鼻の皮が剥ける9個の原因と剥ける人におすすめのメイクとケア

    全体:0月:0週:0日:0

鼻の皮がむけてしまうと悩んでいませんか?しっかりとケアをしているにも関わらず、鼻の皮が剥けてしまうということはありますよね。

そこで、ここでは

  • 鼻の皮が剥けてしまう本当の原因
  • 鼻の皮が剥けてしまう人におすすめのケア方法
  • 鼻の皮がよく剥けてしまう人におすすめのメイク方法

についてまとめてみました。色々な原因が考えられるので自分に当てはまる原因を見つけて、それにあった対処法でケアするようにしてみてください。

鼻の皮が剥ける本当の原因とは?

鼻
鼻の皮が剥けてしまう原因はいろいろ考えられます。洗顔方法が間違っている、過剰な頻度でピーリングしている、鼻を必要以上に触りすぎている、といったことが挙げられます。ここでは、鼻の皮が剥ける本当の原因をご紹介しましょう。

力を入れすぎるなど間違った洗顔方法

洗顔をするときは、洗顔フォームや石鹸をしっかり泡立て、優しく洗うのが基本です。しっかりと泡立てておけば、毛穴の汚れを泡が吸着してくれますし、強く洗う必要はありません。必要以上にゴシゴシと強く洗ったりすると、鼻の皮に刺激を与えて剥けてしまうことがあるのです。

鼻をティッシュを使ってかみすぎている

花粉症の方だと、花粉の時期には頻繁に鼻をかんでいると思います。ティッシュを使って鼻をかむときには、鼻にティッシュが当たっているので、それが原因で皮が剥けてしまうこともあるのです。鼻の脂質や水分をティッシュが吸収したり、ティッシュが当たることで刺激が加わっている、といったことも考えられますね。

過剰な頻度のピーリング洗顔


ピーリングは剥がれかけている古い角質を削り落とすことです。ターンオーバーを正常にする効果も期待できますし、スキンケアとして取り入れている方も少なくありません。しかし、ピーリングは肌の表面を削っていますし、過剰な頻度で行ってしまうと逆に負担をかけてしまいます。これも鼻の皮が剥ける原因になりがちです。

ファンデーションをつける際に力が入りすぎている

鼻の毛穴が目立つ方だと、ファンデーションで必死に隠そうとしますよね。そのため、ついファンデーションをつけるときに力が入りすぎてしまうということがあります。ファンデーションにはいろいろな化学物質も使われていますし、少なからず肌に負担をかけています。力を入れることで余計に負担が大きくなるのです。

クセなどで鼻を必要以上に触りすぎている

気が付いたら鼻を触っている、という方はいませんか?自覚なしにやっている方もいますが、癖で鼻を触ることが多い方だと、鼻の皮が剥けてしまうことがあります。必要以上に触ってしまうことで、鼻の皮が乾燥してしまったり、ストレスを与えてしまうのです。

間違った方法で角栓を除去している


鼻にできる角栓は目立ちますし、頻繁にケアをしているという方も多いでしょう。正しく適切なケアができているのなら問題ありませんが、人によっては間違ったケアをしていることもあります。毛抜きで角栓を押し出している、はがすパックで無理やり抜いている、といったケースですね。こうした除去方法は誤りです。

強すぎるメイク落とし

コスメには化学物質がたくさん使われていますし、メイクすること自体が肌に負担をかけています。そのため、メイクはきちんと落とさなくてはなりませんが、メイク落としにも洗浄力の強いものがあります。これだと、鼻にも負担をかけてしまいますし、皮が剥がれる原因になることもあるのです。

お肌の乾燥


乾燥しやすい肌質の方だと、鼻も頻繁に乾燥してしまいます。また、冬場のような乾燥しやすい時期もそうですね。肌が乾燥してしまうと、皮も剥けやすくなってしまいます。肌が乾燥すると毛穴の開きにも繋がりますし、イチゴ鼻の原因になることもあるので注意が必要ですね。

紫外線による日焼け

紫外線は夏場だけ降り注いでいると思っている方も多いですが、実際には一年中降り注いでいます。そのため、夏以外は紫外線対策がおざなりになってしまう方も多く、その結果日焼けしてしまうこともあるのです。鼻の頭は日焼けしやすい部分でもあるので、日焼けして皮が剥けるということですね。

鼻の皮が剥ける人におすすめのケア方法

鼻の皮が剥ける方におすすめのケア方法としては、自然成分で作られた石鹸を使用することが挙げられます。また、スキンケアはコットンではなく手で行う、ローションマスクを継続的に行うといった方法もありますね。詳しく見ていきましょう。

自然成分で作られた石鹸を使用する

靴擦れが出来る部分に石鹸やワセリンを塗り摩擦を減らす洗顔フォームの中には、合成界面活性剤を使用しているものもあります。合成界面活性剤は、強力な洗浄成分を持つので、洗顔したあとの顔もスッキリします。しかし、肌に必要な成分まで落としてしまうため、肌のバリア機能を低下させたり、乾燥を招くこともあります。自然成分でできた石鹸なら、適度な洗浄力なのでおすすめです。

ブースターを使ってから化粧水を使用する

化粧水の浸透をより良くするためのアイテムがブースターです。導入液とも呼ばれていますね。洗顔後すぐにつける美容液で、化粧水で保湿する前に使用することで肌の奥まで保湿できます。乾燥やごわつき、化粧ノリの改善といった効果が期待できるので、ブースターを使ってみるのはアリですよ。

スキンケアはコットンではなく手で行う


スキンケアにコットンを使っている方は多いのではないでしょうか。コットンは綿の繊維でできていて、それが肌に負担を与えてしまうことがあります。そのため、鼻の皮が剥けると悩んでいる方だと、コットンは使わないほうが無難なのです。手で優しくケアをしてください。

ローションマスクを継続的に行う

ローションマスクを使うことで、しっかりと保湿を行うことができます。マスクが肌に密着することでしっかりと美容成分を肌の奥まで届けることができるのです。化粧水の浸透力を高めることもできますし、潤いある肌を実現できますよ。たまにやるよりは、1日おきくらいにやったほうが効果は感じられるでしょう。

日焼け止めを使用する

紫外線は一年中降り注いでいるので、一年を通して紫外線対策をするのが基本です。日焼け止めを使用し、紫外線から肌を守りましょう。冬場は日照時間こそ短くなりますが、紫外線はしっかり降り注いでいます。雪が降る地域だと、雪からの照り返しで紫外線の影響を受けてしまうことも多々ありますよ。

鼻の皮がよく剥ける人におすすめのメイク


鼻の皮がよく剥ける人のために、ここではおすすめのメイクをご紹介したいと思います。コンシーラーを上手に使う、化粧直しにローションミスとを吹きかける、といったことですね。ぜひ参考にしてください。

美容液やクリームを少量ほど混ぜてファンデを使う

ファンデーションを使うときに、美容液やクリームを少量混ぜて使うことで保湿力をアップさせることができます。あまり混ぜすぎてしまうとファンデーションが早く落ちてしまうので、そこは注意してください。最初はどれくらい混ぜればいいのか分からないかもしれませんが、やっているうちに分量が把握できるようになります。

コンシーラーを上手く使う

コンシーラーを使うと、ピンポイントで気になる部分を隠すことができます。ファンデーションで厚塗りすることもなくなるのでおすすめですよ。チップタイプのコンシーラーだと、ポンポンと乗せてから軽くなじませれば大丈夫です。強く指で擦ってしまうと、鼻の皮が剥けてしまうので注意が必要です。

化粧直しにローションミストを吹きかける


ローションミストを使うことで、保湿力をアップさせることができます。今はいろいろなローションミストがあるので、いろいろ試してみるのもいいですね。メイクの上から使えるものが多いですし、細かいミストを吹きかけられるものもたくさんあります。

化粧直しはリキッドファンデを使用する

パウダータイプよりもリキッドタイプのファンデーションをおすすめします。ローションミストを使い、肌を湿らせてから使うのがポイントですね。皮が頻繁に剥けてしまう、という方は特にパウダーではなくリキッドタイプを使うようにしてください。サラッとした感じに仕上がりますよ。

まとめ

鼻の皮が剥けてしまう原因や、対策についてまとめてみました。鼻の皮が剥けてしまうと、それを隠そうとファンデーションも厚塗りしがちです。それがまた鼻の皮が剥ける原因となってしまうので、注意が必要ですね。ここでご紹介した、鼻の皮が剥けてしまう方向けのメイクもぜひ参考にしてくださいね。

引き用元サイト: feely[フィーリー]

記事元url: https://feely.jp/4641213/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. テキサスの男宅に武装強盗5人押し入る⇒家主がAK-47乱射⇒逃げる強盗を追いかけ乱射⇒3人死亡、2人負傷⇒警察「正当防衛」
  2. 「鼻ごと投げ捨ててしまいたい!」新登場の口臭通知サービスが想像以上に辛辣だった…
  3. 【ガチ脱出ゲーム】目が覚めると監禁されていた!頼れるモノはTwitterしか使えないスマホだけ⁈
  4. 平成生まれ必見!1999年にインターネットに出会った女の子の話のわかりみがすごい!
  5. 【プチ診断】メンヘラ?サイコパス?あなたが持っている影の要素グラフ
  6. 年齢を感じさせない!お年寄りカップルの情熱的なレゲエダンスに拍手
  7. 店員顔負けの神対応!また来てほしくなる最高のお客さん 7選
  8. あるもの探しをはじめよう「日常にある〇〇な幸せ」
  9. ハートにズキューン!くしゃみの反動でよろめくポメラニアンが可愛すぎ
  10. 子守唄兼マッサージ?ピアノの中で眠る猫が天使すぎてずっと見てられる
  11. 独り占めしたかった〜!おもちゃを半分奪われて静かに怒るワンちゃん
  12. セルノートを試したバストアップ効果は?口コミや評判もあわせて紹介
  13. ヨガフルーツスムージーの効果を実体験!口コミや評判も解説
  14. 伝説的な祝辞…!北野武が御即位三十年の集いでボケまくってて最高にカッコいい
  15. 唇の乾燥の原因と対策!おすすめリップ10選も
  16. 彼女に贈る記念日のプレゼントの選び方とおすすめプレゼント9選
  17. 両思いになりたい人におすすめ!思いが成就する9つの方法
  18. 高級ハンドクリームおすすめ12選!ブランドもオーガニックも
  19. 女友達に贈るクリスマスプレゼント!女子に人気のギフト12選
  20. 20代女性の誕生日プレゼント!女友達に贈る人気ギフト12選
  21. 予算1000円でプレゼント交換!おすすめギフト12選
  22. 付き合う前の初デート先の選び方とおすすめのデートスポット9選
  23. 芯が強い女性の特徴と行動!芯が強い女性になる5つの方法
  24. 良い人止まりの人に共通する特徴と良い人から卒業する5つの方法
  25. 彼女と連絡する頻度の理想的な回数とは?理想の連絡頻度で付き合うコツ
  26. パパママ必見!「子どもほめ辞典」がクッソ便利で育児が捗る
  27. 彼女が怒ってる?怒らせてしまう言動や怒っているときの対処法4選
  28. 猫みたいな女性はモテる?猫みたいな女性の5つの特徴
  29. お腹やせダイエットの効果的なやり方は?おすすめトレーニング
  30. 40代男性へのプレゼント!彼氏に?上司に?おすすめ12選
アクセスランキング