活習慣病です。

ブルーベリーを摂取して内臓脂肪の蓄積を抑制することができれば、生活習慣病の予防にもつながります。その中でも高血圧症や脂質異常症、糖尿病などの病気には高い予防効果を発揮するようです。効果は個人差がありますが、続けて摂取することが大事です。

体調不良の改善効果


体調不良は免疫低下から来る場合がほとんどです。昔に比べると風邪をひきやすくなった人やだるさを感じるようになった人は免疫機能の低下が疑われます。体調不良が続くとストレスがたまってしまいます。悪循環になる前に体調不良の状態を改善することが大事です。

ブルーベリーに含まれている豊富なビタミンやアントシアニンには、体調不良を改善する働きがあります。摂りすぎればいいというものではありませんが、継続的に摂取することによって高い効果が期待されます。そのまま食べてもサプリで摂取しても効果があります。

ストレスによる疲れを発散

ストレス社会で生きている現代人にとって、ストレスと無縁な生活はできません。ストレスが溜まると、体の代謝機能が低下して脂肪が蓄積しやすくなることや生活習慣病の引き金になるなど、ネガティブな要素しかありません。ストレスを解消させることは健康にもつながるわけです。

ブルーベリーはストレスを発散する働きがあります。含有されているポリフェノールがリラックス効果を促すためですが、ストレスが発散されると疲れも解消されます。また、ブルーベリーを食べることで得られる食への満足感もストレス解消に起因する要素です。

ブルーベリーの美容効果

美肌効果


ブルーベリーは健康だけでなく、美容の面でも高い効果が期待されます。その中でも美肌効果は期待値が高くなっていますが、これはブルーベリーに含まれている食物繊維やビタミン類の働きなどが関係しています。抗酸化物質も豊富に含んでいるので、生のまま食べるとダイレクトに肌の新陳代謝を促します。

ブルーベリーがもたらす美肌効果の高さが注目されるようになり、今では美肌効果がある美容アイテムにもブルーベリー成分が多く含まれるようになりました。美肌系のサプリにもブルーベリーは欠かせないモノの一つになりつつあります。

アンチエイジング効果

年齢を重ねてくると、どんどん老化が進みます。老化を抑制することはできても、完全に止めることはできません。老化のスピードを遅めることをアンチエイジングと言い、アンチエイジングをすれば実年齢よりも若い見た目年齢になり、モチベーションも上がります。

ブルーベリーにはアンチエイジングの効果もあります。抗酸化物質による働きがあるためですが、この物質が細胞の老化を促進する活性酸素の働きを抑制させます。細胞の新陳代謝が前提になっているので、継続して続けることが効果を得るための秘訣です。

ニキビ対策

ニキビはホルモンの乱れや食生活の乱れが原因になって起こる肌トラブルです。ニキビはアクネ菌と呼ばれる細菌が毛穴で繁殖して炎症をもたらすことで起こります。元を辿れば、毛穴を詰まらせてしまう皮脂や汚れなどが原因です。

ブルーベリーがもたらす高い新陳代謝のおかげで、毛穴に皮脂や汚れが詰まるのを抑制してニキビ対策の効果を得ることができます。また、殺菌効果が含まれているビタミンも多く含んでいるので、アクネ菌を撃退する働きによってニキビ予防の効果を得ることもできます。

ブルーベリーの効果を高める方法

ブルーベリージャムにする

ブルーベリーはそのまま食べても十分な効果が期待できますが、ジャムにして食べるのもおすすめです。ジャムはブルーベリーの栄養分をそのまま保持できることに加えて、さまざまなモノに使える汎用性の高さがメリットです。ブルーベリーが飽きたときには特におすすめの方法となります。

ブルーベリージャムはお店で販売されているものを購入したのでも構いませんが、健康や美容を意識するなら自分で作ることをおすすめします。お店で販売されているものは、ブルーベリー以外にもさまざまなモノが含まれています。添加物も含まれているので、取り過ぎると身体にはよくありません。

お菓子の生地に混ぜる

ブルーベリーを美味しく食べる方法として、お菓子の生地に混ぜる方法があります。クッキーやケーキなどの生地に混ぜると、それだけで美味しいブルーベリークッキーやブルーベリーケーキの出来上りです。

混ぜるブルーベリーについては、ブルーベリーの果実を潰したものを使用する方法や市販で販売されているブルーベリーソースなどの使用がおすすめです。相対的な量は少ないので、しっかり混ぜないとブルーベリーの効果を得ることはできません。

サプリで摂取する

ブルーベリーの栄養分を効率的に摂取するならサプリがおすすめです。ブルーベリー由来のサプリは数多く販売されており、美容や健康、ダイエットなど、目的に応じて販売されています。

サプリで摂取することのメリットは、必要な栄養分だけをピンポイントに摂取することができることです。一方、添加物などが配合されているサプリもあるので、商品選びを間違えてしまうと健康を害する可能性があります。信頼できるメーカーが作っているものを選びましょう。

アイスクリームに混ぜる

ブルーベリーの美味しい食べ方としておすすめするのが、アイスにブルーベリーを混ぜる方法です。市販で販売されているバニラクリームを買って、ブルーベリーの果肉を混ぜるだけで完成します。果肉も美味しく食べられるのが魅力です。

ブルーベリーの収穫時期とアイスを食べる時期が被ります。アイスクリームにブルーベリーを混ぜるだけなので、コストもあまりかかりません。ブルーベリーが手に入らないときは、ブルーベリーソースを使ってもよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?ブルーベリーがもたらす効果は目に対する効果だけではありません。健康や美容、ダイエットなど、多角的に効果をもたらしてくれます。ブルーベリーは食べて美味しい果物ですが、食べるのが難しいならサプリで摂取することも可能です。新しいブルーベリーの食べ方を探してみるのも面白いかもしれませんね。

引き用元サイト: feely[フィーリー]

記事元url: https://feely.jp/4523904/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. 東京五輪・ボランティアに一日千円支給
  2. ファッションはもっと自由な発想で決めようと思える秀逸なつぶやき 6選
  3. ボノボ観察中、ボノボ同士の喧嘩により落下した枝が頭に直撃して下半身まひ 元京大院生の女性らが大学提訴
  4. 反論の余地なし!ズバッと言ってくれた代弁者たちに感謝したくなる 6選
  5. 美容にいいプロテインのおすすめ9選
  6. 猫が考えた謎の遊び「猫たたき」の空気感がひたすら可愛い
  7. 【ふくつう】幼女社長 第31話
  8. 試してみたくなる!あなたの体を労わる優しいレシピ 6選
  9. ぷるぷるの唇になれる?レブロンの《キスシュガースクラブ》が人気の理由
  10. 「美味しい!もっと頂戴!」頬大きくさせてバナナを食べるコウモリの赤ちゃんが可愛すぎる
  11. 「今、呼んでくれたよね?」ありえないほど人懐っこい捨て犬!そのまま飼うことに
  12. 背後から名前を呼ばれたトラの予想外のリアクション!ビビりまくってまるでニャンコのよう
  13. モテる香りをプチプラで!Cheilyのフレグランスミストの魅力とは?
  14. うどん県副知事・要潤の「香川応援アイデア」がどう見ても悪夢なんですが…
  15. 自信が持てる笑顔になるために!おすすめしたい話題の《オーラルケア用品》
  16. ザバスのプロテインでダイエット!おすすめプロテイン7種
  17. プロテインダイエットがおすすめの理由!最適な飲むタイミングも紹介します
  18. シナモンダイエットとシナモンの効能
  19. いろんな用途で使える!プチプラ《ヒアルロン酸原液》が話題
  20. もっちり美肌に近づける?大注目の《ガスール》を使いこなそう
  21. 秋冬にぴったりな甘い香りに夢中!おすすめしたい《バニラの香り》のケアアイテム
  22. ファスティングダイエットの正しいやり方は?
  23. そんな神上司いるワケ…いたわ。部下に慕われる理想の管理職 6選
  24. 冬虫夏草の効果って?美容・健康増進が期待できる理由と成分
  25. 資生堂のスキンケアブランド《レシピスト》から秋のスキンケアセット登場!
  26. ポーチにもスリムにIN♡直接塗れる《UVスティック》が超便利と話題!
  27. 腹筋ガタガタ!家族で笑える子ども&;赤ちゃんの爆笑ボケて10選
  28. 石破茂「病気にならず、介護を受けずに済む社会を作らなければならない。答えは1年で出す」
  29. Microsoft、Windows 10ユーザーに他社製ブラウザを入れないようポップアップで警告
  30. 【MSZ-006】「Zガンダム」をイメージしたリュックサック発売 7020円
アクセスランキング