赤色から鮮烈な青色へ。2本の尾を持ち色も変わる奇想天外な小惑星「ゴールト」に天文学者が注目

    全体:15月:0週:0日:0

mit1_e
image credit:NASA, ESA, K. Meech and J. Kleyna, O. Hainaut

 小惑星の軌道が集中するメインベルトに位置する小惑星、ゴールト(6478 Gault)。

 最初に天文学者たちの目を引いたのは、尾を2本もたなびかせていたからなのだが、今や別の特徴の方が注目を集めている。なんと色が変わるのだ。

 まさに観測の真っ最中にリアルタイムで色が変わるところを目撃された小惑星は他にない。

 だがハワイにあるNASA赤外線望遠鏡施設(IRTF)は、ゴールトが近赤外線スペクトルにおける赤みを帯びた姿から鮮烈な青にお色直しをする瞬間をとらえた。

 それはたった2晩で起きたあっという間の出来事だったそうだ。 続きを読む

引き用元サイト: カラパイア

記事元url: http://karapaia.com/archives/52282168.html

 - karapaia

推し

新着記事

  1. 犬は真夜中に2度ベルを鳴らす。夜遊びが過ぎて締め出されてしまった犬の賢い行動がカメラに!(アメリカ)
  2. ポチが止まらない。ネットショッピング依存症は深刻な精神疾患につながると心理療法士が警鐘(ドイツ研究)
  3. これはかわいい!スマホに撮った自分のポーズと同じポーズをする犬
  4. 実にハイレベル!2匹の虫がフンを食べている場面をハネに宿した蛾(※昆虫出演中)
  5. 嬉しすぎる柴犬「お帰りなさい!待ってたよ!」と飼い主の帰宅に大コーフン
  6. 続報:あのロボット科学者が世界初の完全サイボーグ化手術に成功、ピーター2.0がオンラインに
  7. 無限1upするのか?口ひげが似合う配管工を募集中(千葉県)
  8. 店内でポップなクリスマスソングを流すのを禁止。スタッフのうんざりに配慮したイギリスのお店
  9. キスがないだと!行ってきますのキスをせずに仕事に行ったママへの不満をパパにぶつける2歳男児(アメリカ)
  10. 同じ日に施設に引き取られた2匹の老猫、1匹だけ引き取られるも再び巡り合うまでの物語(アメリカ)
  11. 猫の飼い主は毎日平均7枚の写真を撮り、7割の人が「人間よりも猫といる方がリラックスできる」と回答(アメリカ)
  12. 開けたい、閉めたい。猫と飼い主、ブラインドをめぐっての攻防戦。その結末は?
  13. 公に残されている映像では最も古いとされているフランスの決闘シーン(1967年)
  14. ずっとこのまま大きくなろう!」ポメラニアンと三人兄弟の仲良しエブリディライフ
  15. 地球上で一番生命の少ない場所は?生物が住める限界を調査(エチオピア・ダナキル砂漠)
  16. 珍酒好きなあなたに。象の糞が原料、大地の芳香が味わえる蒸留酒「ジン」が販売中(南アフリカ)
  17. 東京オリンピックに向けて。一人称視点の高解像度東京街ブラYoutubeチャンネルが海外で話題
  18. 史上最年少の9歳で大学を卒業予定、IQ145の天才少年(オランダ)
  19. 愛猫を飛行機の貨物室に預けたくない。替え玉作戦でまんまと機内客室に持ち込んだ飼い主だが、後にバレる(ロシア)
  20. ワームホールを利用して雨を降らせる装置を開発したと主張する発明家、農民たちを騙していると物議をかもす
  21. 鳥の反抗期?冷蔵庫のぶどうを片っ端から床に落とすシロハラインコ
  22. 猫パンチ余裕です、大きなダルメシアンが小さな子猫を見守るやさしい世界
  23. その魚、あまりにも人面魚。人の顔そっくりの模様を持つ鯉の姿が話題に
  24. 大型犬のビッグラブ。バーニーズマウンテンドッグ、おばあちゃんと会えて大喜び
  25. かつて魔術は誰もが利用するサービス業だった。ビジネス魔術師の存在も(中世イングランド)
  26. コスパも良い、景観も良い。ヨーロッパで行くべき都市ランキングが発表、ポーランドのクラフクが3年連続1位に
  27. コスパも良い、景観も良い。ヨーロッパで行くべき都市ランキングが発表、ポーランドのクラクフが3年連続1位に
  28. 酔っ払い男性があわや線路に転落!危機一髪で男性を救った鉄道職員(アメリカ)
  29. 酔っ払い男性が線路に転落!危機一髪で男性を救った鉄道職員(アメリカ)
  30. 君は食べたことがあるか?ロシアの珍味「松ぼっくりのシロップ漬け」
アクセスランキング