痛恨の一撃。羊に股間を頭突きされて悶絶するカメラマン(イギリス)

    全体:3月:0週:0日:0

yagi1
image credit: youtube

 日々、仕事をしていると思わぬハプニングが発生しまったりすることはよくあることだ。それがささいなことであったとしても予想外のことが起きると焦ってしまうものである。

 しかし、こちらの男性は焦るどころでは済まなかっただろう。というか、それよりたぶんめちゃめちゃ痛かっただろう。

 イギリスの公共放送局・BBCの番組を収録していたカメラマンの股間に、ヒツジが頭突きを食らわせるという出来事があったようだ。

 カメラマンはもんどり打って倒れ込み撮影どころではなくなり、だが別のカメラマンがその光景をしっかりキャッチしていたのだという。 続きを読む

引き用元サイト: カラパイア

記事元url: http://karapaia.com/archives/52282240.html

 - karapaia

推し

新着記事

  1. 猫の国トルコだから。お店のウインドウディスプレイに入って無邪気に遊ぶ猫
  2. 人間の操縦する航空機の守備を担う無人のドローン戦闘機、今年後半にテスト飛行予定(オーストラリア)
  3. 猫の不思議。台所に行こうと立ち上がった瞬間、2匹の子猫が足元でごにょごにょ
  4. 20年間目が見えなかった男性が、交通事故後に視力を取り戻すという奇跡(ポーランド)
  5. チキンに満たされし足元のおしゃれ。KFCとクロッグスがコラボした限定サンダルがまもなく販売開始
  6. チキンに満たされし足元のおしゃれ。KFCとクロックスがコラボした限定サンダルがまもなく販売開始
  7. これがフランス軍の仙豆ってやつか?作戦部隊が元気をチャージできるエナジーボール(フランス)
  8. あの犬型ロボット「スポット」が、石油採掘場で運用試験。しっかりノルマをこなしていたよ。
  9. 仲間探して3千里以上。14020kmもの距離をたった1匹で旅した孤独な狼の物語(アメリカ)
  10. 脳のごくわずかな領域に「意識のエンジン」が発見される(米研究)
  11. リアル・トイストーリーかな。UFOキャッチャーから勝手にぬいぐるみが飛び出す怪奇現象、その正体は?(イギリス)
  12. リアル・トイストーリーかな。UFOキャッチャーから勝手にぬいぐるみが飛び出す怪奇現象(イギリス)
  13. 犬に優しいイングランドの田舎町を歩いてみた!お散歩大好きマラミュート、シェルパの1日ぶらり旅
  14. 人間の脳は自分が信じている考えを正当化するためにデータを歪めて記憶する(米研究)
  15. 犬専用の移動販売車が登場。散歩中の犬たちに手作りの犬用おやつを(アメリカ)
  16. 原型をとどめていない!シボレー車を狙った窃盗犯の盗みっぷりがすごい(アメリカ)
  17. スーパーボウル会場で大量に余った未使用の食料を地元救済施設へ寄付される(アメリカ)
  18. 「うまいよこれ!」家庭菜園の野菜をカメラ目線でおいしそうに食べるウッドチャック(アメリカ)
  19. 刺すだけじゃなかった。毒入り手榴弾をばらまくクラゲの存在が確認される(米研究)
  20. ママン、何か忘れてない?寝るときにアレを欲する猫
  21. 知名度を上げたかった。3つの教会を放火したブラックメタルのミュージシャン(アメリカ)
  22. ビッグホーンの群れが走っていくよ。フェンスを飛び越えようとした時に起きたずっこけ
  23. 宇宙の奥深くから届く謎の電波シグナルに16日の周期が確認される
  24. 限られた人にのみ発現するスーパーパワー(特殊能力・特殊体質)の種類とその発生確率をまとめた動画
  25. 驚くほどピンク!世界で唯一の個体かもしれない、ピンク色のマンタの生息が確認される(オーストラリア)
  26. シンプルだけどうまい!スキレットに乗せて焼くので成型いらず。クイックドロップビスケットの作り方【ネトメシ】
  27. 太りすぎてクリーチャーと化してしまったハリモグラが救助される(オーストラリア)
  28. 免疫細胞は周りの仲間の様子を見てから外敵に攻撃を仕掛けるかどうかを決めていた(米研究)
  29. 宇宙から帰還した宇宙飛行士が1年ぶりに愛犬と再会(アメリカ)
  30. 犬だっていつもモフられたいわけじゃない?「ブラッシングいや~ん」と迷惑そうなハスカミュート
アクセスランキング