アインシュタインは「宇宙定数」を人生最大の過ちであると後悔したが、それでも傑出したアイデアだった

    全体:29月:1週:0日:0

einstein-3424087_640_e
Image by WILLGARD from Pixabay

 1917年、一般相対性理論が発表されてまもなくのこと、アルベルト・アインシュタインは自身が考案した場の方程式――すなわち、時空の曲率を時空を移動する物質とエネルギーに関連づける一式の方程式に数学的なヒネリをくわえてみせた。

 当時の常識では、宇宙は不変だった。だからアインシュタインは、一般相対性理論のフレームワークの中でこの常識を通用させるために「宇宙定数」というものを挿入した。

 それから10年ほどが過ぎて、宇宙は不変ではないことがエドウィン・ハッブルによって証明されてしまった。不変どころか、宇宙は膨張していたのだ。

 このニュースを聞いたアインシュタインは、「人生最大の過ち」であるとして後悔したというエピソードは有名で、自ら考案した宇宙定数を否定した。

 だが、この話はここで終わらない。 続きを読む

引き用元サイト: カラパイア

記事元url: http://karapaia.com/archives/52282308.html

 - karapaia

推し

新着記事

  1. 雷を怖がる犬をなぐさめる猫の友情物語(アメリカ)
  2. ブドウ畑の下から古代ローマ時代の見事なモザイク床が出現!(イタリア)
  3. 甘やかしているのはわかってる。猫ファーストの家の14のあるある
  4. なんというインテリジェント・デザイン!立派なヒゲをはやしたように見える鳥「ヒゲガラ」
  5. 「さあ、ご飯を持ってきたよ!」ロックダウン中の世界各地で、動物たちにエサを届ける人々がいた
  6. 大量絶滅、カンブリア爆発など、地球内生命体の進化に重要な意味を持つ、かつて起きた8つの大規模イベント
  7. 挟んであるからカロリーゼロ?タコスの具をフライドチキンで挟んだKFCの「ケンタコス」(シンガポール)
  8. ギリギリがすぎる。住宅アパートから50センチしか離れてない場所に高速道路建設が物議をかもす(エジプト)
  9. 学校閉鎖中、受け持ちの生徒たちを思い、全員の編みぐるみを作った小学校教師(オランダ)
  10. どうしても忘れられない。心の傷を癒してくれたあの人に会いたくて97日間探し続けた犬の物語(アメリカ)
  11. 新石器時代の遺跡、ギョベクリ・テペには高度な幾何学的知識が使用されていた(イスラエル研究)
  12. ボールを発見した鳥の一人遊びは玉乗り上手。突いて転がしパサッと飛び乗る
  13. マスクを着用していないので郵便局で受付を断られて女性、その場で頭に下着を被る応急措置(ウクライナ)
  14. 猫、できたての像に体アタック。出来立てほやほやの像に全身で突撃するも推定無罪
  15. 宇宙人「グレイ」は特別な任務を遂行するため地球で作られたアンドロイドと主張した元米陸軍大佐の話
  16. デヴィッド・リンチが淡々と今日のお天気を伝えるYoutubeチャンネルが開設されていた件
  17. サングラスの偏光レンズを通してみると、まぶしい太陽の光がこんなに穏やかに!
  18. これはもう、ご褒美スイーツの領域。簡単なのにしっとり極上の味、ケンズカフェ東京のガトーショコラの作り方【ネトメシ】
  19. キュートな笑顔は世界一。クアッカワラビーの赤ちゃんを、そっくりに偽装したスパイカメラで至近距離から観察したよ
  20. サルがコロナ感染者の血液サンプルを強奪して逃走するという事案が発生(インド)
  21. いたずらで叱られているハスキー、飼い主の声に鳴き声を被せて聞こえないふり作戦
  22. 最後の1頭となったタスマニアタイガーの未公開映像が公開される(1935年撮影)
  23. 猫たちのハッピーエンディング!足の悪い母猫と子猫たちが幸せに暮らす「今」をご報告
  24. フィクションのパラドックス。人はなぜ作り話に魅了されるのか?
  25. 発想は斬新、つける勇気さえあれば。微生物から作られた生分解性マスクが開発される(アメリカ)
  26. 正義の行方は?一方の情報だけがSNSで拡散され、誹謗中傷や脅迫を受けた看護師女性のケース(イギリス)
  27. お菓子を食べる奇妙なクリーチャーが自宅に出現。子供たちは大喜び
  28. あの時助けてあげたアヒルのヒナは、大きくなっても男性と固い絆で結ばれていた(アメリカ)
  29. 米海軍がレーザーでドローンを撃墜する瞬間の映像が公開される(アメリカ)
  30. 未来のスーパーフード候補はタンパク質豊富なゴキブリのミルク(ゴキブリ注意)
アクセスランキング