黒ずみのケア方法は意外と簡単!部位ごとに原因とケア方法を紹介

    全体:0月:0週:0日:0

加齢と共に目立ってくる肘や膝の黒ずみ。服で隠せる場所だからといって、特別なケアは何もしていないという人も少なくないのではないでしょうか。しかし、黒ずみを放っておくとどことなく不潔に見えてしまい、女子力もダウンしてしまいます。

今回は、

  • 黒ずみができる理由
  • おすすめの黒ずみケア

などをご紹介します。

肌が黒ずんでしまうのはどうして?

黒ずみが汚れによるものだとしたら、簡単に解消できるはずですよね。毎日お風呂に入って清潔にしている人でも、黒ずみが起こってしまう原因は何なのでしょうか。意外と知らない、肌の黒ずみの本当の原因についてまとめました。

摩擦・刺激による炎症後色素沈着

黒ずみの原因は、摩擦や刺激によって肌が炎症を起こすことによる、色素沈着にあります。肘や膝は関節の部分なので、皮膚が薄く、外部からの摩擦や刺激を受けやすい場所です。日常生活の中で、なにげなく肘や膝をついた姿勢を取る機会は多いと思いますが、その刺激がダメージとなり、知らないうちに炎症を起こしているのです。

その他にも、股ずれや、足を組む姿勢、カミソリの刺激なども、炎症の原因となって黒ずみを起こす色素沈着につながります。生活の上で必要な行動も関係しているため、この原因を取り除くのはなかなか難しいですよね。

乾燥・冷えによる角質増殖

肌の乾燥や冷えによる角質の増殖も、黒ずみの原因の一つになります。肘や膝は皮脂腺の少ない場所であり、汗や皮脂が出ない分、乾燥しやすい部位と言えます。また、膝の場合は心臓から遠い部分にあり、血流が滞って、冷えが起こりやすい場所です。女性は特に、足が冷えやすいという自覚症状を持つ人も多いのではないでしょうか。冷えも乾燥の原因となり、乾燥による水分不足が肌のターンオーバーを防ぐと言われています。そして、メラニンを含んだ古い細胞が剥がれないまま、角質層が厚くなってしまうので、黒ずんだ見た目になってしまうのです。

紫外線による色素沈着

黒ずみの原因となる色素沈着は、紫外線からのダメージによっても起こります。紫外線が強い夏場は、暑さ対策で肘や膝を露出したファッションで外に出かける人も多いでしょう。顔への日焼け止めは忘れなくても、肘や膝の部分はうっかり塗り忘れてしまうことはありませんか?紫外線対策が見落とされがちな部分だからこそ、肘や膝には紫外線ダメージが蓄積しやすく、色素沈着も起きやすくなるのです。

【肘・膝】おすすめの黒ずみケア

肘や膝の黒ずみの原因は分かりましたが、原因を作らないように生活の中の動作を根本的に改善するには、難しい面もあります。黒ずみを解消するには、肌のケアや、簡単な生活習慣の見直しが必要です。おすすめの黒ずみケアの方法をまとめましたので、参考にしてみて下さい。

ボディクリームでしっかりと保湿をする

角質増殖による黒ずみを防ぐために、乾燥対策は必須です。ボディクリームなどを使って、肘や膝にたっぷり潤いを与えるようにしましょう。タイミングとしては、肌がやわらかくなっているお風呂あがりがベストです。潤いを逃がさないように、入浴後すぐに保湿することを心がけまると良いでしょう。また、冬場などは外気に触れた後も、肌が冷たくなって肘や肘がコチコチに固まっていることが多くあります。乾燥を感じたらこまめにクリームを塗り、水分をチャージするのも大切ですね。クリームを塗った後は水分が蒸発しないように、肘や膝が隠れる服で覆うようにしましょう。

スクラブで古くなった角質を落とす

黒ずみ解消におすすめなのは、スクラブを使ったケアです。スクラブケアとは、細かい粒子が入ったスクラブ剤を使って、肘や膝に溜まった古い角質にアプローチするものです。硬くなった角質は、軽石などでゴシゴシこすりたくなるものですが、強い刺激が原因で炎症を起こすことがあるので避けましょう。肌に適度な刺激を与えるスクラブを、入浴で肌がやわらかくなった状態のときに使用すれば、メラニンが溜まった古い角質層を優しくオフすることが期待できます。スクラブの使用は1週間に1~2回を目安に行い、使用後は保湿を忘れず行ってください。

冷やさないようにサポーターなどを利用する

乾燥の原因を作る冷えを防ぐためには、膝冷え防止効果を期待できるサポーターなどを利用すると良いでしょう。巻いていると膝周りが温まり、膝の血の流れを促すことに繋がるでしょう。また、冷えの元になる生活習慣も直しましょう。冷たい飲み物を控えたり、下半身をじっくり温める半身浴を行ったりするのも、冷えの改善に効果が期待できるケア方法です。黒ずみケアだけでなく、健康維持のためにも、手軽にポカポカになれるグッズを上手く活用して寒い季節を乗り切りたいですね。

ストレッチや軽いウォーキングで血行を良くする

黒ずみの間接的な原因となる冷えを改善するには、ストレッチや軽いウォーキングなどの運動で血行を良くすることも良いでしょう。ストレスにならないような軽い運動を取り入れるだけで、健康にも良い影響が表れてくることが期待できるでしょう。手軽なところでは、ラジオ体操などもおすすめです。寒い季節の長時間のウォーキングなどは、逆に冷えをまねく原因につながるので、ほどほどの運動を心がけましょう。

【デリケートゾーン】おすすめの黒ずみケア

黒ずみが気になるのは、肘や膝だけではありません。人に見られると恥ずかしいデリケートゾーンも、黒ずみが起こりやすい部分です。改善するには、どんな方法があるのでしょうか。肌が敏感な部分だけに、正しいケアを行いたいですよね。意外と簡単にできる、デリケートゾーンの黒ずみケアについてまとめました。

保湿ジェル・ローションでしっかりと保湿する

デリケートゾーンは、黒ずみの原因となる乾燥が起こりやすい部位なので、しっかりと保湿しましょう。デリケートゾーンの乾燥というとピンと来ない方が多いかもしれませんが、実はまぶたよりも皮膚が薄い部分なので、水分を抱え込む力がありません。そのため水分不足になりやすく、乾燥が原因となって肌のバリア機能が失われ、黒ずみだけでなく、赤みやかゆみなどの肌トラブルも起きやすくなるのです。トラブルを防いで黒ずみを改善するために、毎日の保湿ケアを行ってあげましょう。保湿に使うアイテムは油分の多い硬めのクリームタイプよりも、肌に優しく浸透する水分の多いジェルタイプがおすすめです

締め付けが少なく肌に優しい素材の下着を履く

デリケートゾーンの乾燥は、締め付けの強い下着の着用によっても起こるとも言われています。下着が肌に食い込むと、摩擦によって肌に炎症が起こり、色素沈着して黒ずみができてしまうのです。化学繊維素材の下着なども肌への刺激が強いので、肌に優しい綿生地でできた締め付けの少ない下着を選ぶと良いでしょう。かゆみがある場合は手で掻いたりせず、デリケートゾーン専用の軟膏などでケアを行いましょう。

充分な睡眠をとってホルモンバランスを整える

ホルモンバランスの乱れも、デリケートゾーンの黒ずみを引き起こす原因の一つです。女性の体は、エストロゲンとプロゲステロンという2種類のホルモンが一定のバランスを保って分泌されることで身体機能の安定を保っています。このホルモンバランスが、睡眠不足やストレスの影響で崩れてしまうと、肌のターンオーバーが乱れ、古い角質が剥がれにくくなって黒ずみが起こります。その他にも、無理なダイエット、偏食などがホルモンバランスの乱れをまねくので、生活習慣の見直しをすることが必要です。

入浴でしっかりと体を温める

入浴でしっかり体を温めることも、黒ずみを改善するためにおすすめです。少し熱めのお湯に浸かると、デリケートゾーンの皮膚が柔らかくなり、血行改善、乾燥予防が期待できます。入浴後は、保湿ケアを忘れずに行いましょう。また、デリケートゾーンの黒ずみは、入浴中の間違った洗い方が原因になることもあります。強い力でゴシゴシ洗ったり、刺激の強い洗浄剤を使用したりすると、肌のバリア機能が崩れて炎症につながります。できればデリケートゾーン専用の石鹸などを使用して、優しく汚れを落とすようにしましょう

ストレスを溜めないようにする

過度なストレスも、ホルモンバランスの乱れをまねいて黒ずみを引き起こします。ストレスは現代人の生活となかなか切り離しにくいものですが、自分なりの気分転換の方法を見つけて、ストレスを溜め込まないようにしましょう。アロママッサージや軽い運動、おいしいものを食べることなどもストレス解消におすすめです。複数の解消法を上手く組み合わせて、ストレスの慢性化を防いでください。

まとめ

黒ずみの原因は、肌に合わない下着の使用や冷え性など、様々な生活習慣に関係しています。間違った生活習慣に心当たりのある人は、改善を心がけて下さい。肘や膝、デリケートゾーンは黒ずみが気になりやすい場所なので、それぞれの部位に合わせたケアを行いましょう。黒ずみは皮膚が薄い場所に起こりやすいため、肌を傷つけないように適切なケアが必要ですね。きちんと手入れされたお肌は女子力アップに欠かせない要素です。この記事を参考に、黒ずみのケアを今日から始めましょう!

引き用元サイト: feely[フィーリー]

記事元url: https://feely.jp/4623348/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. プレゼントにおすすめの雑貨15選!ジャンル別に紹介
  2. 疲れ顔の原因と対策!原因にあった対策で疲れ顔とバイバイ
  3. 部屋を可愛くしたい!可愛いお部屋コーディネート15選
  4. サンダルの靴擦れの原因と効果的な対策法・おすすめグッズ
  5. 無添加シャンプーの特徴・選び方&おすすめ製品♡成分で洗浄力が大違い
  6. 男性は、意外と敏感。「裏表のある女性」の本性に気づく瞬間4選
  7. 髪のうねりが気になる。原因&ヘアケア方法!うねりを活かした髪型も紹介
  8. 息ピッタリかよ!!闇鍋の具材に全員アレを持参して…「地獄絵図です」
  9. ホットタオルが気持ちいい♡保温効果の高いホットタオルの作り方
  10. 大事なのは意識。色気のある女性でいるために気をつけたいこと
  11. キャリアオイルとは?主なキャリアオイルの特徴・使い方&おすすめ
  12. コンビニコスメが人気!セブン&ローソン&ファミマの実力派コスメまとめ♡
  13. 知ってほしい「性的同意」、家に泊まったら「セックスOK」なわけじゃない…女子大生が冊子作成
  14. 体が木になる男、手術失敗 樹木化が足などにも広がる
  15. 待って待って今の無し!テイク2をお願いしたくなる「完全NG発言集」7選
  16. 本能に忠実なかわいいモンスター。大人を翻弄する理不尽キッズ 7選
  17. ピンチは柔軟な発想で切り抜けろ!?仕方なかった「苦肉の策」に笑う 7選
  18. ティラミスヒーローパクリ騒動の株式会社「gram」、そもそも大阪心斎橋のパンケーキ屋「gram」を乗っ取っていた
  19. 私も診てほしい!クールだけど優しくて丁寧な産婦人科の先生に心があたたまる
  20. 旅行鞄とタンスを通して繋がる男女。不思議な出会いからはじまるカップルの出会いの物語にほっこりが止まらない!
  21. 好きなモノには全力投球!ハイパー趣味エンジョイマンの神髄 7選
  22. ファッションのアクセントに!「MAIDEN」のアクセサリーが素敵
  23. 恋が叶う?「ローズクォーツネイル」の大人可愛いデザイン
  24. ワンカールって可愛い!内巻きも外ハネも自由自在のスタイル集
  25. ワンカールって可愛い!内巻きも外ハネも自由自在のスタイル集
  26. 夏のヘアアレンジ12選!ボブ・ミディアム・ロングさんの夏色ヘア
  27. 夏のヘアアレンジ12選!ボブ・ミディアム・ロングさんの夏色ヘア
  28. 掃除で運気アップ!風水的な開運場所の掃除ポイントを紹介
  29. デジタルパーマってどんなパーマ?魅力とおすすめスタイルをご紹介
  30. 北枕は風水的にどんな意味があるの?意味と効果・相性のいい色など
アクセスランキング