酵素ジュースの効果と自分で作る酵素ジュース

    全体:0月:0週:0日:0

人の身体の中には多種多様の酵素が存在します。身体に足りない酵素を補うことができると注目されているのが酵素ジュースです。酵素ジュースとは、野菜やフルーツを砂糖と一緒に発酵させて作るドリンクです。野菜や果物が持つ酵素が砂糖に溶け出し発酵が進み、飲み物になるのです。なんだか難しそうに思えますが、酵素ジュースは手軽に自分で作ることができます。酵素ジュースを飲むことで得られる効果と、酵素ジュースの作り方についてご紹介します。

酵素ジュースの効果とは?

シミやしわを防ぎ美肌効果がある

酵素はそもそもたんぱく質の一種で消化・吸収・代謝などの化学反応を引き起こす為の栄養素です。酵素ジュースの酵素が消化や吸収を促進してくれる為、新陳代謝が良くなります。新陳代謝が上がると肌のターンオーバーが改善されシミやしわを防ぎ、美肌効果をもたらしてくれます。

また、果物に含まれるビタミンCにはメラニン生成を抑制するがあるので、シミやニキビの予防にも大変効果的なのです。酵素の力によってターンオーバーが改善されると老廃物が流され、その上ビタミンCによってメラニン生成が抑制されるので荒れたお肌をリセットする効果が期待できます。

新陳代謝をアップしてダイエットにもよい

酵素は消化酵素と代謝酵素の2種類体内で生成されます。消化酵素が優先的に生成され、消化しにくいものを摂取したと際は消化酵素が多く生成される為、代謝酵素の生成が抑制されます。その結果、代謝酵素が不足し新陳代謝が落ちてしまいます。

そこで酵素ドリンクで食物酵素を補給してあげることにより、消化酵素の働きを助けることができます。食物酵素が消化酵素を助けた分、代謝酵素を多く生成することが可能となるのです。

代謝酵素が増えることにより、新陳代謝が高まり、免疫力も向上するというメリットがあります。代謝が高まることにより老廃物や不要なものをカロリー消費しながら体外に排出することができます。余分なものを溜め込みにくい、痩せやすい体質にしてくれる効果があります。このように酵素には代謝を促進し余分なものを排出してくれるので、ダイエットのサポート飲料として大変優秀です。

デトックスや便秘にも効く!

食物酵素を摂取することにより代謝が高まるので体内の老廃物を排出してくれます。このとき体内に溜まってしまった毒素も排出されるのでデトックス効果があります。

また、酵素ジュースには消化酵素を助ける働きがあるので、栄養成分を消化・吸収しやすくしてくれます。その為通常時よりも胃や腸にかかる負担が少なく済みます。

また、酵素ジュースはビタミンやミネラルのほかに食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維には体内の毒素を体外にスムーズに排出する働きがあり、その結果腸内の善玉菌が増え腸内環境を改善してくれます。その上、野菜や果物からでた水分を飲むので、水分不足を改善してくれます。善玉菌が便の水分を調整しスムーズに排出できるよう働くので便秘解消に効果的です。

酵素ジュースでよく使われる食材

梅にはカルシウムや鉄などのミネラルが豊富に含まれています。また、梅に含まれるクエン酸やリンゴ酸は糖質の代謝を活性化してくれます。これにより、疲労回復効果やデトックス効果が期待でき、疲れにくい体を作ってくれます。

また、クエン酸には胃液などの消化酵素の分泌を高めてくれます。消化・吸収がスムーズに進行するので便秘解消に役立ちます。

梅が持つクエン酸は代謝を促進し、老廃物を体外に排出してくれる作用があります。老廃物の排出により、むくみが解消されたり、美肌効果が期待できます。梅に含まれるポリフェノールやビタミンEは抗酸化成分と呼ばれ老化防止に効果があります。

りんご

りんごにもクエン酸が多く含まれ、疲労回復効果をもたらしてくれます。梅と同様にポリフェノールの含有量が多く、抗酸化作用があるのでシミやそばかすの原因となるメラミン色素の生成を抑制してくれ美肌効果があります。

またりんごに含まれるリンゴ酸には口臭対策に役立つ成分です。リンゴ酸には口臭の原因であるアリシンを分解することができ口臭を解消する効果が期待できます。また、便秘解消にもりんごは効果てきです。りんごには食物繊維が豊富で便の水分を吸収し排出しやすい状態にしてくれます。乳酸菌の増殖を助け腸内環境を改善してくれます。

りんごにはカリウムという細胞の浸透圧を調整ミネラルが多く含まれています。体内の余分な水分を体外へ排出してくれるのでむくみが解消され、すっきりと痩せることができます。りんごは80%以上が水分なので、酵素ジュースの材料としてはぴったりの果物です。

にんじん

緑黄色野菜であるにんじんは様々な栄養が豊富に含まれています。特ににんじんは他の緑黄色野菜と比べβカロテンの含有量が非常に多いです。βカロテンには体内でビタミンAに変化し皮膚の粘膜を強化してくれます。鼻や喉の粘膜も強化されるので細菌感染の予防に効果があります。また、免疫力を強化してくれがんの予防にも効果的と言われています。

カロテンは皮膚の状態を改善してくれるので肌の調子を整えてくれます。また、爪や髪を強く美しくしてくれる作用も期待できます。また、にんじんにも食物繊維が豊富に含まれているので腸の働きを助け便秘を解消してくれます。

生姜

風邪をひいたときに活躍する生姜ですが、もちろん健康にいい食材のひとつです。生姜には血糖値の上昇を抑制する作用があります。特にジンゲロールという辛味成分は脂肪を分解する能力が高く注目されています。糖尿病対策におすすめの食材ともいえます。

また、生姜には鎮痛作用があり、生理痛の緩和にも効果があります。また生姜は体をポカポカと温めてくれるので冷え性の改善にも役立ちます。生理不順の原因が冷えの場合もあるので、生姜を摂って体を温めることによって改善が期待できるかもしれません。

また生姜を摂ることにより血行が促進され代謝が良くなります。脂肪燃焼効果が高まるのでダイエットにも適した食材です。代謝が改善されることにより、便通の改善やむくみ解消の効果を得ることができます。

酵素ジュースの作り方

酵素ジュースはコンビニなどでも販売されていて、今では手軽に飲むことができますが、自宅でも作ることが可能です。こちらでは自宅で酵素ジュースを作る方法をご説明します。

①容器を洗い消毒する

まずは容器をしっかりと消毒する必要があります。消毒が不十分だと容器に付着した雑菌が繁殖し容器の中身が腐ってしまうこともあります。

一般的なのが熱湯を使って消毒する方法です。熱湯を使用するので必ず耐熱性のあるガラス容器を使用しましょう。大きな鍋に容器が浸かる程度の水を入れ、そこに容器を浸します。沸騰してから4~5分ほど加熱します。

この際、容器の蓋や酵素ジュース作りに使用する調理器具も一緒に煮沸消毒すると、その後の調理がスムーズです。加熱が完了したら内側に触れないように鍋から取り出して乾燥させたら消毒完了です。容器はとても高熱になっているので火傷しないよう注意して取り扱いましょう。

②材料を切って砂糖と一緒に容器へ入れて混ぜる

酵素ジュースにする野菜や果物をカットしていきます。野菜や果物によっては葉や皮に栄養が多く含まれているものがあるので基本的には丸ごと使用しましょう。栄養満点の酵素ジュースができ効果が高まります。

固いものは発酵しにくいので細かくカットし、柔らかいものは発酵しやすいのでざっくりとカットしていきます。カットしてから重さをはかるよりもカット前に計量しておくと手間が少ないのでオススメです。

③朝、晩2回きれいな手で混ぜて発酵させる

カットした野菜や果物を容器に詰めていき砂糖を加えます。しっかりと混ざる方がいいので野菜や果物と砂糖を交互に加えていくのがいいでしょう。

野菜や果物を発酵させつのに常在菌を活用します。特別な酵母を用意する必要はなく手の皮膚に存在する微生物を加えて発酵させていきます。容器に手を入れて野菜や果物と砂糖が混ざるようにかき混ぜます。容器の底から上部へグッと持ち上げるようにかき混ぜると満遍なく混ざっていきます。

朝と夜の2回清潔な手で毎日混ぜ合わせていくと発酵は進んでいきます。夏場は素材が痛まないように冷蔵庫で保管する必要がありますが、秋から冬の気温が低い季節は常温で保管してもいいでしょう。

④1、2週間ほどで完成した後こして冷蔵庫で保管する

1、2週間ほどすれば発酵完了です。浸透圧によって染み出てきた酵素エキスが目に見えるはずです。この液体を漉して酵素ジュースの完成です。気温が高いところで保管すると発酵が進んで味が変化してしまうので、完成した酵素ジュースは冷蔵庫で保管するのがオススメです。

酵素ジュースを作る際の注意点

季節などによって発酵がうまく進まないことも

なかなか発酵しない原因のひとつに気温があります。気温が高いと発酵しやすいのですが、あまりに気温が低いと発酵がなかなか進みません。なので、気温の低い冬は酵素ジュース作りにはあまり適していない季節です。

もし冬場に酵素ジュースを作りたいときは暖房器具などを用いて室温を高くして発酵させるといいでしょう。温度によって発酵スピードも変化しますのでこまめに状態を確認する必要があります。

アンモニア臭がしたら雑菌が発生している可能性があるため廃棄する

酵素ジュースがうまくできていると酸っぱいにおいがしますが、アンモニア臭のようなにおいがしたらアウトです。ツンとした鼻をつくようなにおいがしたらそれはおそらくアンモニア臭です。

これは発酵した時のにおいではありません。酵素ジュースを作る際に雑菌が入ってしまい繁殖してしまっている状況です。かき混ぜる手に雑菌が着いていたか、容器や調理器具の消毒が不十分だった可能性があります。アンモニア臭は容器の中の野菜や果物が腐敗してしまっているサインなので絶対に口にしてはいけません。速やかに廃棄しましょう。

カロリーは意外と高めなので置き換えダイエットなどに!

酵素ジュースがダイエットに効果があるとは言っても、大量の砂糖を使用して作っているので酵素ジュース自体は高カロリーです。糖分を多く含むので飲み過ぎには注意です。

3食のうちの1食を我慢して代わりに酵素ジュースを飲むなど、食事と置き換えて飲むなどして、1日のカロリーのバランスをとりましょう。

まとめ

美容や健康に様々な効果をもたらしてくれる酵素ジュース。意外に簡単に作ることができるので、いろんな素材の組み合わせを楽しむことができます。旬の野菜や果物を使ってこだわりの酵素ジュースを作ってみてはいかがでしょうか。お気に入りのブレンドを見つけておいしく健康になりましょう。

引き用元サイト: feely[フィーリー]

記事元url: https://feely.jp/4559516/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. エンジェルナンバー【111】の持つ意味と恋愛・金銭関係・仕事
  2. エンジェルナンバー【111】の持つ意味と恋愛・金銭関係・仕事
  3. カナダ風インテリア実例9選+おすすめ雑貨ブランド6選
  4. カナダ風インテリア実例9選+おすすめ雑貨ブランド6選
  5. エンジェルナンバー【222】からわかる現状と天使からのお告げ
  6. エンジェルナンバー【555】に込められた意味とは?天使のメッセージを紐解く
  7. おもちゃ収納ラックを使って問題解決!おすすめ15選
  8. おもちゃ収納ラックを使って問題解決!おすすめ15選
  9. もうかさばらない!スカート収納アイデア16選!
  10. 自転車収納&自転車置き場のアイデア14選!
  11. エンジェルナンバー【444】の意味とは?天使からのメッセージを聞いてみて
  12. その対応は予測不能!全く型にハマってくれないフリーダムな奴ら 6選
  13. エンジェルナンバー【2222】基本的な意味・運勢・メッセージ
  14. エンジェルナンバーの【1111】が持つメッセージや運勢
  15. デートの場所が決まらないときの決め方9つ
  16. 彼氏が喜ぶ簡単お弁当の条件とは?彼氏が喜ぶ簡単お弁当メニュー
  17. 恋のキューピットを成功させるポイント!友達カップルを成立させるには
  18. サプライズプレゼントを成功させるには?相手に喜ばれるおすすめプレゼント
  19. モテモテ男性の必須条件!モテる男性に共通する特徴はコレだ!
  20. 絶対無理だって!やめとけ!やめとk…って行けるんかい!頬にご飯を詰めすぎて家に入れないハムスター
  21. その後の展開どうなっちゃうの?気になって帰れなくなった「街の聞き耳掲示板」6選
  22. 結婚できない男の特徴!こんな男に気を付けよう!
  23. ウエディングドレスの定番はやっぱりAライン!人気の理由とは
  24. 結納でワンピースが着たい!どんなワンピースがいいの?
  25. ネコ vs カメムシの激闘! ぷ〜んと臭う肉球に戸惑う姿に笑いが止まらない
  26. 【青山ブランド】 児相建設に住民猛反発「南青山は自分で稼いで住むべき。港区民を愚弄するのか」
  27. 愛と興味がフォーエバー。「我が子を気にかけすぎる親」を許してあげて! 6選
  28. 自慢じゃないから聞いて欲しい。みんなが遭遇した「すごい状況」 7選
  29. さすがに膝から崩れ落ちた。容赦なく押し寄せる現実を嘆いた瞬間 7選
  30. アパマンショップ、スプレーするだけの「消臭抗菌代」2万円 料金だけもらってスプレーしないことも
アクセスランキング