犬とイチャイチャしてるところを他の猫には見られたくなかった猫の反応

    全体:4月:0週:0日:0

no title

 犬のふところの中に入り、仲良く寄り添っていた1匹の猫。そこに仲間の猫がやってきた。するとどうでしょう。

 「私は犬と寄り添ってはいませんでした。ええ、まったく」とばかりに、すっとその事実を無かったことのようにふるまうのだ。 続きを読む

引き用元サイト: カラパイア

記事元url: http://karapaia.com/archives/52278106.html

 - karapaia

推し

新着記事

  1. そして何も見えなくなった。カナダの積雪24時間を30秒で、に関する海外の反応
  2. 父親の持ち物を天井に貼り付けるというドッキリをしかけた息子、父親はいつ気が付くのか?
  3. 「これじゃ売れない」とブリーダーに拒否され施設に預けられたハスキー、ついに永遠の家が見つかる(アメリカ)
  4. がん細胞だけを殺す免疫細胞が発見される。万能ながん治療の開発につながると期待(英研究)
  5. 急所一点狙いの猫、息子スティックにクリティカルヒット!
  6. 急所一転狙いの猫、息子スティックにクリティカルヒット!
  7. 煙突から留守中の家に落ちてきたリスが新築の家を破壊しまくっていた(アメリカ)
  8. 愛犬と1週間後の再会、自分も寂しかったけど犬はもっと寂しかったようだ
  9. 史上初、原子が結合・分離する様子がリアルタイムで撮影される(独英研究)
  10. バナナはおやつじゃない、体の一部である。できるサイクリストの為の「バナナホルダー」
  11. ニューヨークで今、何が起きているのか?空っぽ高級マンションが立ち並ぶ一方、施設に溢れかえるホームレス
  12. 半世紀ぶりの猛吹雪で大雪に見舞われたカナダ。その驚くべき光景とユーモアのあるカナダ人が大雪と向き合う方法
  13. めったに集まらない5匹の猫がベッドの上に全員集合。手術を終えた飼い主をいたわるため
  14. 月の粉塵から酸素を生成する技術を実用化する為、地球上の施設でシミュレーション中(欧州宇宙機関)
  15. 森の中で一人、ボーイング727旅客機で暮らす男性(アメリカ)
  16. 道路にいた迷い犬がドライバーたちの連携プレイで飼い主の手に戻るまで(やさしい世界)
  17. 脳に知識をダイレクトにアップロードする方法が判明(米研究)
  18. 戦禍のシリアから~空爆再開!爆撃の中の猫たち避難を余儀なくされる
  19. 大丈夫、助けてくれる人はいる。集団の無責任「傍観者効果」は実際の状況では起きにくいことが判明(国際研究)
  20. 航空会社が機内食を販売する地上レストランをオープン。目標は5年間で100店舗(マレーシア)
  21. 未来のドローンは鳥型になるかも?鳩の翼を持ち機敏に空を飛び回れるハトボット(PigeonBot)
  22. なぜ迷彩柄?宇宙にジャングルあるの?新設されたアメリカ宇宙軍のユニフォームが物議をかもす
  23. 牛の心を慰めてくれた親友のヤギが何者かに盗まれる。牛、再び落ち込むも警察の捜査で無事発見、感動の再会
  24. 研究者もびっくり!狼の子供も犬と同じように「取ってこい」遊びができる(スウェーデン研究)
  25. おまえらは絶対に守る!車が近づいた瞬間、完全防御体勢に入った猫のにゃんぱらりん
  26. 「日本刀での決闘を元妻に申し込む!弁護士が代わりでも受けて立つ」裁判所に要求した男性(アメリカ)
  27. 鯉が泳いでいると思ったら!アライグマ、おまえらかーい!アライグマ、池で風流に泳ぐ
  28. ネアンデルタール人は海に素潜りし、道具になる完璧な貝を探していた(米研究)
  29. 犬だって寒かろう。靴と一体化して脚全体を覆う「犬用レギンス」が誕生していた(アメリカ)
  30. 地図上でイランの正しい位置を特定できたアメリカ人はわずか23%だった件が世論調査で明らかに
アクセスランキング