細さが美しさではない!「痩せない方が魅力的」だった女性芸能人

    全体:0月:0週:0日:0

痩せて魅力半減?細いスタイルが正義ではない

スラっとしたモデル体型に憧れる女性は多いもの。「細い=美しい」という考えが、まだまだ女性の中に根付いていますね。芸能人の間でも、ジム通いや健康的な食事管理と多くの女性がスタイルに対してシビアです。

しかし、痩せたからと言って美しくなれるとは限りません。痩せた時よりも、痩せる前の少しふっくらとしている時の方が良いと感じることも少なくはありません。

今回は、痩せる前のスタイルの方が魅力的に感じる女性芸能人をピックアップ。あなたのその減量は、本当に必要なものなのか、考え直すきっかけになるかも。

 

健康的なイメージから一転!女優「宮沢りえ」さん

デビュー当時はふっくらとした健康的な体が、印象的だった女優の宮沢りえさん。女性らしい体つきが、彼女の魅力を引き立てていたように感じます。しかし歳を重ねた今では、少し心配してしまうような細さの持ち主。

それもそのはず、昔の恋愛関係をきっかけに、拒食症になった過去を持っている宮沢りえさん。命に関わるほど、体重が落ちた時期もあったのだとか。現在は、克服している様子が伺えますが、無理なダイエットなどは拒食症を引き起こす可能性もあるので気を付けたいところ。

細すぎて怖いとの声も?モデルの「山田優」さん

ファッションモデルとして活躍している山田優さん。身長169cmというスラっとしたスタイルは、まさに多くの女性が憧れるモデル体型の持ち主ですね。現在では、子どもがいる母親、そうとは感じさせないルックスに驚かされます。

しかし結婚し、妊娠そして出産を機に、以前よりも痩せてしまった様子が伺えます。母乳育児をしていると、思った以上に体重が落ちてしまうことがあるので、その影響かもしれませんね。血管が浮き出てしまったりする姿をみて、心配するファンの声も少なくはありません。

まるで別人のように見える!女優の「上戸彩」さん

女優として活躍している上戸彩さん。ボーイッシュなショートカットに、活発的な明るいイメージが強いですよね。女性らしさを感じさせるスタイルは、女性から見ても魅力的ですよね。

しかし、上戸彩さんも結婚、出産を機に一気に体重が落ちてしまった様子。激やせした姿に心配をする声も少なくはありません。メリハリのあるボディが、全体的に寂しい印象に。女性は人生の中で、自分のスタイルが変わることが多いですよね。

年齢を感じさせてしまう!元アイドル「安倍なつみ」さん

元アイドルで女優やタレントとして活躍している安倍なつみさん。童顔な彼女は、歳を重ねても可愛らしい印象が強いですよね。2018年現在の年齢は37歳ということに驚きを隠せません。

しかし年齢を重ねる度に、痩せてきた印象の安倍なつみさん。少しふっくらとした、顔つきが魅力だっただけに、残念に思う声も少なくはありません。痩せてしまうとやはり、シワが目立ってしまう傾向にあり、年齢を感じさせやすくなってしまいます。

痩せ体系から更に痩せた!女優「戸田恵梨香」さん

女優として活躍している戸田恵梨香さん。もともとスレンダーな体系の持ち主ではありますが、最近さらに痩せてきた印象があります。細い通り越して、不健康な印象を与えてしまうことも。

痩せたことによって、顔の輪郭も大きく変わっているように感じますね。女性は、少し顔つきがふっくらとしている方が、若く見え健康的に見られやすい傾向はあるかもしれませんね。

スタイルの変化が激しい!女優の「真木よう子」さん

女優として活躍している真木よう子さん。大人の色気を感じさせるメリハリボディの持ち主ですよね。そんな彼女ですが、最近ではスタイルの変化が激しい傾向にあり、ストレスが影響しているのか、一時期は激太りが話題になりましたね。

急激に体重が落ち、首回りの骨がハッキリと見えるくらいに痩せてしまい、驚かれた人も多いのではないでしょうか?極度な体重の変化は、身体にもあまり良くないと考えられるので、自分にあった体重をキープするのがいいかもしれませんね。

イメージがガラリと変わった!女優の「長谷川京子」さん

女優として活躍している長谷川京子さん。若い頃は、ふっくらとした顔つきの彼女でしたが、年齢と共に全体的に痩せてきた印象を受けます。ほんわかとした女性らしいボディがひとつの魅力だっただけに、最近は細すぎる印象。

痩せたことによって、骨ばった印象を与えるせいか、顔つきも男顔っぽく映ってしまうことも。可愛らしさよりもクールな印象が強くなった気がしますね。

女の目で見て「ちょっと太ってる」くらいが丁度いい

客観的に見て細いと感じる女性でも、自身では「太っている」と感じている人も少なくはありません。自身で見て少し太っているように感じているくらいが、丁度いいのかもしれませんね。

特に女性は、痩せすぎてしまことで、女性らしさがなくなってしまったり、シワなどが目立ちやすくなってしまうため、太り過ぎること以上に、もしかしたらデメリットがあるかも?

無理なダイエットは体を壊す原因にもなりかねません。みなさんもダイエットする前は、本当に自分の体形にダイエットが必要なのか、客観的に判断したうえで行うようにしましょう。

引き用元サイト: feely[フィーリー]

記事元url: https://feely.jp/4577744/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. 受験生「トイレ行ってもいいですか?」、試験官「行ってもいいけど再入室は禁止」、受験生「試験に落ちた。訴えてやる」→敗訴
  2. ラブストーリーは突然に!男女の出会いに台本はないとわかるお話 7選
  3. 誰にそんな上手いこと言えと言われたの?わかりみがすごいセンス良すぎな言い回し 7選
  4. クレイジーが「第4回 ウェブメディアびっくりセール」に出ます!
  5. 不幸な人によくある10パターンと幸せになるコツ
  6. 不幸な人生を送る人の行動と幸せな人生を送る3つのコツ
  7. バナナの効果とは?おすすめの摂取方法と注意点
  8. ネットで警察署に襲撃予告 中田未祐(なかたえめらるだす)容疑者(57)逮捕
  9. 上から目線の人によくある12の特徴!対処法も紹介します
  10. 癒し効果抜群!子猫のよちよち歩きを追っかけてたらまさかのキュン展開に
  11. 営業スマイルからはじまる恋!合コンで意気投合したように思えたカップルだったが…
  12. 【都会はサンプル天国!】田舎が嫌い子ちゃん 第70話
  13. ふとっちょな男の子に救われたやせっぽちな少女。2人の予想外の成長ぶりに感動する人続出!
  14. 【ソーセージ缶】きょうの缶詰どれ食べる? 第7回
  15. まさに「最悪」の解決策!?アイドルの絵にコーヒーをこぼした結果がヤバすぎた
  16. 素朴系女子は愛され女子!素朴な人の特徴と素朴系女子になる方法
  17. 憎めない人に共通するポイントとは?憎めない人は愛され上手だった!
  18. 寝る姿を映してはいけない?寝室に鏡を置く時に気をつけたいこと
  19. 他人に興味がない人の心理とは?他人に興味を持つための心構え
  20. 酢玉ねぎの効果って?基本のレシピとおすすめの摂取方法
  21. 断れない人は損をする!“断れない人”を卒業するには
  22. 男性フェロモンが女性を引き付ける理由と男性フェロモンを出す方法
  23. 【隠された真実】おぎぬまXの4コマ空間 第60話
  24. 知的な人は異性にモテる!知的な人になる方法
  25. 見えない所も可愛く!おしゃれなランジェリーで女子力UP
  26. 恥ずかしがり屋のメリット・デメリット!恥ずかしがり屋の克服法
  27. 「鏡餅の妖精」爆誕!みかんを頭にのせるアヒルが超絶可愛いくて笑う
  28. ブルーベースの肌をきれいに見せるメイクのポイント♡美肌をもっとひき立てる
  29. 「ライオンのよう」と称された美声に鳥肌!思わず観客もスタンディングオベーション
  30. 生姜の効能とは?生姜のおすすめレシピと注意点
アクセスランキング