最高のお昼寝スポットから絶対に動きたくないラグドールのティモ。飼い主への塩対応が絶賛される

    全体:0月:0週:0日:0

1904rgtm00
image credit:YouTube

 マランダーでもたびたびご紹介しているセレブキャット、ラグドールのティモ。いつもは、そのセレブな暮らしや恋バナなんかをお届けしているわけだけど、今日はちょっと趣を変えてみよう。

 ひたすら「動きたくないでござる」を体現しているティモさんだ。 続きを読む

引き用元サイト: カラパイア

記事元url: http://karapaia.com/archives/52273243.html

 - karapaia

推し

新着記事

  1. 人生万事塞翁が馬。「幸か不幸かは、考え方次第」という運のランダムな性質を描いたショートアニメ「ノヴァの効果」
  2. いつもお世話になってるんで。人間を愛情込めてマッサージするハムスター
  3. いったいなぜ?無数の人骨が発見された骨の湖「ループクンド湖」新たなるDNA調査で更なる謎が深まる(インド)
  4. 火星の生活を疑似体験する洞窟内アトラクションがガチすぎる件(スペイン)
  5. [フョードル、行きまーす!」ロシアのヒューマノイドロボットが宇宙へ発進!
  6. 7位は日本の本州、北海道とアイルランドはほぼ同じ。世界の島を大きさ順に並べてみた。
  7. 野良猫が助けを求めてやってきた。それにいち早く気づき家族に知らせた犬。猫は無事救われる。
  8. ネガティブ発言も時には有効。チームを勝利に導く監督がロッカールームでやっていることは?(米研究)
  9. 猫はただ飛んだだけ。だがそれが引き金となってしまったリビングの惨事
  10. 全ては日光浴の為。19世紀後半のフランスで日光療法の為に設置された大がかりな回転式サンルーム
  11. 遊ぼ遊ぼ!いっしょに遊ぼ!可愛い子犬とヒヨコのらぶらぶプレイタイム
  12. 超深部起源ダイヤモンドが明かす月の年齢に匹敵する本源マグマの存在(オーストラリア研究)
  13. AI音声アシスタントで一番賢いのはどれ?GoogleとSiri、Alexaを比較してみた結果、一番賢いのはダントツで...
  14. 最初に目に飛び込んだものが、真の自分を明らかにするカギとなる潜在意識テスト(占い)
  15. 負傷者はいないのになぜ血しぶきのようなものが飛び散っているのか?トラックと車両運搬車の衝突事故現場の謎
  16. たくさんの犬たちが劇場の座席にきちんと座ってミュージカル鑑賞!お行儀の良いその姿に世界が感動(カナダ)
  17. 母性本能の手がかりが発見され、産後うつなどの精神疾患が緩和できるかもしれない(米研究)
  18. 台所から不穏な音。焼く前の状態のクッキーが4つなくなっていた。犯人は一目瞭然のハスキーだった。
  19. そういうオチだったんかい!背中で恐怖を感じたり、口元でニヤリと笑える、2文仕立てのショートホラーストーリー
  20. 朝起きたらバスルームで愛犬がこんな顔してた。冷凍ポテトをこっそり食べようとして食べ損ねたブルドッグの表情
  21. 火船戦術の極み。史上最大の大量破壊兵器と称される浮遊爆弾「ヘルバーナー」の歴史(ヨーロッパ)
  22. 植物版バウリンガルみたいなものなのか?植物の気分をアニメーションで伝えるスマート植木鉢が販売決定
  23. マットレス・マッドネス。大量のマットレスが一斉に動き人を襲う事態が発生。一体なぜ?(アメリカ)
  24. 地質学者がGoogle Earth(グーグルアース)で見つけた、興味深い20の地形
  25. ボーイフレンドが犬に嫉妬。大切な愛犬を売り払われてしまった女性。メディアで拡散され無事に再会(アメリカ)
  26. ビンビンになると噂の地衣類を食べる人が続出中。毒性があるので危険と植物学者が注意喚起(ニュージーランド)
  27. 「どうぞご自由におモフり下さい」猫が床に転がったまま微動だにしないレストランの風景(タイ)
  28. いったいなぜ?フォートナイトの世界チャンピオンの自宅に、米警察特殊部隊SWATが襲撃する事態が発生(アメリカ)
  29. 留守番を任されたゴールデンのアベリーさんが見せた哀愁に満ちた表情がこちら
  30. 地球温暖化に懐疑的な人は、自分の信念を支持する情報を集める為、科学者より49%多くのメディアをチェックしている
アクセスランキング