脳にマイクロチップを埋め電気ショックで過食を制御。革新的な肥満予防デバイスが開発される(米研究)

    全体:10月:0週:0日:0

obese cover_e
Joenomias/pixabay

 肥満は、深刻な摂食障害だ。近年肥満化が加速しており、世界の3人に1人が過体重で、10人に1人は肥満だと言われている。

 子供の肥満化も急速に進んでいることから、研究者らは肥満防止についての様々な研究を行っている。

 今回、アメリカの研究者らは肥満予防になるマイクロチップを開発したことを明かした。

 このデバイスを埋め込まれた肥満患者たちは、食べ物について考えた時、脳に埋め込まれたマイクロチップによって脳に軽い電気ショックが与えられ、過食を抑制する効果が働くという。

 肥満の被験者で実験を行う予定であることを発表した研究者は、このデバイスが新たな肥満防止成功のカギとなることに期待を寄せている。 続きを読む

引き用元サイト: カラパイア

記事元url: http://karapaia.com/archives/52278359.html

 - karapaia

推し

新着記事

  1. 地球はどうやってできたのか?太陽系最遠の小惑星アロコスが教えてくれること(米研究)
  2. 猫の目は口ほどに物を言う?人間じみた視線で語りかける猫たちの写真集
  3. フェレットも流動液体動物なのか?地下に入ると背骨が伸び、体が30%長くなることが判明(米研究)
  4. あのダンシング・ベイビーが20年の時を経て高精細度(HD)になって帰ってきた
  5. 次世代の米軍兵器となるか?命中が保証された場合にのみ発砲するライフル(アメリカ)
  6. 脳腫瘍の手術中に患者がバイオリンを生演奏。イギリスでは初のケース
  7. 仲間の犬が交通事故に。誰かが助けてくれるまで何時間も傍で見守り続けた犬(アメリカ)
  8. 片頭痛の要因の1つを解明か。目からの情報を処理する視覚皮質に過剰な興奮が確認される(米研究)
  9. 不安で胸が張り裂けそうなあなたへ。過度に心配していることの多くは現実にならない(米研究)
  10. 頭足類ラヴ!タコやイカの美しすぎる画像と動画
  11. 巻き模様が刻まれたモノリス、2000年の時を経てその詳細が明らかに(ペルー)
  12. 初めましてでひっくり返っちゃった。子犬のジェイクさん、従弟に会って転がった
  13. 感染症に関する知識を正しく身に着けよう。疫学で学ぶ病気の広がり
  14. バーガーキング、カビだらけのハンバーガーを誇らしげに宣伝(アメリカ)
  15. 所変わればトイレも変わる。アメリカの公衆トイレの個室が開放感に溢れている理由
  16. マスクをしたまま顔認証できる。ユーザーの顔をカスタム印刷したマスクが開発中(アメリカ)
  17. 人格を与えられた女性のオランウータン、34歳の誕生日をお祝い(アメリカ)
  18. 生命の自己複製能力を模倣した人工ゲノムの開発に成功(ドイツ研究)
  19. アメリカ人が2つの方法で混乱してるので、イギリス人が科学的に効果の高い手の洗い方を検証してみた(英研究)
  20. ん?困ってる?飼い主が落とした洗濯物を拾って届けるお利口な犬
  21. これはいったい?スコットランドの海岸に奇妙な骨が打ち上げられる(イギリス)
  22. お風呂好きな犬、お湯を張っていたらちゃぷんと入り込んでいた
  23. 視覚・聴覚・文字・運動。人にはそれぞれに適した4つの学習法が存在する
  24. これは要チェック!19世紀~20世紀の数千点以上のイラストが無料ダウンロード可能に
  25. 人知れず、見知らぬ家の雪かきをしていたのは消防士たちだった(アメリカ)
  26. 特定の日にほうきが立つとNASAが発表?ツイッターで誤情報が拡散されチャレンジャーが続出した件
  27. 特定の日にほうきが立つとNASAが発表?ツイッターの誤情報が拡散されチャレンジャーが続出した件
  28. またしてもヒゲメン!ピザ店に迷い込んだ子猫、ヒゲメンシェフに引っ付いて離れずそのまま飼い猫に(オーストラリア)
  29. 大人になっても反社会的行動が止められない人は、脳の構造に違いがある可能性(英研究)
  30. ハスキー救出大作戦。パジャマの中から出られなくなった犬を出してあげる
アクセスランキング