スコットランドの湖に浮かぶ謎の人工島「クラノグ」に新事実。5600年以上前に作られたものだった(イギリス研究)

    全体:29月:11週:0日:0

00_e0
F. Sturt; Duncan Garrow and Fraser Sturt, Antiquity 2019.

 古代から残されたミステリアスな建造物は、長い年月の経過が様々な事実をすっぽりと覆い隠してしまい、その謎を紐解いていくのは至難の業だ。

 ほんの少しだけ残された手がかりを頼りに、研究者たちは入念にパズルのピースを組み合わせていく。だがそれが報われた時、研究者たちは大きな喜びを手にすることができる。そこに彼らの心を惹きつけてやまない魅力があるのだ。

 イギリスのスコットランド周辺にある複数の人工島「クラノグ」もその1つだ。

 研究者たちは何十年とその調査を重ねてきた。そしてついに、これまでの定説を覆す新発見にたどり着くことができたのだ。

 約2800年前の鉄器時代に造られたと考えられてきた一部のクラノグが、実は5600年以上も前の新石器時代に造られたものであることがわかったのという。 続きを読む

引き用元サイト: カラパイア

記事元url: http://karapaia.com/archives/52275779.html

 - karapaia

推し

新着記事

  1. 「どうぞご自由におモフり下さい」猫が床に転がったまま微動だにしないレストランの風景(タイ)
  2. いったいなぜ?フォートナイトの世界チャンピオンの自宅に、米警察特殊部隊SWATが襲撃する事態が発生(アメリカ)
  3. 留守番を任されたゴールデンのアベリーさんが見せた哀愁に満ちた表情がこちら
  4. 地球温暖化に懐疑的な人は、自分の信念を支持する情報を集める為、科学者より49%多くのメディアをチェックしている
  5. 大収穫じゃないか!家の中が野菜に満ち溢れる生活。巨大お野菜クッション
  6. モルモットは寂しがり屋。スイスの「モルモット単独飼育禁止令」に倣って専門家が正しい飼育法をアドバイス
  7. おすわりも伏せもできる!人命救助用犬型ロボット「アストロ(Astro)」の犬化がすごい!(アメリカ)
  8. ホテルを探すなら猫付きで!猫が常駐する世界のホテルを紹介「Hotels With Cats (猫がいるホテル)」
  9. 脳にマイクロチップを埋め電気ショックで過食を制御。革新的な肥満予防デバイスが開発される(米研究)
  10. 欲しいのか?1粒だけな。犬にキャットフードを1粒だけ分け与える猫
  11. カタツムリの触角の中でグリグリとうごめく寄生虫、ロイコクロリディウムの恐ろしい映像が話題に(台湾)※グリグリ注意
  12. 遊んでくれなきゃシャカシャカするぞ。お姉さんと遊んでほしいマヌルネコが見せた健気な瞳
  13. 脳は悪い情報に敏感。知らず知らずのうちに誰もが影響を受けている認知の罠「ネガティビティ・バイアス」とは?
  14. きょえぇぇ~!フィヨルドの断崖絶壁に張り出す超高所ホテル構想(ノルウェー)
  15. だまし絵から最初に見えるもので、隠された人格が明らかになる心理テスト(占い)
  16. レストラン経営者が苦情を訴えた観光客に激怒。車に飛び乗りフロントガラスをたたき割る(アルバニア共和国)
  17. 一匹の飼い犬と、運命の出会いをした野良の子猫。仲良しの2匹を見た飼い主が出した決断が優しかった(イタリア)
  18. 求められていないのに自分のキノコ写真を送りつける男性はナルシストで性差別的であるという調査結果(カナダ研究)
  19. 地震!その時猫は?台湾で地震が発生した時の猫たちの様子を記録した監視カメラ映像
  20. 頭にブラウン管テレビを被った男が、民家の軒先に旧型テレビを次々と置いていく不可解な事案が発生(アメリカ)
  21. フェンスにくくりつけられたハスキーを救出した警官、すっかりほれ込み無事飼い主となる
  22. 日本の捕鯨はクジラ保全最大の脅威ではない。アメリカとカナダは自分たちの有害な行為に目を向けるべきだとするアメリカの研究者
  23. アメリカアイス事変。今度はホットドッグ味のアイスクリームが爆誕!
  24. アルミ缶とペットボトル、どちらが環境に悪いの?
  25. 母親にスマホを没収された少女、ゲーム機を経てついにはスマート冷蔵庫からツイート!?(アメリカ)
  26. 思いがけない偶然の出会いから、永遠の親友同士になった地質学者と子猫の物語(アメリカ)
  27. 手術後の人体と糖分が大好き。病院で繁殖する恐怖の細菌が発見される(英研究)
  28. どんなクリーチャーが迫ってくるかと思えば...猫がぬいぐるみをくわえて運ぶ様子があまりにもシュール
  29. 怪現象再び...去年に続き今年もロシアの一部地域で、日が昇ったのに空が暗闇に包まれるミステリーが発生
  30. これは眼福。美しすぎる3匹のメインクーンのいる生活を覗いてみよう。
アクセスランキング