付き合いたての初キスのタイミングはいつ?男性心理を浮き彫りにします…

    全体:3月:1週:0日:0

好きな人と手をつなぎたい、キスをしたいと思うのは当然のことですが、付き合いたての頃は感情と行動のバランスをなかなかとることができず、思うような初キスができないこともあります。

女性はロマンチックな初キスを描くことが多いものですが、男性はキスしたいという気持ちをコントロールしながら、女性を傷つけたり、引かれたりしないように、タイミングを計る傾向があります。そこで、付き合いたての初キスに関する男性心理を浮き彫りにしてみました。

男性が理想としている初キスの場所やタイミング

付き合いたての頃は、デートを重ねる度に相手を深く理解することができるとともに、2人の距離が徐々に近づいていきます。女性にとって初キスは記念すべき瞬間となるため、場所やシチュエーションを理想に描くこともあるでしょう。

一方で、あまり細かいことに気を遣わず、気持ちだけで行動しそうな男性は、どんな場所やタイミングを初キスの理想と考えているのでしょうか。

人目がなくて落ち着く「家」

外国人のカップルは人前でも平気で抱き合ったり、キスをしたりします。日本でも最近はそのようなカップルを見かけることもありますが、人前で初キスをすることは、付き合いたての二人にとってハードルが高いでしょう。

どんなにキスをしたいと思っていても、人目を気にしてできないということは誰にでもあるはずです。彼の家でまったりしているときに、2人きりの部屋で初キスをすれば、女性も落ち着いて受け入れることができるでしょう。

「帰り際」の絶妙なタイミングで

付き合いたての頃は、デート中もソワソワしたり、話題を探したりしてなかなか落ち着かないことも多いでしょう。キスをしたくてもお互いに心に余裕がないため、なかなかタイミングを計ることができないのも当然です。

デートの帰り際、「今日はありがとう」と軽く別れの言葉を言った後に、素早く絶妙なタイミングで唇を重ねるのも、素敵な初キスになるのではないでしょうか。

「公園」のベンチでまったりしている瞬間


付き合いたての頃は、一緒にいても気を遣うことが多く、映画や食事をしていても集中できずに疲れてしまうこともあります。そんなときは、初キスのことを考える余裕もあまりないでしょう。

しかし、デートの終盤で公園のベンチでまったりとしているときは、気分的にもリラックスしており、女性も男性に対する警戒心が薄れています。会話が少し途切れたタイミングを見計らえば、男性から優しく初キスをするのにうってつけのシチュエーションといえるでしょう。

男性が考える理想の初キスは何回目?!

初キスのタイミングについては男女だけでなく、個人によっても考え方が異なるものです。頭の片隅でいつもエッチな妄想をすることの多い男性は、実は常に初キスのチャンスをうかがっています。

しかし、自分の欲望だけでキスをするのではなく、女性から嫌われないようなタイミングでキスをすることを考える傾向があります。一般的に男性が理想とする初キスは、何回目のデートなのでしょうか。

統計上、半数の男性は2週間以内にキスをしている

濃厚なキスで彼をドキドキさせちゃおう!キスでわかるSEXスタイルも紹介

付き合いたての頃は、何回目のデートでキスをすれば普通なのかと考え込んでしまう男性も少なくありません。なかにはデートの回数ではなく、付き合い始めてからの期間でキスのタイミングをうかがうこともあるようです。

統計的には、全体の半分を占める男性が付き合い始めてから2週間以内にキスをしているという結果が出ており、意外に早いタイミングであることがわかります。

一般的にデート3回目が紳士的だと思っているらしい

付き合い初めの頃の男性は、特に女性から嫌われないように慎重に行動しようと心がけています。ハウトゥー雑誌やネット情報などによると、「3回目のデートで初キスが一般的」というデータが数多く見受けられるため、世間一般的な習慣に則ることも多いようです。

3回目のデートで初キスをすれば、相手の女性から常識的、紳士的であると思われると勝手に思い込んでいるのでしょう。

彼女が可愛くて我慢できず結果的にデート1回目で

「初デートでキスを決めよう!」と鼻息を荒くして、デートに臨む男性はほとんどいません。キスしたいという気持ちがあっても、「1回目のデートでキスなんてありえない」と女性に引かれてしまうことを恐れ、欲望を理性で抑えるのが普通でしょう。

しかし、実際には、デート中の彼女の表情や言動が可愛くてたまらず、どうしても我慢できなくなって1回目のデートなのにキスしてしまうということも少なくないようです。

とくに考えていない男性が実は大多数です!


初デートから初キスまでの期間は、カップルによって異なるため一般的な統計データを信じていても当てはまらないことがあります。男性は時間帯やシチュエーションによって、シャイなのか、大胆なのか、よくわからないところもあります。

初キスのタイミングを冷静に計っている男性は実際には少なく、そのときの気分やシチュエーションでしてしまう人の方が多いと言われているのです。

男性がきゅんとする初キスの待ち方

付き合いたての頃は、なかなか2人の間の距離が縮まらないものです。男性は常に初キスのチャンスをうかがっていますが、タイミングが悪くて女性に嫌われたり、引かれたりすることを極端に恐れる傾向があります。

そんなときに、女性の方からキスをしやすい雰囲気をつくってあげることも大切です。男性が、思わずきゅんとしてキスしたくなる女性の待ち方には、どんなパターンがあるのでしょうか。

緊張していると素直に伝える

まだ付き合って間もない頃は、どんなことをしゃべったらいいのかを考えてしまうほど緊張するものです。初キスにドキドキしているのは男性だけではなく、女性も同じです。一般的には男性の方からキスをするので、いつキスすればいいのかタイミングがわからないこともあるでしょう。

そのため、女性の方から「私も緊張してドキドキしてる」と素直に伝えることで、男性はきゅんとするだけでなく、ホッとして力を抜いてキスすることができます。

照れながら上目遣いで


初キスでドキドキしている男性に対して、女性が余裕の表情でキスを待っていたら場がシラケてしまうこともあります。付き合いたての初々しい時期は、ほんの少ししかないため、緊張してもこの貴重な瞬間を楽しみたいという思いもあるでしょう。

男性は女性の上目遣いに特に弱くきゅんとしてしまいますが、照れながら上目遣いでキスを待たれたらたまりません。キスしたいという気持ちがさらに高まることでしょう。

笑顔で見つめる

付き合いたての頃は、相手の呼吸やリズムがよくわからないのでタイミングを合わせるのが難しいという問題があります。

ふと会話が途切れて沈黙が続いたとき、男性は「今がチャンスなのかな」と思いながらも、女性のタイミングを計れずキスを躊躇してしまうこともあるでしょう。

そんなときに無言で思い切り可愛い笑顔で見つめられたら、男性はきゅんとして感情に任せたままキスをすることができます。

男性をスムースに初キスまでアプローチする方法

いざという場面になると男性よりも女性の方が度胸が据わっていることが多くないでしょうか。男性がオロオロしている場面でも、女性は落ち着いていて比較的冷静に判断できることも少なくありません。

初キスでドキドキするのは男女ともに変わりませんが、シャイで行動に移すことができない男性を女性がリードしてあげるのも1つの方法でしょう。男性に恥をかかせず、初キスが成功するアプローチの方法について考えてみましょう。

「チューする?」

キスマークを首に付ける男性心理と対処法7選
付き合いたての頃の男性は、一緒にいてもドキドキしていて、なかなか行動に移すことができません。キスしたいとは思っているものの、あまり早くアプローチすると嫌われるのではないかと遠慮してしまうということもあるでしょう。

そんなときに、女性の方から微笑みながら「チューする?」と言われたら嬉しいでしょう。拒否される不安がなく、落ち着いて初キスすることができます。

とにかくボディタッチ

女性の方から座る間隔を詰めても、付き合いたての彼氏はモジモジしてばかりでなかなか手を出してこようとしないこともあります。

男性の方が女性よりも、体に触れたい、キスしたいという気持ちは強いものの、拒否されたり、嫌われたりすることを恐れるあまり、なかなか実行できないでいるのでしょう。

そんなときは、女性の方から手を握ったり、頬っぺたを触ったりなどのボティタッチを頻繁に重ねてみましょう。シャイな男性も背中を押されたような気になって、キスしてくるはずです。

自分から奪いに行く!


究極の選択となりますが、女性が自ら男性の唇を奪いに行くというパターンもあります。デートを何回か重ねているのに、一向に2人の距離が縮まらずキスの気配も全くないということがあります。シャイで奥手な彼が自分からキスしてくるのを待っていたらいつになるかわかりません。

少し強引ですが、女性の方から軽くチュッとすれば、男性の方も覚悟を決めて濃厚なキスをしてくることでしょう。

まとめ

付き合いたての頃は、どのようにしたら2人の距離を縮められるかを考えながら緊張してデートに臨むものです。男性は初キスをしたいと強く思っていますが、女性に拒否されたり、嫌われたりすることを恐れて慎重になる傾向があります。

付き合い始めてから初キスまでの期間は、カップルによってさまざまですが、統計上では2週間以内と意外に早いことがわかります。初キスの場所やシチュエーションにはさまざまなものがありますが、ドキドキしている男性をサポートするためにも女性の方からキスしやすい雰囲気をつくってあげることが大切です。

引き用元サイト: feely[フィーリー]

記事元url: https://feely.jp/4577129/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. 【伊藤園】 業界初、缶入り「とん汁」22日発売 豚肉なし
  2. 有名人の「全然バレない」は本当…?哀愁漂う気付かれなかったエピソード 6選
  3. 強制収容所から生還したウイグル人「若い女性が毎日中国人に強姦され、拒絶すれば殺されている」
  4. お客様困ります!!おつかいが下手すぎるハムちゃんに悶絶する人続出
  5. わくわくが止まらない!都内の"変わり種"な博物館10選
  6. 稲荷神社で灯籠に上って遊んでいた中学1年男子、バランスを崩して落下 53キロの灯篭の石が外れ下敷きになり死亡
  7. 【息子の好き嫌い】出張!きょうの横山家 第14回
  8. インスタで話題!《#ミィパーシンサク》で見つけたかわいい小物
  9. 2018年秋・冬のトレンド!《アニマル柄アイテム》に挑戦しよう!
  10. 秋冬コーデに大活躍!GUの《タータンチェックテーパードパンツ》
  11. おしゃれで温かい!ユニクロの《ダブルフェイスプルオーバー》
  12. パパと娘たちの合体コスプレにほっこり!二足歩行のロボットとカッコいいパイロット
  13. 「全部見てるよ」ペットのハスキー犬が魚肉ソーセージを食べている隙に、ご馳走を食べようとしたら
  14. この手があったか!(笑) 動画編集の力で「トルコ行進曲」を神テクで演奏するベーシスト
  15. 秋冬の足元は何が良い?持っておきたいトレンドの《ブーツ》3選
  16. 秋冬は素材感も楽しんで!《リブ素材》を使ったコーディネート術
  17. 何気ない景色にもドラマがある。みんなが回顧する思い出が深い 7選
  18. オンもオフも大活躍!秋に取り入れたいトレンドの《ブラウス》
  19. 絶対言ってはいけない秘密の言葉。夜勤中の看護師あるあるに戦慄する!
  20. ユニクロから秋の新定番!《ワッフルクルーネックT》が優秀◎
  21. 「痛くないかニャ?」ワンコの歯のクリーニング中、お腹のマッサージをし続けるニャンコ
  22. 5秒で吹き出す!電車で読んではいけない厳選ボケて10選
  23. サウジ記者失踪の容疑者が交通事故で死亡
  24. 騎士の剣を突き立てると聖杯が登場!華麗なギミックが施されたコインが話題沸騰
  25. これ地球上のどこ!?生きている内に一度は巡り会いたい世界の「超絶景」 8選
  26. 【画像】 沢田研二公演キャンセルしたのは「客が埋まらなかったから」とカーネル・サンダースが代理で謝罪
  27. 「仲良く草食っててめちゃくちゃ和んだ」犬猫コンビのゆる~い空気感がマジ最高
  28. 時速724kmで大空を飛ぶ世界最速のラジコン飛行機!瞬きしたら見失うほどのスピード
  29. 【中国】 2020年に街灯の代わりとなる「人工月」を打ち上げると発表 明るさは本物の月の「8倍」、直径10-80Kmのエリアを照射
  30. 【芸能界での適職がわかる!】クレイジー式グッジョブ診断
アクセスランキング