母を殺され、被弾したオランウータンの赤ちゃん、彼の瞳はなにかを訴えている

    全体:18月:0週:0日:0

どこか怯えているかのように小さな毛布に身を包む「ディディック」と名付けられたオランウータンの赤ちゃん。ディディックはこれまで過酷な運命を辿ってきました。

ディディック

出典:facebook.com

被弾したオランウータンは、捕獲する価値もなかった

彼はボルネオ島(マレーシア)の山林保全課スタッフにより衰弱した状態で発見されました。発見当時、彼の眼や皮膚は感染症におかされ、右肩には銃弾が撃ち込まれていました。

オランウータンの赤ちゃんはペットとして高値で密売されています。ハンターたちはディディックをペットにするため、ディディックの母親を目の前で撃ち殺しました。しかし、その際に彼も流れ弾により負傷したため、置き去りにしたようです。傷を治す価値もないと判断したのでしょう。

赤ちゃん オランウータン

出典:facebook.com

ディディク発見したスタッフはすぐに彼を動物保護団体「インターナショナル・アニマル・レスキュー」(IAR)に搬入しましたが、衰弱はひどく栄養を取るために口を開けることもできないほどの状態でした。さらに、栄養失調で成長が止まっていることもわかりました。IARのスタッフは必死に治療を続け、なんとか一命を取り留めることに成功しました。

IARはFacebookでディディックを治療するための寄付金を全世界に募るとともに、回復状態をレポートしています。最近はおかゆと栄養剤を与えることで少しずつ体重は増えていますが、それ以上に問題なのは彼の心の傷です。

ディディック3

出典:facebook.com

オランウータンはマレー語で「森の人」という意味を持つほど、人間に近い動物。IARの医療スタッフは「オランウータンにとって母親を撃ち殺されるというのはショッキングな経験でトラウマを負うだろう」と述べています。

出典:huffingtonpost.com

ディディックはお母さんが射殺された瞬間を目にしている

自然で母親とともに平和に暮らしているはずだったディディック。人間のエゴで母親を亡くし、自然から連れ去られたショックはどれほどのものでしょうか?

人間も精神的にひどい傷を負った時、自分の心に閉じこもってしまうことがあります。ディディックもその状態に陥り、IARのスタッフに対しても心を開いていません。IARのスタッフもまたハンターと同じ人間というのをわかっているからでしょう。

表情から感じる人間への不信感

ディディック4

出典:facebook.com

ディディックの悲しそうを通り越してすべてを諦めたような表情は、心の傷の深さです。身体が成長しても、心の傷が癒えるとは限りません。人間もまた心の傷から立ち直るのが難しいようにです。

彼の顔が訴えかけるのは、人間の傲慢と非情さに対する批判のメッセージのように思えてなりません。

記事参照:express.co.ukhuffingtonpost.com

引き用元サイト: FEELY

記事元url: http://feely.jp/47041/

 - FEELY ,

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. 窓をバールで割って知人男性宅に侵入した女子高校生を逮捕 「彼氏を絶対に許さない」
  2. 「120日絶食」「オスがミルクっぽいもん出す」育休を取るペンギンが理想の夫すぎた…
  3. 女性「ガストで子供が暴れてたのを放置してたら店員に注意されたからブチギレて店長呼んでやった」
  4. 【二枚目をご覧ください。私じゃなくて資料です。】人生で一度は言いたいセリフ 6選
  5. 見て見ぬふりができなかった「寺の御言葉」 7選
  6. HAHAHA!国境を超えてやってきた「海外の笑い話」 6選
  7. キラキラを閉じ込めよう♡セルフでも簡単!《スパンコールネイル》できらめく指先
  8. お気に入りの色を長く楽しむために!染めた髪の色を長持ちさせるコツ
  9. 【コスパ◎】ドラッグストア・ネットで手に入る《お手ごろ乳液・保湿クリーム》6選♡
  10. また同じようなものを買っちゃった?《コスメの色かぶり》を防ぐポイント
  11. さらっとした美肌を長時間キープ!話題の《塗る脂取り紙》とは?
  12. 知ってる人は使ってる!研磨剤なしの歯磨き粉のおすすめ5選
  13. お手ごろ価格なのに超優秀!ドラッグストアで手に入る《おすすめ化粧水》7選♡
  14. 女性の何気ない仕草にドキッ!食事中に男性がときめくポイント5つ
  15. 突然訪れる衝動!女性がヘアスタイルを変えたいと思う瞬間5パターン
  16. もうひと手間が美人への近道!メイク後のワンポイントテクニック
  17. 大人女子ならいつものケアにプラスしよう!おすすめ《フェイスマスク》6選♡
  18. この職業の男性はお断り!女性に不評な職業の共通点は「女の気配」!
  19. 今年の夏は《フォンダンウォーター》が来るッ!おしゃれで美味しいお水の正体とは?
  20. 大人可愛い《ステンドグラスネイル》で芸術性あふれる魅力的な指先に
  21. 男が思わず振り返る!去り際に程よく香る「いい香りを放つシャンプー」
  22. 夫婦生活の中で会話がなくなっていく…これって普通?~Aさんの場合~
  23. ふんわり感が可愛い!《バルーンシルエット》で楽しむコーデ術
  24. 老けてしまう原因はヘアスタイルにあり!考えられる7つのミスとは
  25. トランプ「私はフェイクニュースを国民の敵と呼ぶことにした」→報ステ字幕「私はメディアを国民の敵と呼ぶことにした」
  26. 本人は気づいていない!実は「ブス見え」している変なメイク
  27. 恋人はいらない「おひとりさま」が増加中!ひとりが心地いい時代に
  28. 秋冬ファッションに取り入れたい!《アーガイル柄》のファッションアイテム特集
  29. ポーチの中をすっきり整頓!持ち運びしやすい《スティックコスメ》の魅力
  30. ワサビは刺身にのせる?醤油に溶かす?結果は大接戦 全国図
アクセスランキング