本人は気づいていない!実は「ブス見え」している変なメイク

    全体:3月:0週:0日:0

実は「ブス見え」してしまっているメイク

女性にとってメイクは、より可愛くそして美しく見せるためのツールですね。しかし本人は良かれと思って行っているメイクが実は「ブス見え」していることも。

なんだか変なメイクだと思っていても、周りの人は本人には伝えにくいもの。今回は「ちょっと変じゃない?」と思わず感じてしまったメイクについてご紹介。

メイクも活用の仕方を誤ると魅力を半減させてしまうこともあります。普段の自分のメイクと照らし合わせながらチェックしてみて下さいね。

 

浮いている印象を受ける!顔だけが異様に白い「白浮きメイク」

全体を見渡した時に顔だけが白くなっているように見えるメイク。ベースメイクのトーンの色が明るすぎることで起こってしまうブス見えメイクです。

周りから見ても違和感を感じさせてしまうメイクのひとつと言えますね。美白に見せたいあまり、顔だけ白くなってはいませんか?

改善ポイント

ベースメイクの色味の選び方に問題があります。顔につけた際に、首元との色と見比べた際に差がないか確認することで、「顔だけ白くなる」ような状態を避けることができるでしょう。

メイクを終わってあとは、顔だけ確認するのではなく、全身を映してみることで顔だけが白く浮いてしまうことを避けることができます。

 

おフェロメイクのはずが「酔っぱらいメイク」に

おフェロメイクの最大のポイントである、目の下あたりに入れる高めのチーク。しかし、チークの濃さや入れる範囲を誤ると「酔っぱらいメイク」にしか見ず、まさかのブス見えしてしまう要因になることも。

おフェロ特有の色気を出すどころか、「ちんちくりん」な印象が強く逆に幼稚な印象を与えかねません。過度なチークは、バランスを崩してしまいます。

改善ポイント

おフェロメイクは、あくまでも透明感のあるナチュラルなベースに血色感を感じられるチークがポイントのメイクです。ベースやアイメイクもがっつりメイクにも関わらず、おフェロチークを入れてしまうと、顔全体の主張が強くなってしまいますね。

チークを入れる際も、「物足りない」と感じるくらいでやめておくのがいいでしょう。光の当たり具合でも、色の見え方が異なるので場所を変えて確認してみるのもいいですね。

 

ハイライトのつもりが…つやを超えて「テカリメイク」

顔を立体的に見せたり、顔に明るさやつやを与えてくれるハイライト。しかし、ハイライトの入れ方が、ちぐはぐだとつやを通り越しテカって見えてしまうことも。

ハイライトも闇雲に入れすぎず、ポイントを絞って入れることをおすすめします。つや肌も度を超えてしまうと、テカテカのブス見えメイクになってしまいますね。

改善ポイント

メイクをする場合は、決まった場所で行うと思います。室内の明るさと外に出た時の明るさは異なり、メイクの見え方が異なりますね。メイクが完成した後に、窓際の近くなどで、自然光に当たった時の姿も確認してみましょう。

 

ぷっくらセクシーのつもりが!グロスのつけすぎで「テカテカ唇」

唇に厚みやつや感を与えてくれる、グロスは定番のメイクアイテムのひとつですよね。しかし、グロスのつけすぎで「油モノでも食べたの?」なんて聞きたくなるような唇状態になっていることも。

メイクはバランスが大事。やり過ぎるメイクは、メイクアイテム自体の良さが発揮されず、あなたの魅力をつぶしてしまいかねません。

改善ポイント

グロスを全体的につけるというよりも、唇の中心部分に軽く乗せるくらいでも十分つや感を与えてくれます。唇だけが主張が強くならないように気をつけてみましょう。

 

なんだか青い…無理やり下げた「下がり眉毛」

ある時期から女性の間で、困った表情を感じさせるような下がり眉毛が人気がでましたね。しかし自眉毛の形から、極端に眉毛を下げてしまったことで、眉毛の周りが青くなってしまっている人も見かけます。

あまりきれいな眉毛とは言えず、変に眉毛が目立ってしまうもの。眉毛を整える際は、自眉毛の形を活かして行うのがベストかもしれませんね。

改善ポイント

眉毛を描いた際に、どうしても眉毛を剃った部分の肌の色が浮いてしまうことはよくあります。そういった時は、コンシーラーなどを使ってカバーをしてあげると肌と馴染みきれいな眉毛に仕上がります。

眉毛の剃った後に出やすい青さも、この方法なら改善されます。眉毛の上の部分を毛抜きで抜きすぎると、青さが出やすくなってしまうので、極力抜かずに剃ったり、ハサミでカットして整えるのがいいでしょう。

 

時代遅れ感が強く出てしまう「涙袋にハイライト」

一昔前に流行った涙袋にハイライトをいれる方法のメイクですが、最近ではあまり見かけなくなりましたね。涙袋の主張が強くなってしまい、ギャル感が強く出ることから、「それってどうなの?」と感じている人が多いようです。

不自然な涙袋を作るよりは、潔く作らない方がきれいなメイクに仕上がる可能性も。最近の涙袋メイクにはナチュラルさが求められる傾向にあります。

改善ポイント

涙袋を作る際に、お手持ちのアイブローアイテムを活用している女性が多い印象を受けます。アイブロー用のアイテムなので、主張が強すぎず肌に馴染みやすい色合いであることがポイントです。

一度お手持ちのアイブローアイテムで試してみてはいかがでしょうか?

 

ブス見えメイクは「やり過ぎ感」が強い印象

本来のメイクの目的とは違った方向に行ってしまっていると言えるブス見えメイク。内容のほとんどが、メイクアイテムを過剰に使いすぎたりすることが要因であることが分かりますね。

角度や明るさなどによっても、メイクの見え方が異なるところも忘れてはいけないポイントです。どこかひとつのパーツだけが主張が強すぎたり、顔全体が濃い印象になるのも避けたいところ。

まずは自分の肌に馴染みやすい色合いを選ぶと、メイク自体が浮いてしまうことを防げると思います。店頭にてプロである美容販売員さんなどに、相談しながら選ぶと間違えのない色合いを選ぶことができるでしょう。

引き用元サイト: feely[フィーリー]

記事元url: https://feely.jp/4554961/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. 「HUNTER×HUNTER」にほぼ文字だけのページが出現!「もう小説でいいよね」と話題に
  2. 起・承・転・優!ハートウォーミングなオチがつく「優しい展開」6選
  3. 【動画】 米女性、車で山火事のど真ん中に突入してしまう → 動画をアップ
  4. これは何かのクイズ…?一瞬答えに戸惑う7つのハテナな質問
  5. 時代に置いていかれないように!覚えていて損はない「現代っこの生態」 7選
  6. 【画像】 最近の学校給食が刑務所以下と話題に
  7. ツンデレオス猫と少女の日常。ネコが最後に気づいた想いに涙!
  8. 小学生女子になったおっさんが学校を改革⁈ 社会問題にも鋭く切り込むTwitter漫画が興味深い
  9. ぜひウチの常連になってくれ!「気持ちの良い消費者」のいる光景 6選
  10. 【良い事?悪い事?】あなたはこの冬、この3つを経験します。
  11. 衝撃の話題作「警察官をクビになった話」。内容がエグすぎて言葉を失う…
  12. 大好きなオモチャを回収されたパンダが激おこ!憂さ晴らしにコロコロ転がる姿が可愛すぎる
  13. 母熊からはぐれて、冷たい湖で溺れてしまった子グマ2匹!発見した釣り人による奇跡の救出劇
  14. ロバート秋山が伝説のサッカー審判員に!世紀の誤審を振り返る動画が最高すぎる
  15. ひらめきを試すクイズに挑戦!「アート社とボール社の製品」
  16. 交差する迷言の数々。改めて痛感した「先生だって人間だもの」7選
  17. 【言い得て妙】理解を深めてくれる圧倒的説得力の「例え」 7選
  18. イオン270万回来店装いポイントをだまし取った無職逮捕 1000以上のIDとパソコン45台を使用
  19. だし汁と間違えて洗浄剤入りお茶漬け提供 長野の老舗旅館で3人食中毒
  20. ネタ的には即採用!面接での返しがジワジワくる 7選
  21. わが子の前では目がハート。子煩悩パパがかわいすぎる! 7選
  22. 米ユダヤ人団体SWCが声明「BTS(防弾少年団)は日本とナチス被害者に謝罪しろ」
  23. 移り変わる季節の芸術。心あったまる「落ち葉アートの世界」 7選
  24. 「わぉわぉわぉ~ん!」オオカミとの交信を試みるも、遠吠えが下手すぎるワンコ
  25. 感動のサプライズ!新婦の連れ子に指輪を贈ったお父さん「僕の娘になってくれる?」
  26. まるでトムとジェリー!ネズミを狩ろうとしたネコ、逆にネズミに追い回される
  27. すれ違いすぎて笑っちゃう!律儀だけど超天然のヤンキーと大人しめ女子の恋の行方は?
  28. 【マッチ押し売りの少女】ぷろろ 〜プロ中のプロたち〜 第47話
  29. 【これすてろーる】幼女社長 第36話
  30. 夫婦だから伝わることがある!愛があるからこそできる夫婦間のやりとり7選
アクセスランキング