BMI15は痩せすぎ?健康を害する危険と理想的な身体を手に入れるために

    全体:2月:0週:0日:0

“BMIは自分の体重が適切な重さであるのかを知るためにとても便利です。やはり慎重に適した体重がわかるとダイエットの指標にもなります。しかし中には数値にとらわれすぎてしまって無理なダイエットをしてしまう人も出てくるものです。そういった人の中にはBMIが15にもなってしまうという人がいます。

BMI15は危険か

BMIの数値が低いほど痩せているということになり中にはかなり低いところまで下げようとする人がいます。そういった人の中でもBMIが15になると命の危険がるといわれている数値です。具体的にどのくらい危険であるのかを知っておくとダイエットの際にも気を付けようと思えますから知っておきましょう。

BMI15は低体重

低体重といわれる命の危険のある体重がBMI15の状態です。この状態では毎日の生活も満足に過ごせないようになることも多いです。疲れやすくなったりすぐに体調を崩したりするようにもなりますし肌荒れや髪の傷みもひどくなってきます。見た目にも不健康な状態なのが伝わるような状態になってしまうことが多いです。

拒食症や摂食障害の可能性もある

ダイエット中の人は体重が減ることが幸せな気持ちになることも多く、そういった状態になると無理なダイエットを続けるようになることもありますし、食べることへの恐怖、太ることへの巨富を感じることも多いです。そのような状態なると拒食症や摂食障害を起こしてしまうことがあります。

拒食症や摂食障害というのは精神疾患です。きちんと治療をしないと心と体の健康維持に危険を引き起こすことが出てきます。中には入院をして治療をするという人もいるくらい深刻なものです。

女性は不妊の可能性がある

便秘 症状
女性は痩せすぎると生理が遅れたり不順になったり来なくなったりします。これが続くと経血がお腹の中で固まって開腹手術をして取り出すということもありますし、体が冷えたり貧血を起こしたりすることから妊娠しにくくなってしまうことも多いです。最近の不妊の人が増えている背景に女性が痩せすぎていることも一因としてあるといわれており、女性の痩せすぎはとても危険です。

慢性的な栄養不足で心臓に負担をかけることもある

BMIが15の人は栄養失調になっていることも多いです。日常的に食べる量が少なくなっており、そういった状態になるとこの時代でも栄養失調になってしまうことがあります。栄養失調になってしまうと心臓にも負担をかけてしまい心臓病を引き起こしてしまうこともあり注意が必要です。

BMI15を改善するためにできること

BMI15の状態は人によっては入院治療をしなければならないほど深刻な状況です。病気を防ぐためにも健康的な体になるためにもできることから取り入れていきましょう。また、BMIが15でなくてもそれに近い数値の人も改善するための取り組みをするようにしましょう。

栄養バランスの整った食事をする

毎日の食事は体だけでなく心も健康的にするために大切なものです。きちんと栄養の偏っていないバランスの整ったものを食べるようにしましょう。BMIが15まで減っていると初めのうちはなかなか思うように食事がとれないことも多いです。しかし、少しずつ毎日食べていけば食べることのできる量もだんだんと増えていきます。

3食少しずつでも食べるようにする

BMIが15まで減っていると食事として食べられる量もかなり減っています。そこで一度に食べることのできる量が少ないからこそ3食食べるようにすることを心がけましょう。少しずつでもいいですし食べられるものからでもいいです。とにかく食事の時間をきちんと設けるようにすることが大切です。

生活リズムを整える

規則正しい生活をするようになると少しずつお腹もすくようになってきますし食事のリズムも作りやすくなります。そこで、毎日早寝早起きの習慣をつけましょう。不規則な生活になっていると食事の時間もきちんととれなくなり食事量が増やせないです。

医師の診察を受ける


中には精神的にもかなりつらい状況になっており思うように食べられない、食べてもすぐに戻してしまうという人も多いです。そういった状態にある場合には自宅での療養では難しく意志の力を借りる必要が出てきます。病院に行き適切な治療を受ければ自宅療養も可能になりますから早いうちに医師に診てもらうようにしましょう。

モデルのような美しい体型になるには

痩せて美脚を手に入れたい、モデルのような美しいスタイルで洋服を着こなしたいというっことを考える人も多いです。そういったことがBMIを減らそうというモチベーションになりますし、まだまだ痩せないと、と考えて15まで減らしてしまうこともあります。しかし、減らしすぎても実際にはモデルのような美しい体型になれません。美しい体型を手に入れるためにはいろいろと努力が必要です。

モデルでもBMIは18が理想的

モデルのような体型になるには痩せないと、と思っている人も多いですがモデル体型はMI18です。そのため程よく脂肪がついていないとモデルのような体系になることはできません。まずはBMI15から18に増やすことを意識しましょう。

ただ痩せるだけでなく筋肉もつける


ダイエットをする際、多くの人は体重を減らすことにばかり目が行きます。筋肉をつけると体重は重くなりますし、がっちりとした体形になると思うためにどうしても食事を変えて痩せようという気持ちを持つことが多いです。しかし、ただ痩せても骨が浮いているような状態では魅力的には見えません。程よく脂肪がついていて筋肉と脂肪のバランスの良い体型が美しい体型となります。

そこでダイエットには筋トレも大切です。実際、モデルとして活躍している人たちも多くがジムに通って筋肉をつけています。ただ、マッチョになるような筋肉の付け方ではなくモデル体型になるための筋肉の付け方があります。ジムによってはそういった筋肉の付け方を指導してくれるところもありますからそういったところに通うことも一つの方法です。ヨガやストレッチ、軽い筋トレをして正しい姿勢をキープできる筋肉をつけることがモデル体型を作るために必要なトレーニング方法になります。

運動しながら痩せるのが理想的


モデルのような体系になるためには運動も必要になってきます。そこで少しずつ自分にできる運動から始めて筋肉をつけていきましょう。いつもより長く歩くようにしたりテレビを見ながら筋トレをしたりすることから始めれば十分です。無理に筋力をつけるためのトレーニングをすると体を壊すこともありますからできることから始め、毎日続けることで筋肉をつけるようにしましょう。

必要以上に食事制限をしない

食事制限はダイエットの中で必要になってくるものではあります。しかし正しくない食事制限や過剰な制限をすると見た目の体重では落ちても体つきは決してモデルのような体系にはなれません。栄養バランスが整っていてなおかつ低カロリー低脂肪、高たんぱくな食事が求められます。

ダイエットをする際には一時的に食事制限が必要な場合もありますが無理に続けることはストレスにもなりますしリバウンドの原因にもなり危険です。そこで期限を決めて行うようにしたり運動とバランスをとって行うようにしたりするようにしましょう。

まとめ

BMI15というのは命の危険があるほど低体重の状態です。そういった状態になると心身の状態が悪くなっていることもあり入院することになったり病気を引き起こしたりすることもあります。ダイエットをする際には痩せすぎないようにすること、数字にとらわれて無理なダイエットをしないようにすることが大切です。また、ダイエットをしている中でモデルのような美しいシルエットを作りたいと思ったらただ食事量を減らすのではなく運動をするようにもしましょう。

引き用元サイト: feely[フィーリー]

記事元url: https://feely.jp/4525096/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. さすがに膝から崩れ落ちた。容赦なく押し寄せる現実を嘆いた瞬間 7選
  2. アパマンショップ、スプレーするだけの「消臭抗菌代」2万円 料金だけもらってスプレーしないことも
  3. 想いを伝えるって難しい!娘にイジメを告白されたが事情を聞いてみたらどう考えても好きアピールだった
  4. とんでもカップル爆誕??予想の斜め上を超えた霊の正体と衝撃のエンディングに反響の嵐
  5. ベビーシッター要らず!女の子と柴犬のやり取りにとにかく癒される
  6. これが商才というもの!?「発想の転換」はビジネス・興行の成功に欠かせません 6選
  7. ノンワイヤーブラのおすすめ・いつ着ける?用途に合わせた選び方
  8. LUSHの冬限定アイテム!「フェアリーキャンディシリーズ」
  9. 「冬に買い足したい」おしゃれを叶えるトレンドニット
  10. 彼氏に愛されていると実感できるポイントと愛される方法
  11. 冬に大活躍!無印良品の「洗えるタートルネック」が便利
  12. 冬に大活躍!無印良品の「洗えるタートルネック」が便利
  13. もうgetした?プレゼントにおすすめ「アナスイ」のクリスマスコフレ
  14. あえてのメンズが可愛い!GUの「ボアフリース」の着こなし術
  15. 美白ハンドクリームの選び方!美白になれるポイントとは?
  16. 歯ブラシ型メイクブラシが選ばれている7つの理由と選ぶポイント
  17. ホワイトニング効果のある歯磨き粉の選ぶポイントとは?
  18. ドライフラワーネイルはスキル不要?人気デザインと購入方法
  19. おすすめのアイシャドウブラシ大集合!アイシャドウブラシの種類と選び方
  20. 冬こそ楽しみたい!「赤いフットネイル」の魅力
  21. CLINIQUE・チーク ポップの魅力を徹底解剖
  22. ヴィセ カラーリング アイブロウマスカラ(眉マスカラ)の魅力まとめ
  23. ジェルネイルは自宅でできる!セルフジェルネイルにおすすめのキット12選
  24. 自分だけのヨーグルトアートが作れる!期間限定「merry ブルガリアカフェ」に潜入
  25. おすすめのシートマスク!あなたに合うシートマスクの選び方
  26. おすすめドライヤー12選!ドライヤー選びの4つのポイント
  27. 脱毛器のおすすめ紹介!自宅で手軽に使えるタイプいろいろ
  28. 【子ども最強説】ティッシュ箱を占領する猫を一撃で葬る方法とは…?
  29. 自転車でもビートを刻む時代!?ベルがないならシンバルを取り付ければいいじゃない
  30. 「結婚式準備で喧嘩」は当たり前!?もめる原因をチェック!
アクセスランキング