バナナマン「日村勇紀」16年前に未成年と淫行確定?見る目が変わったとの声も

    全体:3月:3週:0日:0

「日村勇紀」16年前の未成年との淫行行為が発覚

お笑いコンビとして活動しているバナナマンの日村勇紀さん。コントを原点とした、演劇のようなコントが特徴的なお笑いコンビ。バラエティー番組でも良く見かける、人気のあるお笑い芸人ですよね。

しかし9月に入ってからは、バナナマンの日村勇紀さんの16年前に取ったある行為が話題となりました。雑誌「FRIDAY」で発覚した、16年前に日村勇紀さんと体の関係を持ったと発言している、当時16歳の女性。雑誌には、当時の日村勇紀さんと思われる、若かりし姿が女性の太ももと共に映っていました。

問題なのは未成年と関係を持ったことに対する淫行行為。最初は疑惑として飛び交っていましたが、日村勇紀さん自身が謝罪表明したことから事実であることが発覚。今回は話題の「淫行行為」騒動一連の流れをまとめてご紹介します。

 

16年前に行われた「淫行行為」の全貌とは

16年前にバナナマンの日村勇紀さんのファンであった女性からのファンレターをきっかけに、メールなどを交わす仲へと発展していきました。しかし、次第にふたりの関係は、大人の男女関係へと変化していきます。気づけば、会うたびに体の関係を持つようになり、断り切れなくなったと話す女性。

出合った頃は「21歳」と伝えていたものの、実際には「16歳」であったことを告白。しかしその事実を知っても、ふたりの関係が変わることがなかったのだとか。雑誌「FRIDAY」では、当時の状況や心境などを女性が語っていますが、体の関係が続いただけで、彼女としてお付き合いしていたわけではないようですね。

 

16年前の行為がナゼ今?結婚への嫉妬が要因か

なぜ今になって、16年前である2002年の出来事が公になったのでしょうか。それはバナナマン日村勇紀さんが、2018年の4月に、アナウンサーである神田愛花さんとの結婚が今回の行為発覚の要因ではないかと言われています。

もともとバナナマン日村勇紀さんのファンであったことから、ひとりの女として扱ってもらえずに、体の関係だけだったことに不満が募っていたのかもしれません。そんな中、女子アナウンサーという立場の女性と結婚したことによって憎しみが膨らんだと考えられますね。

 

妻である神田愛花さんも夫の行為に対して謝罪

今回の夫である日村勇紀さんの16年前にあった淫行行為で世間を賑わせる中、妻の神田愛花さんも謝罪の言葉を述べています。そこに夫を攻める言葉はなく、「精一杯彼をサポートしたい、夫をよろしくお願いいたします」という言葉で締めくくらています。女子アナウンサーと言うこともあり対応に落ち着きも感じられますね。

淫行行為に関しては時効?しかしマイナスイメージは拭えない

現在番組出演などを辞退する様子などもなく、普通にテレビ出演を果たしている日村勇紀さん。このままの流れだと、問題は静まり騒動が収まる傾向にあると言われています。しかし正直な話、マイナスイメージはそう簡単には拭えないモノ。日村勇紀さんを見る目が変わってしまったと、残念がる声も少なくはありません。

 

淫行した事実は消えない!もう日村さんみて笑えない

その当時関係を持っていた女性に対しても、時間が経ちすぎていることもあって「今さら」という理由から日村勇紀さんを、かばう声も少なからずあります。しかし後に未成年であることを知っていても、関係を持ったということが問題であることに変わりはありませんよね。数十年前のことを今でも語るということは、恨みが残るような女性の扱い方をしていたと言えるでしょう。

 

罪を犯した人が許され、何でもない人が叩かれる不思議

今回の日村勇紀さんの淫行行為が、16年前の出来事だからと許されるような流れが起きています。立派な罪と認められているような行為をした人が許され、罪でもないことで叩かれる人も。その人の立場によって周りの反応が異なる、芸能界って不思議ですよね。闇すら感じさせます。

引き用元サイト: feely[フィーリー]

記事元url: https://feely.jp/4580167/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. 千原ジュニア「笑いで勝負できへん芸人が、そっち(政治的発言)へ行く傾向にある」
  2. 【伊藤園】 業界初、缶入り「とん汁」22日発売 豚肉なし
  3. 有名人の「全然バレない」は本当…?哀愁漂う気付かれなかったエピソード 6選
  4. 強制収容所から生還したウイグル人「若い女性が毎日中国人に強姦され、拒絶すれば殺されている」
  5. お客様困ります!!おつかいが下手すぎるハムちゃんに悶絶する人続出
  6. わくわくが止まらない!都内の"変わり種"な博物館10選
  7. 稲荷神社で灯籠に上って遊んでいた中学1年男子、バランスを崩して落下 53キロの灯篭の石が外れ下敷きになり死亡
  8. 【息子の好き嫌い】出張!きょうの横山家 第14回
  9. インスタで話題!《#ミィパーシンサク》で見つけたかわいい小物
  10. 2018年秋・冬のトレンド!《アニマル柄アイテム》に挑戦しよう!
  11. 秋冬コーデに大活躍!GUの《タータンチェックテーパードパンツ》
  12. おしゃれで温かい!ユニクロの《ダブルフェイスプルオーバー》
  13. パパと娘たちの合体コスプレにほっこり!二足歩行のロボットとカッコいいパイロット
  14. 「全部見てるよ」ペットのハスキー犬が魚肉ソーセージを食べている隙に、ご馳走を食べようとしたら
  15. この手があったか!(笑) 動画編集の力で「トルコ行進曲」を神テクで演奏するベーシスト
  16. 秋冬の足元は何が良い?持っておきたいトレンドの《ブーツ》3選
  17. 秋冬は素材感も楽しんで!《リブ素材》を使ったコーディネート術
  18. 何気ない景色にもドラマがある。みんなが回顧する思い出が深い 7選
  19. オンもオフも大活躍!秋に取り入れたいトレンドの《ブラウス》
  20. 絶対言ってはいけない秘密の言葉。夜勤中の看護師あるあるに戦慄する!
  21. ユニクロから秋の新定番!《ワッフルクルーネックT》が優秀◎
  22. 「痛くないかニャ?」ワンコの歯のクリーニング中、お腹のマッサージをし続けるニャンコ
  23. 5秒で吹き出す!電車で読んではいけない厳選ボケて10選
  24. サウジ記者失踪の容疑者が交通事故で死亡
  25. 騎士の剣を突き立てると聖杯が登場!華麗なギミックが施されたコインが話題沸騰
  26. これ地球上のどこ!?生きている内に一度は巡り会いたい世界の「超絶景」 8選
  27. 【画像】 沢田研二公演キャンセルしたのは「客が埋まらなかったから」とカーネル・サンダースが代理で謝罪
  28. 「仲良く草食っててめちゃくちゃ和んだ」犬猫コンビのゆる~い空気感がマジ最高
  29. 時速724kmで大空を飛ぶ世界最速のラジコン飛行機!瞬きしたら見失うほどのスピード
  30. 【中国】 2020年に街灯の代わりとなる「人工月」を打ち上げると発表 明るさは本物の月の「8倍」、直径10-80Kmのエリアを照射
アクセスランキング