一人称が自分の男子の性格や恋愛の傾向を徹底解剖!

    全体:2月:0週:0日:0

一人称の使い方はいろいろとあります。TPOに合わせていろいろと変えていくことになりますが、使い分けができない男子は少し問題があるかもしれません。よく、自分の一人称が「自分」である男性を見かけることもあるのではないでしょうか。一人称が「自分」と言っている男性の性格や恋愛傾向は一体どんなものなのでしょうか。

一人称が自分の人の性格って?

思慮深い

自分という言葉を考えてみると、いろいろと見えてくるところがあります。自分という言葉に性別は存在せず、そもそも代名詞として自分以外の人間を指しません。他の人と混同されたくはないという意識もあります。自分自身に自信がないという人も使うといわれています。ですが、性別も関係ないという意味では、非常に思慮深く、自分の中でさまざまなことを考え行動している人であることが多いでしょう。後ろ向きの考えを持ちやすいともいえますが、自分という言葉を使うことは、男子として悪いことではありません。

アイディアマン

自分という言葉を使う以上、他の人を指すことはありません。ビジネスの場では、意見をするときには自分がこう思うといった提案もあるでしょう。そこにはオリジナリティがあり、他の人ではない自分がおこなったのだという意味が含まれてきます。アイデアマンなのであり、自分だからこそできた提案だということをはっきりさせることも意味しているはずです。特に意図的に自分という言葉を使う人は、この傾向が強いといえるでしょう。

真面目


基本的に真面目な人が自分という言葉も使うようになっていきます。上下関係を重んじる人が多いのは、もともと軍隊などでも使われてきた言葉だからです。実際にイメージとして持っている人もいるでしょう。上下をはっきりさせる世界であり、これが生死を決める場合も出てきます。絶対に逆らうことも許されない世界であることからも、自分という言葉を使い関係を重んじてきた人は、真面目であるといえるでしょう。遊んでいなかったといったことではなく、現在目の前にあることに対して真面目であるということです。それは仕事であったり人間関係であったりと、それぞれ違いますが、他の意味を持たせないという意味でも真面目な取り組みをしているでしょう。

自信がある


自信がない人が使うこともよくありますが、逆に他の人にはない自信があり、自分以外ではできない発言という意味でも自分を使うことが出てきます。自分という存在をはっきりとさせたいという意味もありますし、仕事でもプライベートでもできる男であるというアピールにもつながっていくでしょう。常に自分の考えを真っすぐと持ち、ベストな行動をしている自信もあふれています。精神的な強さも持っており、修正もすぐにおこなえる人といえるでしょう。あとに引きずるぐらいであれば、発言などもしない人です。

人前に出ると内気

自分という言葉を使う人には、人前では内気な人もいます。話している相手との距離感がよくわからず、社会人の一人として、しっかりとした距離感のもとで発言をする人は自分という言葉を使うでしょう。常に思慮深く、相手とのことも考えて言葉を使っている人であり、内気でありながらも慎重な人です。相手に対して嫌われないようにも考えて使っている人が多くみられます。内気といっても、人前に出た時のことであることも理解してあげるべきでしょう。

硬派に見られたい


内気な人と同じような心理ですが、硬派にみられたいということもあります。男らしくいたいという心理もあり、内気という部分とは反発していることもあるはずです。硬派に見せたいと思っているのは、軍人や有名人の影響もあるはずです。そういったあこがれから自分といった言葉を使うこともあります。自信もある人が多く、体育会系ののりとしても硬派として使っていきたいという心理も働いているでしょう。

先輩の指示には逆らえない

体育会系の流れの中で、自分という言葉を使うことも出てきます。他の人の意見ではなく、口を開いて話をする以上、自分の意見として話をしなければいけません。特に厳しい部活では、この傾向が強く出てくるでしょう。精神的にも鍛えられていることからも、が隊の良い人が使うイメージがありますが、先輩などに口を利く以上、逆らうことができない立場にあり、自分という言葉に責任を持たなければいけなくなります。指示には逆らえない以上、自分の言葉は自分で責任を持つという重い意味が出てくるのです。

弱い部分を隠したがる

気が弱い人が、自分を隠すために使うこともよく見られます。硬派に見せて強く感じてほしいと思うこともあるのは、男性の持っている性といってもいいでしょう。自分のことを弱くみられるというのは、男としての矜持に関わる部分です。非常に嫌っていくことになりますが、コンプレックスを持っている人はさらに強く自分という言葉を使っていくでしょう。ナルシスト的な部分を持っている人も多く、弱くても自信を持っているところがうかがえます。

考えてから行動するタイプ

自分という言葉を見ていると、与えるイメージがいろいろとあることがわかるでしょう。そうなると、行動にも影響を与えるようになっていきます。いろいろと考えてから行動に移す人が多く、無難な選択にするためにも自分を使う人が出てくるのです。ナルシストっぽい一面があることを知られたくないという人もいますし、弱いという部分も悟られたくないため、考えてから行動している人も自分と使っていくでしょう。

一人称自分の人の恋愛心理

嫌われるのが怖い

自分と使っている人は、硬派なイメージを持ってもらいたいと思っています。自分は嫌われたくないと思っていることが多いのは、イメージをしっかり持ってもらわなければいけないと思うからです。例えば、僕という言葉を使っていると、どこかで幼稚で甘えていると感じてしまうでしょう。一般社会人として考えれば、僕という言葉は適していません。まず使う人がいなくなりますが、これもしっかりと自分という存在を出すためです。恋人に対して考えれば、こんな言葉を使っていれば嫌われてしまうと思うからこそ、自分という言葉に置き換えていることが多いといえるでしょう。

頼られたい


強い男のイメージもあるのは、軍隊流の呼び方からも影響を受けているでしょう。頼れる男であるアピールをしているときにも自分という言葉に終始していくはずです。大好きな人だからこそ、頼ってほしいと思っているはずですが、自分と僕と比べてみれば、頼りたいと思うのは間違いなく前者でしょう。これは、自己満足という面からもきています。人がどう思おうが、彼女が頼ってくれればいいということも考えているため、意図的に使っている人もいるはずです。

相手を信頼できてない

逆にもっと使い方を考えて自分という言葉を使う場合があります。距離を取りたい思っているからこそ、自分という言葉を使って守りに入っている場合です。信頼している人には一切使わないのに、恋人だけに使うというのは、確実に信頼しておらず、距離を取っておきたいと考えているからです。まだまだ信頼関係を築くまでには時間がかかることでしょう。

責任を取るのが苦手

責任感があまりないという人は、自分という言葉を使うことがあります。他の人ではなく自分は自分であるということで、責任はないと思っているからです。責任の分散であり、恋人であっても、自分以外の責任は取りたくはないと思っているからこそ、区別をはっきりとさせているのです。

相手と対等でいたい


さまざまな話をする中で、自分は恋人と対等でありたいと思っている人もいるでしょう。信頼関係がうまく築かれていないことも影響していますが、もっとドライな関係でいたいと思っていることも理由として出てきます。甘えるようなことができない人も使っていきますが、できれば対等でいたいと考えており、プライベートであっても下に見られたりするのはお断りという男性に多いでしょう。

まとめ

自分のほかにも、僕や私といった言葉がありますが、それぞれに意味が異なります。僕はと使われることと、自分と使われることの違いも考えてみるといいでしょう。距離感ということもあげられますが、それ以上に信頼関係にも影響してくる部分が存在しています。ですが、大人の男性として考えた時に、どちらがいいのかということも考えておくといいでしょう。

引き用元サイト: feely[フィーリー]

記事元url: https://feely.jp/4547615/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. 【動画】 TBS「Nスタ」が置物のミミズクを本物と間違え生中継
  2. 鳩山由紀夫「先ほどの北海道の地震は炭酸ガスの地中貯留実験CCSが原因で発生した人災」
  3. 「こんにちは」と挨拶をすると「こんにちは」と挨拶を返して立ち去った事案発生/兵庫
  4. 桜田大臣の2分遅刻で予算委審議は5時間ストップ
  5. そのモヤモヤは防衛反応かも?自分をいたわりたくなるメンタルハック 7選
  6. アイデアが形になる「妄想商品化道場」クセの強すぎるICカードケースが商品化!
  7. 【田舎を離れてわかったこと】田舎が嫌い子ちゃん 最終話
  8. コンタクトあるあるに共感の嵐!メガネ女子を襲った初体験は地獄絵図だった!
  9. チャップアップヘアオイルで髪ツヤツヤ!?実際の使用感・効果と口コミ・評判
  10. 東急ハンズ池袋店がマステ天国って知ってた?個性派マスキングテープ 12選
  11. これだから理系は…なんて言わないで!論理的にすべてを解決する理系脳な8人
  12. 「ミツバチの恵みとろり」は美容・健康効果が凄かった?実際に飲んでみて効果を徹底調査!
  13. 天使のベビーコラーゲンの効果は嘘?口コミは?実際に飲んでみた体験談で検証!
  14. ケアナチュラル炭酸パックの効果や口コミは本当?実際に使った体験談を徹底解説
  15. ナチュラル感が素敵。大人におすすめの「コーラルネイル」
  16. 入る穴がいくつあっても足りない…。何度思い出しても恥ずかしい赤面エピソード 7選
  17. 【家族で朝ごはん】やせっぽちとふとっちょ 第7話
  18. 「崇(たかし)」≠「祟(たたり)」。とにかく気づいてよかった勘違い 6選
  19. 【兵庫】 乳児を連れた女性に、30代男が「あかちゃん、かわいいですね」と声をかける事案発生
  20. 女性「手術中に医者が私の胸を舐めたの!」 裁判長「幻覚、DNAは唾が飛んだだけ。無罪」
  21. 「臭い」レンタルビデオ屋ですれ違い様に女性に言われた男 軽トラで7kmつきまとう
  22. 父親のこんなところが好きなんです。大人になった今だからこそ響く「父の教え」 6選
  23. オペラのマスカラはリピート率の高い隠れた人気コスメ♡オペラのコスメはリップだけじゃないんです
  24. 【口コミ評判】ラサーナプレミオールを実際に使ってみた体験談を紹介!
  25. キスマークを上手につけるための4ステップ♡彼にあなただけの愛の印を残してみない?
  26. 【「なんしか」ってなんですか?】大阪ちゅーとリアル 第44話
  27. 【「なんしか」ってなんですか?】大阪ちゅーとリアル 第44話
  28. 【口コミ評判】すっぽん小町の効果は?実際に使ってみた体験談を紹介
  29. 全国のママ・パパに届け!説得力ありまくりな「超実用的」育児アドバイス 7選
  30. 全国のママ・パパに届け!説得力ありまくりな「超実用的」育児アドバイス 7選
アクセスランキング