植物怖いシリーズ。食べるな危険!油断するとひどい目に遭う10の猛毒植物

    全体:3月:0週:0日:0

i100_e
image credit:Pixabay

 植物性というとボタニカルで優しいイメージがあるが、いろんな人間がいるように地球上にはいろんな植物がある。

 恐怖の殺人植物や(関連記事)、キレイなのに殺傷力がものすごい花(関連記事)、人間を殺る気満々の植物(関連記事)だって存在するのだ。

 そんなわけで今回は、結構身近にあって「触ルナ危険」と表示しておきたくなる世界の危険な植物を紹介することにしよう。

 そこに突進すれば擦り傷どころじゃあ済まない、本気で命を取りにくる感のあるヤバい植物をいざというときのために今一度ちぇっくりんこしておこうじゃないか。 続きを読む

引き用元サイト: カラパイア

記事元url: http://karapaia.com/archives/52282203.html

 - karapaia

推し

新着記事

  1. 子猫を全力で愛する3匹の猫。階段が心配で
  2. 浮気をした元カレに復讐。玉ねぎ1トンを送り付けた女性、その意味は!?(中国)
  3. 「今ここ検問中だから!」タイではゾウがトラックを止めて積み荷を検査するらしい
  4. パラレルワールドの証拠か? 南極で氷から放出されたと思わしき宇宙線が観測される(米研究)
  5. コロナで昏睡状態に陥ったメタルバンド「デス・エンジェル」のドラマーが回復。地獄に堕ちサタンを見たと語る
  6. コカ・コーラ社とカールスバーグ社、1年で分解される植物由来のプラスチックボトルの開発を支援
  7. 美術館が呼びかけた「有名絵画そっくりチャレンジ」に力作が続々
  8. PTSDで不安に押しつぶされそうになっている飼い主にいち早く気が付いた犬、そっと寄り添いぎゅっと抱きしめる
  9. サイボーグ技術すごい。人間の眼球をしのぐほどの高性能な人工眼球が開発中(香港研究)
  10. オンリーオーストラリア?ハリモグラが鼻先で窓をこじあけて家に入ろうとする姿がかわいすぎた
  11. 夜空を照らす謎の発光現象に目撃者多発。オーストラリアでUFO騒ぎ、その正体は?
  12. 神様のどんな気まぐれのなせるワザ?レアな色や模様をもって生まれた生き物たち
  13. アメリカのマスクを嫌う風潮はスペイン風邪流行時からあった。1919年に結成された反マスク同盟(サンフランシスコ)
  14. 王冠でかっ!ドイツのバーガーキング、社会的な距離実現のため、巨大な王冠はっとを配付中
  15. 筋肉自慢の男性がコロナに。2か月の闘病を経た体型の変化を記録したビフォア・アフターが話題に(アメリカ)
  16. 子パンダズは夢の中で泳ぎの練習中?相変わらずまったり気分のジャイアントパンダたちに会いに行こう
  17. トイレの排水口を覗くとそこは線路だった。フランスの列車のトイレ構造がわかる動画
  18. 動物たちは凄腕のスパイ。その探偵スキルがわかる14の写真
  19. 口汚い言葉を連呼すると、人は痛みの感覚が軽減されるという研究結果(英研究)
  20. 口汚い言葉を連呼すると、人は物理的な痛みの感覚が軽減されるという研究結果(英研究)
  21. ジブリ?桃源郷?今年の奈良公園の桜と鹿のコントラストはこんなにも美しかった
  22. エルサレム「嘆きの壁」に隠された秘密。2000年前の地下室が発見される(イスラエル)
  23. 「これで子猫たちの回収完了!」最後の1匹をベッドに運び終えたお母さん猫のミッションコンプリート
  24. オーストラリアで初めて発見された珍恐竜「エラフロサウルス」は肉食から草食へと変化する
  25. フィンランドで「かかし」の密が発生していた!Googleマップで偶然発見された1200体にも及ぶかかしの大群
  26. 西洋剣と日本の刀を比較してみた(スミソニアンチャンネル)
  27. ヒトラーの愛したワニがモスクワ動物園で死去。享年84歳
  28. 台湾の銘菓「パイナップルケーキ」をアザラシに。ホットケーキミックスと冷凍パインで激うま簡単かわいいレシピ【ネトメシ】
  29. 「これどうぞ。代わりに食べ物ください」イルカが人間にプレゼントを渡す習慣を身に着けた(オーストラリア)
  30. 夢を見ているとき、脳は夢を守るために外の情報を遮断している(フランス・オーストラリア共同研究)
アクセスランキング