ダイヤモンドは永遠の錯視?中央の◆が常に動いているように見える視覚イリュージョン「永遠のダイヤモンド」

    全体:8月:8週:1日:1

no title
Arthur Shapiro@agshapiro2

 ダイヤモンドの永遠の輝きは人の目を狂わせるのだろうか?
 ということはダイヤモンドって永遠の錯視なの?

 この視覚イリュージョンは、「永遠のダイヤモンド」と名付けられたものだ。背景が明滅すると、どういうわけだか中に描かれた止まっているはずの図形が上下左右に動き回っているように見える。 続きを読む

引き用元サイト: カラパイア

記事元url: http://karapaia.com/archives/52275191.html

 - karapaia

推し

新着記事

  1. 大きさは全然違うけど、お互いに惹かれあい、ぴったりひっついて離れなくなった2匹の保護犬物語(アメリカ)
  2. カタツムリの粘液がヒントに。成人男性の体重にも耐えられる貼ってはがせる超強力な接着剤が開発される(米研究)
  3. プリンターの動きに翻弄され、図らずもシンクロびっくりを連発する猫ズ
  4. 魔女術「ウイッカ」における24のシンボルの秘密の意味
  5. メイさん、メイさん、これなぁに?マスクが気になる子パンダと飼育員との異種格闘戦
  6. O型は血を吸われやすいは本当だった。なぜ蚊に刺されやすい人と刺されにくい人がいるのか?8つの科学的理由
  7. 触手が太ももを這いまわる感がすごい!究極の触手ストッキングが販売中だってばよ!
  8. 真っ先に何が見えた?3通りに見えるモノクロの絵。何が見えたかであなたの真の性格がわかる性格診断テスト(占い)
  9. 世界最強の料理人はホワイトハウスにいた!ムキムキの筋肉で腕を振るう(アメリカ)
  10. アザラシも歌うたう~。スターウォーズやキラキラ星のメロディーを「ファーファー」という鳴き声で上手に真似るアザラシ
  11. 情報は脳にとってお金や食べ物、麻薬のようなもの。脳の報酬系を刺激するのでやめられない(米研究)
  12. 「おすわり」ができないとおやつがもらえない犬に、おすわりするように教える犬
  13. ミシガン湖の底に眠るキリストの十字架像。水難事故者の慰霊碑として沈められたもの(アメリカ)
  14. よく頑張ったニャ、うれしいニャ!出産を終えた母猫と子猫たちをいたわる新米イクメン猫
  15. スマホの見過ぎで現代の若者の頭蓋骨に「ツノ」が生え始めているというニュースは本当なのか?
  16. 圧倒的加速力と横移動のカニ走りで地雷をかわすことが可能となったボルボの新型軍用車
  17. サボテンの葉から安全な生分解性プラスチックを作る方法が発見される(メキシコ研究)
  18. キアヌリーブスをディズニー映画のプリンスに置き換えてみた。なるほど、これはこれでいい感じになった件
  19. 逮捕され、そのまま刑務所に入ってしまった飼い主の帰りを警察署前で1年間ずっと待ち続ける犬(アルゼンチン)
  20. 太陽光発電、ソーラーパネル効果の重要な欠陥が40年の研究を経て明らかに(英研究)
  21. この塀、乗り越えて見せるぜ!デコボコでも前に進むことをやめない。かっこいい生き様を見せてくれた黒猫
  22. 仰天ハプニング!突如エレベーターが急降下!すべてのボタンを押して危機を免れた9歳少女(中国)
  23. ドキドキの猛禽力。お姉さんがジャケットの中を見せたら、そこにいたのは可憐なフクロウ
  24. 巨大金魚かと思ったら...「ビッグマウスバッファロー」の変異種が捕獲される。推定年齢100歳以上(アメリカ)
  25. 人気の美容系ユーチューバーの画面に合わせて同じ化粧が体験できる!YOUTUBEに新機能が追加予定
  26. 7タイプの爪の形で占う性格診断テスト
  27. こ、これは・・・シャンパンタワーが大崩壊。ドミノ倒しのごとく崩れ落ちていく驚愕の瞬間(ロシア)
  28. うつ状態の時何食べてる?ツイッターユーザーの呼び掛けで集まった「うつの食卓」
  29. 良かった!生き返った!失神して動かなくなった仲間を何とか助けようとするカササギたち(カナダ)
  30. 腸内細菌が薬を食べてしまう。薬効成分が腸内細菌により台無しにされることがあるという研究結果(米研究)
アクセスランキング