婚前交渉とは?婚前交渉を嫌うカップルが持つ10の気持ち

    全体:0月:0週:0日:0

婚前交渉という言葉を耳にしたことがある方もおられるかもしれませんが、若い方にはあまりなじみのない言葉かもしれませんね。今時の若者だと婚前交渉と聞いてもピンとこないでしょうし、知らない人のほうが多いのかもしれません。ここでは、婚前交渉の意味や婚前交渉を嫌うカップルの気持ちなどについてお伝えしたいと思います。

婚前交渉とは?

婚前交渉とは結婚する前にカップルが性行為を行うことです。かつては婚前交渉が当然という時代もありましたが、今ではそのようなことは少なくなっているのではないでしょうか。

カップルの半数が婚前交渉をしている


どれくらいの割合が婚前交渉をしているのかということですが、実はカップルの半数が婚前交渉をしていると言われています。約半数が婚前交渉をしているという事実をどのように受け止めるかは人によって異なると思いますが、考えようによっては半数のカップルは婚前交渉をしていないということになりますね。この事実に衝撃を受けてしまう方もおられるでしょう。

近年は婚前交渉が減ってきている?

婚前交渉など当たり前、と思っている方が多いかもしれませんが、実は最近では婚前交渉が少なくなっているとも言われています。にわかには信じられないという方もおられるでしょうが、実際そのような話をちらほら耳にしますよね。では、どうして近年では婚前交渉が少なくなっているのでしょうか。

草食系男子の増加

一つには草食系男子の増加が挙げられます。最近では草食系の男子が増えていると言われていますし、女性とセックスすることにあまり興味がないという男性が増えているのです。草食系男子は肉食系男子のようにガツガツしていませんし、別に女性とセックスできなくても何も問題はないと考えています。自分から女性とセックスしようと思うことも少ないですし、アプローチすることも少ない草食系男子が増えているようです。

最近ではメディアでも草食系男子などを取り上げることが増えていますし、漫画やアニメなどでも草食系男子が登場することが多くなっています。それによってさらに草食系男子が増えていると考えられます。草食系男子のほうが楽と考える方もいますし、敢えて草食系男子で行こうとする方もいるくらいです。

出来ちゃった婚やシングルマザーの苦労を考えて

できちゃった婚をしたくないと考えるカップルも増えているようですから、それが婚前交渉の減少に繋がっているとも考えられます。できちゃった婚となるとある日突然母親になってしまいますから、今までの生活が大きく変わってしまいます。仕事を辞める羽目になるでしょうし、お金も当然かかります。そのような苦労を考えて婚前交渉をしないという方が増えているみたいですね。また、シングルマザーになってしまったときの苦労を考えて婚前交渉をしないようにしているという方もいます。

共働きが当たり前のため産休が取りにくい


昔の日本だと男性は外で働き女性は専業主婦、というのが当たり前でした。しかし、今の時代旦那だけの稼ぎではなかなか生活できないという家庭が多いですし、女性の社会進出も著しいため夫婦共働きというケースが増えています。共働きとなると産休が取りにくくなりますから、それが婚前交渉の減少に影響しているとも言われています。

婚前交渉を嫌うカップルが持つ10の気持ち

婚前交渉が当たり前という方もいるでしょうし、そのような方だと婚前交渉をしないカップルの気持ちがまったく理解できないのではないでしょうか。セックスすることでお互いの愛が深まると信じてやまない人もいますし、そのような考え方をする方だと婚前交渉をしないカップルは異次元の存在です。ここでは、婚前交渉をしない、嫌うカップルが持つ10の気持ちをご紹介しますから、気になる方はぜひ目を通してくださいね。

出来ちゃった婚への嫌悪感

婚前交渉を嫌うカップルだとできちゃった婚への嫌悪感を抱いていることが多いです。できちゃった婚は今の時代まったく不思議なことではありませんし、逆にできちゃった婚が当たり前のような時代にもなっています。しかし、それを嫌悪する方がいるのも事実ですし、そのようなカップルだと婚前交渉をしていません。

仕事などで妊娠するデメリットが大きい


妊娠することのデメリットのほうが大きいとなると婚前交渉をしないケースが多いです。妊娠することで仕事に影響が出てしまう、会社を辞める羽目になってしまうというデメリットを考えて婚前交渉をしないというカップルも少なくありません。妊娠をメリットデメリットで考えることに抵抗のある方もおられるでしょうが、妊娠するとそれまでの生活が一変してしまうこともありますから、メリットとデメリットをしっかり考えるのは大切なことです。

セックス以外にも愛情表現はたくさんある

セックスこそ最高の愛情表現だと考えている方がいる一方で、セックス以外にも愛情表現の方法はあると考える方もいます。このように考えるカップルだと婚前交渉はしていないことが多いです。確かにセックスだけが愛情表現の方法ではありませんし、精神的な満足を得られる方法はいくらでもあるでしょう。

セックスに自信がない

セックスに自信がないという理由で婚前交渉を渋る方もいます。これはどちらかというと男性の意向が強いのではないでしょうか。基本的にセックスでは女性が受け身となりますし、頑張るのはもっぱら男性です。そのため、セックスに自信がないと敢えてしようとは思いませんし、結果的に婚前交渉をしないということになるカップルもいます。

単純にめんどくさい

セックスが大好きな人にとってセックスが面倒くさいと思ったことはまずないでしょう。どんなに面倒くさくてもセックスだけはしたいという方もいますし、単純に面倒くさいという理由で婚前交渉をしない方のことは理解できないと思います。実際にこのように考える人はいますし、面倒だという理由で婚前交渉をしていないカップルもいるのです。

セックスは疲れる


当たり前のことですがセックスすると疲れます。基本的に男性が体を動かしますから男性ばかりが疲れると思われがちですが、実際には女性もかなり体力を消耗してしまいます。そのため、セックスは疲れるからという理由で婚前交渉をしないケースもあります。

セルフケアで十分に性欲を解消する事ができる

性欲を解消するだけならセックスでなくてもセルフケアで十分という方もいます。要するに自慰行為ということですね。男性はもちろん女性もセルフケアで性欲を解消することはできますし、わざわざセックスをする必要がないという考えの方がいるのも事実です。

まだセックスする前のラブラブな関係を維持していたい

セックスしてしまうとする前と関係が変わってしまうことがあります。セックスをする前のほうがよりラブラブなことが多いですし、その状態を維持したいと考える方もいます。確かにセックスしてしまうとそこで満足してしまう部分がありますし、セックスする前のようなラブラブには戻れない可能性もあります。そうした理由で婚前交渉を絶っている方もいますね。

本当に相手を好きかわからない

本当に相手のことを好きなのかどうかよく分からない、という理由で婚前交渉をしないカップルもいます。付き合い始めた日が浅いカップルだとこの傾向が多いのではないでしょうか。セックスは本当に好きな人とだけしたい、結婚してからしたいと考えているような方もいます。

相手が自分に本気かわからなくなってしまっている

相手が本当に自分のことを好きなのか、本気で思ってくれているのか分からなくなってしまったという場合にも婚前交渉をしないケースがあります。

婚前交渉をしないメリット


婚前交渉をしないことにはいったいどのようなメリットがあるのでしょうか。セックスするのが当たり前だと考えている方だと婚前交渉しないことにメリットがあるとは思えないでしょうが、ここでは婚前交渉をしないことで得られるメリットについて考えてみたいと思います。

結婚前に望まない妊娠をする恐れがない

結婚前に望まない妊娠をする恐れがないのは大きなメリットと言えるでしょう。望まない妊娠をしてしまうと今後の生活にも影響してしまいますし、計画が大きく狂ってしまう可能性もあります。旦那さんの収入がこれくらいになったら子供を作ろう、と計画していたとしても婚前交渉をしている場合だといつ妊娠してしまうか分かりません。しっかり避妊していたとしても避妊方法によってはできてしまう可能性もありますし、そうしたことを回避できるのは大きなメリットと言えます。

カラダ目当てではない純愛ができる

これもメリットと言えばメリットではないでしょうか。純愛を求める方だとセックスは嫌う傾向にありますし、あくまで純愛にこだわりたい方もいます。セックスをしてしまうとカラダ目当てだと思ってしまうという方もいますし、そのことに対して嫌悪感を抱いてしまうような方もいるでしょう。体目当てではない純愛ができるというのは婚前交渉をしないメリットの一つかもしれません。

自制心を示し、相手への敬意を示せる

相手への敬意を示せるというのもメリットではないでしょうか。男女が一緒にいるとセックスしたくなるのは当然のことですし、当たり前のことです。特に男性だと女性よりも性欲が強いですし、セックスしたくて仕方ないという方もいるでしょう。しかし、そこで自制心を示してセックスしないことで相手への敬意を示すことができるのです。相手の方を大切にしているという意思表示にもなりますから、それによって二人の絆がより強いものになるかもしれません。これも婚前交渉をしないメリットの一つと言えるでしょう。

まとめ

今の時代に婚前交渉をしないということが本当にあるのかと不思議に思った方もおられるでしょうが、実際に婚前交渉をしないというカップルはいます。ここでお伝えしたように約半数のカップルが婚前交渉をしていないようですし、もしかするとこれから先それがスタンダードになるのかもしれません。婚前交渉をしないほうが絶対にイイ、とは断言できませんが、婚前交渉をしないことで得られるメリットがあるのもまた事実です。どちらがいいかは人によってまちまちでしょうし、二人の意見が合致しないと無理ですから、まずは2人でしっかりと話合うことも大切ですね。

引き用元サイト: feely[フィーリー]

記事元url: https://feely.jp/4548955/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. 「HUNTER×HUNTER」にほぼ文字だけのページが出現!「もう小説でいいよね」と話題に
  2. 起・承・転・優!ハートウォーミングなオチがつく「優しい展開」6選
  3. 【動画】 米女性、車で山火事のど真ん中に突入してしまう → 動画をアップ
  4. これは何かのクイズ…?一瞬答えに戸惑う7つのハテナな質問
  5. 時代に置いていかれないように!覚えていて損はない「現代っこの生態」 7選
  6. 【画像】 最近の学校給食が刑務所以下と話題に
  7. ツンデレオス猫と少女の日常。ネコが最後に気づいた想いに涙!
  8. 小学生女子になったおっさんが学校を改革⁈ 社会問題にも鋭く切り込むTwitter漫画が興味深い
  9. ぜひウチの常連になってくれ!「気持ちの良い消費者」のいる光景 6選
  10. 【良い事?悪い事?】あなたはこの冬、この3つを経験します。
  11. 衝撃の話題作「警察官をクビになった話」。内容がエグすぎて言葉を失う…
  12. 大好きなオモチャを回収されたパンダが激おこ!憂さ晴らしにコロコロ転がる姿が可愛すぎる
  13. 母熊からはぐれて、冷たい湖で溺れてしまった子グマ2匹!発見した釣り人による奇跡の救出劇
  14. ロバート秋山が伝説のサッカー審判員に!世紀の誤審を振り返る動画が最高すぎる
  15. ひらめきを試すクイズに挑戦!「アート社とボール社の製品」
  16. 交差する迷言の数々。改めて痛感した「先生だって人間だもの」7選
  17. 【言い得て妙】理解を深めてくれる圧倒的説得力の「例え」 7選
  18. イオン270万回来店装いポイントをだまし取った無職逮捕 1000以上のIDとパソコン45台を使用
  19. だし汁と間違えて洗浄剤入りお茶漬け提供 長野の老舗旅館で3人食中毒
  20. ネタ的には即採用!面接での返しがジワジワくる 7選
  21. わが子の前では目がハート。子煩悩パパがかわいすぎる! 7選
  22. 米ユダヤ人団体SWCが声明「BTS(防弾少年団)は日本とナチス被害者に謝罪しろ」
  23. 移り変わる季節の芸術。心あったまる「落ち葉アートの世界」 7選
  24. 「わぉわぉわぉ~ん!」オオカミとの交信を試みるも、遠吠えが下手すぎるワンコ
  25. 感動のサプライズ!新婦の連れ子に指輪を贈ったお父さん「僕の娘になってくれる?」
  26. まるでトムとジェリー!ネズミを狩ろうとしたネコ、逆にネズミに追い回される
  27. すれ違いすぎて笑っちゃう!律儀だけど超天然のヤンキーと大人しめ女子の恋の行方は?
  28. 【マッチ押し売りの少女】ぷろろ 〜プロ中のプロたち〜 第47話
  29. 【これすてろーる】幼女社長 第36話
  30. 夫婦だから伝わることがある!愛があるからこそできる夫婦間のやりとり7選
アクセスランキング