浮気男が実践している!女にバレない浮気のテクニック

    全体:0月:0週:0日:0

浮気する男の黒いテクニック

お付き合いするにあたって、付きまとう不安のひとつに浮気が挙げられます。

相手に浮気性な部分がないかどうかは、男性を選ぶうえでも重要なポイント。

浮気する男は、また同じことを繰り返すと巷では言われています。

また女性にバレないためにあるテクニックを活用しているのだとか。

今回は、そんな浮気男のテクニックを調査しました。

 

浮気用のLINEアカウントを所有している

あなたの彼は、スマートフォンの数台持ちやpadなどの機器を所有していませんか?

LINEアカウントは、ひとつの機器に対して1つのアカウントのみ作成が可能です。

別の機器を所有していると複数のアカウントを持つことができてしまいます。

浮気が常習化した男性は、LINEのアカウント自体を使い分けは常識のようです。

昔使っていたスマートフォンを使用している人も中にはいるようです。

 

スマートフォンの《データは削除》

どこから浮気がバレるかはわかりません。

特にスマートフォンの情報から浮気が発覚することが多いと言われています。

検索履歴やメール、予測変換など多くのデーターをこまめに削除。

履歴を消している様子がある場合は、やましいことがある可能性は高い。

 

連絡を取っている《相手女性の名前》を変える

スマートフォンなどに登録している女性の名前を男性の名前に変えるというテク。

男性の名前に密かに変えて、連絡帳に浮気相手が紛れているかも。

よほどのことがない限り、女性側も気づかない可能性は高いですね。

 

浮気相手といる時だけは《現金派》

クレジットカードを使用していると、明細書が発行されます。

どこのお店で使用したのかがバレてしまうのを避けるためのテク。

手落ちをする可能性を最小限に減らした方法に驚かされます。

 

匂いの変化に気づかせないための《香水》

別の女性の匂いがすると、女性なら特にわかるものです。

一緒にいる男性自身は、香りの変化に気づくことは難しいもの。

そこで活用しているのが匂い消しのための香水。

外出後に香水の匂いが強くなってたら、このテクを使っているかも。

 

怪しまれないように《統一感のある対応》

浮気男性が彼女に対して意識しているのが、違和感を与えないようにすること。

女性は直感力が鋭い生き物と言われていますからね。

今まで冷たかった男性が、急に頻繁に連絡をくれたりするとそれだけで逆に怪しまれかねません。

そういったことも考慮し、統一感のある対応をしているのだとか。

 

彼女と浮気相手との《行動範囲を変える》

彼女と一緒に出掛けた場所へ浮気相手と出かけたり、その逆の行為もしません。

その理由として、どこで浮気がバレる要素が現れるかが分からないからです。

自分で失言をする可能性もなくなりますね。

ここまで徹底していると浮気慣れをしている印象を受けますね。

 

男友達に頼んで《アリバイ工作》

浮気相手とのデートや旅行などの際に、男友達に頼んでアリバイ工作。

協力してくれる男友達が居なくても、専門のアリバイ工作の代行業というものも。

メールで男友達と遊んでいるように偽ったり、仕事の残業など写真などを添付して現実感を持たせるという徹底ぶり恐ろしや…

この頭脳を別のところで活かして頂きたいものですね。

 

浮気だと感じさせない《服装》

新たにスポーツを初めて、スポーツウェアで出かけていったり、また喪服を着てでかけたりなど浮気だとは感じさせない服装を着用する場面も。

ここまでくるとかなりの浮気上級者の行動と言えます。

急にスポーツやマラソンなどを始めた場合は、しばらく彼の様子を観察の必要ありそうですね。

 

浮気に対する執着心がすごい

浮気をするのにも、さまざまテクを活用していることが判明。

中には怪しい高度を察知し、浮気探偵をお願いする女性もいる様子。

あなたはこのテク見抜くことできますか?

できることなら浮気をする人ではないと信じたいものです。

引き用元サイト: feely[フィーリー]

記事元url: https://feely.jp/4534075/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. 今の時代「男と女」どっちが得だと思う!? みんなのホンネは…
  2. リーバイスCEO「ジーンズを洗濯してはいけない」 10年間洗わずに履き続ける
  3. 自転車修理中の中学生に「ガスメーターいじってるだろ」と突然激高し投げ飛ばした無職男逮捕…北海道北斗市
  4. 重さ二キロの腫瘍を摘出!予想斜め上の作者の入院体験に困惑する読者続出!?
  5. 野生どこいった!? キッチンでくつろぐ犬が無防備すぎ
  6. 家の中だけで完結!手作り感満載のストップモーション旅がすごい
  7. かわいすぎて笑う!猫に「いないいないばあ」をするオウム
  8. かわいすぎて笑う!猫に「いないいないばあ」をするオウム
  9. Twitter民が見つけた「ある意味世紀の大発見」7選
  10. Twitter民が見つけた「ある意味世紀の大発見」7選
  11. 稀にない救出劇!吹雪で遭難した馬をショベルカーで助ける?
  12. 衝撃の組み合わせ!ワニの歯磨きをしてあげる子どもにビックリ
  13. 夜中に見てはいけない「禁断のレシピ」7選
  14. 天使のスマイル♪お菓子をワンコにあげるのが楽しくなっちゃった赤ちゃん
  15. 【来客】やせっぽちとふとっちょ 第13話
  16. これ売ってたのか…ロバート秋山の「辰兄Tシャツ」がお花見と相性バツグン過ぎる
  17. 小学生が作った「不思議な貯金箱」の仕組みがスゴい
  18. 9歳の小学生が考えた天才的「ことわざ集」が書籍化!すんごい才能…
  19. 世の親たちへ!子供が自信をなくす「ある言葉」に考えさせられる
  20. イメージしていた猫とは違うけど、それでも何だかんだ猫と過ごす日々は楽しい!!
  21. 館長「私の考案です」うんこを放出するカピバラのお菓子について水族館に聞いてみた
  22. 【口コミ・体験レポート!】エクスラリプレミアムを履いたら美脚になれるのかを検証!
  23. 「理不尽に怒る先輩は大した先輩じゃない」思わず納得した至極のつぶやき 7選
  24. 雑穀麹の生酵素を飲んでみた!効果や口コミを詳しく紹介します
  25. 電卓5つでLemonを演奏!話題のパフォーマーの今後は「さらに電卓を増やしたい」
  26. 「本気出すとこで眼鏡とる演出やめて」視力が悪い人の主張 6選
  27. 【20代や30代へのアドバイス】40代の方々が気づいた大切なコト 6選
  28. 影響力スゴいな!西野カナを取り巻くお笑いネタが面白い 7選
  29. 「早く会いたい!」と男性が言うときの心理とは?
  30. ストレス社会に効く!LINEスタンプ「お前の背中を俺が押す」がスカッとする
アクセスランキング