Tゾーンの基本のキ!気になるテカリを解決!原因と対策まとめ

    全体:0月:0週:0日:0

肌の質は人によって違うので、それぞれ肌に悩みを抱えている人も多く居るでしょう。もちろん、人によって肌の気になる部分というのは全然違うものですが、特にトラブルを起こしやすかったり肌の気になる部分の王道とも考えられる場所は存在します。その代表的な1つとも言われているのがTゾーンと呼ばれる部分です。

Tゾーンの基本と特徴

Tゾーンは、トラブルなどを起こしたり気になってしまいがちな部分でもあります。そう言われているのにはTゾーンと呼ばれる部分の特徴などが大きな影響を与えています。肌トラブルに適切に対処をしていくためにも、多くの人が気になりがちなTゾーンの情報をしっかり覚えておくといざという時にも安心して対処をしていくことが可能になります。

額から鼻のライン、顎までがTゾーン

Tゾーンとは、額から鼻筋を通り顎までを指す範囲です。この箇所はTのような形になっているため、Tゾーンと言われています。お肌の手入れをしていく上では、Tゾーンはトラブルを起こしやすいので、トラブルを未然に防ぐためにも詳しい特徴を知っていくことも大切です。

毛穴が多くて皮脂腺が多い

Tゾーンというのは、毛穴が多く存在しています。それに加えてこの部分は、皮脂腺が多いので皮脂の分泌が活発に行われます。皮脂が多く分泌されてしまうと、脂が浮いてくるので、それによって他の部分と比べるとテカりが気になってしまうという現象も頻発してしまいやすいため気を付けなければいけません。

紫外線が当たりやすい


実は、Tゾーンと呼ばれる箇所は実は紫外線が当たりやすい箇所なので紫外線対策をしっかりしていかなければ、紫外線を多く浴びてしまう可能性があるので気を付けなければいけません。日焼け止めを塗っていても、Tゾーンは皮脂が多く分泌されることによって、せっかく塗った日焼け止めも落ちやすいです。それに気づかないと、ちゃんと紫外線対策をしているつもりなのに、紫外線を多く浴びているという現象に陥ります。

毛穴が詰まりやすい

毛穴の詰まりというのは、毛穴から分泌される皮脂や角質などが合わさることによって角栓が出来ます。この角栓によって、毛穴が詰まってしまいます。そのため、皮脂分泌の多いTゾーンというのは、角栓を作る原因が多く存在しているため油断すると毛穴が詰まってしまいぽつぽつと目立ってしまい気になってしまいます。

水分不足による乾燥も起こりやすい


Tゾーンと言えば、テカる場所なため水分の補給は要らないのではないかと考えられがちです。そのため、スキンケアでしっかりと水分を補給するということを怠られてしまいやすい部分です。そのため、潤ってそうに見えて実は乾燥しているということも少なくありません。そのため、テカっているからと言ってスキンケアを怠らないように心がけましょう。

Tゾーンがテカる理由

Tゾーンがテカってしまう要因はいくつかあります。もともとテカる場所というイメージが強いので、最初からしょうがないと諦めてしまいがちです。しかし、テカりを防ぐためには、なぜテカりが起きてしまうのかその要因をしっかりと理解していかなければいけません。要因を理解して、防いでいくようにしましょう。

汗で化粧が落ちてしまう

汗

化粧をしている肌の大敵の1つは、汗です。汗は、流れてしまうことによってファンデーションなどは流れてしまいます。そのため、汗が流れた後に化粧が崩れているように感じている場合は、汗で流れてしまっているということを理解しましょう。

皮脂量が多く化粧が落ちやすい

Tゾーンは、皮脂腺が多いことはご紹介しましたが皮脂腺が多い分皮脂の分泌量が多くなりがちです。そのため、毛穴から分泌された皮脂がファンデーションと混ぜ合わさることでよれたり、化粧が落ちてしまいがちです。化粧をしている時には、皮脂腺による化粧落ちに注意しましょう。

強い洗顔で皮脂を落としすぎた

洗顔

Tゾーンは皮脂が多く分泌されてしまいがちです。そのため、皮脂を落とそうと洗顔に力を入れてしまいがちです。ですが、過剰に皮脂を分泌してしまうと肌が乾燥してしまいます。肌というのは、乾燥を起こすと皮脂を分泌してしまうため結果的に皮脂が過剰分泌されてTゾーンがテカってしまうという事態も起こってしまうので注意しましょう。

Tゾーンのテカリ対策

どうしても、皮脂でテカってしまいがちなTゾーンは気になってしまいがちです。どうにかしてテカることを防いでいきたいものですが、どうしたらTゾーンのテカり対策をしていくのが良いのかご紹介します。今後、Tゾーンのテカりを防いでいくためにも対策方法を実践して、防いでいきましょう。

洗顔料を弱いものに変える

洗顔料の洗浄力が強いものですと、肌に必要な皮脂まで落としすぎてしまって肌を乾燥状態にしてしまいがちです。そのため、Tゾーンがよくテカっていて洗浄力の強い洗顔料を使用しているという人は、まず洗顔料を弱いものに変えることから始めてみましょう。優しい洗顔料を使用することによって、皮脂の落としすぎを防ぎテカりも防いでいきましょう。

保湿を怠らない

保湿

また、皮脂の過剰分泌は乾燥が引き起こすことも多いのでテカっているからといって油分が足りているという認識を変えましょう。保湿をしっかりとすることによって、肌の乾燥を防いで最終的に皮脂の過剰分泌が起きてしまうという負のループも防げます。Tゾーンであっても、潤っていると過信せずに他の部分と同じく保湿をするようにしましょう。

さらっとしたタイプの化粧品に変える

また、洗顔料などと同じく化粧品全般をしっとりタイプを選んでいることで過剰に油分を肌に与えている可能性も考えられます。そのため、テカる原因が化粧品の質によるものな場合は、さらっとしたさっぱりタイプのものに変えるのも1つの手です。しかし、しっかり保湿が出来るものということが条件になるので気を付けて選ぶようにしていきましょう。

崩れを抑えるメイク術

Tゾーンのテカり対策も大切ですが、メイクをする女性からするとこの部位の崩れというのもしっかりと防いでいきたいものです。化粧した綺麗な状態をできるだけ維持するためのテクニックをご紹介します。しっかりとメイク術を活用して、化粧崩れ知らずのメイクを楽しんでいきましょう。

パウダーファンデで皮脂を吸収

ベースメイクをする際には、パウダーファンデを使用するのがおすすめです。パウダーファンデを使用することによって、パウダーが皮脂を吸収してくれます。その結果、メイクが皮脂でよれたり崩れたりということを防ぐことができるので、意識してメイクをしてみましょう。

下地を塗りこまず軽めに

そして、化粧下地を塗る際には厚塗りになりすぎないように注意しましょう。下地の厚塗りは、化粧崩れの原因にもなってしまいがちです。なので、下地を顔に5点のせしたら、内側から外側へ伸ばしていくようにしましょう。下地を選ぶ際にはUV効果のあるものを使用すれば、顔に塗らなければいけないものも減らせるのでさらに化粧崩れ防止につながります。

肌を傷つけず優しくポンピング

また、ベースメイクをする際にですがファンデーションなどを顔に強くはたいたりするのは肌を傷つけてしまうことにもつながるので避けるようにしましょう。顔にファンデーションやパウダーをのせる際には優しくというのを意識してポンピングして綺麗に肌にのせていくようにこころがけましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。Tゾーンに関しては、オイリーになってしまいがちなので化粧崩れや化粧ヨレなどが起こってしまいがちです。だからこそ、Tゾーンの特徴を知ることで何が原因でどうなるのかというのをしっかりと覚えることができます。今回ご紹介したことを理解して、Tゾーンの部分にあったケアやメイク方法を実践することによって、今まで以上に肌を良い状態でキープすることにも繋がっていきます。

引き用元サイト: feely[フィーリー]

記事元url: https://feely.jp/4575315/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. アイディアに脱帽!ユーモラスで吹きそうになる斬新な提案 7選
  2. 【買い出し】やせっぽちとふとっちょ 第9話
  3. ディスコミュニケーションの極みかい!店員と交わした支離滅裂なやりとり 6選
  4. 中国が世界初「AI嫁」開発 雑談に家事、夜の営みもこなす
  5. 今日は猫の日(=^・・^=)!それに伴って企業が猫化しているらしいにゃ...!
  6. 【口コミ評判】haru黒髪スカルププロシャンプーを実際に買って試してみた体験談!
  7. 【北海道地震】 道警、鳩山元首相のツイッター投稿をデマ認定
  8. 猫社員に猫マンション!?福岡の「ニャンコ都市伝説」がマジだったと判明
  9. 【口コミ評判】ホワイピュアを実際に買って試して分かった効果を紹介!
  10. 笑えるのにバトル漫画みたいな展開に最後はアツくなる!レジを制する主婦「レジチョイサーよしえ」が読み出すと止まらなくなる
  11. 笑えるのにバトル漫画みたいな展開に最後はアツくなる!レジを制する主婦「レジチョイサーよしえ」が読み出すと止まらなくなる
  12. 圧倒的構成力のミステリーマンガがツイッターに降臨!「消えた双子」の物語に感動の嵐!
  13. 圧倒的構成力のミステリーマンガがツイッターに降臨!「消えた双子」の物語に感動の嵐!
  14. 「猫の日」にちなんだ「#猫の写真へたくそ選手権」が最高にかわいいから見て! 11選
  15. 「猫の日」にちなんだ「#猫の写真へたくそ選手権」が最高にかわいいから見て! 11選
  16. 【話題のアプリ ええじゃないか】悲壮感漂うぺえの言葉に、スタジオが爆笑
  17. 白髪にはヘアマニキュアが便利!手軽に使えるおすすめマニキュアを紹介
  18. 髪染めスプレーで1日だけのヘアカラーを楽しもう♡おすすめアイテムはこれ!
  19. 種類別!ヘアアクセのおすすめをご紹介
  20. ヘアアレンジグッズで簡単こなれヘア♡アレンジが苦手な人は必見です
  21. ホットカーラーの正しい使い方を教えます!セットに必要なアイテムも
  22. mimcファンデーションの魅力とは?口コミもご紹介♡
  23. 豪華プレゼントあり!絶景プロデューサーの詩歩さんが投稿する景色が最高にキレイ(画像13枚)
  24. オルビスディフェンセラの効果がすごい!?体験談から効果を検証!口コミ・評判も
  25. チェルラーブリリオの効果は本当?口コミは?実際に使ってみた体験談をご紹介!
  26. 笑顔で繋がる異文化交流!外国人とだから起きた爆笑エピソード 7選
  27. 【将来の夢】やせっぽちとふとっちょ 第8話
  28. ママが家事育児をするのは当たり前じゃない!もっと知ってよ「主婦の気持ち」 7選
  29. 【動画】 TBS「Nスタ」が置物のミミズクを本物と間違え生中継
  30. 鳩山由紀夫「先ほどの北海道の地震は炭酸ガスの地中貯留実験CCSが原因で発生した人災」
アクセスランキング