シナモンダイエットとシナモンの効能

    全体:0月:0週:0日:0

料理だけではなく、デザート作りの際にも利用される香辛料がシナモンです。甘くスパイシーで、食欲をそそるような個性的な香りをしています。このシナモンは料理に使うだけではなく、ダイエット中にも活用することができます。じつはシナモンにはダイエットのために役立つ効果が複数あり、シナモンダイエットという方法も存在しています。

そこでシナモンのダイエット向けの効果、またシナモンダイエットの方法について説明していきたいと思います。

シナモンはダイエットをサポートするスパイス


料理やアップルパイなどに使われるイメージが強いシナモンですが、じつは様々な効果が期待できる香辛料です。特にダイエットにプラスの作用をもたらすため、原料中の方はシナモンを取り入れてダイエットを行ってみてはいかがでしょうか。シナモンはパウダータイプでも販売されているため、料理だけではなく、飲み物に入れてみることもできます。

シナモンの効能

シナモンにはダイエット効果が期待できるため、料理や飲み物に加えてダイエットに上手に活用していきたいものです。シナモンには特有の香りがあり、料理や飲み物にアクセントを加えてくれます。つい単調になりがちなダイエット食に楽しさを与えてくれるでしょう。

そんなシナモンですが、具体的にはどういった効果が期待できるのでしょうか。ここではシナモンの持つ効能についてお伝えしていきます。

脂肪細胞を小さくする

ついてしまった脂肪がなかなか減らないという方も多いのではないでしょうか。ダイエット中は脂肪を減らしていく必要がありますが、忙しい毎日のなかで食事や運動に気を遣い続けるのはなかなか難しいものです。そこでシナモンをプラスしてみましょう。

シナモンには脂肪燃焼効果があるため、脂肪細胞を小さくしていくことができます。食生活では脂肪の少ない食事をすることが大切ですが、それに加えて脂肪燃焼効果のあるシナモンをコーヒーに入れるなどして、おいしく取り入れてみるのもいいでしょう。

発汗作用


汗をかくと新陳代謝が促進され、痩せやすい体を目指すことができます。シナモンには発汗作用があるため、効率的に新陳代謝を促すことが可能です。シナモン以外に発汗作用がある食品では唐辛子や胡椒などのスパイスがあります。シナモンやこれらのスパイスを活用して、発汗作用を促し痩せやすい体にしていくと、ダイエットもスムーズに行えるでしょう。

冷え性の改善

シナモンには発汗作用があるため、体を効果的に温めてくれます。そのため日頃から手足が冷たい冷え性の方には効果的です。体が冷えてしまうと、代謝が落ち痩せづらい体になってしまいます。料理や飲み物にシナモンをプラスして、冷え性対策を行いましょう。シナモンは自然の食品のため、毎日摂取しても安心です。冷え性の方はぜひ活用してみてください。

血糖値の低下

シナモンには血糖値を低下させてくれる効果があります。食事のあとに血糖値が高くなりがちな方、また血糖値がなかなか低下しないという方はシナモンを活用してみるといいでしょう。シナモンは適量の摂取であれば体への負担もないため、血糖値のコントロールのために安心して摂取することができます。

コレステロール値の低下

生活習慣病の改善や予防のためにはコレステロール値の低下を図ることが大切です。脂肪の多い食事をしているとコレステロール値は高くなってしまいますが、食事の改善に合わせてシナモンを利用してみてください。シナモンにはコレステロール値を低下させる効果があります。日常の食事にシナモンを上手に取り入れてみてはいかがでしょうか。

甘みへの欲求を抑える

シナモンには甘味への欲求を抑える効果があります。そのため甘いものが好きな方が甘いものを我慢しなければならないとき、シナモンが役立つかもしれません。特に飲み物に入れる方法がおすすめです。甘いものを摂りたいときには、シナモン入りの飲み物を飲んで甘いものへの欲求を抑えるようにしましょう。毎日のスイーツを我慢できれば、ダイエットを効果的に行っていくことができます。

 

脂肪燃焼効果によって、脂肪を小さくしてくれる。

・新陳代謝の促進による、発汗作用

・発汗作用による冷え性の改善

・血糖値をコントロールすることによる血糖値低下が期待できる。

甘味への欲求を抑える効果。

 

シナモンダイエットって?

今ではいろんなダイエット方法がありますが、なかにはシナモンダイエットというものもあります。シナモンは自然の食品のため、口にしても安心ですし、毎日活用しても問題ありません。健康的にダイエットを行っていきたい方には特におすすめの方法です。それではシナモンダイエットとはどういった方法なのでしょうか。適切な取り入れ方をご紹介します。

毎日1g程度を摂取すること

発汗作用や脂肪燃焼効果など、シナモンが持つダイエット効果を期待するためには、毎日1g程度を摂取していくようにしましょう。1gを上手に摂取するなら、飲み物に加えると自然とクリアすることができます。特にコーヒーや紅茶などはシナモンが合うので、これらの飲み物を飲みながらダイエットを行ってみてはいかがでしょうか。

肝臓のためにセイロンシナモンを選ぶこと

シナモンはセイロンシナモンとカシアという種類に分類されます。シナモンの香り成分にクマリンというものがありますが、クマリンは過剰摂取すると肝機能に悪影響を及ぼすと言われています。

クマリンはセイロンシナモンよりも、カシアのほうに多く含まれています。そのため、肝臓への負担を考えると、ダイエットのためにシナモンを活用する場合は、セイロンシナモンを選択してみてください。

朝食べる場合:胃腸の活性化と代謝アップ


眠くて代謝機能が低下しがちな朝。そんなときこそ胃腸の活性化と代謝アップを図ることが、ダイエットを上手に行っていくためには必要です。朝食を食べる際に、シナモンをプラスしてみるといいでしょう。コーヒーや紅茶に入れたり、シナモンを使った料理を食べたりすることで、胃腸の働きを良くして、新陳代謝を高めることができます。

夜食べる場合:高血糖を予防

夜の食事は、朝や昼に食べる食事よりも量が多くなってしまう傾向にあります。そのため血糖値も上がりやすいものです。血糖値が日常的に高くなりがちな方は、血糖値を低下させてくれる効果のあるシナモンを、夜に特に取り入れてみるといいでしょう。食後にシナモンを入れたコーヒーや紅茶をゆったり飲んだりすると、自然に摂取ができておすすめです。

 

・1日の摂取量は1g程度

・種類はセイロンシナモンを選ぶ(肝臓への負担軽減のため)

・胃腸の活性化と代謝アップには朝摂取すること

・血糖値が気になる人は夜摂取すること

 

シナモンを上手に摂取するおすすめレシピ

健康や美容のために効果的なシナモンですが、無理なく取り入れていくためには料理や飲み物に加えるといいでしょう。ただ、シナモンを日常的に利用することがない方にとっては、具体的にどのように活用したらいいのかわからないのではないでしょうか。そんな方のために、シナモンを上手に摂取できるおすすめレシピをご紹介します。

アップルシナモンウォーター


シナモンを活用した、とても飲みやすいドリンクです。作り方は、ピッチャーを用意してその中にリンゴの薄切りとシナモンスティックを入れ、数時間待つだけ。リンゴの芳醇な香りとシナモンの甘い香りに包まれる、おいしいアップルシナモンウォーターができます。より強い香りを楽しみたい方は、待ち時間を長くしてみるといいでしょう。

ヨーグルトにかける


料理が苦手な方でも簡単にシナモン入りの食べ物を作ることができます。腸内環境を整え、便通を促す効果に優れているヨーグルトですが、ヨーグルトにシナモンをかけるだけでダイエット中にぴったりなデザートの完成です。アジアンな雰囲気がただようヨーグルトになり、いつもとは違ったおいしさを感じることができます。

紅茶に入れる


簡単にシナモン入りのドリンクを飲みたいというときには、紅茶の中にシナモンパウダーを入れてみるといいでしょう。芳醇な香りを楽しめる、贅沢な紅茶になります。プレーンな紅茶とは違った味わいになりますし、リラックスした気分に浸ることができます。

まとめ

いかがだったでしょうか。自然の食品であるシナモンは口に入れてももちろん安全ですし、毎日摂取しても安心です。健康や美容に対するいい効果を期待できるため、健康的にダイエットを実行していきたい方には特におすすめしたい食材です。単に紅茶に入れて摂取することもできるため、忙しい方でも気軽に摂取できるでしょう。

引き用元サイト: feely[フィーリー]

記事元url: https://feely.jp/4575416/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. 娘の妊婦さんごっこ。産まれたのは…?オリジナリティあふれる子どもの遊び 7選
  2. 歳を重ねても老けない!「若さ」を感じさせる芸能人10選
  3. 学校からの手紙に心当たりがある息子→その理由に笑う!子どものかわいい勘違い 7選
  4. 定期的に顔が変わっている?「整形確定」と噂の女性芸能人
  5. 「あんまり乱暴しないでね…」小さな赤ちゃんに気を使いながら遊ぶハスキー犬
  6. 年下彼氏にキュン!年下彼氏を可愛いと感じる10の瞬間
  7. 【10月22日】クレイジー星座占い2018
  8. 今週も笑っていきましょう!電車で読んだらキケンな厳選ボケて10選
  9. 道行く女性に声をかけて、「ブス」と言って笑う人気ユーチューバーの「ブスババ抜きゲーム」動画が大炎上
  10. 社会の矛盾に刺さりまくり。「それ、お前もな!」ってなる超ブーメランな話 6選
  11. 共感してくれるよね…?わかるひとにはわかるつぶやき 7選
  12. ハッ!言われてみれば...。気づかされた見逃しがちな事に心が響く 7選
  13. 【プリンセス駅伝】 走れなくなった女子選手が200m地面をはって進み、タスキをつなぐ
  14. すっぴん美人の7つの特徴!すっぴん美人になる方法
  15. 玉ねぎヨーグルトのアレンジレシピ集!8つのおいしいアイディア
  16. 玉ねぎヨーグルトのおすすめレシピ5つとおいしい調理のコツ
  17. あのお笑い芸人も参戦⁈ 芸人×王道バトルを描いた漫画が激アツすぎてヤバい
  18. 玉ねぎヨーグルトダイエットで痩せる理由とおすすめレシピ6選
  19. 玉ねぎヨーグルトとは?玉ねぎヨーグルトの身体への効果と基本レシピ
  20. 干しブドウ酢でダイエット!注目の効果とおすすめの食べ方
  21. マシュマロヨーグルトがダイエットで話題に!おすすめレシピ4選
  22. 太もも痩せに成功!10種のエクササイズと改善したい生活習慣
  23. 胸を大きくするマッサージ・ツボ押し・エクササイズ10選
  24. 友達が少ないことのメリット・デメリット!友達を増やすには?
  25. 彼氏の浮気をチェック!浮気しやすさと見抜く方法
  26. むくみが痛い理由は?むくみの原因と4つの解消法
  27. 披露宴に着ていくワンピースおすすめ6選
  28. 結納と顔合わせの違いは?顔合わせ食事会で準備すべきこと
  29. テンパること間違いなし!見たら一瞬頭が真っ白になる誤変換エピソード 7選
  30. 知識は人生を豊かにする。改めて勉強したくなる秀逸な考え方 7選
アクセスランキング