母を殺され、被弾したオランウータンの赤ちゃん、彼の瞳はなにかを訴えている

    全体:18月:0週:0日:0

どこか怯えているかのように小さな毛布に身を包む「ディディック」と名付けられたオランウータンの赤ちゃん。ディディックはこれまで過酷な運命を辿ってきました。

ディディック

出典:facebook.com

被弾したオランウータンは、捕獲する価値もなかった

彼はボルネオ島(マレーシア)の山林保全課スタッフにより衰弱した状態で発見されました。発見当時、彼の眼や皮膚は感染症におかされ、右肩には銃弾が撃ち込まれていました。

オランウータンの赤ちゃんはペットとして高値で密売されています。ハンターたちはディディックをペットにするため、ディディックの母親を目の前で撃ち殺しました。しかし、その際に彼も流れ弾により負傷したため、置き去りにしたようです。傷を治す価値もないと判断したのでしょう。

赤ちゃん オランウータン

出典:facebook.com

ディディク発見したスタッフはすぐに彼を動物保護団体「インターナショナル・アニマル・レスキュー」(IAR)に搬入しましたが、衰弱はひどく栄養を取るために口を開けることもできないほどの状態でした。さらに、栄養失調で成長が止まっていることもわかりました。IARのスタッフは必死に治療を続け、なんとか一命を取り留めることに成功しました。

IARはFacebookでディディックを治療するための寄付金を全世界に募るとともに、回復状態をレポートしています。最近はおかゆと栄養剤を与えることで少しずつ体重は増えていますが、それ以上に問題なのは彼の心の傷です。

ディディック3

出典:facebook.com

オランウータンはマレー語で「森の人」という意味を持つほど、人間に近い動物。IARの医療スタッフは「オランウータンにとって母親を撃ち殺されるというのはショッキングな経験でトラウマを負うだろう」と述べています。

出典:huffingtonpost.com

ディディックはお母さんが射殺された瞬間を目にしている

自然で母親とともに平和に暮らしているはずだったディディック。人間のエゴで母親を亡くし、自然から連れ去られたショックはどれほどのものでしょうか?

人間も精神的にひどい傷を負った時、自分の心に閉じこもってしまうことがあります。ディディックもその状態に陥り、IARのスタッフに対しても心を開いていません。IARのスタッフもまたハンターと同じ人間というのをわかっているからでしょう。

表情から感じる人間への不信感

ディディック4

出典:facebook.com

ディディックの悲しそうを通り越してすべてを諦めたような表情は、心の傷の深さです。身体が成長しても、心の傷が癒えるとは限りません。人間もまた心の傷から立ち直るのが難しいようにです。

彼の顔が訴えかけるのは、人間の傲慢と非情さに対する批判のメッセージのように思えてなりません。

記事参照:express.co.ukhuffingtonpost.com

引き用元サイト: FEELY

記事元url: http://feely.jp/47041/

 - FEELY ,

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. 【コロコロコミック問題】 横綱・白鵬も参戦 「残念ですね。子供が見るものでしょう!」
  2. 【驚異のシンクロ率】パパのDNAを完全に受け継いじゃった子ども達 14連発
  3. 【女性専用車両】 「男性差別とか寝言いってんじゃーぞ」 反対派とカウンターが渋谷駅前で衝突、「帰れ」コール響き騒然
  4. そんなミス聞いたことないよ!愛すべき我が家のオモシロお姉ちゃん 6選
  5. 良かれと思ったことが裏目に!せめて笑ってほしいロンリーヒーローの哀しき逸話 8選
  6. -67℃“世界で最も寒い村”に自転車で向かい夏用テントに滞在していた日本人学生らがSOS、地元住民が保護
  7. ひとり反省会スタート!心の中でごめんなさいを叫んだまさかの展開 7選
  8. 立ち止まらざるをえなかった!呼び込みの店員が放つナゾトーク 6選
  9. 子育ては毎日が思い出。ママがふと子どもの成長を感じたときに溢れた想いとは
  10. 美人は一日にして成らず!イイ女度を高める7つの指南的つぶやき
  11. まさにカオス……。44体のファービーが合唱する衝撃のオルガンが話題!
  12. どこから連れてきた!(笑) 巨大なクマさんがサイドカーに乗って街中に登場
  13. 「リング」貞子がARでテレビから飛び出し、あなたを追う恐怖映像!
  14. 神秘的な美しさ!大雨の後に登場した水中トレッキングコースがスゴい
  15. キュートすぎる!巨大サメとダイバーがじゃれる様子に思わず顔がほころぶ!
  16. 【画像】 松本零士の描いた最新のメーテルが酷すぎると話題に
  17. 熊本県警のセンスに金メダル! 全国で発見された見過ごせない「おもしろ電光掲示板」 8選
  18. 北朝鮮美女応援団の1人、米国選手に拍手 周囲「っ!?」「バカな…!」「あ…あ…」
  19. シュール折り紙フェスティバル!アイディアあふれる10作品に爆笑間違いなし!!
  20. 魅せ方うますぎ!みんなの「クリエイティブクッキング」が力作揃いで凄すぎる 10選
  21. 最近人気の癒し系男子。芸能人だったら”あの人”!
  22. 【女性専用車両】 駅員「男性乗れる」女性「えー!?降りて欲しい人~」「はーい!」「降りろ!降りろ!」→遅延 京浜東北線(動画あり)
  23. ドS男子の特徴とは?ドS男子に好かれる女性の”ある”共通点
  24. 魅力的な女性の特徴とは?あの人に振り向かれるために必要な考え方
  25. 純粋な女性はどうしてモテる?この世の男性が思い描く理想像とは
  26. 妊婦に起きやすい湿疹トラブル!早く治さないと大変なことに
  27. 日焼けが原因の湿疹はどう治療すればいい?
  28. 絶食系男子って本当にいるの?その驚くべき実態とは
  29. サブカル男子の特徴や好きな女性のタイプ、究極の攻略法とは?
  30. お肌に「はたけ」ができるのは〇〇の可能性も!効果的な治療法も
アクセスランキング