試合中のワンシーンが、昔の愛ちゃんを思い出すと感動を呼ぶ…。

    全体:12月:0週:0日:0

「わたしはキャプテンだから、唇を噛んででも、泣くわけにいかなかった」

 福原愛選手(27)は170万人のフォロワーを持つウェイボー(中国版ツイッター)にて、幼い頃の写真とメッセージを投稿しました。

「8月13日は卓球を始めた日です。今日で25周年。母や多くの人に感謝しています。これからも応援よろしくお願いします」

愛ちゃん ウェイボー 写真

出典:weibo.com

 この投稿から3日後、リオ五輪「卓球女子団体」の3位決定戦にてシンガポールを破り、銅メダルを獲得。

 しかし、あと一歩でメダルに届かなかった個人戦、右太ももの怪我… 喜びよりも悔しさが心に残ったのか、NHKのインタビューでは「足を引っ張ってばかりで…」「苦しいオリンピックでした」と生々しい言葉でリオ五輪を総括した福原選手が印象に残ります。

 その表情は、幼い頃からたくさんの涙を流してきた泣き虫愛ちゃんと同じく、瞳を潤わせていました。団体チームでの福原選手は27歳とチーム最年長。大会中は「キャプテンとして」の言葉を何度も口にしていたといいます。

リオ五輪の期間中、福原は「キャプテンとして」という言葉を頻繁に使っていた。

「キャプテンとしてチームを勢いづけたい」。「キャプテンとして、(シングルス初戦で)負けた佳純ちゃんの分まで」と。

しかし、大会を総括する場で、村上恭和監督は明かした。

「じつは、今回に限っては福原選手にキャプテンを任せていないんです」

世界卓球ではキャプテンを任せていたが、今回は福原にそのような役目を託していないという。

チーム最年長の責任感と、自分の言動によってチームを支えなければいけないという自覚が、福原が自身をキャプテンだと信じ込ませてしまったのだろう。

出典:「自主キャプテン」福原愛の止まらぬ涙。
卓球女子、歓喜の銅メダル(web Sportiva)

 自主キャプテンとしてチームを支えた言動の数々からは強い意志が垣間見えました。インタビューで流した涙は、そのプレッシャーから解放された安堵感からこぼれ落ちた涙だったのかもしれません。

「わたしはキャプテンだから、唇を噛んででも、泣くわけにいかなかった」

「わたしはキャプテンだから。(伊藤)美誠(スターツ)は私よりもっとつらい。もし私が泣いたら、彼女がもっとつらくなってしまう。だから私は唇を噛んででも、泣くわけにいかなかった」

出典:握手拒んだ福原愛 「握手したらエッジに当たったと認めることになる」 伊藤美誠のために「唇噛んでも泣くわけにいかなかった」(産経新聞)

 この日のシンガポール戦でも12歳年下の伊藤美誠選手に「伊藤選手がやった相手は私がシングルスでやった相手だったので、できるだけアドバイスをした」とサポートしたことを語っています。そして、その助言をおくる姿が幼いころの愛ちゃんとそっくりだとネット上で感動を呼んでいます。

※伊藤美誠選手もリツイートしています

 虜にした卓球王国・中国のファンからも「4年後の東京でまたあなたをみたい」「あなたは最高よ」とメッセージを寄せられた福原選手。今はまだ今後の去就について考えがまとまっていないことを明かしていますが、今回のリオでは昔の愛ちゃんとは違う姿をみせてくれました。

引き用元サイト: FEELY

記事元url: http://feely.jp/50543/

 - FEELY , ,

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. 艶やかな美しさ……。サボテンの開花を捉えたタイムラプス映像が神秘的
  2. 「すげえええええ!!!」海を初めて見たオウムの興奮っぷりがスゴい
  3. あの「キングダム」の後の時代!秦の始皇帝に立ち向かう新時代の英傑たちの物語!
  4. 笑ったら負けです!5秒でポーカーフェイスを破壊する「表情」のボケて 11選
  5. 自殺した農業アイドル(16歳) 「アイドル辞めたいと言ったら事務所社長に違約金1億円請求された」
  6. 「もうダメだぁ」その時後ろをふり返ると一人のこどもが!こどもをテーマにした爆笑4コマ漫画を読んでみる!
  7. 鳩山由紀夫「赤坂を歩いてたらルーピーと叫ばれた。以前はショック受けたが最近は可哀想に思う。彼らに真の友愛を伝えたい」
  8. その生き様にあっぱれです。世界を救う!素敵ギャル 8選
  9. 【画像】 ラブライブ! マンホールのふたになる 「想像以上に出来が良い」
  10. 嫌いより好きを主張していこうぜ!会話をポジティブにした結果 7選
  11. 「これ僕専用~☆」エスカレーターに乗るブルドッグがカワイすぎる!
  12. 可愛すぎて食べるのがもったいない!超小さなキッチンでユニコーンケーキを作ってみた
  13. これぞ究極の臨場感!超高画質『8K』映像で見る日本の美しさ
  14. まるでドラマの1シーン!運命という言葉がピッタリな胸きゅんエピソード 6選
  15. 武蔵小杉駅の混雑、JRに対策求め署名運動スタート 改札、ホーム、車内すし詰め「あばら折れちゃう!」
  16. 命だけでなく患者の人生も救う!?再生を司る神「ホルス」と呼ばれた名医師の手技が冴え渡る!
  17. なんか予想してたのと違う!期待を裏切られた瞬間 6選
  18. 中村雅俊の息子が大麻で逮捕されたって本当?今は何をしているの?
  19. 痛烈な言葉が胸に刺さりまくる!容赦ない妹の一言 6選
  20. アン・ラッキーは突然に!まさかの角度から心にダメージを負った出来事 7選
  21. かわいいさと面白さでニヤニヤする!電車で見たら危険なボケて 10選
  22. 学園のイケメン3人組との胸キュンラブストーリ♡大人気作品「SECERT」続編にして完結作!
  23. 田舎の村に住む二人の少年が画家を目指して東京へ!二人の成長を描いた「蒼き炎」が熱い!
  24. 【動画】 札幌ドームで幼い少女に怒鳴り散らし続ける男性 Twitterで拡散炎上
  25. 【あっちの世界でもスマホは手放しません】底尽きることのないみんなの願い 7選
  26. アブドゥル・バキさん「父さん、俺この子と結婚するよ」 → 父激怒、両目をくり抜き静脈を切断
  27. こういう試みめっちゃイイ!心がポカポカした優しい光景 8選
  28. 御社の常識、弊社の非常識!?取引先との間で起きた珍事件 8選
  29. 男の子が「今晩泊めてください」と訪問、断ると「僕のことがわからないの」と立ち去る…新潟
  30. 小さな頭の中はフクザツなんです。真理をついてきた子供の発言 8選
アクセスランキング