Tゾーンの基本のキ!気になるテカリを解決!原因と対策まとめ

    全体:0月:0週:0日:0

肌の質は人によって違うので、それぞれ肌に悩みを抱えている人も多く居るでしょう。もちろん、人によって肌の気になる部分というのは全然違うものですが、特にトラブルを起こしやすかったり肌の気になる部分の王道とも考えられる場所は存在します。その代表的な1つとも言われているのがTゾーンと呼ばれる部分です。

Tゾーンの基本と特徴

Tゾーンは、トラブルなどを起こしたり気になってしまいがちな部分でもあります。そう言われているのにはTゾーンと呼ばれる部分の特徴などが大きな影響を与えています。肌トラブルに適切に対処をしていくためにも、多くの人が気になりがちなTゾーンの情報をしっかり覚えておくといざという時にも安心して対処をしていくことが可能になります。

額から鼻のライン、顎までがTゾーン

Tゾーンとは、額から鼻筋を通り顎までを指す範囲です。この箇所はTのような形になっているため、Tゾーンと言われています。お肌の手入れをしていく上では、Tゾーンはトラブルを起こしやすいので、トラブルを未然に防ぐためにも詳しい特徴を知っていくことも大切です。

毛穴が多くて皮脂腺が多い

Tゾーンというのは、毛穴が多く存在しています。それに加えてこの部分は、皮脂腺が多いので皮脂の分泌が活発に行われます。皮脂が多く分泌されてしまうと、脂が浮いてくるので、それによって他の部分と比べるとテカりが気になってしまうという現象も頻発してしまいやすいため気を付けなければいけません。

紫外線が当たりやすい


実は、Tゾーンと呼ばれる箇所は実は紫外線が当たりやすい箇所なので紫外線対策をしっかりしていかなければ、紫外線を多く浴びてしまう可能性があるので気を付けなければいけません。日焼け止めを塗っていても、Tゾーンは皮脂が多く分泌されることによって、せっかく塗った日焼け止めも落ちやすいです。それに気づかないと、ちゃんと紫外線対策をしているつもりなのに、紫外線を多く浴びているという現象に陥ります。

毛穴が詰まりやすい

毛穴の詰まりというのは、毛穴から分泌される皮脂や角質などが合わさることによって角栓が出来ます。この角栓によって、毛穴が詰まってしまいます。そのため、皮脂分泌の多いTゾーンというのは、角栓を作る原因が多く存在しているため油断すると毛穴が詰まってしまいぽつぽつと目立ってしまい気になってしまいます。

水分不足による乾燥も起こりやすい


Tゾーンと言えば、テカる場所なため水分の補給は要らないのではないかと考えられがちです。そのため、スキンケアでしっかりと水分を補給するということを怠られてしまいやすい部分です。そのため、潤ってそうに見えて実は乾燥しているということも少なくありません。そのため、テカっているからと言ってスキンケアを怠らないように心がけましょう。

Tゾーンがテカる理由

Tゾーンがテカってしまう要因はいくつかあります。もともとテカる場所というイメージが強いので、最初からしょうがないと諦めてしまいがちです。しかし、テカりを防ぐためには、なぜテカりが起きてしまうのかその要因をしっかりと理解していかなければいけません。要因を理解して、防いでいくようにしましょう。

汗で化粧が落ちてしまう

汗

化粧をしている肌の大敵の1つは、汗です。汗は、流れてしまうことによってファンデーションなどは流れてしまいます。そのため、汗が流れた後に化粧が崩れているように感じている場合は、汗で流れてしまっているということを理解しましょう。

皮脂量が多く化粧が落ちやすい

Tゾーンは、皮脂腺が多いことはご紹介しましたが皮脂腺が多い分皮脂の分泌量が多くなりがちです。そのため、毛穴から分泌された皮脂がファンデーションと混ぜ合わさることでよれたり、化粧が落ちてしまいがちです。化粧をしている時には、皮脂腺による化粧落ちに注意しましょう。

強い洗顔で皮脂を落としすぎた

洗顔

Tゾーンは皮脂が多く分泌されてしまいがちです。そのため、皮脂を落とそうと洗顔に力を入れてしまいがちです。ですが、過剰に皮脂を分泌してしまうと肌が乾燥してしまいます。肌というのは、乾燥を起こすと皮脂を分泌してしまうため結果的に皮脂が過剰分泌されてTゾーンがテカってしまうという事態も起こってしまうので注意しましょう。

Tゾーンのテカリ対策

どうしても、皮脂でテカってしまいがちなTゾーンは気になってしまいがちです。どうにかしてテカることを防いでいきたいものですが、どうしたらTゾーンのテカり対策をしていくのが良いのかご紹介します。今後、Tゾーンのテカりを防いでいくためにも対策方法を実践して、防いでいきましょう。

洗顔料を弱いものに変える

洗顔料の洗浄力が強いものですと、肌に必要な皮脂まで落としすぎてしまって肌を乾燥状態にしてしまいがちです。そのため、Tゾーンがよくテカっていて洗浄力の強い洗顔料を使用しているという人は、まず洗顔料を弱いものに変えることから始めてみましょう。優しい洗顔料を使用することによって、皮脂の落としすぎを防ぎテカりも防いでいきましょう。

保湿を怠らない

保湿

また、皮脂の過剰分泌は乾燥が引き起こすことも多いのでテカっているからといって油分が足りているという認識を変えましょう。保湿をしっかりとすることによって、肌の乾燥を防いで最終的に皮脂の過剰分泌が起きてしまうという負のループも防げます。Tゾーンであっても、潤っていると過信せずに他の部分と同じく保湿をするようにしましょう。

さらっとしたタイプの化粧品に変える

また、洗顔料などと同じく化粧品全般をしっとりタイプを選んでいることで過剰に油分を肌に与えている可能性も考えられます。そのため、テカる原因が化粧品の質によるものな場合は、さらっとしたさっぱりタイプのものに変えるのも1つの手です。しかし、しっかり保湿が出来るものということが条件になるので気を付けて選ぶようにしていきましょう。

崩れを抑えるメイク術

Tゾーンのテカり対策も大切ですが、メイクをする女性からするとこの部位の崩れというのもしっかりと防いでいきたいものです。化粧した綺麗な状態をできるだけ維持するためのテクニックをご紹介します。しっかりとメイク術を活用して、化粧崩れ知らずのメイクを楽しんでいきましょう。

パウダーファンデで皮脂を吸収

ベースメイクをする際には、パウダーファンデを使用するのがおすすめです。パウダーファンデを使用することによって、パウダーが皮脂を吸収してくれます。その結果、メイクが皮脂でよれたり崩れたりということを防ぐことができるので、意識してメイクをしてみましょう。

下地を塗りこまず軽めに

そして、化粧下地を塗る際には厚塗りになりすぎないように注意しましょう。下地の厚塗りは、化粧崩れの原因にもなってしまいがちです。なので、下地を顔に5点のせしたら、内側から外側へ伸ばしていくようにしましょう。下地を選ぶ際にはUV効果のあるものを使用すれば、顔に塗らなければいけないものも減らせるのでさらに化粧崩れ防止につながります。

肌を傷つけず優しくポンピング

また、ベースメイクをする際にですがファンデーションなどを顔に強くはたいたりするのは肌を傷つけてしまうことにもつながるので避けるようにしましょう。顔にファンデーションやパウダーをのせる際には優しくというのを意識してポンピングして綺麗に肌にのせていくようにこころがけましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。Tゾーンに関しては、オイリーになってしまいがちなので化粧崩れや化粧ヨレなどが起こってしまいがちです。だからこそ、Tゾーンの特徴を知ることで何が原因でどうなるのかというのをしっかりと覚えることができます。今回ご紹介したことを理解して、Tゾーンの部分にあったケアやメイク方法を実践することによって、今まで以上に肌を良い状態でキープすることにも繋がっていきます。

引き用元サイト: feely[フィーリー]

記事元url: https://feely.jp/4575315/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. 【伊藤園】 業界初、缶入り「とん汁」22日発売 豚肉なし
  2. 有名人の「全然バレない」は本当…?哀愁漂う気付かれなかったエピソード 6選
  3. 強制収容所から生還したウイグル人「若い女性が毎日中国人に強姦され、拒絶すれば殺されている」
  4. お客様困ります!!おつかいが下手すぎるハムちゃんに悶絶する人続出
  5. わくわくが止まらない!都内の"変わり種"な博物館10選
  6. 稲荷神社で灯籠に上って遊んでいた中学1年男子、バランスを崩して落下 53キロの灯篭の石が外れ下敷きになり死亡
  7. 【息子の好き嫌い】出張!きょうの横山家 第14回
  8. インスタで話題!《#ミィパーシンサク》で見つけたかわいい小物
  9. 2018年秋・冬のトレンド!《アニマル柄アイテム》に挑戦しよう!
  10. 秋冬コーデに大活躍!GUの《タータンチェックテーパードパンツ》
  11. おしゃれで温かい!ユニクロの《ダブルフェイスプルオーバー》
  12. パパと娘たちの合体コスプレにほっこり!二足歩行のロボットとカッコいいパイロット
  13. 「全部見てるよ」ペットのハスキー犬が魚肉ソーセージを食べている隙に、ご馳走を食べようとしたら
  14. この手があったか!(笑) 動画編集の力で「トルコ行進曲」を神テクで演奏するベーシスト
  15. 秋冬の足元は何が良い?持っておきたいトレンドの《ブーツ》3選
  16. 秋冬は素材感も楽しんで!《リブ素材》を使ったコーディネート術
  17. 何気ない景色にもドラマがある。みんなが回顧する思い出が深い 7選
  18. オンもオフも大活躍!秋に取り入れたいトレンドの《ブラウス》
  19. 絶対言ってはいけない秘密の言葉。夜勤中の看護師あるあるに戦慄する!
  20. ユニクロから秋の新定番!《ワッフルクルーネックT》が優秀◎
  21. 「痛くないかニャ?」ワンコの歯のクリーニング中、お腹のマッサージをし続けるニャンコ
  22. 5秒で吹き出す!電車で読んではいけない厳選ボケて10選
  23. サウジ記者失踪の容疑者が交通事故で死亡
  24. 騎士の剣を突き立てると聖杯が登場!華麗なギミックが施されたコインが話題沸騰
  25. これ地球上のどこ!?生きている内に一度は巡り会いたい世界の「超絶景」 8選
  26. 【画像】 沢田研二公演キャンセルしたのは「客が埋まらなかったから」とカーネル・サンダースが代理で謝罪
  27. 「仲良く草食っててめちゃくちゃ和んだ」犬猫コンビのゆる~い空気感がマジ最高
  28. 時速724kmで大空を飛ぶ世界最速のラジコン飛行機!瞬きしたら見失うほどのスピード
  29. 【中国】 2020年に街灯の代わりとなる「人工月」を打ち上げると発表 明るさは本物の月の「8倍」、直径10-80Kmのエリアを照射
  30. 【芸能界での適職がわかる!】クレイジー式グッジョブ診断
アクセスランキング