メラニンと体の関係について!メラニンを増減させる方法

    全体:0月:0週:0日:0

紫外線を浴びるとメラニンが増えるとか、メラニンが増えるとシミができるとか美容ケアをしている人であればそんな話を聞いたことがあるという人も多いでしょう。ですが、そんな漠然とした情報ばかりで実はメラニンのことをあまり知らないという人も少なくありません。今回は、実は知っていそうであんまり知らないメラニンのことを知っていきましょう。

メラニンとは?

メラニンとは、人や動物の体にある黒褐色や黒色の色素のことを言います。分かりやすい例えで言えば、人の髪の毛の色が黒いのもメラニンの色です。人の体というのは、紫外線を浴びることによって日焼けをして肌が黒くなりますが、これも紫外線にあたることによってメラニンが生成されるためです。

メラニンの基礎知識

以外とメラニンのことについて詳しくしらないという人は少なくありません。美容の面で考えるとメラニン=良くないものというイメージがついてしまいがちです。ですが、メラニンが良いものか悪いものか判断する上でも、メラニンとはどんなものなのか基本的な知識を身に着けておくことはとても大切です。

ユーメラニン

メラニンには、2種類存在しています。その1つがユーメラニンというものです。ユーメラニンとは、褐色や黒色のものを指します。このユーメラニンの大きな特徴は。紫外線を浴びることによって身体に発生してしまうという活性酸素を消去するという働きを持っています。

フェオメラニン

褐色や黒色のものをユーメラニンというのに対して、黄色や赤色のメラニンのことをフェオメラニンといいます。ユーメラニンは、紫外線を浴びることによって活性酸素を消去するのに対して、フェオメラニンの場合は、紫外線を浴びると活性酸素を作ってしまうため、ユーメラニンとフェオメラニンは真逆の反応をするメラニンといっても良いでしょう。

メラニンが作られるメカニズム

紫外線には、有害な物質が含まれているため、浴びることによって活性酸素が発生します。しかし、活性酸素が発生しすぎてしまうと細胞にダメージを与えてしまうため細胞を守るために肌の色素を濃くして肌を守ろうという働きがおきます。その働きが起きることによって、人の身体ではメラニンが生成されるようになります。

メラニンがもたらす体の変化

メラニンによって人の体に変化が起きます。メラニンが人の体に与える影響にはいろいろなものがあります。メラニンが関係することによって、人の体にはどのようなことが起こるのか確認していきましょう。中には、メラニンが関係していたとは知らなかった体の変化もあるかもしれません。

日焼け


日焼けをすると、最初は肌が赤くなってしまうという人も多いでしょう。肌が赤くなってしまうのは、紫外線によって肌がやけどしているのと同じような状態になってしまうためです。人の肌は、紫外線から肌を守ろうとするとメラノサイトという細胞がメラニンを生成します。その、生成されたメラニンが肌の新陳代謝によって鵜r地川から押し出されていくことによって肌が黒くなります。

白髪

一般的に、日本人の髪色は黒や、黒色に近しい色である人がほとんどです。この黒色というのは、メラニンの色によるものです。しかし、白髪が発生してしまうのはメラニンを生成する細胞であるメラノサイトという細胞の働きが低下してメラニン色素の作られる料が低下していってしまうためです。

シミ

肌が綺麗な人になる10この方法と肌が綺麗になる美肌アイテム

紫外線を浴びたり、肌を擦ったりなど肌が刺激を受けることによって、メラノサイトからメラニンが生成されます。基本的に、肌のターンオーバーによってメラニンの影響を受けた角化細胞は剥がれ落ちるものなのですが、ターンオーバーが乱れることによってメラニンが蓄積されていくことで、シミができてしまいます。

肌のくすみ


肌は、紫外線や摩擦などの刺激から肌を守ろうとする働きを持っています。それによって発生するメラニンですが、メラニンの色自体が褐色系の色味なため肌の透明感を奪ってしまいますそのため、肌のくすみが気になってしまいます。こうなってしまう大きな原因としてはターンオーバーの乱れが挙げられます。

メラニンを減らす方法

メラニンが生成されれば、気になる点もいくつかあります。そのため、メラニンが増えないように減らしたいと考える人も居るでしょう。メラニンを減らすためにはいくつかの手段があります。シミやくすみなどを防ぎたいという方は、メラニンを減らすための行動を取っていくようにしましょう。

緑黄色野菜を食べる


カロテンは、摂取することによって身体の中でビタミンAに変わります。ビタミンAは、肌のターンオーバーを正常に保ってくれるという働きを持っています。そのため、カロテンの摂取は非常に重要です。カロテンは、緑黄色野菜に含まれているので積極的な摂取をおすすめします。

柑橘系の食材を食べる

柑橘系には、ほとんどのフルーツに共通してビタミンCが多く含まれています。ビタミンCには、活性酸素を除去する働きに加えてメラニン色素が増えるのを抑えてくれるという働きがあるので、シミやそばかすを防ぎたいときには柑橘系の食材を食べるようにしましょう。

ナッツ類を食べる


ナッツ類には、ビタミンEが多く含まれています。ビタミンEには、肌の老化を防止してくれる抗酸化作用があります。特に、抗酸化作用が強いナッツとしてはアーモンドが挙げられます。継続して適量摂取すると、血管の働きも正常になり血管の働きが正常になると、肌のターンオーバーも活発になります。

メラニンを減らすサプリメントを飲む

サプリメントには、いろいろなものがありますが中にはすでに出来てしまったシミやそばかすを薄くしてくれたりメラニンの生成を抑えてくれるサプリメントもあります。なかなか意識して特定の食材を摂取するのは難しいという場合は、サプリメントであれば手軽に摂取することができるのでサプリメントを活用してみましょう。

ハイドロキノンの成分で減らす

ハイドロキノンは、美白効果が強く肌の漂白剤とも言われています。ハイドロキノンを使用することによって、メラニン色素を作るチロシナーゼという酵素の働きを弱めます。そのことによって、色素沈着を抑えてくれます。効果が強い分、使用方法に注意しながら使用していくことをおすすめします。

飲む日焼け止め

人の肌は、紫外線に当たることで活性酸素が発生します。それによって、メラニンが大量に生成されてしまうためにシミができてしまいます。ですが、飲む日焼け止めというのは、抗酸化作用を期待することができるのでメラニンを抑制し、肌にシミができるのを防いでくれます。

睡眠を多く取る


顔というのは、特にメラニンが作られやすい場所です。しかし、メラニンが発生していても肌のターンオーバーがきちんとされていれば角質が剥がれることによって排出することができます。しかし、睡眠不足になってしまうと肌のターンオーバーが乱れてしまうので、メラニンが肌にとどまってしまいます。メラニンを排出するためには、睡眠をしっかりとることが大切です。

メラニンを増やしたほうがいいこともある?

作られない方が良いというイメージもあるメラニンですが、場合によってはメラニンがあることによって得られるメリットというのも存在します。メラニンが良くないものと決めてしまう前に、メラニンが増えることによってどのような良いことがあるのかについても知っておくと良いでしょう。

白髪予防にもなる

メラニンというのは、人の髪色の色素にもなっているものです。メラニンが生成されないということは、一般的に黒い髪であるはずの髪が白髪になってしまうということもあります。白髪を防ぐためには、メラニンの存在が不可欠です。メラニンを増やすことは、白髪の防止にもなるので覚えておくと良いでしょう。

紫外線を浴びるだけではNG

メラニンを作るためには、紫外線を浴びれば良いとは思っていませんか?紫外線を浴びても、活性酸素を退治してくれるチロシナーゼ酵素がしっかりと働かなければメラニンは発生しません。なので、メラニンの生成を活性化させてくれたり、活性酸素を消してくれる働きを持つ食材なども摂取すると良いでしょう。

メラニンを増やす方法

メラニンを増やした方が良い場合もありますが、実際に増やそうと思うことがあまりないものなのでどうやって増やしたら良いか分からないという人も居るでしょう。では、メラニンを増やすためにはどのような方法があるのかもご紹介します。メラニンを増やした方がいい場合に実践してみましょう。

メラニンを増やすサプリメントを飲む

メラニンを増やしたいという人は、白髪の対策をしたいという人が多いのではないでしょうか?そのような場合は、髪のメラニンを増やすための栄養を含むサプリメント摂取などをすると良いでしょう。サプリメントであれば、栄養の摂取も難しくないので常備しておくと安心です。

太陽光を浴びる


メラニンを増やしたいのであれば、やはり太陽光を浴びるというのがポイントになります。しかし、太陽光の浴びすぎはメラニンを増やすだけではなくシミの原因にもなってしまうので、太陽光を浴びる時間は気を付けましょう。また、シミが出来たら困る場所はしっかり対策しておくと良いでしょう。

酵素を取り入れる

メラニンを生成するのに、大きな関係があるのが酵素です。人の身体の中では、紫外線を浴びたことによって発生した活性酸素を酵素が消去したことによって発生するのがメラニンです。そのため、活性酸素が発生した際にそれを消去してくれる酵素が身体の中にあることが重要です。そのため、酵素を摂取するというのも手段の1つです。

まとめ

いかがだったでしょうか。シミなどを作りたくない女性にとってはメラニンは不必要だと思われてしまいがちです。しかし、黒い髪を維持できるのもメラニンのおかげです。肌にシミができるのは、メラニンがとどまってしまうことが原因なので、その都度排出することができていればシミが気になってしまうこともないでしょう。身体にメラニンを必要としている部分もあるので、メラニンを余計なものと考えずにメラニンが過剰に増えてしまうこと防ぐなど、上手く付き合っていけば、困るということもありません。

引き用元サイト: feely[フィーリー]

記事元url: https://feely.jp/4575724/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. 「1年間スマホを触らない代わりに1000万円貰える」 コカ・コーラがキャンペーン開始!
  2. それ参考にさせていただきます。思わずうなる子どもたちの「大人な発言」 7選
  3. 上司のことが好きになっちゃった!会社で使える恋愛テクニック9選
  4. ソープ オブ ヘアとは?高保湿シャンプーの魅力を徹底解剖
  5. はい共感。日々感じてたムズがゆさをスッキリさせてくる「スゴ腕の代弁者たち」7選
  6. はい共感。日々感じてたムズがゆさをスッキリさせてくる「スゴ腕の代弁者たち」7選
  7. ems腹筋ベルトおすすめ6選!効果的な使い方も紹介!
  8. HMBダイエットサプリメントで美しいスタイルになろう!
  9. 【クレカ不正利用】 PayPay「現時点でセキュリティコード入力のリトライ上限はない。今後対応する」
  10. 【てみやげ】幼女社長 第40話
  11. 【てみやげ】幼女社長 第40話
  12. ダテに夫婦やってません!息ピッタリすぎてニヤニヤしちゃう理想の二人組 7選 
  13. ダテに夫婦やってません!息ピッタリすぎてニヤニヤしちゃう理想の二人組 7選 
  14. HMBは女性こそおすすめ!美容や健康をサポートできるおすすめHMB商品9選!
  15. 【話題のアプリ ええじゃないか】アンタッチャブル柴田、スーパーの特売情報に司会の仕事を忘れて暴走
  16. 【若く見られたがりの若林さん】ぷろろ 〜プロ中のプロたち〜 第52話
  17. 赤ちゃんが自分以外にチュー!それに激しく嫉妬する猫の様子が猫好きの心をくすぐる
  18. 20代とは違う学びがある。みんながアラサーになって実感すること 7選
  19. 紅茶きのことは?紅茶きのこの効果を自作する方法
  20. おひとりさまの優雅な休日!おひとりさまの休日の過ごし方
  21. 節約デートを楽しもう!グッと仲良くなれる節約デート10選
  22. X脚を改善して歪みのない私に!X脚を改善する方法とは
  23. 【札幌爆発】 アパマンショップ従業員「スプレー缶100本に穴を開けて湯沸かし器をつけたら爆発した」
  24. エッセンシャルオイル15選!効果別におすすめの香りを集めました
  25. 【悩み別】ダヴのシャンプーの人気アイテム12選
  26. キッチンカウンター下収納15選!デッドスペース利用アイデア満載
  27. ビリオスの全10商品を徹底解説!サロン帰りの指どおりの秘密
  28. 部屋の仕切り術15選!家具やパーティションで心地よい空間に
  29. ロクシタンのシャンプーで癒される!髪の悩み別シャンプー6選
  30. 暗記の仕方間違ってない?コツは覚えるより思い出す!
アクセスランキング