植物怖いシリーズ。食べるな危険!油断するとひどい目に遭う10の猛毒植物

    全体:3月:3週:0日:0

i100_e
image credit:Pixabay

 植物性というとボタニカルで優しいイメージがあるが、いろんな人間がいるように地球上にはいろんな植物がある。

 恐怖の殺人植物や(関連記事)、キレイなのに殺傷力がものすごい花(関連記事)、人間を殺る気満々の植物(関連記事)だって存在するのだ。

 そんなわけで今回は、結構身近にあって「触ルナ危険」と表示しておきたくなる世界の危険な植物を紹介することにしよう。

 そこに突進すれば擦り傷どころじゃあ済まない、本気で命を取りにくる感のあるヤバい植物をいざというときのために今一度ちぇっくりんこしておこうじゃないか。 続きを読む

引き用元サイト: カラパイア

記事元url: http://karapaia.com/archives/52282203.html

 - karapaia

推し

新着記事

  1. 古き良きアメリカのグランマのレシピ。長年愛され続けている2層のしっとりケーキ「レモンバー」の作り方【ネトメシ】
  2. 家族が就寝中に起きた突然の火事。自らの命を犠牲にして一家全員を火事から守った犬(アメリカ)
  3. 繁殖を防ぐために遺伝子組み換えした蚊を野生に放ったところ、逆に野生種と混じってパワーアップした可能性(ブラジル)
  4. 子猫という存在感の重さ。じゃれあって前足が口に入っただけでネットが激震
  5. 溶けたホワイトチョコレートのようにクリーミーな火星の北極地帯の写真
  6. お散歩中に再会。大好きなおばあちゃんを発見した犬の見せた猛ダッシュ、真っすぐな愛
  7. 冷戦時代、CIAの諜報員として活動していたスパイ鳩。上空からソ連の軍事機密を入手していた(アメリカ)
  8. 1996年のアメリカの子供たちに大人気だったお弁当セット。ランチボックスの世界
  9. ヒョウ?ヤマネコ?それともUMA?イギリスでミステリアスな大型ネコ科っぽい生物の姿がとらえられる。
  10. 滝の上で立ち往生した一家、ボトルにSOSのメモを入れて川に流し望みを託したところ、無事救助される(アメリカ)
  11. 「お膝を貸してくださいな」保護された子猫が見つけた居心地の良い場所は人間の膝の上だった(アメリカ)
  12. 天然痘ウイルスを保管していたロシアの研究所で爆発事故が発生。バイオハザードの危険性は?
  13. 見てないっすよ!飼い主が食べているのをじっと見ていた犬だが、飼い主に見られると?
  14. 極度の干ばつで姿を現した約7,000年前のスペイン版ストーンヘンジ
  15. 数はちょっと減ったけど、相変わらず仲良く暮らしているよ!その後のゴールデンレトリバーと仲間たち
  16. あのUFO映像は本物だった!?機密指定解除で公開された未確認飛行物体は「本物」であると米海軍が認める
  17. 賞味期限切れのインスタントラーメン2000個を利用して、生まれてくる子供のためにプレイハウスを建てた男性(中国)
  18. 川底でトルネード旋風を巻き起こす!全長7メートル、巨大アナコンダ様のお通りでぃ!(ブラジル)※ヘビ出演中
  19. 休暇中のパイロット、家族と飛行機に乗ろうとしたところトラブルが発生。自ら操縦を申し出て予定通りフライト(イギリス)
  20. 子供の頃飼っていた愛犬と泣く泣く別れた女性。7年後に引き取った老犬が同じ犬だったことの奇跡(アメリカ)
  21. 犬はニオイを嗅ぐだけで飼い主の恐怖心を感じ取ることができる(イタリア研究)
  22. 犬のまっすぐな忠誠心に感涙。セラピードッグのトレーニング風景
  23. 監視カメラがとらえた動き回る子供とペットの霊。
  24. くるくるヘアで人懐こい。羊みたいな巻き毛の猫に関する海外の反応
  25. 「イヌイット族は自らの大便を凍らせてナイフとして使用していた」噂の逸話を科学者が検証してみた。無理だった(米研究)
  26. 秘術、錬金術、カバラ教・・・世界最大のオカルト図書館が更に充実度をアップさせオンライン無料公開中!
  27. 何が一体どうなってるの?回転させてもこっちを指す立体矢印錯視
  28. 大好きなアメフトチームのTシャツを自作した少年がいじめられていることを知ったチーム、そのデザインを公式Tシャツに
  29. 1つの瞳に2つの色。ダブルオッドアイの猫、オリーブの魅力にズームイン!(イギリス)
  30. うつ病や不安障害を抱える患者に医師が観葉植物を処方。自然との触れ合いを利用し健康状態を改善する取り組み
アクセスランキング