Vラインの黒ずみが起きる原因と、黒ずみを治す方法

    全体:0月:0週:0日:0

デリケートゾーンについて悩みを持っている方は多いです。ただ人に相談できる部分ではありませんし、どのように解決すればいいのか、本当に困っている人が多いといいます。特に気になるのがVラインの黒ずみです。どうしてこの部分だけが黒ずみを起こすのか、その原因を理解する事、また予防策を考えてみます。

Vラインの黒ずみの原因は?

Vラインが非常に美しくきれいなピンク色と自信を持って言える人は少ないようです。皆さん悩みの度合いは違っても、Vラインの状態に満足されている方は少ないといいます。Vラインの黒ずみの原因はいくつか考えることができるのです。それによって対応策を考えることもできると思います。

自己処理のミス

カミソリや毛抜きによってVラインの処理を行っている方も多いようです。最近はレーザーによる脱毛や光脱毛など様々な処理がありますが、人に施術してもらうことになるので、気が引けるという人の方が多いといわれています。また、脱毛の金額がいくら低くなったとはいっても、費用が掛かることには間違いないので、その費用を出せないので自己処理されている方も少なくないようです。

でもVラインの自己処理というのは非常に難しいと思います。しっかり目で全体をみることができる、また全部を丸ごと剃ってしまえばいいいという箇所ではないからです。人によってはVラインもIラインも全部剃ってしまうハイジニーナにしてしまう人もいます。でも多くの方が形よく整えたいと思っているので何とも繰り返し形を整えるために剃るなどすると、それが黒ずみとなることもあるのです。

サイズが合っていない下着

黒ずみの原因には摩擦が考えられるのですが、サイズの合わない下着をつけていることで、摩擦がひどくなっている人も多いといわれています。きついサイズの小さい下着をつけていると、動くたびにVラインがすれ、下着がきついことでその摩擦も大きくなるのです。Vラインは歩く、走る、座るなど、人の動きによって常に動いている場所なので、そのほかの部位と比較して、元々摩擦が多い部分となります。

下着が自分に合っているものなら摩擦もそれほど強くないのですが、下着のサイズがあっていないことで、摩擦がより大きくなり、それが原因となって色素沈着をおこし、黒ずみとなってしまうのです。下着のサイズなども考え直すことが必要になります。

しっかり洗えていない

Vラインがしっかり洗えていないことで黒ずみとなることもあるようです。Vラインはデリケートな部分ですが、しっかり洗えていないと汚れが残り、黒ずんで見えることもあります。しっかり泡立ててから丁寧に細かく洗うことが必要です。

ターンオーバーが正常でない

皮膚は毎日成長していますが、その成長をターンオーバーといい、毛根の毛母細胞から毛が生まれ、成長期に成長していき、成長が止まり最終的に抜けていきます。これが繰り返されているので、皮膚は常にいい状態となっているのです。しかし、栄養が足りなかったり、生活習慣の乱れなどが原因となって皮膚のターンオーバーが正常に行われにくくなると、古い皮膚が長く残ることになります。

皮膚の成長が正常に行われないために、皮膚が黒ずんだ状態となるのです。常に代謝していくことが必要な皮膚が上手く代謝できないことで黒ずみという状態になることもあります。

Vラインの黒ずみを予防するポイント

見えない部分でも、やはり美しい状態にしておきたいと思うのも当たり前のことです。Vラインの黒ずみを作らないようにしていくためにできることを紹介します。誰でも生活の中でちょっと注意すればできることなので、予防ポイントをしっかり理解し実行する事が大切です。

自己処理は丁寧に行うこと

カミソリなどでVラインの毛を処理される場合、丁寧に負担をかけないように行うことが求められます。カミソリでむだ毛のみを剃っているつもりでも、カミソリが皮膚にそって滑る時どうしても摩擦を起こします。急いで行うことで傷を作るリスクもあるのです。丁寧に負担が少ないようにクリームまたソープなど利用し処理する事で、黒ずみの予防となります。

摩擦を防ぐ

たったり、歩いたり、走ったりすることで、常に摩擦を受けているのがVラインです。どうしても黒ずみができやすい部分ですが、出来る限り摩擦を少なくすることも黒ずみを予防することになります。摩擦を予防するためにも、自分に合ったサイズの下着を利用する事、また生地等も摩擦が少なくなるようなものを選択すべきです。

専用ソープなどで優しく洗う

Vラインを洗う時、専用のソープを利用することもひとつの方法となります。Vラインの黒ずみを改善、予防してくれる専用のソープなども販売されているのです。専用のソープはデリケートなVラインに負担が少ない成分などが利用されています。こうした商品を利用し、Vラインをいつも清潔に保つことで、黒ずみの予防にもなるのです。

生活習慣の見直し

皮膚にしっかりと必要な栄養素が届くようにするためには、バランスのいい食事をリズム良く摂取する必要があります。バランスのいい食事を日々摂取する事で、常に皮膚が必要とする栄養を送り込むことができるのです。また睡眠をしっかりとることも大切な要素となります。

午後10時くらいから翌午前2時くらいまで、この時間帯は成長ホルモンを分泌する重要な時間となるのです。この時間帯に深く眠ることが必要です。成長ホルモンは思春期のお子さんが成長するために必要と考える方も多いのですが、皮膚、髪の毛、また骨の成長に深くかかわるホルモンとなります。そのため、いくつになっても重要なホルモンとなりますので、睡眠時間はVラインの黒ずみにとっても重要な要素となるのです。

Vラインが黒ずみを起こした時の対処法

Vラインの黒ずみがある、ひどくなっているというときに対応できる方法もあります。専用の美白クリームなどを利用する方法や、サロンでしっかりVラインの脱毛処理などを行う方法です。

専用美白クリームでケア

最近はお肌も美白専用の効果が高いクリームなどが登場しています。ドラッグストアなどでも購入できますし、より美白成分の濃度の高いクリームなどは皮膚科などクリニックで購入できるのです。こうした美白クリームを利用してVラインの黒ずみを改善できる可能性もあります。美白クリームでもVラインなどのデリケートライン用の専用クリームを利用する事が大切です。

下着や洋服の見直し

摩擦が黒ずみの大きな要因となるので、下着や洋服をみなおすことも必要となります。下着は直接お肌に触れるものなので、摩擦が少なくなるような素材を利用し、洋服についても、密着しすぎない、Vラインにゆとりのあるファッションをすると、黒ずみは少しずつ改善するはずです。下着はサイズがしっかりあっているものを利用する事がポイントで、洋服は圧迫、密着しないものを選択すると黒ずみ予防、改善になります。

自己処理を控えてサロンへ

黒ずみがかなりひどいという場合には、Vラインの脱毛処理を行うことで、黒ずみが解消することもあるのです。サロンで行う脱毛処理は光脱毛やフラッシュ脱毛という施術になりますが、この光の中に、色素沈着を改善する効果がある光が含まれています。そのため、脱毛によって黒ずみが改善することもあるようです。

またサロンで行う脱毛の場合、脱毛処理後、丁寧に冷却措置を施し栄養を与えるローションやクリームなどを利用してくれます。この丁寧な処置によって黒ずみが改善することが多いのです。

肌のターンオーバーを促進する

お肌のターンオーバーが正常に行われるように、栄養バランスのいい食事を行う事、また水分を内部、外部からしっかり摂取し乾燥させないこともポイントになります。肌の代謝がよくなれば、Vラインの代謝も上がり、黒ずみが作られにくい肌になるのです。睡眠時かをしっかりとり、清潔にすることも併せて心がけていきます。

まとめ

Vラインの黒ずみがあっても人に相談する事が出来ず、コンプレックスとなっている人もいるようです。しかしVラインの黒ずみについては多くの方が持っている悩みといわれています。専用美白クリームなども販売されていますので、こうした商品を利用することも考えてみると改善につながることもあります。また、しっかりときれいな状態にしたいという事なら、美容サロンや美容系の皮膚科クリニックなどに相談されると解決策が見つかるはずです。

引き用元サイト: feely[フィーリー]

記事元url: https://feely.jp/4529784/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. 自慢じゃないから聞いて欲しい。みんなが遭遇した「すごい状況」 7選
  2. さすがに膝から崩れ落ちた。容赦なく押し寄せる現実を嘆いた瞬間 7選
  3. アパマンショップ、スプレーするだけの「消臭抗菌代」2万円 料金だけもらってスプレーしないことも
  4. 想いを伝えるって難しい!娘にイジメを告白されたが事情を聞いてみたらどう考えても好きアピールだった
  5. とんでもカップル爆誕??予想の斜め上を超えた霊の正体と衝撃のエンディングに反響の嵐
  6. ベビーシッター要らず!女の子と柴犬のやり取りにとにかく癒される
  7. これが商才というもの!?「発想の転換」はビジネス・興行の成功に欠かせません 6選
  8. ノンワイヤーブラのおすすめ・いつ着ける?用途に合わせた選び方
  9. LUSHの冬限定アイテム!「フェアリーキャンディシリーズ」
  10. 「冬に買い足したい」おしゃれを叶えるトレンドニット
  11. 彼氏に愛されていると実感できるポイントと愛される方法
  12. 冬に大活躍!無印良品の「洗えるタートルネック」が便利
  13. 冬に大活躍!無印良品の「洗えるタートルネック」が便利
  14. もうgetした?プレゼントにおすすめ「アナスイ」のクリスマスコフレ
  15. あえてのメンズが可愛い!GUの「ボアフリース」の着こなし術
  16. 美白ハンドクリームの選び方!美白になれるポイントとは?
  17. 歯ブラシ型メイクブラシが選ばれている7つの理由と選ぶポイント
  18. ホワイトニング効果のある歯磨き粉の選ぶポイントとは?
  19. ドライフラワーネイルはスキル不要?人気デザインと購入方法
  20. おすすめのアイシャドウブラシ大集合!アイシャドウブラシの種類と選び方
  21. 冬こそ楽しみたい!「赤いフットネイル」の魅力
  22. CLINIQUE・チーク ポップの魅力を徹底解剖
  23. ヴィセ カラーリング アイブロウマスカラ(眉マスカラ)の魅力まとめ
  24. ジェルネイルは自宅でできる!セルフジェルネイルにおすすめのキット12選
  25. 自分だけのヨーグルトアートが作れる!期間限定「merry ブルガリアカフェ」に潜入
  26. おすすめのシートマスク!あなたに合うシートマスクの選び方
  27. おすすめドライヤー12選!ドライヤー選びの4つのポイント
  28. 脱毛器のおすすめ紹介!自宅で手軽に使えるタイプいろいろ
  29. 【子ども最強説】ティッシュ箱を占領する猫を一撃で葬る方法とは…?
  30. 自転車でもビートを刻む時代!?ベルがないならシンバルを取り付ければいいじゃない
アクセスランキング