多くの女性に影響を与えた!シャネルの生みの親《ココ・シャネル》

    全体:0月:0週:0日:0

多くの女性を変えた《ココ・シャネル》

ハイブランドとして有名なファッションブランド《シャネル》。

シャネルのモノを持っていること自体がステータスとなり、多くの女性の憧れのブランドですね。

女性から支持されているファッションブランド《シャネル》の生みの親である《ココ・シャネル》は、ファッションに人生を捧げた女性でもありました。

長年愛され続けるブランド《シャネル》をここまで創り上げた、ひとりの女性《ココ・シャネル》について焦点を置いて紹介していきます。

 

愛と金に飢えた幼少期を過ごした《ココ・シャネル》

ココ・シャネル、本名(Gabrielle Bonheur Chanel)。

フランスのセヴェンヌ地方にて1883年8月19日に誕生。

フランスの中でも環境に厳しい地域であり、貧しい家庭に生まれました。

ココ・シャネルの父親は歩き渡る商人であり家庭にいることは殆どなく、また浮気癖の強い男でもありました。

そんな中、母親は結核という病で12歳の時になくります。

結果的に父親に捨てられ孤児院に行くことになります。

しかしココ・シャネルにとっては大事な父親であり、父親の親戚の家にも時間を作っては足を運んでいたという話が残されています。

ココ・シャネルは学校で裁縫の勉強をし、夜にはキャバレーで「ココ」という名前で歌をうたい活躍し、歌手や女優としての道を目指していました。

ある時キャバレーで出会ったお金持ちによって上級階級へと昇っていきます。

 

《ココ・シャネル》がファッションに革命を起こした

あの当時の上級階級の服装は、きつく締められたコルセットに大きな華やかな帽子が主流でした。

ウエストが細いことが美しさの象徴とされていましたが、コルセットを付けるあまり気絶をする女性が多くいたと言うほど。

苦しさの限度を超えており、大きな帽子は会話をするのにも一苦労するようなファッションデザインでした。

豊満さを感じさせるデザインが主流な中、ココ・シャネルが提案した服装は「シック」「中性的」「黒」。

その当時ではありえないと言われるようなデザインの提案をはじめます。

男性のようなストレートなシルエットのデザインや喪服でしか使われない黒を普段着として取り入れました。

体の行動に合わせたデザイン、自立した女性像を追い求めていきました。

 

《ココ・シャネル》が生み出した新たなファッションの形

女性のパンツスタイル

女性のパンツスタイルを生み出したのはココ・シャネル。

彼女自身もパンツスタイルを好んでいました。

おしゃれなパンツスタイルは、多くの女性からも支持を受けました。

しかし晩年のココ・シャネルは、ディナーの場にまでパンツスタイルで現れる女性が増えたことを残念がっていたそう。

 

本物のと模造品との組み合わせ

ココ・シャネルは、本物のジュエリーと模造品を組み合わせた装飾品がヒット。

模造品であるパールとの組み合わせが、ココ・シャネル自身が提案すファッションとの相性も抜群でした。

手軽に手に入る価格のジュエリーを贅沢に使用するという考えがありました。

 

ブランド名を明記した香水

植物由来から作られる香水が主流の中、意図的に人工合成香料を使用した香水をブランドの名前をつけ発売しました。

このことでさらに、シャネルの名前が広まるきっかけとなりました。

 

ブラックドレス

喪服でしか使われなかった黒。

ココ・シャネル自身も黒を好んでよく身に着けていたと言われています。

シンプルでエレガントなカラーとして、黒を見ていました。

周りの人に何を言われようと、突き通してきたココ・シャネルの強さを感じます。

 

チェーン型のバック

チェーン型のバックを作ったのは《ココ・シャネル》。

両手がふさがらない機能性もあるバックを女性に、という想いから生まれました。

この時に、バックの中に小さなものが収納できるポケットなどが施されました。

 

《ココ・シャネル》が残した言葉

ココ・シャネルの人柄を感じさせる名言が今でも多く残っています。

 

強くも美しい自立した女性像を掲げた女性

決して弱みを見せない女性だったという話も残るココ・シャネル。

そんな彼女を表現するかのような、美しくも強さを感じさせるファッション。

強く自分が追い求める美しさを表現し続けた女性でした。

ココ・シャネルという女性を見ていると、自分らしさとは何かと自分に問われたような気さえしますね。

気になった方は、ココ・シャネルの書物や映画などより詳しい情報を得ることができますのでチェックしてみて下さい。

引き用元サイト: feely[フィーリー]

記事元url: https://feely.jp/4535093/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. 電車で読んだら危険です!あなたの腹筋を攻める今週の新着人気ボケて 10選
  2. ホリエモン、タクシー乗車拒否にツイッターで怒りの写真公開へ
  3. 発想の勝利!人生を10倍楽しくする「ポジティブシンキング」7選
  4. 「シン・エヴァンゲリオン劇場版」2020年公開  2007年開始の新劇場版シリーズついに完結
  5. あなたはいくつ共感できた?共感力が高いほど膝から崩れ落ちる「分かりすぎる話」 9選
  6. 息子の一言でママ号泣!「子育ての奥深さ」が伝わる話に感動と共感が止まらない…
  7. 「スーパーマリオブラザーズ」のテーマを電卓4つで演奏した日本人が海外から熱視線!
  8. いたずら好きのカワウソ!お姉さんの靴紐をくわえて離さない「これはカワイすぎる」
  9. ラーメン激戦区・池袋で一度は絶対に食べたい絶品ラーメン屋10選
  10. その発想はなかったわ。学校内のエアコンをめぐる「天才誕生エピソード」が超爽快
  11. 習近平の写真にインクをぶちまけた女性が拘束 → 怒った国民達が習近平にインクをかける動画を次々公開
  12. 東京駅でお昼に迷ったらここ!一度は食べたい人気ランチ10選
  13. 【娘のキラキラ】出張!きょうの横山家 第3回
  14. 舌フェチの人ってどんな人?
  15. 三十路主任と天然な新人ちゃんの4コマ劇場に癒されること間違いなし(全3作)
  16. 【細胞診断】あなたは何になってはたらく?
  17. ジェットエンジン搭載の『未来のホバーボード』が登場!時速166キロで空を自由に飛び回る
  18. 河原で見つけた超絶バランス!石と重力だけで作った「謎のオブジェ」が凄すぎる
  19. 餌も水も与えられず捨てられた犬を救助。助けた女性の腕にすがり感謝する姿に胸が一杯になる
  20. 美しい波紋が広がる《大理石ネイル》で高級感漂う指先に
  21. 透明感が魅力的!おしゃれな《水滴ネイル》にみんなの視線が集中
  22. 酸化マグネシウムの効果とおすすめ9選
  23. 《ぬか漬け》のビタミン・酵素・乳酸菌で、健康で美しいカラダを取り戻そう!
  24. 他人の失敗から学ぶ!女性がやってしまった《夏デートの失敗点》
  25. ビタミンB2の効果と摂取方法
  26. 【えっ、怖い】女子会には「裏の目的」がある?カノジョたちの真の目的とは!?
  27. ディズニープリンセスをモチーフにした《プリンセスネイル》がとっても可愛い!
  28. 大人気!ジェニファー・ロペスがプロデュースした香水をご紹介
  29. よれずにアイメイクをキープ!クリームアイシャドウの塗り方のポイント
  30. 《敏感肌》におすすめの化粧水4つをご紹介!敏感肌に特化したアイテムはコレ
アクセスランキング