やりすぎは逆効果!男性が引いてしまう《女性の王道モテテク》5つ

    全体:0月:0週:0日:0

そのモテテクニック、正解ですか?

「〇〇すれば男性はイチコロ!」という言葉を信じて、何でもかんでも実践してしまう女性っていますよね。

本人が「ふふん、これで男性はみんな私のトリコね…♡」と思っていても、肝心の男性はドン引きしている可能性も…!?

では実際に、どんな勘違いモテテクが男性を引かせてしまうのでしょうか。

自分の行動に思い当たるところがないか、チェックしてみてくださいね!

①アヒル口、上目遣い

一時期大流行した、アヒル口や上目遣い。自然にこの仕草ができる女性は、たしかに男性からモテます。

問題なのは、「こんな表情をする私ってかわいいでしょ?」というのがバレバレな女性。

明らかにモテ仕草を意識してやっているのがわかった瞬間、男性陣の気持ちはサッと冷めてしまいます。

いくら男性がぶりっ子に弱いとはいえ、あからさますぎる行動はちょっと引いてしまうのだそう…。

②いい女風に髪をかきあげる

女性が髪をかきあげる仕草はセクシーです。男性からの支持が厚いモテ仕草であることは間違いありません。

しかし、何度もしつこいくらいに髪をかきあげる女性は、残念ながらモテません。いい女を気取っているのがわかる女性って、周りからみていて結構恥ずかしかったりもして…。

特にNGなのが、食事中です。食事中に髪を触るのはマナー違反である上に、不潔な印象を与えてしまいます。

男性から、「そんなに邪魔ならしっかり結んでおけばいいのに…。」なんて呆れられてしまうかも?!

③飲み会でのボディタッチ

立ち上がるときに「ちょっとお手洗いいってくるね」と肩ポンをされたり、「もう〜何いってるの!」なんて腕を軽く叩かれたり…。男性は、こうしたさりげないボディタッチにどきっとします。

しかし、過剰にべたべたしたり、腕を組んだり、「酔っ払っちゃった〜」としなだれかかったりするのは、間違ったモテテクです!

度を超えたスキンシップで、「軽い女だな」「酒癖が悪いのかな」なんて悪印象を与えてしまわないよう、気をつけましょう。

④女性らしさを追求した清楚スタイル

透け素材の上品ブラウス、キラキラのビジュー付きカーディガン、繊細なレース使いのスカート。こういった清楚スタイルが苦手という男性は少ないはずです。

しかし、何事もやりすぎはよくありません!

フリルやレースの無駄遣い、TPOを弁えずアウトドアでもスカート×ハイヒール…。

女性らしさを意識しすぎた格好がこだわりの強さを感じさせてしまい、男性を遠ざけてしまっている可能性もありますよ。

⑤連絡をすぐに返さない

思わせぶり 女

「気になる男性にこそ、返事はすぐに返しちゃダメ!」これを実践している女性は多いのではないでしょうか。

たしかに数時間程度なら効果的なのですが、あまりにも返事が遅すぎるのは逆効果です。

男性を焦らしているつもりだったのに、「ああ、この子はきっと俺に興味がないんだ…。」と諦められてしまっては意味がないですよね。

駆け引きが必要なときもあれば、正攻法で行った方がうまくいく場合もあります。

焦らされた男性が全員追いかけてきてくれるとは限らないので、相手に応じて見極めが必要ですよ!

やりすぎはNG!モテテクは自然にさりげなく

男性を引かせてしまうモテテクに共通するのは、どれも「やりすぎ」ということです。

小手先だけのテクニックは、逆効果ということですね。

モテテクは、さりげなく使うからこそ効果を発揮するものなので、男性に「この子頑張ってるな」「モテたくて必死なんだな」と気付かれてはいけません!

自然にモテテクを使えるようになるまでは無理に実践せず、ありのままのあなたで男性と接した方が良いのかもしれませんね。

引き用元サイト: feely[フィーリー]

記事元url: https://feely.jp/4534500/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. 宝石店でダイヤモンドを大胆に盗む小さな大泥棒!その正体は・・・アリさん
  2. レモンを生まれて初めて食べた赤ちゃん!お笑い芸人顔負けのリアクションが面白すぎる
  3. 理解出来ない!水が上に流れる「エッシャーのだまし絵『滝』」実写化映像が謎すぎる
  4. 余命1カ月との告知なく「残された時間を充実して過ごせなかった」 賠償求め病院を提訴
  5. 今話題のコラーゲンマシンとは?その効果や副作用を探ってみた!
  6. ザクロ酢の効果はすごい!女性に嬉しいザクロの秘密に迫る!おすすめザクロ酢も紹介
  7. ガマンの限界です!日本企業のそろそろ直した方がいいところ 8選
  8. 除毛クリームで脇毛処理!効果や使い方を徹底検証
  9. 脂性肌には化粧水が有効!おすすめ9選を紹介
  10. デリケートゾーンの黒ずみには専用クリーム!おすすめ商品6選
  11. 一言添えるだけで見方が変わる!もうそれにしか見えない光景 6選
  12. 顔のテカリの原因は?肌質に合う方法で予防する
  13. 助け合いの気持ちを忘れずに。ありがとうが繋ぐ優しい世界 7選
  14. そんな誤植があるの?スーパーやコンビニのミスポップがツッコミどころ満載な件 8選
  15. メーカー「転売する奴は訴える」 アニメコラボの焚き火グリル転売ヤーを特定して書面送り付け
  16. 子ども相手でも手加減なし。なんでも張り合ってくる大人たち 6選
  17. 愛ある日々をありがとう。「この家族になれて良かった」と思った瞬間 7選
  18. 公園で遊んでいた女子児童にトイレの場所を尋ねる男 案内される途中に小便を漏らして立ち去る
  19. 吹いたら寝てください。あなたの腹筋をガタガタにする爆笑ボケて10選
  20. 千原ジュニア「笑いで勝負できへん芸人が、そっち(政治的発言)へ行く傾向にある」
  21. 【伊藤園】 業界初、缶入り「とん汁」22日発売 豚肉なし
  22. 有名人の「全然バレない」は本当…?哀愁漂う気付かれなかったエピソード 6選
  23. 強制収容所から生還したウイグル人「若い女性が毎日中国人に強姦され、拒絶すれば殺されている」
  24. お客様困ります!!おつかいが下手すぎるハムちゃんに悶絶する人続出
  25. わくわくが止まらない!都内の"変わり種"な博物館10選
  26. 稲荷神社で灯籠に上って遊んでいた中学1年男子、バランスを崩して落下 53キロの灯篭の石が外れ下敷きになり死亡
  27. 【息子の好き嫌い】出張!きょうの横山家 第14回
  28. インスタで話題!《#ミィパーシンサク》で見つけたかわいい小物
  29. 2018年秋・冬のトレンド!《アニマル柄アイテム》に挑戦しよう!
  30. 秋冬コーデに大活躍!GUの《タータンチェックテーパードパンツ》
アクセスランキング