火星に住みたい?ならば、ある物質で覆い地球大気の温室効果を模倣すればよい。という研究(米・英共同研究)

    全体:3月:1週:0日:0

fantasy-landscape-1481192_640_e

 火星を人が住めるような環境に変えてしまうというのは、昔から描かれてきた夢だ。

 このSFの話を現実に持ち出したのは、アメリカの天文学者カール・セーガンが初めだ。1971年に彼は、火星の北極の氷を溶かして炭酸ガスを発生させ、その温室効果で温暖な気候を作り出そうという、「惑星エンジニアリング」を提唱した。

 このアイデアは多くの研究者や未来学者をいたく刺激した。だがよくわからなかったのは、はたして火星に地球と同等の気圧を作り出せるくらいの温室効果ガスと水が存在するか? ということだった。

 2018年、NASAから助成を受けた米コロラド大学ボルダー校とノーザンアリゾナ大学の研究者によって、火星で利用可能な資源をすべて使ったとしても、気圧は地球の7パーセント程度にしかならないことが発表された。

 つまり、このやり方では火星を人が住める場所にはできないわけだ。でもそこで諦めたら試合終了。研究者らは新たなる方法を考え出した。ある物質を使って火星の大気の状態を地球に近づければよいと。

 うん、まだまだ火星ロマンは終わっていないぞ。 続きを読む

引き用元サイト: カラパイア

記事元url: http://karapaia.com/archives/52277143.html

 - karapaia

推し

新着記事

  1. 生命の自己複製能力を模倣した人工ゲノムの開発に成功(ドイツ研究)
  2. アメリカ人が2つの方法で混乱してるので、イギリス人が科学的に効果の高い手の洗い方を検証してみた(英研究)
  3. ん?困ってる?飼い主が落とした洗濯物を拾って届けるお利口な犬
  4. これはいったい?スコットランドの海岸に奇妙な骨が打ち上げられる(イギリス)
  5. お風呂好きな犬、お湯を張っていたらちゃぷんと入り込んでいた
  6. 視覚・聴覚・文字・運動。人にはそれぞれに適した4つの学習法が存在する
  7. これは要チェック!19世紀~20世紀の数千点以上のイラストが無料ダウンロード可能に
  8. 人知れず、見知らぬ家の雪かきをしていたのは消防士たちだった(アメリカ)
  9. 特定の日にほうきが立つとNASAが発表?ツイッターで誤情報が拡散されチャレンジャーが続出した件
  10. 特定の日にほうきが立つとNASAが発表?ツイッターの誤情報が拡散されチャレンジャーが続出した件
  11. またしてもヒゲメン!ピザ店に迷い込んだ子猫、ヒゲメンシェフに引っ付いて離れずそのまま飼い猫に(オーストラリア)
  12. 大人になっても反社会的行動が止められない人は、脳の構造に違いがある可能性(英研究)
  13. ハスキー救出大作戦。パジャマの中から出られなくなった犬を出してあげる
  14. 米カリフォルニア州、第二次世界大戦時の日系人強制収容に対して公式に謝罪を表明
  15. 小さな妹をずっと見守っているからね!マラミュートズと猫と赤ちゃんの朝の風景にほっこり
  16. なぜ、人は呪いを信じるのか?
  17. 恐竜のコインだと!英国王立造幣局が50ペンス硬貨を3種の恐竜でデザイン
  18. 意思を持った巨大生命体みたい!群れで様々なフォーメーションを作る魚
  19. パイロット、グッジョブ!暴風雨の中、機体を斜めにしながら見事旅客機の着地に成功(イギリス)
  20. 新型コロナウイルスで武漢に取り残されたペットの救助活動に奔走するボランティア(中国)
  21. 新しい場所で初めて眠るとき、人間の脳は半分覚醒したままの状態にある(米研究)
  22. 自ら囚われの身となった子猫。両前脚がロックオンされ捕虜状態に
  23. 2百羽以上のムクドリが路上で謎の大量死。あれから2か月、その死因を解明か?(イギリス)
  24. まったり仲良しわんことにゃんこ!ハスキーの子犬と猫のいちゃこらタイムに和んじゃおう!
  25. 罪の代償は恐ろしく奇妙な罰だった。実際に行われていた世界8の処罰
  26. あなたのプライバシーを録音マイクから守ってくれるサイバーパンク風ブレスレット(米研究)
  27. 今更だけどASMR動画って何?という人のための解説
  28. なぜピザで事故るのか?アメリカでピザ関連の事故が急増している件
  29. 施設で出会った歩けないチワワと飛べない鳩がベストフレンドになるまでの物語(アメリカ)
  30. 採血の失敗から解放されるかも。一発で決めてくれる採血上手なロボットが誕生(米研究)
アクセスランキング